© 白泉社

男子のみを襲う謎の疫病が国中に流行り、男子の数が激減。男女の立場が逆転した世界に生まれた貧乏旗本の水野は、大奥へ奉公することを決意する。女性の将軍に仕える美男三千人が集められた女人禁制の場所・大奥で巻き起こる事件とは…!?

大奥

| 白泉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

大奥のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

151件のネット上の評価があります

  • 100

    sakuhindb

    従来の大奥作品のイメージを一変させるであろう、大胆な設定のもとに描かれた、大奥漫画。時は江戸初期、男子ばかりが罹患する謎の奇病により、男女比率の大きく狂った架空の日本が舞台。男は弱く、種の存続に於いても貴重な存在となり、大切に扱われるようになる。結果、女が全ての労働の担い手とならざるを得なくなった為、従来の男女の立場は逆転してしまった。それは政治の世界、そして大奥にあっても例外ではなかった――。単行本帯には、「SF大河ロマン」とありますが、私はこの作品、「物凄いハッタリの効いた大河ロマン」だと思っています。(…というよりも、本作、サイエンスフィクション要素は無いと思うのですが)設定の奇抜さを最大限に生かす、人物設定、ストーリー構成が素晴らしい。かつての男社会が女社会に切り替わる――それによって生じる違和感、軋轢、おかしさを、しっかりと描いています。設定負けせずに、物語にのめり込ませる、種種の描写が見事。しかし、本作の最大の魅力は、なんといっても人物にあると思います。序盤の主人公、水野は、男ばかり3千人が住まう閉鎖された世界、ドロドロとした人間関係の中にあって、いさぎよい人柄が清清しく、好ましかった。彼の視点で描かれる、江戸の庶民の苦境、薬種問屋の跡取り娘(この作品には貴重な、可憐で可愛らしい娘さんです)との切ない恋、そして一般社会の通念からしてみればあまりにも奇妙な、大奥に住まう人々。水野の「ここは暗い」「心が暗いのだ」という語りは、端的であり象徴的。印象につよく残りました。徳川吉宗(女性)の片腕、加納久道(こちらも女性)の、目立たず、おっとりとした雰囲気を持ちながらも、したたかで聡明な様は、やはり好感が持てました。ぱっと見良妻賢母な雰囲気の漂うキャラクターですが、折に触れて見せる有能っぷりが良いです。脇役ですが、作品に程よい安定感と、旨味をプラスしています。ですがやはり、特筆すべきは他でもない、徳川吉宗でしょう。彼女の豪胆さ、格好よさ、怜悧さは、正に「粋」という表現が相応しい。女性ですが、こちらが「一生ついていきます」と言いたくなる様な男前っぷりは、本当に素敵です。惚れてしまいそうです(笑)質素倹約を好み、実利主義であることは、実在の人物を踏まえているよう。史実から持ってきた幾つかのエピソードも、「男女逆転大奥風」に鮮やかに脚色され、それが彼女というキャラクターを深く、濃く形づくることに一役買っています。大奥内における、彼女の神出鬼没っぷり、一見軽挙な振る舞いと、深謀さが同居するさまも魅力的です。未だ一巻しか出ていない作品ですが、非常に充実していました。続刊が非常に気になるところです。これから大きな展開がありそうな予感。要注目漫画です。

  • 80

    manga_review

    男女逆転の大奥、作者がよしながふみって…BL満載そうだなぁと
    敬遠してたのですが、まぁ少しばかりソノ描写はありますが
    気にならない程度でした。

    それよりも史実との辻褄の合わせっぷり、政治的にも、社会的にも
    よく勉強して上手く組み立ててはるなぁとと感心しまくりました。
    本当にあったかもしれないと思わせるパワーはありますね。

