© リブレ

優秀で常にリーダーだった牧野は就活&初H失敗のショックでイ●ポに! やっと見つけた就職先のド田舎では不幸の連鎖か道に迷い川に流され、地元の青年・清宮に助けられるも、ゲイだという彼に襲われてしまう! 怒り狂うもコミュ障ゆえに構ってくれる清宮にイ●ポを相談したり、アソコのお世話をしてもらったり少しずつ距離が縮まっている様子で…?童貞! ニート! おまけにイ●ポ!人生転落男子に幸せな恋は訪れるのか!?

俺は頼り方がわかりません 1【電子限定カバー】

腰乃(著)
| リブレ(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

俺は頼り方がわかりません 1【電子限定カバー】のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

187件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    「部活の後輩に迫られています」スピンオフ作品。前作の吉武×守屋のバスケ部部長・牧野がメイン。大学卒業後設定。吉成×守屋も時々登場。個性的な絵や描写と、ぎっちりな書き込みが癖になり、なんとも言えない笑いが込み上げる作品。

    「1巻」表題作+描き下ろし、「2巻」表題作+関連3作+描き下ろし+電子限定描き下ろし収録。

    まさかの部長・牧野のお話。久しぶりに「部活の後輩に〜」を再読してから新刊読了。1,2巻同時発売という有り難さに、たっぷりの書き込み、所々に挟まる描き下ろし、凄い読みごたえで大満足すぎる作品。楽しかったー!!続編あるんですよね?期待してます。描写は白線修正で。



    『僕は頼り方がわかりません 1』

    「部活の部長に送る言葉」0話
    大学卒業後、5月のお話。吉武×守屋と飲んで。

    「僕は頼り方がわかりません」1〜8話
    吉武×守屋に見送られ、就職が決まり新天地へ向かう牧野。そこで出会ったのはゲイの清宮と中学生の福。ガリガリに痩せた体と弱った心が少しずつ癒されて…?

    「描き下ろし」合計15ページ

    「あとがき」1ページ



    『僕は頼り方がわかりません 2』

    「僕は頼り方がわかりません 2」9〜15話
    心身共に回復してきた牧野。その無邪気さに清宮は…。

    「部長の同輩が実は悩んでいました」
    牧野が大学に入って一人暮らしを始めた頃のお話。

    「部長の後輩と同輩が誤解してきます」
    それぞれの嫉妬について。

    「部長の部長が可愛くありません」
    ニートの牧野。吉武視点。

    「描き下ろし」6ページ
    清宮×牧野。○○洗浄について。

    「あとがき」1ページ

    「電子限定描き下ろし」1ページ
    清宮の妄想。

  • 100

    cmoa

    初めての作家さんですが、作者さんはとても繊細で優しい方なのかなあと思いました。というのも、まず主人公の牧野が長所短所含めて凄く良いキャラなんです。学生時代は比較的優秀だったのに、就活失敗して一気に自信を失い、今まで難なく出来てた事も「あれどうやってたんだっけ?」ってなるタイプ。あーいるよねーと思いました。そこそこ頭が良いばかりに、無駄に選択肢が多く浮かんじゃう人。その牧野があらゆる場面でとにかく悶々と悩みまくるんですが、「めんどくさいなお前!」と思う反面、その思考回路が凄く共感出来る内容なので(いや3割くらいはトンデモ思考ですが)、ほんの少し共感性羞恥を覚えつつも応援したくなります。
    そして何より攻めの清宮!田舎の頼れる兄ちゃんキャラは数多くいますが、清宮はそれだけじゃないんですよね。基本は大らかで優しくて頼りになるけど、イラついたり傷ついたり弱さを見せたりもする。ある面においては牧野より繊細で女々しかったりもする。だからこそ、清宮が今までずっと抱えてた心の傷を牧野に吐露したシーンは、思わずうるっと来ました。それに対する牧野の返答も、成長と包容力が感じられて良かった。これぞBLの醍醐味!作者さん、人物の掘り下げ力半端ないです。ここまで人の気持ちを考えられる方は、きっと心の優しい方なんだろうな〜と勝手に推察しました(笑)
    『部活の後輩に〜』のスピンオフ作品との事ですが、本編を読まずとも200%楽しめました。でもちょこちょこっと本編のメインカプが登場するので、そっちも機会があれば読んでみようと思います。続きが楽しみです!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 今作は《部活の後輩〜》に出てた部長、牧野くんのお話。

