© 笠倉出版社

幼い頃に母親に逃げられた主婦の亜衣は、その反動から幸せな家庭に固執するようになっていた。理想の旦那と子供に囲まれ、ステキなお家で何不自由のない生活。でも、そのためには…節約しなければいけないの。食卓には1袋100円のポテトチップス、お湯で溶かせば離乳食にだってなっちゃう優れモノ。全ては夢のマイホームを購入するための倹約…そのはずだったのに。添加物にまみれた体は、やがて家族全員を蝕んでいき…?河東ますみ渾身の傑作ヒューマンサスペンス集!※本作は「家庭サスペンス」(2009年5月号)等に掲載されていた作品を電子配信用に再編集したものです。

添加物まみれの母性のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

58件のネット上の評価があります

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この作者の方の作品は、ほぼ全て評価が低いので、値下げされているのでしょうか。

    評価0の作品だけ、値下げされていない様です。


    他電子書籍のバナーで、こちらの作品を知りました。

    一冊丸々「添加物まみれの母性」のお話かと思って購入してしまったので、巻では無く最後のお話だけ購入すれば良かったと思いました。


    主人公の食生活が悪かったせいで、サイコパスみたいな性格になってしまったのでしょうか・・。

    旦那様が亡くなっても、考えるのは保険金の事ばかりで、息子も母親の性格を引き継いでしまったみたいです。


    ミステリーかサスペンスの様ですが、意外性はほぼ皆無で、淡々としたお話です。

    2話目は、全く印象に残っていません。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 表題作のみですが…主人公が母性ゼロ。最低最悪自己中女。節約節約〜と言って働く旦那に満足な食事を作る事もなく、子供を可愛がる素ぶりはあるものの全く子育て(食育)出来ていない。ただの自己満。結果過度な節約生活の所為で旦那を死なせておいてあ〜高い保険料入っておけば良かった〜と言ってる辺りどこまで最低なんだろうと思った。主人公の父が男手一つで育てたので満足な食事が作れず〜と懺悔していたがそれは主人公が食事を作る努力をするなり父一人の責任ではないと思うが、主人公がここまでわがまま自己中なのは甘やかして育てた父親の罪だと思う。終わりが唐突でページが吹っ飛んだ感じだったが因果応報…主人公が痛い目にあって何よりです… 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 こんなブっ飛んだ節約方法でも、主人公の亜衣の立場になって考えると、彼女なりに正論になってしまうのが恐怖です。
    亜衣は、店屋物やお菓子ばかり食べて過ごしてきたので、食べ物の大切さを伝えたところで、「たかが食べ物じゃない」なんて恐ろしい言葉を平然と口にします。

    更に亜衣は続けます。「大切なのは愛情。だから私はずっと息子の傍にいる。」その為、夫が他界したにも関わらず亜衣は働こうとしません。息子が成人するまで保険金を残す為に、やはりポテチで節約します。

