© スクウェア・エニックス

【忘れられない、衝撃(インパクト)!!!】前代未聞の赤道直下ギャグ登場。愉快痛快!(C)1991 Ami Shibata

南国少年パプワくん

| スクウェア・エニックス(出版)

86

非常に良い

19件のレビュー
立ち読み

南国少年パプワくんのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

19件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    ドラクエ4コマ漫画劇場でも話題をよんだ柴田亜美先生のデビュー作!(しかもアニメ化もした!!)もとイラストレーターだったとは思えないかっとばしたギャグセンス!主人公シンタローはある島で謎の怪力少年パプワという少年に出会います。そしてその島には喋るかたつむりや魚やザリガニが…!!次々と現れるシンタローを狙うガンマ団のメンバーもどこかぬけてていいです!言葉にして説明すると単純そうだけど本当はそうじゃない!とにかくオススメです!ただのギャグマンガではなくて物語も通ってるんですよvv

  • 60

    amazon

    初期のパプワ君には首があった。初期のチャッピーは可愛くない。初期のボケは比較的シンプル。作者である柴田亜実はこの作品でデビューした。「いろいろと悪戦苦闘しながら描いてたんだろうなぁ」ってことが窺える仕上がりになっている。1話毎にあらゆる点で進歩が見られ、面白味が増していく。個人的には好きな作品である。特に中盤から後半にかけてはかなりイイ。『南国少年パプワくん』は、ただのギャグ漫画とは一味も二味も違う作品である。笑いあり、涙あり、何度読み直しても楽しめる。

  • 100

    cmoa

    25年前に小学生だった頃どハマりしていて、最近ふとこの作品を思い出しました。
    子供の頃にこの4巻以降を手に取ったので、充分大人になった今、改めて読み返していきたいと思ってました。
    大人になってから読んでみると、色々と深読みしたり、子供の頃には何となくしか理解していなかったことも解ったり、本当にこういう形でまた再開できて感激しています。
    この漫画はただのギャグ漫画じゃない。
    本当にシリアスからミステリーまで何でも盛りだくさんで最高です!!

  • 100

    cmoa

    レビューが少なくてびっくりすごく面白いギャグ漫画ですよ、ぜひもっとたくさんの方に読んでほしいな…。
    登場人物みんななんだか奇妙でオカシイ奴らばかりで、でもシリアスもあったりして、巻数もそんなに多くないから気軽に楽しく読めます。パプワくんとチャッピーの愛らしさにキュンとしつつ、イケメンムキムキな野郎どもにドキッとできます。だいぶ変なカタツムリや魚もでてきますが(笑)ハマる人にはハマる作品なのでお試しあれ!です。

  • 60

    amazon

    始まりの巻だけあって、確かに絵柄は少しのっぺりとしている。だが、その独特のキャラクターセンスには、思わず脱帽してしまうだろう。不思議な島に流れ着いたシンタローは、喋る生ものたちと怪力の少年パプワに出会うのであった。果たしてシンタローは、島から脱出できるか。そして、弟に会えるのか。超ブラコン男のシンタローと、次々と登場する濃いキャラの刺客たち。私は、そんなパワフルなパプワワールドが好きだ!

  • 100

    amazon

    汗臭い美形兄貴達のバトルマンガ、自虐系日記マンガなどに定評のある柴田亜美さんのオリジナル連載デビュー作品の新装版です。10年あまり前の作品ですが、今もその面白さは色あせていません。表紙は新規に描きおろされているので、昔からのファンにもおすすめです。旧版と同様に全7巻が順次刊行されるようです。続編の連載が開始されているので、併せて読めばより楽しめることでしょう。

  • 80

    cmoa

    ギャグが少し変わった感じの漫画で、受け入れ難い人もいるかも知れませんが、子供の頃に見ていた僕が今大人の立場で見返してみると、思わず吹き出したくなりますε=(>ε<*)

    滑稽な…ユニークな生物たちも多くいて、いい味を出してくれています。

    シンタローとパプワくんの主人と召し使い的な関係も、最後まで読むと泣けます…ホントに、ジーンとくるラストでした。

  • 100

    cmoa

    子供の頃アニメで見ていて懐かしかったので読み直し。
    ボケがお色気ではなくブラコンという斬新な漫画。子供向けなのでほのぼの読めます。
    途中から話がややこしくなるのですがそのへんは大人になって読むと面白い。後半髪が白いキャラの区別が全然つかなくなっていきますが、女性作者の優しさを感じるストーリーに癒されます。

  • 100

    amazon

    パプワくんはかなりハマります。特にカタツムリのイトウくんと網タイツをはいたタイのタンノくんの二人には大笑いさせていただきました。けど、パプワくんは笑いだけどはなく時に涙が出そうになる話もあります。パプワくん笑いと感動のバランスがうまくとれた作品だと思います。