    日本の頂点の将軍様と大奥に係わる人々、数多くの人物が出てきてる
    のにみんな幸せじゃなさそうで、読んでて憐れな気持ちになりました。

    悲恋のメロドラマ好きにはたまらない恋愛がいっぱいで面白い。
    特に家光と有功の恋愛はグッときました。有功のキャラクターは秀逸。
    普段はおだやかなのに、家光がらみで気持ちが高ぶると京言葉になって
    しまう色男ってええ萌え設定ですなー。
    以降の人々の恋愛も私はそれぞれ面白いと思います。

    これはどこまで描くのでしょうか?吉宗で赤面疱瘡の治療方法分かって
    治まって男社会にもどって終了?
    面白いから続けてペリーが来て、和宮さんが出てきて、大奥が滅びる
    辺りまでやってくれてもいいかも…さすがに飽きるかな。

  • 100

    cmoa

    ずっと気にはなっていましたが、単行本を買うには巻数が出過ぎている感じがして、手に取らないままでした。
    今回安くなっているし、電子書籍で場所も取らないしで一気に購入、そのまま一気読みしてしまいました。
    大奥を題材としているだけあり、登場人物が多いですがどのキャラクターも人間らしくて魅力的です。といっても、明るくひたむきでポジティブな人間の魅力だけでなく、残酷で仄暗い人間の魅力を持った人物も沢山登場し、描かれています。私はヒーロー、ヒロインばかりだと読むのに疲れてしまったり、返って現実に引き戻される感じがしてしまいます。ですが、この作品は男女逆転だなんてアリエナイ設定なのに、登場人物は人間くさくて、本当にこんな人達が江戸時代に生きていたんじゃないか、なんて思わされます。(大袈裟かもしれませんが。笑)とにかく作者の魅せ方がうまいのだと思います。だからすごく悲しいエピソードでも引き込まれ読み進めてしまうのでしょう。
    どんな終わりになるのでしょうか。結末がとても楽しみです。

  • 70

    manga_review

    奇妙な伝染病により男性のみが激減し、女性が社会進出をする事になったと言う設定の江戸時代絵巻。
    簡単に例えると人間版蜂の社会です。

    美男子ばかりが揃う大奥ということでやはり同性愛描写もちらほら見られます。
    男性には少々キツいかもしれないが、
    まあそこまでディープでは無いので承知のうえで入れば意外と読めるかと。
    どちらかというとキャラの背景描写なんかレディース系雑誌に似た雰囲気があるかな

    基本的に女将軍とそれを囲む大奥の男達の恋愛物語なのだが
    欲を言えばユニークな世界観と実際の江戸時代とのリンクにもう少し焦点を当てられたらよかったかな
    序盤だけでも鎖国や保科正之など使える題材結構ありそうだったんですが
    まあそこはこの作品に求めるところが違うと言われればそれまでですが…

    刊行ペースが遅いのでコミックスのみ追っているが
    家光編の前半で早々に面白さのピークを迎えてしまった感がある。
    これから後の将軍代で序盤を超える面白さを作り出せるか作者の力量に期待したい。

  • 70

    manga_review

    「大奥」というタイトルだけきくと「あぁ、あのテレビドラマでやってた奴の漫画版かぁ」と勘違いされそうですが、ぜんっぜん違います。

    自分は男女が逆転した大奥っていう設定の時点で非常に面白そうだと思いました。
    男女が逆転した事でオリジナルな設定や展開もありつつ、男女が変わったのにもかかわらず史実と変わらないで話が進行できてしまう場面もあり、「本当にあったかもしれない」と思えるようなリアリティがあって面白いです。

    八代将軍吉宗の話から始まり、そこから三代将軍家光の時代に戻ってさかのぼるように話が進むのですが、
    正直家光とお万の方有功の話が良すぎて、それが終わってからの話がそのストーリーを超える盛り上がりを見せられていないのが現状だと思うので7点とします。
    しかし今後も凄い楽しみな作品です。