    亜衣の父が今際の際に、「3匹の子豚」を引き合いに出して食育の大切さを訴えるシーンは圧巻です。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 夫と結婚した理由が夫を愛しているからではなく進学や就職したくなかったから…
    自分は毎日ふらふらしているくせに夫の給料が少ない事に文句を言い、食事はポテチにカップ麺…
    夫の死を哀しむ事なく、お金ばかり心配する
    女の子が欲しかったという理由で息子に女の子の服を着せ、お金もかかるので野球クラブに入る事を反対する…そんなに金の心配するなら自分で働かなくても、まだ年齢的にも若いんだからそれなりに収入の良い人と再婚するという選択肢はなかったのか?
    こんな女の家庭教師を任されたりしなければ、夫は本当に幸せな家庭を気付いていたんだろうな 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 夫がどうなるか気になったので、3話まで購入。夫はあっさり退場しておわり…あまりにも不憫…
    おかしを当然のように食事として扱っていたのは父の影響で、亜衣がすぐ怒るのもその食事の影響だった。そして息子も……
    3話めの父の独白で話の筋が繋がるのはよかったですが、ヤケクソなオチでなにも解決してないので、読後の印象としてはイマイチ。
    息子がかわいくてイケメンなので星3つにしました。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 添加物の話だけ買った。
    夫と息子が気の毒すぎるわ。まぁこの女の母親がいなくなったことに関しては同情するよ。ただ自分が幸せになること、自分が楽することばかりを考えてるのはいただけないね。妻失格、母親失格。最後は息子にボコボコに殴られた挙げ句、とどめに火を付けられるという最期を遂げたと思われるが…。因果応報だね。そりゃ我慢ばかり強いられればね、キレたくもなりますって。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 節約と称してポテチやカップ麺しか食べさせない妻もおかしいけど、食事を一切作らない、離乳食にポテチを使うなど、普通の大人なら子供に悪影響なことくらいわかるはずなのに、この夫は何も疑問に思わなかったんだろうか?夫が妻の異常性に気付いて離婚し子供を引き取り、実家に助けてもらいながらでもいいから整った環境で育てたら、夫や息子の悲劇は起こらなかったと思う。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ページ数の為か、展開(時系の表現の問題?)が急すぎて内容が薄く感じられます。夫と父親のフェードアウトの仕方もチープというか。
    もっと息子の心境の変化や成長過程が息子の視点であったらまだ良かったかも。主人公のひと言解説ではあまりにもお粗末。
    表題作だけでいいなら、1話ずつ購入することをオススメします(全3話です) 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 女たちのサスペンスシリーズは、ベタで強引だけど中毒性があります。私は好きです。

    表題作ですが、添加物はあまり関係なく主人公あいのクソっぷりが見どころです。

    旦那「温かいご飯が食べたい」
    息子「アンタのママゴトに付き合わされるのはもうたくさんなんだよ!」

    河東さんの作品のクソ女たちの描写は秀逸です。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 展開が浅すぎて驚いた。
    こんな内容でも商業で漫画が描けるのかと、衝撃。
    もう少しじっくり描けたら面白くなりそうなのにもったいない。

    最後の翼の反逆も急すぎて現実味がなさすぎて、あいが悪夢でも見てるのかと思った。
    絵は見れないほどではないけど…担当が微妙なのでは? 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 一話50円は高いかな。最後は自分の行いが返ってきた感じです。働いて帰ってきた旦那さんにポテチをあげるとか、子供か!と思いました。
    栄養が摂れない生活ではフラフラになるのも当たり前。
    旦那さんもよく我慢していますね。
    いくら節約の為といえど犠牲が大きすぎました。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 家庭でお父さんがこの女を苦労させたわけでもないし。旦那にはクソみたいなご飯しか出さず自分は父親に奢ってもらいながらいいもの食って。旦那の分持って帰るとか出来んだろ。旦那は一生懸命働いてんのに。このクズに出会ってしまった旦那が可哀想。胸くそ悪 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    …えっ?終わり?何これ?が感想です。
    ページ数の問題か、話しがまとまってない気がする。
    もひとつ、画力に?です。キレイですが、背景が白い、漫画家さんでも苦手な左向きの顔が少ない。アップは大体右になっているのと、上半身が多いのが気になります。苦手な絵はわざと描いてないのかな?

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 これ、実話なのかしら(^^;
    100円欲しさに事故死なんて、
    旦那さんが気の毒すぎます(><)
    自分には、努力のひとかけらもなく、
    怒鳴り散らし。最悪、最低、働け!!!
    こんな嫁じゃなくて、私、少しはマシかも(笑) 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ポテチの話
    結局なにが言いたいのかわからない。
    食育を掲げたそうにした説教くさい漫画の割りに、食品添加物の影響が薄い。旦那も事故死だし、子供がグレるのも主人公の性格の問題のように見える。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    最初の話しが読みたくて購入しました。私は、読んで良かったです。漫画の内容は、やり過ぎだけど、やっぱり食べ物は大切だし、何が大切かを伝えたいのは、伝わりました。あとの二話は、添加物は、全然関係ないです。サスペンスって感じです。