  • 100

    cmoa

    子供の頃に三巻まで読んだきり最終話を知らずにいたので購入。三巻まではパプワ島のキャラクターを交えてのギャグテイストだったけど、割とシリアスな話だったんだなと…。シリアスな中でも作者独特のシュールな笑いで和ませてくれます。ちょっと、人間関係が複雑。

  • 60

    amazon

    シンタローがガンマ団に追われ漂着したのはなんと、怪力少年なパプワと喋る動物たちがいるパプワ島だった…。PAPUWAからハマったファンには是非こっから読んで欲しい。1巻からもうガンマ団のお馴染みの刺客達がやってきて、むっちゃ面白いです☆

  • 100

    cmoa

    柴田亜美さんの代表作です。
    マヌケな刺客たちとナマモノたちには、笑えます。
    ギャグ満載で飽きません。
    そして、シンタローとパプワくんの絆の深さに泣けます。
    柴田さんの漫画の中で一番大好きな作品です

  • 100

    cmoa

    柴田先生の出世作となるバトルありのギャグ漫画です。個性的な連中ばかりの集って笑ってばかりでした。
    そういえばこの作品に登場する犬の「チャッピー」、自分の飼い犬の名に使っていたなあ(笑)

  • 100

    cmoa

    久しぶりに読みました。当時の事が思い出されるごとにただただ懐かしく涙しました。その後それぞれのその後を追いかけて。
    たどり着けなかったような。
    最初の頃が一番楽しかったです。

  • 40

    amazon

    (;'Д`)ハァハァ おいらがガキの頃 やってたアニメで放映されていた。コミックスも持っている。変態的なキャラが多くて そこそこ面白い。後半 シリアスな展開になる・・・。

  • 80

    cmoa

    アニメでみただけでエンディングまではわからず一気に読みました。

    奇妙なギャグ・キャラに男達の友情?も魅力的で笑えます。ただパックが無いのが非常に残念です

  • 100

    cmoa

    かなり懐かしい!
    ギャグも当時としては斬新な物があり、今で言う『BL』ネタはチョイとキツいけど笑えるからOKって事で

  • 60

    cmoa

    まあ面白い方でしたね。

    一度読んでみてくださいな、オススメですよ

  • 100

    amazon

    イトウくんとタンノくんの初登場シーンを見れてとても幸せ。

ネット上のイメージ

ギャグ
子供
シリアス
感動
独特

イメージの近い作品(ランダム)

  • リリアーナの黒髪
    美しい黒髪を持つ美少女リリアーナ。恵まれた家庭で育ったリリアーナだったが、一つ気になるのは両親共々ブロンドの髪色ということ。そんなある日、リリアーナを呼ぶ声に振り向くと、そこには黒髪の女性が立っていて・・・!?■同時収録・せんこう花火・6年はずれ学級・星のひとかけら・すぎさりし日々に
  • 『はたらく細胞』アニメ放送記念!ここだけで読める限定試し読みパックはたらく細胞分裂
    『はたらく細胞』とスピンオフ3作品を一気に試し読み!『はたらかない細胞』、『はたらく細胞BLACK』、『はたらく細菌』の冒頭1話をまるっと無料!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • こどものおもちゃ
    倉田紗南は人気TV番組に出演中の元気な小6の女の子。母・実紗子やマネージャー・玲くんに囲まれて、幸せいっぱい。そんな紗南の通うクラスは羽山秋人の仕切りでメチャクチャに荒れてて…。紗南はついに!?
  • サイボーグクロちゃん
    世界征服をたくらむ科学者“ドクター剛”により、不死身のサイボーグボディに改造された史上最強猫“クロ”。そんなクロちゃんを中心に、剛くん、ミーちゃんといった個性的なキャラクターたちによるドタバタバトルが、みんなの前で始まるぞ! アニメ化もされ、「コミックボンボン」市場で人気を誇った「サイボーグクロちゃん」が電子書籍として遂に登場!

イメージの近い作品(最近)

  • 蟲と眼球とテディベア
    貧しくケナゲな女子高生・鈴音。財閥の跡取りで知力・体力・ルックスに恵まれた高校教師・賢木愚龍。学園の名物カップルの前に現れたのは、スプーンで武装(?)した「戦う」少女・眼球抉子。彼女は謎の集団「蟲」と対峙する!
  • ネオ寄生獣
    田宮良子が生み、泉新一に託した子どものその後を描いた萩尾望都『由良の門を』。砂漠の戦場での寄生生物同士の激しいバトル! 皆川亮二『PERFECT SOLDIER』。まさかの『アゴゲン』とのコラボ、平本アキラ『アゴなしゲンとオレは寄生獣』など『寄生獣』への想いに満ちた12編の傑作が集結! 他の著者・遠藤浩輝、真島ヒロ、PEACH-PIT、植芝理一、熊倉隆敏、太田モアレ、瀧波ユカリ、竹谷隆之、韮沢靖。