© 白泉社

時折『目隠し』を取るように、触れた人の“未来”が見えるかなで。触れると常に“過去”が見える転入生・あろうと出会い、惹かれ始めるが…!? 大人気シークレット・ロマンス!(このコミックスには「【プチララ】目隠しの国 story01~08」の内容を収録しています。)

目隠しの国

| 白泉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

目隠しの国のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

89件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【二度読んでの追記デス。長編の部類ですが、サクサク読めるから読了まであっという間です。気付くとかなりの時間が過ぎてますが
    あっさりした終わり方は、心の繋がりを大事にする二人という設定から納得できます。LOVERSだと、更に連載されたらHまで雪崩れこんで欲しくなる所をかわす為なんじゃないかと思ったりもします。掲載紙的にNGでしょうし、触れる度に反応する体質でどうやって安全に交わるのか?とツッコミ入る気がします】

    他人に触れるか、意識を集中するとその人の未来を感受して“しまう時がある”人間。そして他人に触れると必ずその人の過去を感受して“しまう”人間達が、高校生になり出会った。
    それぞれが抱えてきた絶望と、その絶望からの解放が高校生になりやっと果たされる。

    という少女マンガにありがちな話ですが、危機を乗り越える度に何ともいえない癒され感や和み感を堪能させてくれました。
    ギャグを含め、洒脱なセンスと巧妙に練られたプロットの為せる技ではないかと思う。非常にオススメ

    私は最終話まで本当の主人公が分かりませんでしたそれと、あのランチを食べたくなりました

  • 100

    cmoa

    前から本屋や漫喫で見かけて気になってた作品
    やっと読むことが出来ました(^^)

    触れることで他人の『未来』が垣間見える“かなで”と、同じように『過去』が見える“あろう”。
    そしてかなでと同じ『未来』が見える能力を持つ“並木”。

    あろう&並木は、この特殊な能力故の複雑な過去や抱える苦悩があって…
    その辺の心の描写は本当に切ない

    それでも、かなでチャンのひたすら明るく真っ直ぐな純粋さに救われ成長していくあろうクン&並木クンの姿には胸をうたれます

    かなでチャンを巡る三角関係でもあるけど、3人ともお互いが最高の理解者でもある。

    エリチャン&江沢クンの脇役カップルもすごくイイ味出してます
    てか個人的にはこっちのカップルのが好き笑


    かわいい絵柄にぴったりのあたたかくて優しい作品です

    おすすめ(^^)

  • 100

    cmoa

    未来を時々視てしまうかなで、望めばどこまでも過去を視れるあろう、視ようとすれば未来を視れる並木。
    かなでに出会って、あろうと並木は救われて、変わっていく。
    特殊な能力を持ちながらも温かく、人を思いやる気持ちを忘れないかなで。
    そういう風に育ったのは、やっぱり親に受け入れられてきたからなのかな。
    あろうも親には大事にしてもらってるけど、最愛の母親を小さい頃に亡くしていたり、並木は家族に受け入れてもらえなかったり…生い立ちの上で満たされ切れてない。
    たぶん、このストーリーは、かなでに特殊能力がなくても成り立ったんじゃないかな。
    きっとかなでが未来を視れなくてもあろうや並木を受け入れ、まるごと愛したと思う。
    そんなかなでを私も読んでて、すごく好きになった。
    心暖まる話でした(゚ー゚*)

  • 100

    cmoa

    少女マンガの場合、登場人
    物の煮えきらない態度とか奥手な行動に対し、読んでてヤキモキしちゃう時がありますよね。そんな時は「あ〜もうじれったい」なんて思ったりします(笑)

    でも、この物語の子達は、みんな素直に自分の思いをぶつけるので、読み終った後とてもすっきりします
    特にヒロインの女の子はとってもとってもいい子で、本当に心が癒されます

    ストーリーは「未来」や「過去」が見えるといった、現実離れしたお話ですが、人間味に溢れていて、感動するシーンもたくさんあります。

    話数が多いので、新しく読み始める方は迷うと思います。ですが一度読み始めたら、またすぐにこの主人公達に会いたくなりますよ

  • 100

    cmoa

    並木さんは特殊な力を持つが故に心に深い傷を持ち、達観したつもりでその力を良くも悪くも利用して、しかし悪者にはなり切れず、そのお陰でヒロイン達に出逢えます。
    そして心の傷も癒えていきますが、彼の恋は叶いません。

    そんな並木さんが1番好きだからでしょうか、この物語の大半を占める「暖かさ」の他に、痛み・辛さ・悲しみというような感情を終始引き摺りました。
    でも、それが嫌ではありません。並木さんのように、ヒロインを優しく見守る気持ちで読みました。