    あの何でもソツなくこなし、面倒見の良い部長が…。
    色々あって、人生180℃転換してるよ
    ようやくの就職で、いざ新天地へ
    そこで、初めて知り合ったのが、まさかのホ○の清宮さん。

    もう牧野くんのキャラがね…くせ者ですよ
    天然、無自覚での無神経ぶりそんな、彼の無自覚な煽りに翻弄されている清宮さんが、見ていて不憫で不憫で

    ゲイとノンケの認識の違いや、牧野くんの無神経ぶりによるスレ違いで、初めて気づく自分の無神経さと、清宮さんへの想い。ようやく、人の気持ちを知り、恋を知った牧野くん。清宮さんの我慢と理性と戦う日々が報われて良かったよ

    でも、この二人。まだ挿○してないんだよなぁ。完結になってないってことは、まだ続きがあるのかなぁ。二人のその後も気になるし、福くんの想いも気になるし、是非続きを下さい

    あと《部活の後輩〜》の吉武×守屋cpも度々登場相変わらずの二人に会えて嬉しい

    今作も、お話の面白さもさることながら、全編に散りばめられた小ネタが面白くて、夜中に声出して笑ったホント、腰乃先生は、ネタ切れ無縁の凄い作家様だわ。大好きです 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    腰乃作品は好きで、毎回チェックしているので、配信を楽しみにしていました。
    部活の後輩に迫られています の、スピンオフ作品ですが、本作のみでも充分楽しめます。もちろん、部活の後輩に… を読んでからの方が、より楽しめます。
    就活やら諸々で失敗を重ねた牧野の凹みっぷりやテンパり方が、コミカルでテンポ良いし、でも心理描写はリアルに感じる部分もあり…。
    腰乃作品ファンとしては、さすが先生!
    と感じる所ですが、腰乃作品が初の方だと、字が多くてちょっと読みにくいかもなぁ、なんて思います。
    クセになると、字がいっぱいのコマをひとつひとつ全部読み込んじゃいます。
    個人的には、思春期真っ只中なひねくれっ子の中学生 福田 福くんが、屁理屈こねながら清宮に甘えていたり、仲良くなっていく清宮と牧野にヤキモチ妬いたり、でもなんだかんだ牧野に懐いていたりする所が可愛くて仕方ないです。福くんには、BL的な展開は一切ありません。
    福くんの、年寄りじゃないんだから肉食うのに野菜なんかいらない のひと言には、私もぐさっと来ました(笑)私もお野菜巻いて食べるの好きですよ牧野さん…

  • 100

    cmoa

    「部活の後輩に迫られています」のスピンオフだそうです。私はそっちは読んでないんですが、めちゃめちゃ面白かったです。ドノンケの牧野(受)が、ゲイの清宮(攻)とくっつくまでのお話なんですが、2巻分しっかりとエピソードが描かれてるので、読み応え充分でした。牧野はゲイじゃないから、無自覚に清宮を煽ってしまったり、デリカシーなく傷付けてしまったり。そんな牧野に振り回されつつ、でも親切に世話を焼く清宮がいい人すぎて。ノンケがゲイと付き合うのって、性的嗜好が違うから、やっぱり人間的に好きにならないと無理ですよね。そこら辺がきちんと描いてあって、読み応えがありました。腰乃さんらしくギャグ満載なので、最後まで重くなく読めるのもいいです。「部活の〜」の主役カップルの吉武と守屋は最初からガンガン出てくるし、2巻では清宮と福くんの過去も描かれてます。エッチもちょこっとあります。ちょこっとでも汁気たっぷりでエロいのは、さすが腰乃さん!

