© 秋田書店

真説・明智光秀伝。我々が習った歴史は、“嘘”だった!!? 明智光秀が主君・織田信長を討った日本史上最大のミステリー“本能寺の変”! 現代でもなお多くの謎が遺される大事件を400余年の時を経て解き明かす!!

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~ 1

| 秋田書店(出版)

立ち読み

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~ 1のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

10件のネット上の評価があります

  • 40

    amazon

    松永久秀に焦点当てるのは構わないのですが、読了してみると「これわざわざ外伝にまで仕立て上げる必要あったんかいな?」という感じの内容でした。いや、ストーリー的にはまぁ、面白いんですけど、読み終わってみるとなんか味気無く感じてしまったんですよね。(他意はありませんので悪しからずご容赦下さい)でも、久秀に関する猥褻な挿話は史実かどうかはさておき、わざわざ描く必要は無かったのでは?読んでいて唐突で少々不快に思いました。う〜ん、かえって光秀の大功といわれる叡山焼き討ちの外伝を出して欲しいところですね。

  • 20

    amazon

    はっきり言ってこの外伝て必要だったのでしょうか?せっかく①~⑥まで面白く読んでたのに何かガッカリ…女性の私には無駄にお金を使ってしまったような( ̄□ ̄;)!!気を取り直して⑦巻の出るのを楽しみにしております。

  • 100

    ebj

    歴史上「裏切り者」の代表格として悪名高い明智光秀だが、実際には織田信長に忠実な部下だったという話も。そして、だからこそ本能寺の変は謎に包まれている。別作品だが「信長のシェフ」が大好きで繰り返し読んでい...

  • 80

    ebj

    「光秀の定理」を読んでから、明智光秀に俄然興味がある。見方が違えばこうも違うのかと。光秀の子孫の方が、史実を探り今の日本人が持っている光秀のイメージは後の勝利者秀吉によって作られたもので、本当はこう...

  • 60

    ebj

    本能寺の変の真相を描く歴史ドラマ。光秀が高齢なため他の漫画とは一線を画すビジュアル。何故か信長より年上に見える秀吉については山田風太郎氏の妖説太閤記のような悪党である。良きパートナーともいえる信長...

  • 80

    ebj

    明智光秀の子孫原作。明智光秀が、「信長を殺した反逆者」であるという歴史的事実は、後の為政者・豊臣秀吉が作り上げた話であるという所から書き出されているこの話。それが事実なのかどうなのかはともかく...

  • 100

    ebj

    ちょうど大河で明智光秀が主役ですがこのマンガもおもしろい。明智の子孫である明智憲三郎さんが原案・企画に携わっているので明智光秀の真の姿に近い部分が描かれていると思います。光秀好きにはたまらな...

  • 60

    amazon

    知る人ぞ知る、内容ではあります。ただこの巻は、松永エロティック久秀の描写が・・・ちょっと子供らに読ませるのには注意します。さて、『信長を殺した男⑦』は、来年3月発売予定みたいです。

  • 40

    sakuhindb

    【良い点】あまりない【悪い点】○明智光秀が聖人君子過ぎる○ただの中間が孫子を自由に諳じる不自然さ。○豊臣秀吉が極悪すぎる【総合評価】子孫が先祖の評判を覆すべく取り組んだ意欲作

  • 20

    amazon

    考証が全然なってないうえに、対談部分で後世の創作は鵜呑みにするな!とか言いながら、信長公記と江戸時代の講談で物語を展開三流仕事の典型みたいなシロモノに金を使いたければどうぞ