© 講談社

さあ、「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」をはじめましょう――。生き残りを賭けた、兄妹同士のデス・ゲームが幕を開ける――! 世界有数の財閥、久遠寺(くおんじ)家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会」で9人の兄妹が一堂に会す中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹全員で殺し合いをしてほしいの」混乱の中、理性のたがが外れた四女・星(ステラ)は金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる――!!

架刑のアリスのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

160件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 イマドキの人には理解しがたい雰囲気かもしれません。
    あっさりテイストがお好きな方には、意味も醍醐味もわからないでしょう。
    先生の作品の魅力は、ゴシックテイストの耽美さやぞくぞくするような愛憎劇にあると思います。

    今回まさかのアリスネタ。
    先生のチョイスには可愛らしい感じがしました。
    しかし、世界観は一切壊さず、あまりない箱庭感がいつもと違った戦慄を奏でているようです。
    限定された範囲内だからごちゃごちゃとしているように感じられたかもしれせん。

    大半の先生の作品は色々な場所に赴き、敷地的な解放感があったように思えます。
    アリスネタでより、幅広い方々にも入り込み易い設定になっていると思います。

    ボク的には、現代ものも中世ものもどちらも感じられるものもあり、先生の作品は至福一点に尽きるものと思っています。
    好みもあるかとは思いますが、何度も読み返して読みたくなる作品の一つです。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 天使禁猟区や伯爵カインはまあまあ好きだったけど、これは微妙だった。
    兄弟同士の殺し合いも展開が早すぎて、死んでいくキャラクターたちに全く感情移入できない。もう少し殺し合いが始まる前に兄弟達とのエピソードを掘り下げたりしてほしかった。
    他の作品も読んでいて思うのは、幼児がものすごく強いって設定が作者は好きなんだなぁと。
    幼児の方が残虐性とか強調されてゴシック的世界観にハマりやすいからだろうけど。
    全く面白くない訳ではないけど、作者の趣味に偏りすぎてて読者は置いてけぼりをくらいます。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 1、2巻と見ましたが不思議の国のアリス、赤ずきんちゃんとおとぎ話(?)でのキャラクターの人達が戦うというものでした。3巻からは、もっともっといろいろなキャラクターが出てくることでしょうね!すごく楽しみです。( U+361° U+35CU+296 U+361°)
    ですが、躍動感があり良いのですがわかりにくい部分もあります。そういうところは自分で、想像して読んでみると面白いので是非買って読んでみてください!
    ストーリー自体もとても面白いです!

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は購入して他の兄弟達も物語のコスプレしていたんでステラの2人の姉があまり関係なさそうな感じだったのでちょっとガッカリ(´・ω・`)グロいことはグロいけど、もともと絵が綺麗なので綺麗なグロ、ですね。
    ストーリーとしては先が気になるので読んでますが途中混乱するようなところがあるのが、皆さんがレビューに書いている「ごちゃごちゃしている」ですかね?
    こういったストーリーの場合はどんな終末に向かうのか気になるところです。

  • 60

    cmoa

    覚醒して出てきたもう1人の自分アリスと共に、突如強制させられた兄弟姉妹との殺し合いをしていくヒロイン。一度死んで豹変した兄の真相、白兎の正体、両親の秘密、敵グループと母との因縁…殺し合いだけではなく、乗り越えるたびに明らかになっていく驚きの真相、その都度新たに謎が生まれるので、続きが気になってしまう。兄弟姉妹キャラがそれぞれ、アリスや御伽話の登場人物になぞらえているのも面白い。

  • 40

    cmoa

    由貴先生、カインシリーズとか好きで初めの頃の作品は全部楽しみにしてたんですけどね…。
    もともと盛り込み過ぎ感あったけど、新しい作品が出るごとに、それがひどくなってる気がする登場人物多すぎ、複雑な設定を盛り込みすぎで訳がわからなくなる