    登場するキャラクターの抱えた「痛み」が読者に伝わって来るのが「目隠しの国」だと思います。

  • 100

    cmoa

    1巻が無料のときに読んでハマって続きをすべて購入しました。主人公たちが過去や未来が見えることで生まれる可能性や苦悩に向き合っていく姿、成長がとても大切に感動的に描かれている作品だと感じました。かなでとあろうと並木、それぞれの家族、それぞれの恋、どのエピソードも心震えて、勇気をもらえて、本当に大好きな作品です。すれ違いや勘違いで人はよく傷つけたり傷ついたりするけど、かなでのまっすぐさがあろうや並木に伝わって、さらに周りの人たちに広がって、すごくみんなの本来持つ愛を感じる物語になっているとおもいます。

  • 100

    cmoa

    『未来』が見える主人公!!!・・・そんな彼女に恋をした二人の男♂(^3^)-☆彼らもまた『過去』『未来』が見えてしまう!!(★o●)!!彼女に出会う前は“見える“ただそれだけだった・・・だけど彼女は今出来る事を!!と体を張ってる姿☆素直で純粋な彼女を見ているうちに心に変化が…

    もし自分が『未来』『過去』が見えるとしたら!!..どうなっただろう?f´∀`;)なんて考えてしまいました

    主人公が可愛くて♪純粋で♪和みます(●´∀`●)〜大切なものを気付かせてくれそうな作品だと思います(^ε^)♪

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 人に触れると、たまにその人の未来が見える主人公の『かなで』。かなでは、未来を見ることが出来るので、相手を事故や不幸から救うことが出来る。人に触れると常にその人の過去が見える『あろう』。あろうは、見えるだけ。相手を救うことも未来を変えることも出来ない。2人の能力は正反対のもの。見えるが故に辛いことも経験してきたが、かなでもあろうも力を自分のために利用しようとは考えない。登場人物がみんないい子で、なんだかほっこりします。

  • 100

    cmoa

    終わり方が納得いかないなぁ…
    つか宗さんが蛇足っつーか邪魔っつーか…
    最終回の1つ前で終わってたら完璧だった。
    内容は学園ファンタジー。
    恋愛要素もあるけどメインは他人との関わり合いについて。
    超能力を持つ為に差別を受けてきた主人公達が周囲との軋轢を超えて信頼や友情や正義や善が何かを体現していく。

    構成や展開は非常に良かった。終わり方が納得いかないがそれによって評価を落とす訳ではない。
    最後まで一貫していて読み応えもあるのでパックがお勧め。

  • 80

    cmoa

    たまに触れた人の未来を見ることが出来る
    かなでゎ、よくその人に為に行動を起こします

    そして触れた人の過去が見える
    あろうも手伝います

    初めこそあろうのキャラが定まりきってない感じがしますが!!数話で落ち着きます

    かなでもキャラクターとしてゎ大好きなのですが、あろうが本当に大好きです
    でも一番大好きなのゎ
    この漫画に流れている空気感です(´∀`)
    ほんわかと包んでくれる感じゎたまらない優しさを運んでくれます
    ぜひ一読を

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 特殊な力をもつ者同士が出会いやがて惹かれていくのですが、それが3人となるともっとドロドロしそうなところ、この作品は意外とさらり・さわやか。特殊な力の方にスポットが当たっててあまり恋愛に重きを置いてない内容です。でもだからと言ってつまらないわけではなく、特殊な力という面白い設定でほわっとした心持ちにさせてくれる内容です。絵もストーリーも良い作品です。

  • 80

    sakuhindb

    人の未来が見えてしまう為にその人に起こるであろう事故も見えてしまう。それを防ぐ為に奔走するが、当然相手には理解されないし気味悪がられる。それでも前向きに他人の為に行動し自分の能力と向き合う姿には非常に好感が持てます。かなでっちゃんとあろう君も良いんですがやっぱり並木君と会長のカップルが良かったですね。もうちょっとこの二人を掘り下げて描いてほしかった。嫌味が無く爽やかな良い漫画だと思います。

  • 20

    cmoa

    読んでいてここまで苦痛になる作品は初めてかも…笑
    全巻購入してしまったから意地で読破しましたが、つまらなさ過ぎてつらかった。
    あろうがかなでを呼ぶとき必ず「はぁい」って呼んだり、「かなでっちゃん」という呼び方や、手を振るときの「ひらひら」という効果音などとにかくイライラしっぱなし(笑)
    内容も変化がまったくなくつまらないし、続きがまったく気になりませんでした。
    絵も下手だし古臭い。

  • 100

    cmoa

    普通では有り得ない能力を持ち合わせていて
    気味悪がられることが解っていても
    前向きに対象者に接するかなでちゃんは凄いと思う。
    お母さんはちゃんと受け入れて理解者になっています。

    シリアスな時はいつものほんわかな感じとのギャップが凄い!

    あろうくんが作る料理は
    どれも美味しそうで食べてみたい(笑)

    メインカップルは勿論
    エリちゃんと改心した江沢くんカップルにも必見!

  • 100

    cmoa

    絵が綺麗で、柔らかいタッチで描かれています

    未来の見えるかなでちゃんと、過去の見えるあろう君のカップルのお話
    2人のドキドキが、見ているこちら側にも伝わってくるような素敵なお話ばかりです
    もう1人、未来の見える並木さんもカッコいいです!

