© 講談社

イベントコンパニオンとして働いていた長島千恵(ながしま・ちえ)は、ある日胸にしこりがあることに気づく。乳がんが発覚、しかし「一緒に病気と闘おう」と励ましてくれる彼、赤須太郎(あかす・たろう)とともに病気に立ち向かう決意をする千恵。手術後、左胸全摘となりながらもSEの資格をとり、新たな生活が始まった矢先、千恵をまたも病魔がおそう……。大反響を呼んだTBSのドキュメンタリー番組をコミック化! 涙が止まらない、勇気ある真実の物語。

余命1ヶ月の花嫁

| 講談社(出版)

立ち読み

余命1ヶ月の花嫁のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

33件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    以前にこのタイトルのTVのドキュメント番組をやっていたのを見ていたことがあったのですが、見るうちに段々と辛くなってきて途中で見るのを止めてしまったので、漫画版ならどうにか読めるかなと思い、で購入して読みました。 …全部読めましたけど…、やっぱり辛い…、読む際目頭が熱くなるのでハンカチ絶対いりますね……。 漫画版の方はノベライズ版とは違って簡潔にやんわりと描かれていたのでどうにか読めましたけど、辛いの一言しか言い様がないですね……。 千恵さんは太郎さんと出逢ったのが23歳の秋頃で彼女に一目惚れした太郎さんが千恵さんに交際を申し込むけど、彼女は左胸にできた小さな痼りがあるのに気付いて検査の結果が出るまで返事は躊躇していたけど、悪い予感は的中してしまい彼女は癌に冒され太郎さんに悲しい想いをさせまいと交際を断るが、彼は彼女に『共に病気と闘おう』と言葉に千恵さんは励まされ闘病生活が始まるが、それは困難な道のりだったんですね……。 一時期は回復したものの、癌は再発してしまい肺にまで転移していて余命1ヶ月とまで宣告され、千恵さんの友人達は彼女がウェディングドレスを着たがっていることを知ってその夢を叶えさせる為にサプライズの結婚式を用意させたエピソードは本当に感動で、ノベライズ版の表紙の写真や漫画版の表紙のイラストで酸素チューブを鼻に付けていたウェディングドレス姿の彼女はあまりにも儚くて、触れたら消えてしまいそうな雰囲気でした…。 そんな願いも空しく彼女は24の若さでこの世を去ってしまいますが…あまりにも若すぎます…。物語のなかで彼女は癌検診の必要性を訴えていましたけど、自分の二の舞だけはなって欲しくないというメッセージは本当にこれを通して伝わってきます…。乳癌検診だけに限らず他の癌検診も必要性があると教えてくれた作品でした……。

  • 100

    amazon

    感動ラブストーリーとして人気の余命1ヶ月の花嫁ですが、私はこの物語をあまり知らなく最後千恵さんがガンと闘いなくなってしまったという事しかわかりませんでした。ところが、このマンガを読み終えた時、涙をこらえきれず泣いてしまいました。千恵さんの恋人、太郎さん。千恵さんのお父さん、お母さん代わりの加代子さん。千恵さんの親友、桃子さん。こんなに千恵さんのために心配し、サプライズ結婚式までしてくれる人達がいるなんて・・・。そして、千恵さんは最後まで乳ガンと闘い亡くなってしまうのですが、ぱんだ会が千恵さんの遺志を受け継ぎ、乳ガンは早期発見が大切だという事を訴えていき、乳ガンの人が少しでも減るように努力していきます。千恵さんも千恵さんの周りの人達もとても美しく見えました。上手く言葉に出来ないのが悔しいですが、一見の価値ありの作品だと思います。それと、森尾理奈さんはとてもかわいい絵のキャラクターを書いており、森尾理奈さんの他のマンガも買ってしまいました。この方の絵と余命1ヶ月の花嫁の良さが非常にマッチした作品だと思います。

  • 100

    cmoa

    この話は、携帯小説やテレビ、映画で見て知ってました。
    知ってる方も多いでしょうが…やはり何度見ても泣けちゃいます。

    何で泣けちゃうのか…感動とか悲しいとかそんなんじゃなくて、本当に言葉にできない作品です。
    作品とゆぅより実話だから泣けちゃうのでしょうか。

    千恵さんが特別強い人ではなく極普通の人で、癌は誰にでも起こり得る事で…
    言葉の一つ一つが重く、これだけの影響力を与え深く考えさせられ…この話は沢山の人が知って欲しいと改めて思いました。