    絵は凄く綺麗だし、ぶっとんだ設定も結構好きなので、もう少し読者にわかりやすく整理してくれれば、もっと売れるだろーになぁ。と思います

  • 60

    cmoa

    由貴先生の作風は好きで、カインシリーズとか、何度も読んでいるのですが、これは正直作者買いで惰性で読んでいる感じです。他の方にはない持ち味なので。
    過去作と比べると、画面、ストーリーのごちゃごちゃ感がどんどん増してしまっていて、ちょっとわかりにくいかな。
    ただ、私のスマホがiphone5sなので、紙本とか、画面の大きい媒体で読めばもう少し見やすいのかもしれないです。

  • 100

    cmoa

    先生の良さ!グロイ、殺人、愛情、アクション、ファンタジー感、クラシカル感がしっかり詰まってます!
    これはコレクションですよ〜天使禁猟区、カインシリーズから読んでる人は好きだと思う。
    由貴先生は美しくグロイ方がやっぱりいいよね
    グロイ、絵が細かく書き込み凄いのが苦手な人には向かないです。それが著者の良さなので。
    アリス題材素敵続けて買うのと本も買いますよ!

  • 80

    cmoa

    流石に由貴先生の作品です。
    戦う相手も意表を突いていて家族同士で、それにアリスの世界感をみごとにマッチ。
    まだまだ、奥ふかくに謎があると思います。
    目が話せませんね。
    私的には、ヒロインが銃で戦うのもきらいじゃないのですが、ヒーローが今のところ見当たらないというか、ヒロインを守るヒーロー(王道)がいないのが残念です。でも、面白いですよ。

  • 60

    cmoa

    学生時代、由貴先生の天禁にはまり夢中になって読んでいました。久しぶりに先生の作品を見かけ期待を込めて4巻まで購入。先生の作品らしく話に奥行きがあり先が気になりますが、戦闘シーンがグロい。おどろおどろしいシーンが多々あり、私には刺激が強めでした。昔はそこまで思いませんでしたが、年をとったせいなのか…。この先の続きを購入するか悩みます。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 はちゃめちゃな家族にはちゃめちゃな設定。
    読んでいると、理解しがたかったり、話についていけなかったりするが、そこがステラたちと同じ臨場感が味わえます。
    意味深な母とイカれてるのに何気にルールに厳しい父がお気に入りです。
    ゲームの行方と久遠寺家のあれやこれやが気になります。

  • 80

    cmoa

    昔から独特な絵柄と世界観を描くのが得意な漫画家さんだと思います。人によってはごちゃごちゃした絵柄が苦手という人もいるかと思いますが私は合ってると思うしカラー絵も綺麗で好きです。逆にあまりシンプルな絵柄だとこういう世界観のお話には合わないと思います(^^; あとはあまり長くならずに完結してくれると嬉しいかな。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 一人一人童話の衣装が可愛いしカッコいい!
    バイオレンスシーンもあるけど個人的には最高な描写でこういったシーンが好きな人は絶対他にもいると思うので是非読んで欲しい
    銃をぶっ放すアリスが特に最高で人間関係も含めて複雑で厄介なところも良い構成でおすすめです

  • 60

    cmoa

    私が読んだ由貴さんの作品の中では珍しく女の子が主人公の漫画。正直、男の人は目が大きいか可愛いかであまりタイプではないのですがストーリーが独特で続きが気になってしまうのです。この主人公の女の子は好きでした。
    あとボンテージとか、ゲイカルチャーっぽいファッションとかは好きです。もっとボンテージを描いてほしい。

  • 100

    cmoa

    非道、悲惨、排他的で退廃的。この作家さんの持ち味なので、うわっひどっ!みたいな展開山盛りですが、まあ、この作家さんなので。物心ついたばかりの小学生や中二病の子は、読んだら変な方向に思考転嫁させられそうな感じなので親御さんは気をつけて下さい。ま、それだけの影響力を持つって事で、わたし的には褒め言葉です。

  • 80

    cmoa

    ギニョールが個人的に最初から最後まで微妙だったのでその後の漫画は買わなくなりました。二巻無料だったのでなんとなく見てみました。無料分だけだとゴチャゴチャしてて分かりづらいですが殺し合いだとか残酷な童話が好きなので七巻まで読みました。個人的には好きな感じ。一つ星を減らしたのはやっぱり話が難しいからかな。

