© グループ・ゼロ

原作・小池一夫、作画・小島剛夕の黄金コンビで評判となった日本の代表的時代劇画。柳生一族の陰謀により妻を失い、遺児・大五郎と共に刺客道に生きる元・公儀介錯人にして水鴎流の達人、拝一刀の凄絶な物語。1970年9月から1976年4月まで「漫画アクション」(双葉社)に連載され、大人気となり映画やTVドラマにもなる。また、海外でも『Lone Wolf and Cub』として英語版劇画が出版されている。日本が誇る時代劇の金字塔、堂々のスタート!!収録作「子を貸し腕かしつかまつる」ほか「父なればこそ子の心 子なればこそ父の心を」「北から南 西から東」「三途の川の乳母車」「水鸚流斬馬刀」「時雨待ち」「八門遁甲の陣」「鳥に翼 獣に牙」「刺客街道」の全9話を収録。

子連れ狼

| グループ・ゼロ(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

子連れ狼のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

7件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    96%くらい、ルビがありません。
    「胴太貫」「細作」「打根」「小人目付」「烏金」など、歴史物に慣れない読者にとっておそらく難読漢字でしょう。また難読に限らずルビを目で追う作業に慣れていると最初のうち戸惑いそうです。

    ただ、内容は大変に面白い。
    江戸明暦年間に姿を消した「介錯人」拝一族。
    続き天和元年に断絶した「刺客人」服部一族。
    その謎の解明を試みるのが本作である……ということですが(『刺客街道』参照)、あまり深く考えずに楽しめばよい作品です。

    どういう風に楽しいかというと、『宇宙海賊コブラ』のように、と私は思っています。
    曰く「中二病をこじらせて77年」小池一夫氏原作ですから、正道の剣劇物ではありません。いちいち着想が読者の予想を超えており娯楽性が非常に高い。
    それで作画は小島剛夕ですから、化学反応が起こったように凄い紙面になるわけです。


    【ちょこっとネタバレ
    TVシリーズで拝一刀が乳母車搭載の機関銃(?)でズガガガガッと敵陣を掃射した時には
    「あらあら。もう錦之介ってば。」
    と思いましたが、ちゃんと原作にあったんですね。
    いやぁ。堪らんです。】

  • 100

    sakuhindb

    元公儀介錯人・拝一刀と一子・大五郎が裏柳生総帥・柳生烈堂への復讐の為に冥府魔道の刺客道を歩み続ける、時代劇劇画の最高傑作。ストーリー(特に柳生との確執が明らかになった後)も渋い登場人物も殺陣の迫力も一級品。 梯子や連射銃、荒唐無稽に思える要素にも有無を言わせぬ説得力があります。一度見たら忘れられない強烈な極悪人・阿部怪異も必見です。 若山富三郎、萬屋錦之介、田村正和(高橋英樹も演じたそうですが)に続く実写版、北大路欣也の「子連れ狼」も力が入っていて第三部の放送が待たれます。

  • 100

    sakuhindb

    【良い点】一話一話の完成度話しの流れ 絵 など…伝説的な漫画ですレビューするのも恐れ多い名作絵も話しが進む毎にどんどん洗練され迫力を増していきます【悪い点】あまり宣伝されていないようで、本屋でも見かけることが少ないです(愛蔵版の刊行)【総合評価】現在 愛蔵版が毎月10日に発売されています後世に残る名作とはまさにこのような作品なんでしょうね威厳があります

  • 100

    sakuhindb

    小池一夫のストーリー、小島剛夕の作画、そのどちらかだけでも十分に楽しめるとは思いますが、その2つが見事に噛み合っている本作は名作とし言えません。 特に、ストーリーは単なる復讐劇にならず、当時の人々の生き様や、侍たるもののありかた、ケレン味(乳母車に連発銃など)、謎解き、敵味方の描き方、人の縁、そして、恩讐をこえたラスト、と、読み応えがあります。

  • 100

    cmoa

    古い作品である。楽しい話はない。でも沢山の感動が描かれている。個性的な登場人物が様々に絡み合い、ぶつかり乍ら、みな精一杯生きて、そして、死んで行く。次の世でも、次の次の世でも、読んでいたい作品である。

  • 100

    cmoa

    最高てす。こんなに面白い内容だとは思わなかったです。今まで読んだ様々なジャンルの中でも最高峰でした。

  • 100

    cmoa

    外国に翻訳して紹介したい。武士の心を分かり易く解説してもらってます。