© 双葉社

高校2年生の古井亜美は他界した父が遺した借金のために、母と弟と一緒にボロい一軒家で貧乏暮らし。テレビもパソコンもケータイも持ってないけど、節約と貰い物と自作アイテムを駆使して毎日を楽しく生きてます。自由に使えるお金は無いけど、きっと明日も元気に笑って過ごせます。この手と頭と前向きな気持ちがあれば! 「中流」と「最貧困」の間に居ながらも、みんなと一緒に青春を謳歌する貧乏女子高生の日常物語、第1巻!!

清く貧しく

| 双葉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

清く貧しくのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

7件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    短いし、展開も単純ですが、向日性たっぷりのお話です。昭和を感じさせる設定とか、家族の絆が強いとか、時代にそぐわない面も多々ありますが、そこはこらえてグッと飲み込めば結構おいしくいただけます。題材とかありふれているものなのかもしれません。きっと編集サイドから短くまとめることを求められて、後だしじゃんけんのようにならざるを得なかったと推察すればラストがあわただしくなったのも仕方がありません。構成に少し手を加えればもっと読まれる作品になったでしょうが、「ひたむきさ」というお味が減ってしまう危惧があるので、これはこれとして認めたいですね。
    さまざまな読後感を感じさせてくれるということで評価点を5にしました。

  • 100

    cmoa

    こんなに貧乏なのにお母さんお酒飲んでるのとか、ムリやり明るくしてるところとか、え、と思ったけど、読み進めてたらどんどん亜美ちゃん応援したくなってきた。

  • 60

    cmoa

    貧乏で大変な毎日なのに、笑顔で前を向いて
    そういう環境だから、そうせざるを得ない。。
    それだけじゃないんだろうな。。
    これからも頑張って欲しいです

  • 40

    cmoa

    子供達は貧しくて、バイト頑張ったりいじめられたりもしてたのに、お母さんタバコ吸うの?
    タバコやめれば随分お金浮きそうだなーって、、、

  • 80

    cmoa

    ものすごい貧乏なのに果てしなく明るくて悲壮感が無い主人公が大好きです。周りの友達も暖かいし読んだら気分良くなります!

  • 80

    cmoa

    貧しくても、明るくポジティブ。今の時代にこそ必要なスキル。
    他とは違っている事を楽しめる家族が素敵です。

  • 20

    cmoa

    ポジティブと言うよりは、ウザイ。
    がんばり屋と言うよりは、みすぼらしい。