    また男同士の交わりだったりも多少ありますが、ほとんど描写は無いので覚悟して読めば大丈夫かと思います。

  • 100

    cmoa

    設定が設定なだけに最初は入りにくかったですが、その世界観に慣れてしまえば夢中になって読めます。
    どんどん主軸になる将軍や登場人物が変わっていくので、ページにしては内容が濃く展開も早く続きが気になります。ただあまりにも文字数が多く、一つのセリフのふきだしに何行も文字が入っていて、絵はちょっとで、もはやこれは小説なのではないかというページもたくさんありました。
    それでも面白く読めるのはセリフ自体が教養に満ちて面白いからだと思います。
    なぜそこでそうなる!なんで奴なんだ!このちょっといや〜な感じのキャラ絶妙だわあ、ここ泣ける〜〜など、読んでいて感情が忙しくなります。
    終盤が近くなっている感じがしますが、どうなって終わるか気になりますね。

  • 70

    manga_review

    引っかかったのは、主人公だと思っていた水野が途中でフェイドアウトしてしまったこと。
    それを含めた後の展開で吉宗が描きたいのだとわかったけど、1巻だけだとなんだかどっちつかずの印象を受けてしまう。
    あと、剣道のシーンはもう少し緊張感が欲しかったのも正直なところです。

    とは言え作品全体的のクオリティはなかなかのものではないでしょうか。
    よしなが作者の絵が大奥の世界観に絶妙な雰囲気を与えており、なんとも美しい。
    凛とした吉宗と悪人顔した家臣の対比も、政治的な陰謀を交えて描かれており、巧い。
    吉宗はただただかっこいい。

    これからの展開によっては、もっともっとおもしろい作品になる可能性があると思っている。


    追記
    なりました。

  • 60

    manga_review

    初めての世界観。
    世の中の男の数が疫病ですごく少なくなってしまい、種として重宝されるようになったというのが最初の設定。
    そしてその舞台は江戸時代。
    「徳川」の将軍も女性で、徳川吉宗も女性。
    その江戸城に、男を囲っている「大奥」がある、と言うお話。
    価値観が現代とは違う風に作っているのに、違和感なく見ることが出来ます。
    で、中身は作りの枠組みがしっかりしているため、安心して読むことが出来ました。大物をオオモノらしく、小物をコモノらしく人物設定して、明快に読めます。
    欲を出すならば、抑揚が欲しいなと思った程度です。
    すっごくおもしろい、の壁があったのです。
    小粋な話で終わって欲しくない、次巻以降に期待してます。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 話の引きはあるしよく考えた話だなあと思いますがちょっといかんせん悲しい!一巻はまだ救いがありましたけどその後がなんかかわいそうな話が多いです。5巻まで読んでもういいかな、という感じです。誰々が何をたくらんで出世して、とか、そういうパターンが多い。。。
    あと、できの悪い主人に使える雇われ人の苦労とか。みんな一緒に不幸になりましょうみたいな感じ。あと、大奥なんで体の話も多いし、なんかしたくないのに世継ぎを作るためにしなくちゃみたいな、なんかどっかで読んだような話がなんかいも出てきて飽きちゃいました。

  • 50

    manga_review

    男だらけの大奥?どんな世界(*^_^*)♪なんて
    BL作家さんでもあるだけ期待すると肩すかし(笑)
    BL模様はナイに等しいです。
    想像以上に暗く重い作品。
    「男女逆転」した将軍たちの、側近たちの生きざま。江島生島事件---
    本当の歴史と比較しながら読むとなを面白いかもしれない。

