© 小学館

▼第1話~第4話 ●主な登場人物/無門(「その腕、絶人の域」と詠われる伊賀最強の忍び)、下山平兵衛(伊賀地侍・下山家の長男。無門に弟を殺される) ●あらすじ/天正4(1576)年、戦国期。小国ながら大名どころか盟主すらいない伊賀国は、66もの地侍の小競り合いが絶えない。そんな地侍のひとつ・下山家の砦に、あるとき別の地侍・百地家の軍勢が攻め込んできた。そして、しばらく互角の戦が続いていたが、百地家のたった1人の忍びによって城門を破られてしまう。下山家の長男・平兵衛は、無駄な戦で血が流されることに、ずっと心を痛めていたが…(第1話)。 ●本巻の特徴/舞台は乱世の小国・伊賀。銭のために平兵衛の弟を斬殺した無門。実の息子を殺されても何も感じない平兵衛の父。“人の心”が欠けたこの国に絶望した平兵衛は…? 今、最も注目される小説家『のぼうの城』の和田竜原作小説を、気鋭の新人・坂ノ睦が完全漫画化した話題作、待望の第1巻! ●その他の登場人物/百地三太夫(伊賀地侍。伊賀のリーダー的存在で、無門の主)、木猿・文吾(無門と同じく百地家に仕える下人たち)、下山甲斐(伊賀地侍。平兵衛の父親。十二家評定衆のひとり)、北畠[織田]信雄(信長の次男。伊勢を治めていた北畠具教の養子だが、義父を暗殺し伊勢を手中にする)、日置大膳(信雄の家臣。信長にして「強弓を操る天下一の武者」と言わしめる)、長野左京亮(信雄の家臣。大膳の親友であり、大太刀使い)、柘植三郎左衛門(信雄の家臣。伊賀者で棒手裏剣を操る)、お国(安芸の侍大将・杉原将監の娘。類い希なる美女)

忍びの国

| 小学館(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

忍びの国のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

10件のネット上の評価があります

  • 80

    manga_review

    織田家の伊賀攻めという珍しい時代部分を扱った小説原作
    漫画です。画力・演出・テンポといい及第点に達した良作品
    だと思います。知略戦要素やひっくり返し展開など
    あって歴史的にある程度予測がつきつつも
    先が気になった作品です。
    オリキャラだらけですが史実性を
    そんな外していないと思います。

    登場キャラも魅力があって飄々としたキャラだが暗い面を
    漂わせている一方で、嫁(予定)お国にはコミカル
    に頭があがらない無門を
    はじめ感情移入しやすかったです。
    史実じゃ評判悪い織田信雄も二代目の悲哀を上手く表現
    して人間臭い良いキャラになっていました。

    明るい部分もありながら「忍び」という定番のテーマも
    綺麗に纏めて切ないラストも印象に残ります。
    知名度低そうですが結構な良作なので読んでいない人には
    薦めたいです。

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】・戦国時代に織田家が関わる話でも伊賀との戦いという珍しい所が題材。伊賀側を主人公にして史実の枠内でバトルや知略ありの忍びモノ・史実人物でも信長の息子信雄が中心。評判の悪い人物ながら二代目の苦悩には感情移入出来る描かれ方。信長も最後に大物として美味しい所を持って行く。それが絡んだ悲哀と余韻がある結末【悪い点】画力はともかく絵柄や画風に少年感が強くてミスマッチに感じた。青年誌で同原作者コミカライズだと「村上海賊の娘」があるだけに際立ってしまう【総合評価】原作の良さを感じることは出来たし、ダラダラせずにまとまって頑張っている作品だとは思いつつも、絵の違和感は惜しかった。評価は「良い」

  • 80

    cmoa

    忍びが好きなので数年前に小説を読んでたのですが、漫画も気になり一巻無料だったので読んでまた改めて小説を読み直したりとこのお話しで色々楽しめました
    和田竜さんの作品はどれも面白くて皆さんにオススメです

  • 100

    cmoa

    忍カッコイイです。
    結構グロい描写もありますが、大丈夫だよって方はぜひ読んでください。
    登場人物多めの漫画ですが、まとめてくれているので分かりやすいと思います。
    是非読んでみてください。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 嵐の大野くんが映画でどんな風に演じるのか、映画をみていないので、読んでてドキドキしました!そして忍びだけど、実は恋愛模様なのね!! 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 無門のコミカルさや妻にたじろぐ所がキュンとなった!
    その分無常なとこが際立っていた。
    シュールな、場面も無門ならではでよかった 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    流石、和田先生の原作は素晴らしく登場キャラクターは魅力的だが、このアメコミ被れの絵柄はもう少し何とかならなかったものか。折角の世界観を台無しにしてしまっている。残念なミスマッチ。

  • 80

    cmoa

    映画を見る前に購入してみました。あまりこういうジャンルは見ないけど、面白かったです。最後の5巻は続編かな?と思って買ったんですが、見当違いでした(汗)

  • 80

    sakuhindb

    月刊サンデーで3つ連載されている歴史系の漫画では一番良い。絵もダントツで上手い。話も非常に続きが気になる。月刊サンデーの中でもかなり面白いと思う。

  • 80

    cmoa

    アンソロジーだけ見ました。
    小説その後「if〜」色々な作家さんの
    無門が読めました。