  • 100

    cmoa

    以前から気になっていた作者さん。試し読みが面白かったので、1巻購入。面白くて2巻も続けて一気読みしてしまいました。大学までは順風満帆だったけど、就活の失敗などで苦難の時期を過ごしていた牧野くん。その牧野くんが、新天地でなんとか掴んだ人生巻き返しのチャンスをいかそうと努力します。。必死で頑張ってる時期に出会って何かと手助けしてくれる清宮さんと、知り合い→友人→恋人へと関係が発展。大きく関係が変わるのは2巻後半なので、展開スピードはゆっくりです。1巻目はシリアスだけど、重さは感じません。2巻は清宮さんがせつない。くすっと笑える場面が沢山あります。晴れて気持ちの通じあった二人の今後が、Hの進展も含めて気になります。1、2巻同時発売してるように、2冊読まないと良さが分かりにくいかも、と思いました。「部活の後輩に迫られています」が本編で、こちらはスピンオフみたいです。割引になっていたので、これから本編購入して読みます。

  • 100

    cmoa

    私の中の勝手に腰乃ランキング1位の歴代作品を軽〜く越えて来ました!!しかもぶっち切り今作はもう何と言っても心理描写が秀逸ですこれまで生きて来て挫折を味わったことのある人や対人関係で失敗したことのある人なら牧野のモノローグにものすごく共感できるんじゃないでしょうか。少なくとも私には何度もヒリヒリと心に刺さりました。そして、清宮×牧野の関係を通して描かれるゲイ×ノンケのズレッズレなやり取りの中に笑いと切なさと萌えを閉じ込めてしまえる腰乃先生は天才かっ!!!いや、わかりきってるんですけど言いたい。笑 そして描き下ろしの清宮くん。グッジョブな妄想大変にご馳走さまでした〜 あと、今作は『部活の後輩に〜』のスピンオフになります。未読でも楽しめますが既読だと牧野の友人、吉武×守谷cpのその後の関係が垣間見れて萌えが増量されますこの作品を読んで2人の始まりが気になったら読むっていうのもアリかも。 ※修正は白線修正。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 高校時代までは男友達の面倒をよく見る「できる男」だった主人公が、就活の失敗から一気に「引きこもり」にまで堕ちてしまい、一発逆転を狙って見知らぬ土地の小学校教員として赴任し、そこで出会った人々とのつながりで次第に元気を取り戻していく話。今まで他人に頼られてきただけに、他人に頼ることが分からず更にドツボにはまる主人公が、切なくて愛おしいです。
    最初の出会いでは「こいつサイテー」と思ったオトコが、実は面倒見のいい、悪い人間ではなかったのが分かっていくにつれて、読んでいる方も、次第に応援したい気持ちになっていくのが、腰乃マジックとでもいうべきでしょうか。主人公のダメダメぶりも、何となく笑ってしまうのも、やっぱり腰乃マジックですね。笑いながら心温まる一度に二度おいしい素敵なお話です。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 腰乃さんの作品の中で一番好きな作品です。2巻まで買いました。
    人に頼れないノンケが面倒見のいいゲイに出会い、最初は警戒心を抱きながらも徐々に心惹かれていく様子がたまらないです。
    牧野さんが人生どん底まで落ちたあとの這い上がる様子を丁寧に描かれているので清宮さんに対する態度の変遷もわかりやすいし、腰乃さん特有のリアリティで心理描写されているので牧野さんにとても感情移入してしまいました。
    清宮さんも面倒見のいい優しい人ですが、それ故に悲しい体験をしてきた(この辺りは2巻でわかります)のですが、這い上がってきた牧野さんの男前加減がまた彼を救っている面もあり、お似合いだなと思います。
    舞台である田舎の暖かさがまたリアリティがあっていいです。聖地巡礼しに行きたい! 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    部活の後輩に〜の牧野くんが主役。
    冒頭のやり取り面白いんだけど、挫折知らずの彼が痩せて弱った姿にほろり。何だか色々刺さります。
    赴任先でも災難続きで、俺なんてどうせ病にかかった牧野に届いた吉武と守谷からの怒涛のラインに不覚にも泣いた。良い友達を持ったね。
    どん底のピークを超えた後は少しずつだけど上がる一方なのでホッとしました。
    …というか牧野、君いつからそんなに天然魔性になったんだっていう笑。色々罪深い行い多過ぎて清宮さん不憫だよー。
    あんまり無自覚過ぎて段々腹立ってきたけど、清宮さんの「恋がしたい」短冊(ここも泣いた)以降はようやくそういうモードになってくれてこれまたホッとした。
    清宮さんがどれだけいい人なのか、牧野くんはレポートにまとめた上で猛省する必要があるよ笑。