    人生観が変わる話ってなか出会えなかったりします。
    時間が経つにつれ人は良いことも悪いことも記憶から薄れていきます。
    だから知らない人は知ってほしい、知ってる人も見てほしい、と思いますね。
    忘れちゃいけない何かを思い出させてくれます。

    この話を知れたことに感謝したいと思います。

  • 100

    cmoa

    ドキュメント見て、あまりにちえさんが可愛いから、生き生きしてるから、てっきり作り物かと思いました。でも現実だったんですね。漫画を読んであの時の感動が甦りました。
    私も父をがんで亡くしました。がんは本人だけでなく、見ている周りの人間までとても辛い病気です。でも多くの若者は危機感なく日常を過ごしています。それが奇跡とも知らず…
    私も来週花嫁になります。お腹には赤ちゃんもいます。ちえさんのように幸せを感じながら毎日を大事に、健康に真剣に向き合います。
    ちえさんの伝えたかったこと、たくさんの人に伝わってます。ありがとう!

  • 100

    cmoa

    このお話は知ってはいたけど実際にテレビで観たり本で読んだりした事がなかったのでこのサイトで初めて読みました。乳がんを告知されてももの凄く明るくて毎日懸命に生きた、そんな千恵さんに感動しました。千恵さんが亡くなった後、生前の千恵さんの取材を見て皆が検診に来てくれたりしてて、千恵さんが皆さんに伝えたいメッセージがきちんと伝わってるんだな〜って思いました。

  • 100

    cmoa

    この話は1話から号泣でした。 最初は癌の恐ろしさと辛さ、途中からは周りで支え続けてる家族や恋人、友人… すごく恵まれていると思いました。これはきっと主人公が前向きで病気なんかに負けないような強い気持ちの持ち主だったからだと思います。 本当に癌の早期発見の大切さが身に染みて感じる作品でした。 私も面倒がらずに検診に行きたいと思います。

  • 100

    cmoa

    全8話読んで良かったです。映画とは異なったストーリーでしたが、感動物です。二十代でガンに侵されのは稀と思っていましたが、本当にそうなってしまうとは・・・
    私は去年秋から毎年人間ドックを受けていますが、千恵さんの事を思うと、もっと早く始めるべきです。二十代の皆さん、間もなく二十歳を迎える皆さん、人間ドックを受けましょう。

  • 100

    cmoa

    この話しは以前テレビでやっていたのを見て知っていました。
    実際の彼女もとても明るく可愛い方だったので
    『えっこの子この歳で本当に癌なの!?』
    とショックを受けたことを思い出します。
    漫画の内容もやはりとても良かったです。
    自分が彼女と同じように癌になったら…
    彼女の様に振る舞えるのだろうか…

    とても考えさせられました。

  • 100

    cmoa

    伝えたい事、しっかりと受け止めました。私は3年前に癌で大好きな叔母を亡くしました。元々血液の病気もあったので手術も出来ずどうする事も出来ず息をひきとりました。私は忘れません。千恵さんの伝えたい事、ちゃんと伝わってますよ。私も難病を抱えていて、病状は違いますが生きている事は素晴らしく、幸せと感じています。

  • 80

    cmoa

    話題作で、乳癌キャンペーンにもなってるのは知っていたけど、ストーリーはどんなの?というのが購入のきっかけ。
    コミックで読むのは、最初違和感がありました。でも、全体像みたいなものは理解しやすいなと読み終えて感じます。
    主人公の生きる姿勢と周囲の人達が精一杯支え合う姿にちょっと感動です。

  • 100

    cmoa

    コミックでは仕方ないのですが原作にくらべると内容は薄いです。
    私は小説を読んでいたのでそれを思い出してしまい涙が出ました。
    小説を読んだことがない方でも軽くサラッと読めるのはよいのではないでしょうか。
    コミックでも小説でも映画でもよいので1人でも多くの方に知って頂きたい作品です。

  • 100

    cmoa

    あまり漫画を読んで泣いたりしたことがない私でも、読み終わってもなお涙が止まりませんでした
    若年性乳ガンについて、検診の重要性について、私たちはもっと身近なこととして考える必要があるのだと感じました。
    そのきっかけとして、是非大勢の方に読んでいただきたい作品だと思いました。

  • 100

    cmoa

    テレビが放映された時もみてたけど、マンガではどんな風になってるんだろうって気持ちで読みました
    読んでいて、自分が同じ立場ならこんな風に考えて生ることが出来るのかなって思いました生きたくても生きれない人はたくさんいるって改めて命の大切さを教えてもらった気がします