    3人共個性的で、正反対な性格だけど仲良し
    三角関係も見所です

    非現実的要素が強いので、ファンタジー好きな方にもオススメです!

  • 100

    cmoa

    将来どうしようか悩んでる時にこの漫画に出会い読んだこともあって始めは、ただたんに未来が見えるって良いなぁと思い、未来が見える主人公の女の子が羨ましいと思っていました。
    けれど、未来が見えることで他人や家族の危険を見てしまったりもするけど、それを助けようと頑張る主人公大好きです
    主人公の彼氏は過去がみえる★過去がみえることも役にたつんだなぁって思いました☆

  • 100

    cmoa

    他人と接触すると、その人の過去や未来が視える不思議な力を持つそのことで沢山の壁に衝突したり、葛藤したり…
    だけど‥仲間がいる大好きな人がいるいつでも、前向きにひたすら突き進む[かなでチャン]そんな彼女だから守りたくなる仲間たちに支えられながら頑張る姿に勇気をもらえますつらいことがあっても笑顔を忘れない[かなでチャン]
    きっと優しい気持ちになれるはず

  • 80

    cmoa

    主人公のかなでチャンはちょっとした瞬間人に触れると未来が視えてしまう…そんな女の子と人に触れるだけで過去が視えてしまう男の子の純恋愛物語
    周りからは少し異端視されそうな能力を持ちながらも、めげずに前向きなかえでチャンに勇気をもらいました
    かえでチャンの周りの人も個性あふれる人達で楽しめます
    ほのぼのした気持ちになりたい人は是非読んでみて下さい

  • 100

    cmoa

    [未来が見える]という特殊な能力を持つために人一倍の気苦労を負いながらも明るく素直なかなでっちゃん(#^-^#)その能力がある故に悩み、気持ち悪がられたり、利用されかけたり(><)
    そんなかなでっちゃんと同じ[見える]力を持った男の子は出会い、2人で力を持つこと、力の使い方について考えます♪ 本当の優しさと強さを教えてもらいました(T▽T)

  • 100

    cmoa

    昔読んだことがあるけど、すっかり話を忘れてしまっていたところ無料で1巻読めたので懐かしく読んでみました。
    設定やドロドロした話になりそうなところを登場人物がみんないい子たちでさらりと読める。
    絵は特別好きな感じではないのだけど…むしろどちらかというと苦手な感じなほわほわした笑顔の描き方が、また魅力に思えてくる。
    全巻読み返したくなりました。

ネット上のイメージ

優しい
恋愛
可愛い
女の子
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • おべんとうと加瀬さん。
    こんなに、ぽわぽわなんだ、女の子の胸って――女の子同士だけど、私たちつき合っています――。陸上部のエース・加瀬さんとつき合い始めた山田は三年になってなんと同じクラスに。授業中も加瀬さんを見ていられるなんて!幸せをかみしめる山田は、ふと思う。「でも『つき合う』ってどうすれば?」そんな中、沖縄での修学旅行が始まった――。 泣いて笑ってゆっくり縮まるふたりの距離、恋する少女達の、甘く切ないスクールラブ。
  • 【単話売】告白は夢の中で… 1話
    千歳はひそかに部長に片想い中。普段は冴えない部長だけど、あるきっかけから目が離せなくなって…。好きすぎて素直になれない!そんな千歳なりにアプローチを考えるけど――!?(この作品は雑誌「恋愛白書パステル 2018年10月号」に収録されています。重複購入にご注意ください。)

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ブスに花束を。(1)
    田端花はネガティブ思考のボッチ喪女JK。早朝の教室でヒロイン気取りで浮かれていたところを、クラス一のイケメン・陽介に目撃されてしまい…!? この恋、きっとあなたも応援したくなる! 自虐系喪女コメディ!
  • 恋にならないワケがない
    年上の男の人に恋をした。それだけで、モノクロな毎日が、キラキラ変わってく――恋バナは、いつも自分じゃなく他人の話。いつもの友達と、いつもの会話。テンプレ化している日常に、飽き飽きしてた寧々(ねね)。そんなある日、偶然出会った年上男子・創(はじめ)さんに、一瞬でココロを奪われてしまう。オトナな彼につり合う自分になりたい寧々だけど…!? もどかしい恋に話題集中! 吉永ゆうが描くキュン恋、第1巻!!

イメージの近い作品(最近)

  • 恋愛・トラップ
    上司に頼まれ休日出勤していた桃花の前に現れた理想の男性。胸が高鳴り一瞬で惹かれていく桃花だけど、相手は一度会っただけの名前も知らない人…。もう二度と会う事もないと思っていたのに、伯母の薦めで行ったお見合い相手が例の男性で!?大人な恋にときめくラブストーリー。
  • 恋の水ください プチデザ
    5人の女の子たちにかけられた魔法みたいな恋を描く、傑作オムニバスラブストーリー。人気者の幼なじみへの恋心をずっと秘密にしてきたけど、どうしても彼が飲む水がほしくなって…? 第1話「恋の水ください」。