  • 100

    cmoa

    この作者様の作品は好きなものとダメなものとがあって購入に迷うのですが、試し読みが良かったので他の方のレビューを待たずにチャレンジしたのが大成功!読んでない後輩先輩CPのスピンオフなのですが、片田舎に住む、ノンケとの恋に破れたばかりのゲイと自覚している攻めと学生時代リーダー的存在だったのに就活失敗がキッカケに転げ落ちるようにダメ人間になった受けのストーリー。攻めにお兄ちゃん的に懐いている中学生の福くんもうまく絡み、恋したい、恋を知らない2人が友人関係を深めて一線を越えていく様がすごく良かった最終形態までは進みませんが、十分のエロあり。でもエロくはないかな?2巻に入ってから攻めがエラくかっこいい表情をしたり、自覚してない受けが可愛いかったり、大満足です。

  • 100

    cmoa

    独特の絵柄の作者さまなので、今まで手にしたことはなかったのですが、今回読んでみて見事にはまりました。こちらはスピンオフですが、前作の主人公達もちょこちょこ出てくるので、前作も合わせて見るとより面白いかと思います。前作で部活の部長をしていた牧野くんが今回の主人公ですが、就活失敗からの転落が凄まじいです。同じ人物かと思うくらいの変貌ぶりなので、驚きました。そんな彼の世話をしてくれるのがゲイの清宮さんです。この清宮さんが、見かけによらず「恋をしたい」と願っている優しい青年で、彼がノンケの牧野くんに振り回されている様子が、面白くもあり、また切なくもあります。2巻で無事に恋人同士の関係になりますが、まだまだ話は続くようなので次巻も楽しみにしています。

  • 100

    cmoa

    「部活の後輩に迫られています」の吉武&守屋cpの部活の部長で面倒見の良くてコミュ力の高かった牧野くんが今作の主人公です。あんなにしっかりしていた牧野くんがまさかの挫折と自信喪失で身も心もダメージを受けている中、新天地で出会った清宮さんが何かと側で世話を焼いてくれているおかげもあり本来の自分を取り戻していきます。二人が思い込みや気持ちのすれ違いを重ねながら親密になっていく過程が素敵です。時折登場する社会人になった吉武&守屋cpは最高ですし、チラッと書き込まれている鮫島&笹原cp、おそらく横須賀くんと友達コンビとか和みます。「部活の後輩に迫られてます」同様こちらもテンポが良く楽しく読めて、読み終えるとまた読み返したくなる魅力満載な作品です。

  • 100

    cmoa

    だめなとこ
    ・絵が好みじゃない
    ・顔が安定しない(特に攻)
    ・展開遅め
    ・受がうっざい(ブン殴りたい)
    ・ホモはだめだろ、男色やめろなどの発言がある
    (BL読んでる最中にこの発言があると私はスンッ…となるので)
    いいとこ
    ・脇役が最&高!!全員好き…!!
    ・エロが綺麗目より生々しさ重視
    ・1巻の最後の方で悶え死に

