© イースト・プレス

人生を強く生き抜くための戦術! 青年期に各地を巡り、60数回に及ぶ真剣勝負に勝ち続けた剣豪・宮本武蔵が記した「五輪書」には武芸や剣術だけに限らず、己の道に果敢に生きる者へ成功と利益をもたらす知恵が詰まっている。これまでの兵法書とは一線を画し、現在もビジネス、スポーツなどあらゆる分野の指導書として活用され、海外にも翻訳された武道哲学書を漫画化!

五輪書 ─まんがで読破─

| イースト・プレス(出版)

立ち読み

五輪書 ─まんがで読破─のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

24件のネット上の評価があります

  • 80

    amazon

    過去に『五輪書』本文(古文)を読み始めたが途中で挫折した。再チャレンジのための肩慣らしとして、本書をまず一読。非常にわかりやすく書かれており、(真偽は原文未読なのでさておき)同書の骨格や概要がよく把握・理解できました。まあ、学習参考書のようなものと思えば。また、各巻のタイトル(地・水・火・風・空=五大五輪=「仏教思想で万物を構成する要素」、29頁)と内容にも照応性があることも初めて知りました。地の巻: 「ここには武蔵が編み出した「兵法」の基本的な考え方が書いてあり、自分を勝利に導くための原則が書いてあります」(30頁)水の巻: 「二天一流の基本的な戦闘への構えが身体面と精神面を合わせて書かれています 武芸には何かしら決まった型(スタイル)があるものですが・・・構えというものを水という形のないもので表しているのが武蔵の兵法の面白いところです」(64頁)火の巻: 「水の巻の二天一流の基本や剣術を応用しての・・・さらに進んだ敵と戦うときの戦術戦略が書かれています 面白いのは・・・武蔵は戦(いくさ)のことを火の勢いにたとえていますが・・・この火の巻に移る前にまず水の心を教えていたことです これは戦争という人の業火を前にして・・・自身を焼き尽くしてしまわないための心得だったに違いありません それほどに武蔵は・・・闘争の炎が激しく燃えるのを知っていたのでしょう」(116〜7頁)風の巻: 「武蔵による他の剣術の流派の批評が書かれています 武蔵は他の他流の道を知らなくては二天一流の道を正しく知ることはできないと言って・・・」(176頁)地の巻: 「武蔵は自分が兵法を極めた境地を・・・「空」と言い表しています ・・・ 己のすべてに少しもくもりがなく一切の迷いの雲が晴れ渡ったときこそ・・・」(185〜8頁)評者なりに、要約すれば「常在戦場であることを忘れず、自らの文武を磨き、戦略性と柔軟性をもって万物と事象を活用し自在に戦えば、百戦危うからず」ということかと。であれば、それはビジネスなど全ての「道」に充分応用可能な原理であることは見易い道理であると感じました。なお、167頁上方の「鼠頭牛首」は「鼠頭午首」の誤りですね。

  • 80

    amazon

    過去に『五輪書』本文(古文)を読み始めたが途中で挫折した。再チャレンジのための肩慣らしとして、本書をまず一読。非常にわかりやすく書かれており、(真偽は原文未読なのでさておき)同書の骨格や概要がよく把握・理解できました。まあ、学習参考書のようなものと思えば。また、各巻のタイトル(地・水・火・風・空=五大五輪=「仏教思想で万物を構成する要素」、29頁)と内容にも照応性があることも初めて知りました。地の巻: 「ここには武蔵が編み出した「兵法」の基本的な考え方が書いてあり、自分を勝利に導くための原則が書いてあります」(30頁)水の巻: 「二天一流の基本的な戦闘への構えが身体面と精神面を合わせて書かれています 武芸には何かしら決まった型(スタイル)があるものですが・・・構えというものを水という形のないもので表しているのが武蔵の兵法の面白いところです」(64頁)火の巻: 「水の巻の二天一流の基本や剣術を応用しての・・・さらに進んだ敵と戦うときの戦術戦略が書かれています 面白いのは・・・武蔵は戦(いくさ)のことを火の勢いにたとえていますが・・・この火の巻に移る前にまず水の心を教えていたことです これは戦争という人の業火を前にして・・・自身を焼き尽くしてしまわないための心得だったに違いありません それほどに武蔵は・・・闘争の炎が激しく燃えるのを知っていたのでしょう」(116〜7頁)風の巻: 「武蔵による他の剣術の流派の批評が書かれています 武蔵は他の他流の道を知らなくては二天一流の道を正しく知ることはできないと言って・・・」(176頁)地の巻: 「武蔵は自分が兵法を極めた境地を・・・「空」と言い表しています ・・・ 己のすべてに少しもくもりがなく一切の迷いの雲が晴れ渡ったときこそ・・・」(185〜8頁)評者なりに、要約すれば「常在戦場であることを忘れず、自らの文武を磨き、戦略性と柔軟性をもって万物と事象を活用し自在に戦えば、百戦危うからず」ということかと。であれば、それはビジネスなど全ての「道」に充分応用可能な原理であることは見易い道理であると感じました。なお、167頁上方の「鼠頭牛首」は「鼠頭午首」の誤りですね。

