© 講談社

美しき者には、人智を超えた忍法があった! 快楽極まる、超絶の秘術を見よ! 天下分け目の「関ヶ原の戦い」の前年、不穏な空気に満ちた京の遊郭にいた、ひとりの美しき者。名は陽炎(かげろう)。この者が、天下の形勢を、大きく動かしていく! 山田風太郎には、短編にも多くの傑作あり。せがわまさきによる、極上の漫画化、それこそが『山風短(やまふうたん)』!

山風短

| 講談社(出版)

83

非常に良い

13件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

山風短のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

13件のネット上の評価があります

  • 60

    sakuhindb

    有名なところでは「バジリスク」の二の矢、三の矢を狙った漫画だったのでしょう。同じ原作者さんの時代小説が同じ作画家さんの手でコミカライズされましたミドル形式で全四巻で4つの物語が収録されており、それぞれが一冊で完結していることで読みやすくなっていましたので、一言ずつ触れていくことにしましょうまず一章。関が原に至るまでの諍いを上杉家を中心に語り歴史の裏側を描いていましたがしかし山十朗のアレのインパクトこそありましたが、全体に語りや文字が多くなっており漫画に上手く置き換えられているとは言いがたかったな次に二章。これもう設定からして爆笑で、それが絵に起こされるとなおのことですがこれはギャグなのか、それとも本気なのか、気合入りまくった劇画調の作画なことでどう受け止めればいいのか読者としては困惑ですそして三章。作風としてはめずらしい近代劇風。時代はいつだろう。昭和に入っているのかな?なんにせよこのコンビの漫画にしては"らしさ"がなく内容も並以下です四章では、怪奇小説っぽいというか、日本昔話風とでもいいましょうか。怪しげな雰囲気でしたが、武士である筧隼人と忍である枯葉塔九郎との一人の女への執着の度合いが印象的で、四編の中でもっとも記憶に残ったのはコチラでした総合の評価は【普通】とさせていただきます。作画は凄まじく気合を入れて丁寧に書かれてはいたものの、作風が統一されていないのが悪い意味で気になりました

  • 100

    cmoa

    4編分の短編集です。
    (短編といっても単行本で全4巻、一編につき1冊分のボリュームはあります。)
    3編目だけ珍しく昭和30年代の学生が出てくる現代(近代?)物で、他は時代劇です。

    個人的には13話目から始まる2編目が、なかなか奥が深いというか興味深く読みました。
    簡単にいうと、内容は所謂大人の童話系の話です(^^;。(…まあ、3編目以外は全部そうなんですが。)
    でも、きちんと?説得力を持たせて描かれているので、ネタの割にはそれ程下品に感じませんでした。
    私が特に興味深いと思ったのは、とある人物の強さに闇雲に心酔して…今風にいうと追っかけをしてる主人公よりも成り行きで組んだ嫁の方が、そのとある人物の説いた志を大事に受け取って、別離を選んだ事です。
    それは足手まといにならない為の方便だったかもしれませんが、両者の対比が面白いなと思いました。
    結末も決して後味の悪いものではありません。
    ほぼ台詞無しで語られるエピローグは、丁度いい具合に想像をかき立ててくれました。
    物語性も画面構成も共に面白かったです。

  • 100

    cmoa

    山田風太郎作品と異常なほど相性がいい、せがわまさき氏の短編集。もちろん、山田風太郎作品のマンガ化です。
    1巻1シリーズ構成で、得意の忍者活劇から、作者が存命だった昭和初期の現代劇、ミステリアスな道中記まで多種多様にわたる作品群を、どれも見事に読みやすくマンガにまとめています。
    作品の性格がシリーズによって違うので巻数によっては好き嫌いがあるでしょうが、いずれのエピソードからも、せがわ氏の山田風太郎氏への深い敬愛が読み取れて、どちらのファンからも満足度の高い作品です。

  • 100

    cmoa

    使命で行動するなり、恋心で行動するなり、可愛い女性が登場しています。

    絵師の人も原作の灰汁の強さに負けない書き込みなので安心して読むことができました。

    中編の作品が四本組み合わせてありまして、どの作品にも妖し可愛い女性達が魅力を振り撒いていました。

    原作小説ほど妖しいエロさはほとんどありませんが、その分だけ絵師が作品に込めた凄味が伝わってきました。

    山田風太郎を知らない人でも読める良作です。

  • 100

    cmoa

    一言で言うとヒロインが健気すぎて可愛い!です。
    私は反発したり気が強すぎる女性キャラはあまり好きではないので、このヒロインは好感度高いです。
    美男美女でどちらも強くて最後は絶対裏切らないので「こういう漫画を待ってたんだよ〜」と感動しました。
    せがわ先生の画力はやっぱりすごいですね!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が好きで買ってます〜
    女忍者て昔ほんとにいたのかな?
    ってか、こんな肉棒の挿し方ないでしょ!て(笑)感じの話が中にあるけどなぜか不思議と読み終えてしまう!
    1冊づつ違う感じの話だからどれが好きか好みだと思う

  • 20

    manga_review

    とりあえず1巻は戦国期の上杉家を舞台にしたトンデモ作品。

    これはSFですか?笑いなしには読めませんな。
    その笑いってのもどっちかっつーと苦笑寄りですが。

    どうも山田・せがわコンビの時代劇は趣味に合わないなあ。

  • 80

    ebj

    連載誌をとばし読みしてたので、この話と今の連載がどう繋がるんだと思っていたら、短編を漫画化してただけだったのね。男と男で子供ができるかという命題と、女が男に化けられるかという命題。どちらも…まぁ、面白...

  • 80

    ebj

    トンデモ時代劇を至極真面目に振り切ってやりきり、泣かせ処まで作ってしまうというこの力技。「無いだろっ」と思う驚愕の展開。ツッコミ処を指摘するのは野暮というものです。山田風太郎の短編をせがわまさき...

  • 100

    ebj

    せがわ まさき×山田 風太郎の第3弾は、「魔界転生」ではなかったです。残念。で、「山田風太郎短篇集」で、「山風短」……。そのままや。「Y十M」と同じノリや。題名は、「バジリスク」がかっこよかった...

  • 80

    ebj

    美し過ぎる少年小姓、山十郎。男しか愛せない上杉景勝の子を孕むため直江と真田が共謀して企てた多いなる秘術。忍がすごいです。山十郎があまりに妖精ちっくでかわいくて、うっとりします。男同士の××...

  • 80

    cmoa

    ず1巻読んでみたけどバジ絆好きなら陽炎面白いと思う短編集で時代劇じゃない続きは微妙