    2014年10月から開始されるドラマ「有功・家光篇」は
    将軍(女)を支え続ける男の姿が描かれれます。
    「男が浮気するのはしょうがない」といっている男性の皆様に
    こんな思いに耐えられる?できる?と問いてみたい(笑)
    是非ご覧になって下さい。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 男女逆転大奥の物語ですが、基本的には史実に忠実に描かれています。各将軍の逸話も上手に取り入れつつ、歴史の流れもつかみやすいです。綱吉の生類憐みの令や、家斉の財政難の話を(多少の潤色を交えつつも)こうも面白く描くことができるのか!と驚きました。
    歴史は得意ではないけれど江戸時代に興味があるという方には、まずはこれをオススメしたいと思います。歴史が好きならなおさら。
    読者各々で思い入れのある将軍は変わるかと思いますが、わたしは家光のエピソードが好きでした。

  • 100

    cmoa

    男女逆転の大奥。ドラマだか映画だかで観たときはバカバカしくくだらない、だいたい大奥ネタにもすっかり飽きていたし、全く面白くないと思ったものです。
    が、この漫画ではそれらのマイナス面を全く感じさせることなく、飽きることなく世界観に引き込まれてしまいました。
    更に久しぶりにこんなに絵が上手い漫画家さんに出会えたと思いました。最近は話は面白くても、身体のバランスがとても悪かったり表情が下手だったりまるで素人のような漫画ばかり目に付いたので(笑)
    とにかく美しいです。ヒマつぶしにと思って見ましたが大正解でした。

  • 100

    cmoa

    「男女逆転大奥」と聞いて逆ハーレム物だと思い避けていた自分を殴りたい。確かにそういう状況もありますが、作中のほんの一面に過ぎません。男女逆転しながらも史実にリンクする緻密に計算されたストーリーと、濃密な人間模様にどっぷりハマります。特に好きなのは田沼意次編。今までのイメージを覆され、もう一度江戸時代を学び直したくなりました。最新刊はいよいよ幕末に向かうのかな、一体どんなストーリーになるのか楽しみでなりません。歴史好きな人こそ、ギャップを楽しめる作品かと思います。

  • 100

    cmoa

    ただ男女逆転した世界の話ではなく、そうなった理由や結果もよくできていて、ほんとにすごい漫画。最近再評価されてきている偉人も、この漫画ではすでに再評価後のような人物に描かれているので作者さんは独自に解釈をしていたのか、歴史に詳しく評価が変わることを知っていたのか。そこもすごいと思いました。映画もドラマも見ましたが、漫画の方が細かく表現されていて人物の人柄や感情がよく伝わってきます。自分の語彙力がなくてうまく伝えられないのが悔しいくらい素晴らしい漫画です。

  • 80

    cmoa

    全く 持って 大変 良く 出来ている 作品ストーリー 。

    初めて 読んだ よしながふみ 作品 。

    自分が 言うまでもない … 他の 方々が 絶賛されて おられる その通り の 傑作 。

    赤面 疱瘡の 特効薬が 発見された 時代から 幕末 近くまで 進んでいる 最新刊の 辺り から ……

    最近 は ゃや 内容も ダレてきて パワーダウン気味 。

    近代まで 進むのなら 最初の 頃の 様な 面白さを もぅ1回 経験 したい ものだ … 。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「男女逆転」という発想から、徳川家と政治の内情を扱った作品。
    なかなか突飛なストーリーですが、作者がかなり綿密な設定をしてるので、実際はこうだったんじゃないかと錯覚してしまいます。
    流行病による徳川家の世継ぎ問題から、政治、切ない人間模様がありありと描写されていてとても考えさせるマンガです。あと同時に江戸時代の背景(文化的な意味で)もしれるのでなかなか見応えがあります!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 もし、男性だけが羅漢する伝染病のせいで 人口の大半が女性になり、女性中心の社会が 江戸時代にあったら? という視点で描かれた 男女逆転大奥歴史物語です。
    国政を担う 江戸城内のことだけでなく市井での様子も細かく描かれており、さすが よしながふみさん!と絶賛してしまう面白さです!
    歴史的な事件も たくさん盛り込まれているので 歴史好きや受験生の息抜きにもおススメです!

