© 大洋図書

この物語は人生の再起を賭けて自らの体験を原稿用紙に叩きつけた一人の漫画家の魂の記録である。受給者数213万人(2017年8月厚生労働省発表)の生活保護制度。通称「生ポ」といわれるこの制度の受給申請から受取りまで、貧困の切実な現場と併せて、受給者自らの視点で描いた生ポドキュメント漫画である。そこは負のオーラをまとった社会の底辺の吹き溜まりに思えた。連載雑誌の休刊、リニューアルでリストラ…気がつけば通帳の預金残高は危険信号。追い討ちをかけたのは糖尿病の悪化による失明危機だった!絶対絶命の窮地の中、漫画家は最後の手段として生活保護受給申請を決断する。しかし、意を決して足を運んだ福祉事務所は沈んだ空気に包まれていて…。本作を描き上げた約1ヵ月後の2018年2月、著者は死去。晩年の悲痛な思いが綴られた創作ノートを特別併録。

生ポのポエムさん

吠夢(著)
| 大洋図書(出版)

立ち読み

生ポのポエムさんのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

14件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    ギリギリまで生活保護にたよらなかったこういう人もいる一方で不正受給する人もいる。社会の不公平感は否めない。鬼気迫る独特の画風で一定の読者を惹き付けているはずなのに生活に困窮するほど稼げないという漫画家の世界は異様。ポエムさんのような豊かな感性と独自の表現力を持った方は稀少で保護されるべき。歴史に残る鬼才漫画家の魂の自叙録は未完成と言えども珠玉の逸品だと思う。

  • 100

    amazon

    自分の漫画が描きたい、、、。生き延びるためには何でもする、のでなく、自分の画風を追い求め続けた結果が、貯金も貯まらずの極貧生活、なのに、女の子の 店で大金を散財。不摂生で糖尿、失明。この作品がはっきり言って、特に面白いと言えないのは、本人が出版するつもりで描いたのではない気がするからか。最期を悟って自らの命を叩きつけたホラー系漫画家の遺作。

  • 100

    amazon

    漫画家を目指している身から見て、ちょっとゾクっとしました。これが現実だと言わんばかりの酷い内容です。業界の末端、すれすれのところで生きている人の最期は、漫画のようなハッピーエンドではなく、不完全燃焼というか、モヤモヤしたまま読み終わりました。タイトルからして、もっと先まで考えていただろうに。残念だ。でも、それが現実。星5。

  • 60

    amazon

    仕事が減り、病気にも見舞われた漫画家が生活保護を受けつつ最後に仕上げた原稿をまとめたもの。ギリギリの生活をしている様子が生々しく伝わってくるコミックエッセイで、体調がどんどん悪化する中、収入源まで失ってしまう状況が壮絶。エッセイとしては読みやすく、引きも強いのに完成が間に合わなかったのが残念で仕方がない。

  • 40

    amazon

    漫画部分の最終ページは区役所の職員から生保の支給決定を知らされるところ。起承転結で言えば起くらいまでというのが、製作途中で亡くなった感じをよく表していて、いい。アイデアノートが自筆のものであればもっと良かった。だけど、未完なこともあって、漫画として面白いわけではない。

  • 60

    amazon

    病気と酒で身体がボロボロになり死んでいった漫画家が書いた数十ページの原稿を電子書籍化した作品電子書籍だから世に出れた作品。エッセイ漫画で長さはそんなにないが、死んだ人が書いたんだと思えれば深みが少しが出てくる気がするので買ってみるといいね安いし

  • 80

    amazon

    一般受けが難しそうなクセのとても強い絵柄だけど、生活保護の実録ものとして、結構な需要があったんじゃないかと思う。重度の糖尿病により志半ばで打ち切られてしまったのが残念。しみじみ健康が一番。

  • 20

    amazon

    わずか32ページ。インポで片眼眼底出血して生活保護申請するだけのストーリーであって、宣伝文句は余りにも過剰というかほぼ詐欺。悪いけどこんなので金を取らないでほしい。

  • 40

    amazon

    正直な所、ここから面白くなってくるなと思っていた所での作者死亡なので肩透かしです。ここから生活保護受給者としてのドラマが始まると思ったら残念でなりません。

  • 100

    amazon

    生活保護もおりて落ち着いてきたところで、漫画にしようとしたところ糖尿病が悪化して亡くなったみたいですね。仕方がないこととはいえ、続きが読みたかった。

  • 80

    amazon

    言葉も無いです。こうなる前に対策立てないとな。予兆はあった訳ですし。糖尿病怖いな。主人公が死ぬホラー漫画の下りは伏線なのだろうか。

  • 100

    amazon

    痛すぎてコメントできません。何とも身につまされる作品でした。誰にでもオススメはできませんが、ドキュメンタリーとしての重さが凄い。

  • 100

    amazon

    ラストページの福祉事務所のおじさんが受給が決まったことを伝えるシーンが印象に残る。嬉しかったんだろうなあ。

  • 100

    cmoa

    絵がわかりやすくて読みやすかった。
    もっと続きを読みたかったです。

    ご冥福をお祈りします。