  • 40

    amazon

    単調な挿絵。現代社会に無理にこじつけ、説教を試みる謎の姿勢。いや、そういうのいいから・・・そういうのは説教じみた言葉にせず、読み手側が自然と、五輪書の教えは現代にも通じるものがあるんだな、と自ら感じられるようにしていただきたかった。読んでいて、物悲しさを催す一冊。自分が学生の頃作った作文を読んでくれていた学校の先生の気持ちは、こんな風であったのだろうと思い、自責の念を深くしました。構成についても、前半のページに力を入れすぎて、後半尻切れトンボ。空之巻はもとから短いからまだ分かるのですが、風之巻はもう少しボリュームが欲しかった。ただ、個人的には空之巻も起承転結の「結」にあたるので、お説教のページを省いて、もう少ししっかりとした解説と総評があれば、評価もまた違ったのかもしれません。まぁ購入価格11円、ということでしたので、その意味ではお値段以上の価値はあります。フォローさせていただくならば、五輪書の概要を知ってみたい(もしくは忍耐力を鍛えたい、学校の先生の苦労を汲んでみたい方も)ということであれば良いかと思います。

  • 40

    amazon

    単調な挿絵。現代社会に無理にこじつけ、説教を試みる謎の姿勢。いや、そういうのいいから・・・そういうのは説教じみた言葉にせず、読み手側が自然と、五輪書の教えは現代にも通じるものがあるんだな、と自ら感じられるようにしていただきたかった。読んでいて、物悲しさを催す一冊。自分が学生の頃作った作文を読んでくれていた学校の先生の気持ちは、こんな風であったのだろうと思い、自責の念を深くしました。構成についても、前半のページに力を入れすぎて、後半尻切れトンボ。空之巻はもとから短いからまだ分かるのですが、風之巻はもう少しボリュームが欲しかった。ただ、個人的には空之巻も起承転結の「結」にあたるので、お説教のページを省いて、もう少ししっかりとした解説と総評があれば、評価もまた違ったのかもしれません。まぁ購入価格11円、ということでしたので、その意味ではお値段以上の価値はあります。フォローさせていただくならば、五輪書の概要を知ってみたい(もしくは忍耐力を鍛えたい、学校の先生の苦労を汲んでみたい方も)ということであれば良いかと思います。

  • 20

    amazon

    まんがで読破シリーズをいくつか読んだ中で最低の作品です。ひたすら読むのが苦痛でした。内容を噛み砕いているように見せてひたすら引用を繰り返しているだけ。その上まんがではなくただの挿絵としての役割しか果たせていない絵が一々入ってくるのでただでさえテンポの悪いものがさらに悪くなっています。内容が全く入ってきません。漫画とは脚本と絵が主であり、セリフはそれを装飾するツールですが、作者はそれを勘違いされているようです。脚本を五輪書から練り直し、その中に 書かれている 内容を一つのストーリーにして 織りなす 技量が、まんがで読破 というシリーズの 作者様には必要だと感じます。新しくどなたかが書いてくださるのを、期待します。

  • 20

    amazon

    まんがで読破シリーズをいくつか読んだ中で最低の作品です。ひたすら読むのが苦痛でした。内容を噛み砕いているように見せてひたすら引用を繰り返しているだけ。その上まんがではなくただの挿絵としての役割しか果たせていない絵が一々入ってくるのでただでさえテンポの悪いものがさらに悪くなっています。内容が全く入ってきません。漫画とは脚本と絵が主であり、セリフはそれを装飾するツールですが、作者はそれを勘違いされているようです。脚本を五輪書から練り直し、その中に 書かれている 内容を一つのストーリーにして 織りなす 技量が、まんがで読破 というシリーズの 作者様には必要だと感じます。新しくどなたかが書いてくださるのを、期待します。

  • 100

    amazon

    この本の評価の低いレビューは多分、元の五輪書を読んだことがない人が書いた物だと思います。元々、五輪書の原文はそんなに量はありません。他の本はその原文に解説を+してるので、量が増えてるのです。五輪書というのは「よくよく鍛錬、吟味すべし」という言葉が多く、細かいことは自分で考えなければならない所が多いのです。よって、このマンガでも充分網羅してます。この本はイラスト+セリフで解説しているので、イメージし易いし、何回もよめるので自分の血肉にできます。とにかく、この本を読み、他の本も読んでよく勉強されたし!