  • 40

    cmoa

    Twitterの広告に載っていて気になって見てみたけれど(Twitterでは初めの方のページが掲載されていた)、あっさり終わっちゃって物足りなさを感じるし、どこかスッキリしない?ような感覚。ちょっと買って後悔してる作品

  • 40

    cmoa

    気になってたので購入。
    読んだ感想「自分中心」
    人間にとって食事は大切なもの。
    節約と自分の夢の事しが考えてない。旦那が亡くなっても「お金」しか考えてない。
    最後は子供が言ってる事も分かる。自分中心な人間はいらない。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 お母さんがヒドイ人で旦那と父親はかわいそう。
    息子がキレたのは当然では?添加物よりも、育て方の問題かと。
    そして突然終わる。これで1話50円は高いかも… 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    きれいな絵で読みやすかった。
    ポテトチップやカップラーメンを一食分にするなら普通におかずを作れるのではないかとか、主人公は思いやりをどうして持てないんだろうとか、いろいろ考えさせられて何回か読み返した。

ネット上のイメージ

子供
怖い
サスペンス
女の子
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • 窓のない部屋
    『見られて欲情するなんて…とんだヘンタイですね…桜井センセは…』塾講師・桜井美琴は、塾の隣にある公園のに対する卑猥ないたずら書きを複数発見してしまう。以来なぜだか身体が疼くようになり…(「窓のない部屋」)トイレで自分『ホントに彩は好きものだなぁ…』SEXが大好きなソープ嬢にある日芽生えた葛藤とは…(「あしたのあたし」)風俗嬢の姉にいいように可愛がられる弟(「ノボル君の場合」)娼館を舞台にしたそこに集う人々の心模様を見事に描写(「ローズパレス」)――表題作と書き下ろし含む9作品を収録 ≪収録作品≫あしたのあたし/Letter from Sophy/Silent/ノボル君の場合 1~3/ココロのかけら…/town bike/窓のない部屋/ローズパレス
  • 復讐手帖~男と女の不倫事情~ 【第1話】
    「家庭」「本命」を裏切って男と女が恋に落ちる時、必ず誰かを傷つける。それがわかっていても今、この時感情と欲望のままに溺れたい──。不倫の果てに男女間で巻き起こる本当にあったドロ沼劇をまんが化! ※この作品は『ストーリーな女たち Vol.35』に収録されています。重複購入にご注意ください。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 血の轍 1
    「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」!母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!
  • 今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~
    「最近してねぇんだよな」 編集者の彼氏と同棲9年目になるポレ美はセックスレスに悩んでいた。彼氏の嫉妬がきっかけで一度セックス、勢いで結婚するも、その後の日常は変わらないレス状態。このままではいけないと、マカ入り味噌汁を飲ませたり、ロマンティックにセクシー下着&キャンドルで誘惑したりと奮起するも失敗続き。さらには友人男性からの下世話なアプローチ、多忙な彼の浮気疑惑、家族からのプレッシャー&妊活突入などさまざまな試練が降り注ぐ中、果たして無事にセックスレス解消に至るのか…!? パートナーのいる女性の多くが気にしている「セックスレス問題」をリアルに描く渾身の話題作!!

イメージの近い作品(最近)

  • 見えない叫び
    心臓の弱い母にもしものことがあったら――。父と看護師の高恵(たかえ)さんがついているとはいえ、良子(りょうこ)は不安でならない。そんなある日、地下室でかわされる密談を聞いてしまった母!! そして、良子の心配は現実のものとなり……!? ――あなたを恐怖と悪夢の世界へといざなう、菊川近子先生のミステリー傑作集!!
  • 2週間のアバンチュール
    林間学校でおませな少女・ローズと同室になったアンジェ。わがままな少女にうんざりした彼女がしたこととは......。子どもと大人で揺れる少女を毒気たっぷりに描いた「ばら色の頬のころ」番外編「彼の左目」など、初期の短編から最新作まで全4作を収録した傑作短編集。