© 講談社

朽木(くちき)――過去にいわくありげな、一人の浪人。雲雀(ひばり)――家に居つかぬ父を待つ、長屋の少女。朽木が荒れ寺に開いた寺子屋に、雲雀が通いはじめ、二人は次第に心を通わせるようになる。だが、雲雀の父が起こした事件によって事態は急転。雲雀は朽木に罪をかぶせようとするが……!? 俊英・山中ヒコが描く、欠けたる者同士が寄り添って生きる、江戸・下町の人情譚。

死にたがりと雲雀

| 講談社(出版)

立ち読み

死にたがりと雲雀のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

67件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    ※物語の内容に触れてます。細目兄弟との過去編は、正直あっさり解決したなという印象でした。細目殿の長年にわたる疑問に1つの回答が与えられたことによって、彼もまた新しい一歩を踏み出せることになるのではないかという、希望の持てる前半だと思います。後半はいよいよ、朽木が何故、死にたがりになってしまったのか?の謎が徐々に解き明かされていきます。懸命に生きてきた正直な人間に襲いかかる悪意に、遣る瀬無い気持ちになります。この作品では常に、人の心の中にある対になるもの(善と悪、強さと弱さ、美しさと醜さ等)が描かれていると感じます。作者の意図もそこにあるのでしょうか。朽木の過去、そして雲雀はどうなってしまうのか?続きが何とも気になる作品です。本編はシリアスですが、背表紙の漫画や後書きのおまけ漫画はほのぼのしており、優しいです。

  • 100

    cmoa

    作者の方も江戸物が好きなのだろうな、というのがビシビシ伝わってくる作品です。他作品も読みましたが、他のものより下地の舞台描写もしっかりしており、ゆるやかでこみ上げるような心情の移り変わりの表現がとてもお上手で、出てくる人の気持ちの温かさに、幸せを願わずにはいられません。物語がどこへ着地するのかまだ分からず、続きが楽しみです。
    絵が平気で(もしかしたら絵でダメ?という方もいるかなと、私は好みですが)、人情物が読みたい方に勧めたい。江戸が舞台なのはちょっと…という方には垣根を感じさせない、とても読みやすい部類のお話とも思います。

  • 60

    cmoa

    謎の浪人、朽木と少女ひばりの物語。無料分1巻を読みました。最初は辛気臭い感じがしてなかなか話に入っていけなかったのですが、途中から一気に引き込まれ、あとはひたすら涙。胸が痛くて苦しくて、でも読むのを止められなかった。世の中は、正直者や優しい人、弱者が必ずしも報われるとは限らない、理不尽な事だらけ。だけど歯を食いしばって生きていかなくてはいけない…。なんだか小説「レ・ミゼラブル」を読んだ時の、辛くて、でも感動した時の感情を思い出しました。良作です。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 何度も泣きました。雲雀ちゃんのけなげさと朽木の彼女を守りたいという気持ちに。
    また、二人をとりまく人々の温かさに。寺子屋に通う子どもたちや長屋に暮らす人たちに囲まれてこれからもいろんなことがありながらも暮らしていくのだろうなあと思います。あとがきに最後に雲雀ちゃんの花嫁姿!がありましたが、誰と結婚するんだろうと想像しました。ああ、10年後くらいのスピンオフ読みたい。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻無料から読み始めました。
    これから続き読みます。

    ひばりちゃん可愛いんじゃー!!!
    長屋の皆も優しいんじゃー!!!
    辰五郎は大馬鹿者だー!!!
    (´;ω;`)


    全部読んだ!
    以降さっぱり出てこないけど
    やっぱり辰五郎は大馬鹿者だー!!!