  • 100

    amazon

    この本の評価の低いレビューは多分、元の五輪書を読んだことがない人が書いた物だと思います。元々、五輪書の原文はそんなに量はありません。他の本はその原文に解説を+してるので、量が増えてるのです。五輪書というのは「よくよく鍛錬、吟味すべし」という言葉が多く、細かいことは自分で考えなければならない所が多いのです。よって、このマンガでも充分網羅してます。この本はイラスト+セリフで解説しているので、イメージし易いし、何回もよめるので自分の血肉にできます。とにかく、この本を読み、他の本も読んでよく勉強されたし!

  • 40

    amazon

    地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻と5巻を解説付きでマンガで説明してくれます。読みやすいのですが、五輪書や宮本武蔵の前置きが長く、五輪書本文の解説が薄くなってしまっていて、五輪書のことがあまり詳しくわかりません。マンガなので当然ではあるのですが。地の巻34頁、水の巻52頁、火の巻60頁と、充実してきたところを、風の巻8頁、空の巻7頁は、少々寂しいです。風や空の巻が、むしろ実践的でなく、思想的に面白いところなのですが。 ということで星2つにしてみました。

  • 40

    amazon

    地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻と5巻を解説付きでマンガで説明してくれます。読みやすいのですが、五輪書や宮本武蔵の前置きが長く、五輪書本文の解説が薄くなってしまっていて、五輪書のことがあまり詳しくわかりません。マンガなので当然ではあるのですが。地の巻34頁、水の巻52頁、火の巻60頁と、充実してきたところを、風の巻8頁、空の巻7頁は、少々寂しいです。風や空の巻が、むしろ実践的でなく、思想的に面白いところなのですが。 ということで星2つにしてみました。

  • 20

    amazon

    とにかく、説教臭い。面白い部分は全くない。漫画のフォーマットに文字と挿絵をはめ込んだだけに見える。確かに良いことが書いてあるのだが、頭に入ってこない。宮本武蔵の人生を軸に五輪書の内容を紹介しています。しかし流れを作るためにその生涯を示してもわからない部分が多いので五輪書自体の内容とのつながりを提示するには至っていない。更に五輪書自体の内容も消化不良のようだ。このシリーズは出来の差が大きいが、これははずれのようだ。

  • 20

    amazon

    とにかく、説教臭い。面白い部分は全くない。漫画のフォーマットに文字と挿絵をはめ込んだだけに見える。確かに良いことが書いてあるのだが、頭に入ってこない。宮本武蔵の人生を軸に五輪書の内容を紹介しています。しかし流れを作るためにその生涯を示してもわからない部分が多いので五輪書自体の内容とのつながりを提示するには至っていない。更に五輪書自体の内容も消化不良のようだ。このシリーズは出来の差が大きいが、これははずれのようだ。

  • 40

    amazon

    あまりにも説教くさく、おもしろくなく、最後まで読むことができませんでした。時間の無駄に感じました。まんがで読破シリーズはすべて購入して読んでいますが、こんなことは初めてでした。まんが化する方の力量が足りないのか、原作が魅力的でないのか分かりませんでしたが、半分ほどで挫折しました。残念な一冊です。

  • 40

    amazon

    あまりにも説教くさく、おもしろくなく、最後まで読むことができませんでした。時間の無駄に感じました。まんがで読破シリーズはすべて購入して読んでいますが、こんなことは初めてでした。まんが化する方の力量が足りないのか、原作が魅力的でないのか分かりませんでしたが、半分ほどで挫折しました。残念な一冊です。

  • 100

    amazon

    剣道してたんで読んではみたかったんですが(数十年後にやっとしかも漫画で?)、殺人が前提なだけに手に汗握る思いで読破しました(笑)。何度も頭を過ったのはどうしてもブルース・リーと彼の人生観。次はブルースを知りたいな!

  • 100

    amazon

    剣道してたんで読んではみたかったんですが(数十年後にやっとしかも漫画で?)、殺人が前提なだけに手に汗握る思いで読破しました(笑)。何度も頭を過ったのはどうしてもブルース・リーと彼の人生観。次はブルースを知りたいな!

