© ビーグリー

今日は高校一学期の終業式。しかし教師の有田は、自分が同じ1日を繰り返している事に気づく……。繰り返しの原因を見つけ、無事次の日を迎える事は出来るのか――?至高の本格学園ミステリー。

永遠の夜に向かって…

| ビーグリー(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

永遠の夜に向かって…のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

14件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    毎日が繰り返されていく。他にも似たような漫画や小説はありますが この漫画は使い古された感じもなく 新しい作品でもないのに今読んでも遜色ない良作だと感じた! 何度も繰り返される数時間 その数時間に毎日繰り返すけど 出来なかった些細な事を成し遂げる その毎日の小さな事が大事なのだと 愛おしいのだと感じさせられた 内容を考えると3巻は長いのでは?と思ったが やはりこの長さが一番よく 佐伯先生の構成力の高さが感じられた作品

  • 100

    cmoa

    面白くて1、2時間で読破しました!
    先生も生徒も、優等生もそうでない子も、外交的な子もい内向的な子も、皆何かしら感じて抱えて生きている。
    ある日突然「今日」を繰り返すことになり、心残り=やり残したことに向き合ったその時何が…?
    内容は某漂流教室に似ていますが、ほんのり優しく甘い読後感が残ります
    周囲への思いやりは素敵ですね。自分が辛くても優しくしようと感じさせてくれる一作でした。

  • 100

    cmoa

    とある日を延々繰り返している事に気がついた登場人物達の話です。
    今でこそよくあるループ話ですが、全然古臭くなく…構成力が高いです。
    しんみりしたり笑えたり、暗い話になりそうな所をキャラクターが支えている感じです。
    ループするその原因となったあの光…は途中からそうなんだろうなあと感じていましたがやっぱりでした。
    現実のあの出来事もきっと一瞬だったんだろうなあと切なくなりました。

  • 100

    cmoa

    この手のお話しって読んでても意味不明だったりラストが微妙だったりしますが、この作品は設定がしっかりしていてとてもわかりやすいし、ラストも感動的な終わり方で、読んだあと何とも言えないほっこりした気持ちになりました!
    3巻だけなのに、まるでもっともっと長編の作品を読んだかのような気持ちです!
    読んで良かった♪

  • 100

    cmoa

    「アリスの13時間」という作品が好きで読み返してみました。佐伯先生の作品という事でこちらも読んでみました。最初はよくあるあのての作品だと思っていましたが、とても面白かったです。特にラストは感動して読んで良かったと素直に思いました。他の方にも読んでほしいと思います!

  • 100

    cmoa

    1巻、2巻と読み進めるあいだのジリジリ感が登場人物の心理と重なるようでした。
    でも繰り返しのようで全く同じではない。無へと進むうちに何か浄化されるよう…
    そして最後、きちんと収まるのがすごいなーと思いました。
    オマケ漫画がありがたかったです

  • 60

    cmoa

    どこかで読んだことがあるような話です。若干昔の作品っぽいので、他のマンガがこのマンガにインスピレーション受けたのかもしれませんが。読後感は評価分かれるかもしれません。自分だったらどうするかなとか、色々考えてしまって、正直疲れました…。

  • 100

    cmoa

    一つ一つの繋がりが解きはなたれて行き最後はなんとも言えない感動が沸き上がりました。物事の捉え方で変われる気持ちにとても考えさせられる作品でした。是非とも映画化して欲しい作品に出会えました

  • 100

    cmoa

    読み放題で読みました。評価が高かったので読んでみました。絵にクセがあるので、最初戸惑いましたが、それ以上に面白かったので最後まで読めました。3巻ですが充実していて、読後感も良かったです。

  • 100

    cmoa

    昔読んだ覚えがあるのに、最後を覚えてなくて。今回全部読めてすっきりしました。設定もストーリーもしっかりしていて、映画を観たような感動、最後の日から話が始まるので切ないおはなしです。

  • 100

    cmoa

    絵柄は古いのですが、完結までの道筋が連載開始から最終回まで出来ていて、流石大御所だなと唸る作品でした。まるで映画を観た後のような余韻が残ります。文句なしに良い作品でした。

  • 80

    cmoa

    好きな作家さんだったので、何となく読んだんですが、最後まで読み終わった後、涙が出そうな感情が込み上げてきました。良かったです。

  • 100

    cmoa

    複雑で分かりにくい話になりそうな展開なのに、だんだんと話に入り込んでしまって。最後は切なくしんみり。美しいお話でした

  • 100

    cmoa

    最後は何とも言えないスッキリ感と、とても感動的なお話でした。
    久しぶりにのめり込めた気がします。

ネット上のイメージ

感動
教師
切ない
優しい

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 漫画家 荻丸雅子セット
    荻丸雅子先生の人気作品をピックアップしてお届けするハーレクインコミックスのセットです。「会議室の恋人」「つまずいたプレイボーイ」「裏切り」の3巻をまとめて収録。
  • ストロボスコープ
    さびれた喫茶店の店主・和は、ふいに転がり込んできた年下の男・レンジと暮らすうち、他人の肌への飢えに気づく。とうに諦めていた恋愛への渇望は、和をシクシクと苦しめて…。【収録作品】「ストロボスコープ」「Chain gang」「good morning,bad day」「Devil’s thoroughbred」+エッセイ32本

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 絶対彼氏。
    失恋したてで大ヘコみのリイコ。偶然出会った怪しいセールスマンに欲しいものを聞かれて思わず「彼氏!」。教えられたホームぺージにアクセスすると、販売されていたのは「理想の恋人」人形(フィギュア)!軽い気持ちで注文したら、届いた箱から裸の美少年がころがり出た!!これってホントにフィギュア…なの!?
  • 君の夢を見ている
    6月24日15:43――「俺と君は恋に落ちる運命なんだよ」 人気旅行ライターの雨森は初対面の由比にいきなりそう告げる。暗い少年時代、由比との幸せな予知夢だけが心の支えだったと。だからって雨森の予知能力なんて信じてないし、雨森と恋なんてしない。そう言い聞かせる由比だけど、予知通りにキスをしてしまい……!?運命の恋、予知夢の謎、由比の過去、雨森だけが知る未来。“悲しい未来が待ち受けてるとしても、ただもう恋に落ちるしかなかった”

イメージの近い作品(最近)

  • 世界から猫が消えたなら
    成瀬時生、新聞配達員。平凡な日々を送る彼が受けた余命宣告。絶望を抱えた彼の前に現れたのは、なんと自分とうり二つの“悪魔”だった。悪魔は提案する。「世界から何かを消せば一日命を延ばす」と…。2013年本屋大賞ノミネートの大人気作が遂にマンガ化!読めば必ず心に何かが残る待望の第1巻!!
  • ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~
    大人が泣いた! 藤子F先生の真実の物語!ドラえもんを生み出した漫画家、藤子・F・不二雄先生と、ドラえもんが大好きで漫画家を志した青年の感動の物語が、ついに単行本化!藤子・F・不二雄先生の最後の弟子、むぎわらしんたろう先生にしか描けない藤子F先生の知られざる素顔を、初公開となる直筆資料を交え描き出す!!月刊コロコロコミック創刊40周年記念作品として前後編で発表されたものに大幅加筆! また、作中に登場する藤子F先生の手紙など貴重資料も特別掲載! さらに藤子F先生の大長編下絵イラストポストカード付録など、豪華企画もりだくさん!掲載時、コロコロ読者はもちろん、そのコロコロを読んだ大人たちが泣いたと絶賛の感動物語が、いよいよ登場!! 今よりもっとドラえもんが愛おしくなります。