  • 100

    cmoa

    6話まで読みましたが、もう涙が止まらなくて……。
    千恵さんってすごく強い。私なら壊れてしまう。
    周りの人達ゎきっと幸せだと思う。千恵さんの笑顔ゎ一生忘れないと思う。
    コミックや映像で、千恵さんの想いがみんなに伝わって、病気のこと、もっと理解してほしいです。

  • 60

    cmoa

    映画や小説よりも短い中で、ある程度話はまとまっていたと思います。
    「明日が来るコトは奇跡」という言葉を実感するとともに、自分の身体を大切にしないとという気持ちを感じさせてくれる話なのでは…

    でも実際の闘病生活は、この絵のような綺麗さはないと思います。

  • 100

    cmoa

    ボロボロになりながら読みました


    父もガンだったので薬が利かなくなってから痛みと闘っていました。

    でも一生懸命確かに生きてました。
    自分が病気になるなんて想像できないけど、この話を読んで少しだけでも自分の体を大切にするキッカケにしてほしいです。

  • 100

    cmoa

    止まりませんでした…
    とても強い方です。
    自分の母も乳ガンですが、乳ガンは早期治療で治るということから、他のガンより少し軽くみていました。
    ちえさんの伝えたかったこと、しっかり受け止めて、今を生きてることの大事さ、もう一度確認して生きていきたい。

  • 100

    amazon

    何かを残したいという意思(遺志)が伝わってきます。乳癌の早期発見と治療の啓蒙に役立つと思います。乳癌検診なんてと思っている人に読んでもらうためには、奇麗に書く事が大事だという要点をつかんでいると思いました。

  • 100

    cmoa

    悲しい話ですが、乳癌は他人事ではないという大切なメッセージの詰まった作品なので、当事者になる女の人だけではなく、理解してもらうために男の人にも読んでもらいたいです。
    たくさんの人に読んでみてもらいたいです。

  • 100

    cmoa

    とにかく感動します。
    自分の生き方が恥ずかし
    くなりました。

    当然のように明日が来ると思っていたのですが、明日が来る事はとてつもない奇跡だと思います。

    映画を観た人ももう一度読む事をオススメします。

ネット上のイメージ

感動
幸せ
可愛い
切ない
家族

イメージの近い作品(ランダム)

  • 年下センチメントの恋【SS付き】
    【電子限定版】描き下ろし番外編「ハッピーバカンス!」収録。●三十路目前にして、12歳年下のお友達ができました――!? 書店員の柊(ひいらぎ)は、童顔だけどこう見えて三十路目前! 可愛い見た目とは裏腹に、大人の恋を楽しんでいた。するとある日、超好みの常連客・知花(ちばな)さんと一夜を共にするチャンスが訪れた!! 身体の相性も良く、これで今日から恋人同士v と思いきや――なんと彼が、17歳の高校生だったと判明して!?
  • 恋するけものは恋をしらない(1)
    元男娼けもののナズナは、不愛想だけれど優しい旦那さまのそばで毎日幸せに過ごしている。『ナズナは旦那さまもたまごもお砂糖も、桃のにおいの紙せっけんもぜんぶ大好き。でもこの頃は、旦那さまのことだけ特別に好きなんです』この感情が何なのか、けもののナズナにはまだ分からない。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 花と悪魔
    齢200を越す大悪魔・ビビが人間界に居を構えて二度目の冬。彼が屋敷の前で拾った人間の赤ちゃんは、花のような笑顔を見せることから、“はな”と名づけられ、大切に育てられました。そして、はなは14歳になり、少しずつビビのことが気になるお年頃になったのですが…!?
  • 俺と上司の恋の話
    初めての上司は妻子持ちの社長が好きなゲイでした。でも、その一途な想いに触れるうち、ノンケだったはずの部下は上司に惹かれ…?

イメージの近い作品(最近)

  • 孤食ロボット
    会計が3000ポイント貯まると交換できる○×フードカンパニーのプレゼントは単身者の食事と健康をサポートするアンドロイド。料理が苦手なOL、単身赴任のお父さん。彼らのもとに突然やってきた小さな頑張り屋さんがサポートするのは、温かな食事だけではなくて…。今日も誰かをほっこり幸せに。心も満腹になる優しい物語──
  • 傘寿まり子
    ベテラン作家の幸田まり子は自分の家で息子夫婦、孫夫婦との間で住居問題が勃発。老人の自分には居場所がないことを感じ一人家出を決意。街中のネットカフェで暮らし始めるが……?