  • 60

    amazon

    読みたかったが読む気になれなかった『五輪書』。やっとこの本で読むことができました。残念ながら、私の人生に役立つことは書かれていませんでした。武蔵のような特異な人の主張は、私のような凡人には合わないのでしょうかね。

  • 20

    amazon

    まんがで読破シリーズは何冊か読んでましたが、ここまでダメな本は初めてです。宮本武蔵ではなく、某漫画のロボットに似た何かが、この漫画家の偏った考えを語るだけの本です。時間とお金が余って仕方がない人にはおすすめです。

  • 60

    amazon

    読みたかったが読む気になれなかった『五輪書』。やっとこの本で読むことができました。残念ながら、私の人生に役立つことは書かれていませんでした。武蔵のような特異な人の主張は、私のような凡人には合わないのでしょうかね。

  • 20

    amazon

    まんがで読破シリーズは何冊か読んでましたが、ここまでダメな本は初めてです。宮本武蔵ではなく、某漫画のロボットに似た何かが、この漫画家の偏った考えを語るだけの本です。時間とお金が余って仕方がない人にはおすすめです。

ネット上のイメージ

教師
学園
戦争
綺麗
不良

イメージの近い作品(ランダム)

  • 花恋~現代騎士事情~
    美しい“姫”と、彼女を守る美麗な“騎士”たち。生徒会の代わりに、騎士たちの“円卓会議”で全てが決まる聖麗桜学院。その高等部に入学した花恋(かれん)は、憧れの姫に会うために、空席になっている13人目の騎士を目指すことに。筆頭騎士・常磐(ときわ)や、同じく騎士を目指す同級生の新(あらた)、そして美しい男子生徒・シキとの出会いで、花恋の予想もしなかった高校生活が幕を開ける…!
  • えっちなギャルの奥で出したいんですけど…
    「ああぁん!だめぇ!そんなトコいじらないでぇーっ!!」巨乳を振り乱しながら激エロギャルが痙攣しまくり! オヤジ、ブサメン、キモヲのペニスを破廉恥に奥の奥までくわえこむ。もちろんアソコは大洪水……激エロスイッチがオンにして、本能剥き出しのスケベな牝犬と化したギャルたちの生態をご堪能あれ! カワイイ系、美人系、おねえ系、セクシー系……男の芯と脳を刺激する、まさに悩殺激エロギャル図鑑!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • Love Silky よるのがっこう story0
    男子生徒に襲われたことが心の傷となり、異動を願い出た女性教師。新しい赴任先は、成人限定の夜間高校だった。そこでもまたコワモテの男に出会うが、彼に睨まれてもなぜか怖いとは思わなくて…。「先生がわからないコトは俺が教えてやるよ…」甘い夜のラブコメ、新シリーズスタート!(長編54P)(この作品はウェブ・マガジン:Love Silky Vol.35に収録されています。重複購入にご注意ください。)
  • まじめちゃんは好き?~はじめては俺がいい
    セレブの子息が集う名門私立校ーーそこへ通う庶民・真島芽衣子はスクールカーストの最底辺…。そんな芽衣子が憧れているのはセレブ組の泉くん。こっそり片思いをしているだけのつもりだった…はずなのに、彼から思わぬお願いをされる事に。「友達の家庭教師をしてほしい」と頼まれてついて行った先は、豪華タワーマンションの最上階。そこは学園の問題児…フジヤマこと藤臣大和の部屋だった。ひるむ芽衣子だが、少しでも泉くんのそばにいるため、フジヤマの家庭教師を引き受ける事に。金と権力を盾にやりたい放題の暴君・フジヤマは、さっそく何か企んでいるみたいで…?

イメージの近い作品(最近)

  • さくらん
    男の極楽、女の地獄。ここは遊郭・江戸吉原――。江戸吉原は男と女、女と女がだまし合う色の街。江戸吉原の「玉菊屋」に売られてきた、ふてぶてしくて意地っ張りだけどちょっと健気な少女。彼女が、ほかの遊女たちの生き様や悲劇的な最期を目の当たりにしながら位の高い遊女である花魁へと成長していく。のちに伝説の花魁となる「きよ葉」の型破りな生き方を描く、破天荒花魁ストーリー!
  • シークレット!(新也美樹)
    新任教師の修次は、悩みまくっていた。修次の部屋へ夜な夜な忍び込む、美しい、…美しい恋人に。強引な恋人に毎晩求められるのはちょっと困るけど、修次先生の悩みはそのことではなく…。恋人は、なんと教え子である優。教師と生徒、二人の関係はもちろん周囲には内緒だけれど、それ以上に秘密なのは、優の持っている、ちょっとアブないシュミのこと!? 多難な二人の運命は!?