© 集英社

※2020年2月3日までの期間限定無料お試し版です。2020年2月4日以降はご利用できなくなります。【1月19日よりドラマスタート! 『頭取 野崎修平』関連作品一気に大公開キャンペーン!!】監査役は、会社内における取締役その他の業務及び財産を監査する。あおぞら銀行・地蔵通り支店閉鎖に伴い、支店長から同行の監査役に就任した野崎修平。それを機に、彼は銀行の改革を決意。混迷の続く金融業界に一石を投じ、不正の蔓延に歯止めを掛けるべく動き出す!!

監査役 野崎修平

| 集英社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

監査役 野崎修平のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 80

    manga_review

    監査役に就任した主人公が、銀行内における様々な不正や経営問題を巡って悪戦苦闘する様子を描いた作品。

    日本ではあまり日の当らない「監査役」に焦点を当てた点がユニーク。

    時事を先取りした展開や、当時の社会情勢が重なり、非常に重厚なストーリーが展開する。

  • 60

    manga_review

    監査役という着眼点は良かったし、かなり設定を活かせていた点が良い。
    「これ監査役じゃなくてよくない?」という(自分にはありがちな)期待はずれはなかった。
    銀行内の不正を暴くということでドロドロした感じを予想したが比較的スッキリしてたように思う。

  • 100

    cmoa

    ふんわりとは分かっていたのですが、こういうお仕事なのですね。勉強になります。
    絵が本宮先生の流れですね。お弟子さんみたいです。
    織田裕二さんのドラマ、1回目見逃してしまったのが悔やまれます。絶対ドラマも面白いはずです!

  • 80

    cmoa

    表紙絵を見た瞬間「金太郎」を連想し、数ページ見てやっぱりそうかとか思っていたんですが、1巻目読み終えたころにははまってました。おもしろいですね、多分頭取編も含めて購入する価値ありかなと。。。

  • 60

    cmoa

    正義を貫く真っ当な人が主人公なので、安心して読めました。不正が暴かれていく様は、難しいけれど気持ちいいもんです。