  • 100

    cmoa

    こんなにドラマが生まれるのか…とびっくり。
    ちゃんと史実に沿っているのに、無理なくストーリーとして展開していく。
    それぞれの人物にまつわる小さなエピソードとかもちゃんと生かされていたり。
    設定やストーリー展開が史実に合うように、しっかり練られているなと思います。
    作者さんの頭の中をのぞいてみたい。

    それぞれの将軍の代でドラマがありますが、やっぱり三代将軍家光と有功のお話が一番好きだし、一番面白かったと思います。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「男女逆転」とか言われながら映像化もしていましたが、そんな簡単に語れない見事な作り。
    突飛とも思われる設定を現存している史実に忠実に組み込んでいる様は秀逸です。
    歴史を知っていても毎巻次が気になりますが、次の将軍家茂=福子姫と思われるので、これまた有名な御台所和宮は男性ということですね。
    天璋院・瀧山と一緒に徳川をどう守っていくのか15巻も楽しみです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 これ(男女逆転)、本当にあったことなのかな?って思うほどお話を作るのが上手だと思います。
    史実をうまーく話に練りこんでいて、田沼時代(10巻)は感情移入しすぎて辛くてなかなか読めませんでした…。人物も平賀源内が1番好きかも。
    大奥が明治前に終わったことを踏まえるとそろそろ終わりも近いのかな?
    最終回がとても気になります。

ネット上のイメージ

歴史
江戸
綺麗
切ない
感動

イメージの近い作品(ランダム)

  • 禁断のグリム童話 新撰組~北の果ての夢
    最期の戦場へ向かう新撰組副長土方歳三を支え続けた少年隊士…!!
  • 日本橋心中
    日本橋芳町にある桜梅屋では、日々、色子たちが芸事を磨き、男相手に客を取って暮らしている。武骨者の侍、兼武清右衛門は、美しく気だての良い売れっ子・月之介に惚れ込んでいた。いつしか互いに惹かれ合う仲となるが、時折見せる月之介の淋し気な表情が心に残る。そんな時、月之の抱える運命を知って…

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 天地明察
    冲方丁の本屋大賞受賞作を完全漫画化!!!日本独自の暦作りに邁進した男の七転八起の人生譚!!--幕府の碁打ち、二代目安井算哲(やすい・さんてつ)こと渋川春海(しぶかわ・はるみ)は、碁の名門四家の一員でありながら真剣勝負の許されないお城碁の現状に飽きており、趣味の算術や天文観測に没頭する始末。そんな時、算術絵馬が奉納されている神社に出かけ……算術の達人「関(せき)」によって、春海の退屈な日常が打ち破られる……!
  • 曇天に笑う
    「誇れ、己が生き様を。」時は明治、めまぐるしく変わる激動の時代。日ノ本最大の湖、琵琶湖を舞台に繰り広げられる三兄弟の物語。特別読切作品「泡沫に笑う」を収録

イメージの近い作品(最近)

  • 君いとほし ~源義経恋絵巻~
    戦で親をなくし、白拍子として生きる静は、ある夜出会った若者に心惹かれていき…。「星に願いを―静御前恋語り―」/幼い頃から、男に負けぬ働きで義仲に従ってきた巴。胸に叶わぬ想いを隠したまま…。「暁のかなたに―義仲と巴―」/義経の軍に加わり京に上る楓は、まだ武士として未熟な与一を「姉」の目で見守っていたのだが…。「君いとほし―那須与一弓語り―」/戦乱の世に花開いた、源氏の武士たちの至高の純愛ストーリー!
  • PEACE MAKER 鐵
    ★2010年1月ドラマ化決定!★2003年10月よりTVアニメ放送された名作!残酷なまでに、美しい日々の記憶。「新装版 新撰組異聞PEACEMAKER」続編何も恐れず、何も求めず、唯その二刀に導かれて。黒乃奈々絵の描く”幕末新撰組異譚”!!