    ひばりちゃんと朽木先生が幸せでありますように
    あと長屋の皆とその他色々優しい人達も

    (´;ω;`)人(*´ω`*)

  • 100

    cmoa

    タイトルに惹かれて読みました。私は江戸ものの小説も好きで読みますが、内容は小説並みにしっかりしています。絵がとても線が細く綺麗な感じなので、内容と少しギャップがありますが、読んでいるとすぐ慣れます。江戸の粋さや人情をよく表現している良いマンガなので年配の方にもおすすめしたいです。読んでる途中、ウルッときて朝から泣いてしまいました。個人的に安兵衛さんが好き(笑)

  • 100

    cmoa

    1巻無料2巻まで読みました。
    愛らしい見た目の雲雀が繰り出すべらんめえ口調が可愛くて(主語おれ)健気で悲しくてそれだけで泣いてしまいます。
    朽木先生始め長屋の人々のあたたかさが沁みてきます。
    レビューを読むと3巻以降は朽木先生の過去、とのことですが悪い人の筈が無いですからそんなに身構えず読めますよね?少し怖いですがこの作品は必ず最後まで読みたいと思います。

  • 60

    cmoa

    主人公の朽木と少女雲雀ちゃんが心を通わせていく物語登場人物それぞれが何かを抱えていて、その闇が次第にあきらかになっていきます主人公を執拗に追う細目(3巻表紙の右人物)の過去が描かれている3&4巻、ツラく悲しい話だけど読み応えがあった細目兄弟好きです完結巻である5巻はこれからですが、どういうラストか気になります悲しい中にも人情味溢れる、どこか心に響く作品です

  • 100

    cmoa

    雲雀ちゃんなんてイイコなんだろう。
    最初の本誌のイメージとはちょっと違うけど、雲雀ちゃんが優しくて儚げで行動のひとつひとつがかわいらしい。
    しっかりしていてもそこは子どもですもの、これから先生との繋がりで、子供らしくなっていったらいいのにね。
    しかし、先生なんか過去に何かありそうですね。
    岡っ引きの彼とも面識あるようだし。
    これからが楽しみ!

  • 100

    cmoa

    1巻無料で読めたので、ずっとあたためて(?)おいた作品ですが、今日読んだらめちゃめちゃよかったので2巻からパック購入しました。
    今風に言うと、放置子の雲雀ちゃん。
    お父さんの犯した事件により、ひとりぼっちになってしまい、寺子屋の先生に引き取られます。
    どうかどうか、みんなが幸せになりますように、と祈らずにはいられない作品です

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 やっと完結巻まで読めました(^^)まさかの悪人で!!
    死にたがりの朽木さんが雲雀ちゃんと出逢えて本当に良かった。雲雀ちゃんが朽木さんに甘える姿を見られて大満足♪二人のこれからをもう少し…嫁入りまで覗いていたかった(^^)何度も泣かされたけどこの結末は幸せ♪

  • 80

    cmoa

    無料版を読んで購入決めました。
    1〜2巻は健気な雲雀ちゃんがひたすら切ない。
    3〜4巻は殆ど同心&死にたがり君の壮絶な過去編。気になってたとこが概ね分かりスッキリ。
    人によって好き嫌い分かれるでしょうが、私は絵も時代背景も好きだし読みやすく、買って良かったと思います。続刊もまぁ、買う。

  • 100

    cmoa

    「人は何にすがって立つかわからない」とても印象的な言葉でした。何かにすがってでも立ち上がろうとする人が好きなので、雲雀が踏ん張って立つ姿に心鷲掴みにされました。先生はもちろんですが、老若男女、あったかい人たちが出てきてほっこり☆でも、不穏な空気も漂ってるのが侮れんませんね。

  • 100

    cmoa

    初めは暗そうでなんとなく読むのを敬遠していたのですが、無料版を読んで、結局すぐにまとめ買いしました。
    確かに切ないのですが、悲しいというより、優しさに涙してしまうようなお話です。
    この作者さんの他の作品は読んだことがないのですが、ぜひまた時代もののお話も描いてほしいです。

  • 100

    cmoa

    悪党は鼻が利くから優しい人を嗅ぎつけて踏みつけにするという言葉通り、身の上は愛する者を殺されてばかりの悲惨さなのに、優しいが故に周りに愛のある人達が多く集まってくる…登場人物が皆愛しく思えてならないお話しでした。子ども達の絵柄がまた愛くるしかった!

  • 100

    cmoa

    雲雀の心や朽木先生の心が最後はお互いであったり周りの人達の暖かさによって救われていく感じ。
    途中、重くて暗くてつらい場面が多くありますが、どんな人でも大小さまざまな事を抱えて生きる人間模様の描写が素晴らしいと思いました。
    涙無しには読めません!