    受けはうざい、うざいし腹立つしノンケだし偏見丸出しだしいまでもムカつくのだが、攻がいい奴なので、「この人が選んだなら仕方ない…」となる。あと1巻の胸キュンシーン、2巻冒頭の脇役(かわいすぎヤバイ)にスポットあてた話で帳消し。
    試し読みで主人公好きじゃないなーと思ったらあわないかも。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 腰乃さん、大好きで、作者買いです!
    「部活の後輩〜」シリーズの部長のお話が読めるとは正直思ってなくて、配信されて即購入しました!
    吉武カップルも、腰乃さん作品史上、一二を争うくらい好きなのですが、牧野カップルも超良かったです!
    牧野さんに共感しまくりで、何だかうるっと来てしまいました、、、。
    セリフも突き刺さるし、最後は何だかんだハッピーエンドでグッときました。
    この後も続いてくれたら嬉しいです。
    腰乃さん好きなら、絶対ハマると思います!
    更に腰乃さん初見の方には、まず「部活の後輩〜」を読んで頂き、こちらの作品を読む事をオススメします! 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    いやあ、コミカルでリアルな腰乃先生の真骨頂ですね。
    部活の先輩〜のスピンオフなのですが、別にこのお話単体でも楽しめると思います。
    しかし部活の先輩ではしっかり物だった部長が、よもや就活に失敗して彼女に振られEDにまでなっちゃう人生のどん底に落ちてしまうとは。
    受けはなんとかコネで田舎の小学校の教師になるのですが、そこでゲイの攻めと出会います。
    このお話は頼られてばかりで人に頼ることのできない受けが攻めと関わることで人間として成長する物語だと思いました。
    テーマがしっかりしていて、ブレがない。かつ腰乃さんらしい面白さがふんだんで、いい作品でした。

  • 100

    cmoa

    作家買いです!!
    以前、実際の本メインでマンガ買ってた頃、作者さんの作品、たぶん殆ど全部持ってました!
    雑誌は買ってなかったので、本屋のBLコーナーで新刊を見つけては買う〜をしてたのですが、ある時から腰乃さんの新刊をあまり見なくなってました。
    そしたら、何だよ、気付いてなかっただけなの?それとも暫くお休みだったの??
    相変わらず面白い作品ありがとうございますー!!

    普通そうな日常の中に、ストンっと世界が落とし込まれて、普通に生活しながら、ギャーギャー騒ぎながら、恋してる作品です。
    クスクス笑えるし、胸きゅんするし、腰乃さんワールド最高です

  • 80

    cmoa

    色香が匂い立つ絵が好きなんで、腰乃さんの絵はカクカクしてて棒人間的なので、BLのL的には萌えないんです。守屋と吉武くん達はもふもふ感が好きだったけど、眼鏡の部長のBLは無いなあ、ランキングに載っても、レビューが超高くても、素通りだったんですけど、リブレのsaleきっかけで読んだら、アリでした。ストーリーはいつだって文句なしに面白いんですもんね。渡し船で焦る牧野、ダメダメで弱るガリ牧野、中学生にニヤニヤされる牧野、ちょっとかわいいかも。恋に臆病になっちゃってる清宮さんが、イケメンさんでした。吉武くんの執着がのぞけるのもいいですね。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 受けがボロボロな状態から回復する迄の流れと、2人がくっつくまでのストーリーが物凄く細かく描かれていて、両思いでくっつけたことか嬉しくてたまりません( 笑 )お互いのトラウマを克服しつつ仲良くなれて、今からいちゃこくぞーってところで終わったのでお預け感が否めません…。2人の幸せでらぶらぶな話もみたいですー(><)守屋達の受けへの愛情が凄く染み出ててほっこりもしました!おまけは守屋達カップルとの話でした〜♪守屋達が遊びに来る話も出てたので、続きが出るのを心待ちにしてますー! 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 立ち読みを読んで気になったので購入
    ゲイ攻め×ノンケ受けのお話しですが1巻ではまだくっついていません。テンポも良かったんで一気読みしちゃいましたが、2巻のサンプル読んだところ攻めの清宮さんが気になって憎まれ口たたいちゃう中学生メインの話しっぽいんで購入は迷うところ
    受けの牧野さんが無防備無自覚で可愛いんですがウタウダし過ぎなところも他のシリーズの吉武くんやら出てくるのでそちらも購入あれ?吉武くんキャラ変わった?こちらの吉武くんの方が好きなのでちょっと戸惑いがありました 続きを読む▼