  • 80

    cmoa

    グロいというレヴュー多いですが、目を背けたくなるほどではないのでグロ苦手だけど読めました。登場人物のファッションが可愛くて好きです。ただステラは可愛いけど、アリスの顔ももうちょっと可愛く書いてくれたら…と思います。(アリスが天禁の刹那にしか見えない)結末がどうなるのかが気になります。

  • 80

    cmoa

    まさに「狂ってる」という言葉がしっくりくる独特な世界観です。
    とても好きなタイプのストーリーなんですが、登場人物が多いせいか、展開のスピードに登場人物の把握が追いつかず、この人誰?みたいな場面もあり、そこが少し残念でした。
    1巻しか読んでないので、続きも買ってみようと思います。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初から最後まで微妙というかなんというか…。主人公の切り替えが早すぎて(兄弟を殺したときは特に)ついていけない。ギャグが入るところもそこなんだーというかんじで、終始首をかしげっぱなしでした。自分には合わなかったです。残念。

  • 80

    cmoa

    書籍版を全巻持ってるので比較のために無料分の1〜2巻を購入しました。線や文字が細かくスマホだと読み難いです。突発的な展開と矛盾が見受けられますがそれを棚上げしても、続きが読みたくなる魅力がある作品です。とりあえず興味のある方は無料分試し読みする価値ありだと思うので☆4つです。

ネット上のイメージ

綺麗
教師
可愛い
独特
バトル

イメージの近い作品(ランダム)

  • リブレのBL旬コミ!! 夏’15
    「リブレのBL旬コミ!!」って…!? リブレ出版が自信を持ってオススメするコミックスの約1話分が無料で読めちゃう電子限定冊子です。2015年夏号のラインナップはこちら! 猫野まりこ「世界の果てよりこんにちは」/日塔てい「please,marry me!!」/原作:犬時/漫画:笑平「りんご、木から落ちる」/正弓「家政夫のニタ」/ 初めて出会った本や購入を迷っている本があったら、ぜひチェックしてみてね!「リブレのBL旬コミ!!」に掲載されている作品の製品版は、なんと電子限定の描き下ろしページ付です!
  • 【単話売】すれ違いベジタブル・ガーデン 1
    学校の小さな菜園で、癒し系の清沢くんに片想いしていた大楠。しかし清沢くんには彼女ができ、失恋間もなく恋敵だった佐川と急接近して!? 不器用な青春の恋が始まる!! ※本電子書籍は「メロキス-mellow kiss- 2018年5月号(第3号)」に収録の「すれ違いベジタブル・ガーデン 第1話」と同内容です。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • LOVELESS
    言葉(スぺル)による戦闘が遂に開始…。戦闘機とサクリファイス・・・。ふたりは同じ意味を持つもの。戦闘機は主人であるサクリファイスを敵の攻撃から守ることを使命とし、言葉を駆使して戦っていく。小学6年生の青柳立夏は2年前に兄・清明を殺され、唯一の理解者を失ってしまう。そこにかつて清明を主人(サクリファイス)として戦っていた「戦闘機」だという我妻草灯が現れる。草灯は立夏に新しい主人になって欲しいと告げる。清明が「ななつの月」という組織に殺されたことを知った立夏は草灯とともに戦いに
  • 男の子のことは何も知らない
    「俺もあんたも絶望的な片思い。だから慰め合うのに都合がいいだろ?」 俺は隣のクラスの千早をベッドに誘う。こいつは俺を好きじゃないから丁度良いと思った。俺は潮が好き。千早は楓が好き。だから潮の代わりにして傷を舐め合えばいいと…。でも触れ合えば嫌になるほど思い知る。俺が欲しい男はただ一人、潮だけ―――。チャラ系男子、クール美人、ドS男子、ツンデレくん。四人の高校生たちの片想いシンパシー。

イメージの近い作品(最近)

  • 魔界医師メフィスト
    魔震によって外界から隔絶され、妖魔のはびこる無法地帯と化した魔界都市で、絶対に敵にまわしてはいけない男・魔界医師メフィスト。12の「不朽の臓器」によって、いにしえの聖人を復活を望む魔導師メゲッドとの臓器争奪戦が始まる。
  • 化物語
    【 西尾維新 × 大暮維人 】!!! 阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!