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 父の罪を知りながら、押し付けようとした雲雀なのに、預かってくれて。色々あるけど、人それぞれの理由もあり、人間の本性もみられます。まだ、無料しか読んでまませんが、どうなっていくのか楽しみです

  • 100

    cmoa

    作者さん買い。良作の時代劇を観ているようでした。過去を持つ浪人(朽木)と罪人の娘(雲雀)が共に住むようになり 様々な人間模様が繰り広げられる。雲雀を囲む人々の人情や朽木に絡む同心の話とか、深く涙を誘われずにいられなかった。いい物語でした。

  • 100

    cmoa

    ハラハラしながら読み続けていましたが、ついに完結しました。
    時代物で重く悲しい展開もありますが、先生が生きる力を取り戻せて良かったです。
    おまけの花嫁姿を見て、雲雀が成長してお嫁に行くところまで見たかったなとも思いました。

  • 80

    cmoa

    雲雀のひたむきさが切ない。
    受け止めてくれる大人がいて、良かったと思え、気持ちが暖かくなる作品。
    タイトルで避ける女性が多いかもしれないけど、無料を使ってまずは読んでみると良いかも。
    まさに、女性向きではないでしょうか。

ネット上のイメージ

優しい
教師
感動
江戸
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • 恋姫
    67 恋姫
    人気歌舞伎役者・優紀は遊び仲間の秋川に密かな想いを寄せていた。戯れを装って身体の関係を持つようになった二人だが、優紀は彼の心にも期待し始め…!? 続編の「小春日和」や、人気読み切りも収録された特別編集・新装版!!
  • 夜はともだち
    いたぶること、唯一ゆるされた愛しかた。ノーマル似非S×真性ドM。――顔は可愛いのに、無口で無表情でミステリアスな飛田(とびた)くん。飛田くんが、実はゲイでドMだと知った真澄(ますみ)は、好奇心からサド役をかってでることに。プレイの終了は2人の繋がりも解消されるとき。しかし真澄はプレイメイトという限定された関係以上を期待するようになって──。「SとM」。役割以上の繋がりを求めてはいけない…?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 絶対彼氏。
    失恋したてで大ヘコみのリイコ。偶然出会った怪しいセールスマンに欲しいものを聞かれて思わず「彼氏!」。教えられたホームぺージにアクセスすると、販売されていたのは「理想の恋人」人形(フィギュア)!軽い気持ちで注文したら、届いた箱から裸の美少年がころがり出た!!これってホントにフィギュア…なの!?
  • 君の夢を見ている
    6月24日15:43――「俺と君は恋に落ちる運命なんだよ」 人気旅行ライターの雨森は初対面の由比にいきなりそう告げる。暗い少年時代、由比との幸せな予知夢だけが心の支えだったと。だからって雨森の予知能力なんて信じてないし、雨森と恋なんてしない。そう言い聞かせる由比だけど、予知通りにキスをしてしまい……!?運命の恋、予知夢の謎、由比の過去、雨森だけが知る未来。“悲しい未来が待ち受けてるとしても、ただもう恋に落ちるしかなかった”

イメージの近い作品(最近)

  • 永遠の夜に向かって…
    今日は高校一学期の終業式。しかし教師の有田は、自分が同じ1日を繰り返している事に気づく……。繰り返しの原因を見つけ、無事次の日を迎える事は出来るのか――?至高の本格学園ミステリー。
  • ハーレクイン 富豪との許されざる恋
    年の離れた亡き夫の願いをかなえるためにニューオーリンズを訪れたサマンサ。そこで知りあったレストランのオーナー、ルイスに強く惹かれ、一夜の関係を結んでしまう。夫を亡くしたばかりなのに私はなんてことを…。しかも、その相手ルイスこそ彼女の捜していた、亡き夫の婚外子だったのだ! 義理とはいえ親子で関係を持ってしまうなんて。愛と理性の間でサマンサは煩悶する。ニューヨークに戻った彼女を待っていたのはスキャンダルに飢えた人々と、愛の疑惑…!?