ネット上のイメージ

部活
後輩
教師
可愛い
エロい

イメージの近い作品(ランダム)

  • 恋愛バスストップ
    サラリーマン都築の最近のお楽しみは 週二回バス停ですれ違う名前も知らない美形リーマンを 社長×部下、刑事×犯人などなど イヤラチィ~妄想で汚してしまうこと!でもその衝動は「恋」なんだと自覚して…!?
  • 【新装版】最後のドアを閉めろ!【電子限定かきおろし付】
    飲んでこの痛みを忘れたい! 特別にかわいい後輩・斉藤が結婚し荒れる永井は、その夜、本田と飲み狂いうっかりホテルへ。「なぐさめセット」と称したキスに流されちゃって…。苦悩する永井に、今度はヨメに逃げられたと斉藤が泣いてすがってきて…。どうなる3人の恋バトル!! 大人気作品が新装版で登場!※本書は2018年6月まで販売しておりました「最後のドアを閉めろ!(1)」の表紙を変更し、単行本未収録の描き下ろしまんが2Pを追加収録したものです。※単行本未収録の描き下ろしまんが2Pは、「【新装版】最後のドアを閉めろ!(2)【電子限定かきおろし付】」「【新装版】開いてるドアから失礼しますよ【電子限定かきおろし付】」「【合冊版】最後のドアを閉めろ!+開いてるドアから失礼しますよ 全3巻【電子限定かきおろし付】」と共通です。ご購入の際はご注意ください。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 好きって言わせて?
    明るくて人懐こい英一(ひでかず)とクールな英二(えいじ)。お隣の双子はふたりとも超人気者。俺・上戸瞬(うえとしゅん)は、弟の英二に片想いしてる。大学入学と同時に、二人の住むマンションに居候することになるけれど、英二とひとつ屋根の下なんて、困る―――。嬉しいけど、困るんだ。 ドキドキの同居ラブに加え、双子の兄・英一がツンデレくんに一目惚れvなうぶうぶラブも収録した珠玉の1冊!
  • 左手が接吻
    【…つけ込めそうな事言うのはひでえよ 先輩】 古書店で働いている西門の前に学生時代の後輩・高子が現れた。好青年だった昔のイメージからは一変し、ヤクザのような風貌に驚きつつも再会を喜んでいたが、突然押し倒され、愛の告白を受けて…!?

イメージの近い作品(最近)

  • その肌、立入禁止
    同じリーマンでも硬派な吉行と、エリートでタラシな長部は、とにかく気の合わない天敵同士。しかしある残業の夜、いつものケンカがなぜか危険で淫らな駆け引きへ…!?これがホントの「攻×攻」エロバトル!他、生徒が先生にアレコレイタす発情シリーズなど、美しいカラダで超H男子たちが何だかんだで仲良しさんな作品集!
  • きみの匂いのするほうへ
    新商品開発リーダーに抜擢された与野。開発担当者は不遜な年下エリートイケメン、なのに××フェチの超ヘンタイでっ!? 一途なフェティシズムに翻弄されちゃう濃厚LOVE!!※本電子書籍は単行本「守ってやるって決めたのに」・アンソロジー「麗人uno! Vol.6 男と男の化学反応」に収録の「きみの匂いのするほうへ」と同内容です。