© 集英社

ひょんな事から、妖怪が通う陽海学園に入学してしまった青野月音。逃げ出そうと思った所に、美少女・萌香と出会って気分は超ハッピー。しかし彼女の正体は、胸のロザリオが外れると変化する、大妖・バンパイアだった!

ロザリオとバンパイア

| 集英社(出版)

立ち読み

ロザリオとバンパイアのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

35件のネット上の評価があります

  • 80

    sakuhindb

    【良い点】①作画が綺麗作画力は非常に高い。最初の頃は下手だったが急速に上手くなっていき、現在も進化し続けている。②キャラの個性が立っているキャラの個性は立っていて女性キャラもカワイイし、男性キャラも魅力的なキャラがそろっている。③話のテンポが良いストーリーの進みが早く、月刊ペースで18巻も続いてる長寿漫画ながらグダつく印象がない。【悪い点】①作者の露骨なキャラびいき18巻も続いている漫画ながら準ヒロインの胡夢やみぞれ、心愛などが話の中心に来ることがほとんどなく、露骨にモカばかりにスポットが当てられている。特に、心愛は萌え要素を詰め込んで見たけど、どう動かしたらいいのか良く分からないという作者の困惑が手に取るように分かる。男性キャラの銀影なども同様であり、キャラが立っている割には活躍がない。②シリアス展開にギャグやコメディを入れるようになったseasonⅡ以降、アニメの影響かシリアスな話の最中にギャグやコメディを入れるようになった。緊張感が台無しになるのでやめてもらいたい。メリハリが大切だと思う。③バトルが簡素これもseasonⅡ以降顕著。seasonⅠでは公安戦、はぐれ妖戦など熱血バトルが展開されていたが、seasonⅡでは簡素化されつつある。その最大の原因は上記②である。バトル描写が省略される代わりにエロ、ギャグ、コメディが挿入されているのだ。自分としてはシリアスの際にはもっとバトル描写にコマを割いた方が良いと思う。【総合評価】自分が最も気に入っている漫画作品の一つである。ただ、モカ以外のキャラをもっと活躍させたほうが良かったと思ってしまう作品である。主人公の月音が最終的にモカを恋人として選び、モカを中心にして話が展開されるのは既定路線であるし、別に構わない。しかし、それまでの経緯で、他のキャラも同様に魅力的で個性に応じた活躍をするからこそモカというキャラ、月音という主人公が一層引き立つのではないか?本作の作者はモカ・プッシュを徹底するあまり他キャラの魅力が失われてしまった感が否めない。しかし、ストーリーのテンポは極めて早く、18巻休まず怒涛の展開が続く。よって、月刊連載ながら昨今のWJ作品にみられる〓引き延ばし″や〓グダグダした倦怠感″は見られず、良質な物語と言えよう。評価は「良い」にしようと思ったが、作者の成長と今後の終盤への期待を含めて「とても良い」とする。

  • 80

    sakuhindb

    【良い点】・絵がとても綺麗なこと。・個性のあるキャラクター・seasonⅡの8巻(モカの過去編)までのストーリー【悪い点】・seasonⅡ 9巻以降の展開のダレ方 支部長戦では、九曜の再登場や雷禍とルビのバトルは要らなかったと思います。むしろ、season1でも不気味さを残していた吉井霧亜とのバトルをしっかり書くべきだったと思います。また、お伽の国の幹部は何名かいたものの、ラスボスのアルカード=仮面の王=雅(第一支部長)=第六支部長であり、敵組織との戦いのはずなのに、実質的な敵は雅ひとりで、灰次や銀英など男の妖が活躍する機会がなかったのが残念でした。・seasonⅡ序盤にエロい展開を入れていたこと。アニメに影響されてのことでしょうが、この漫画には不要と思います。【総合評価】 長年、楽しみにしてきた作品でした。画力の進歩もめざましい作家さんで、seasonⅡ9巻表紙の首の長さや体のデッサンが固いなど言われておりましたが、弱点を克服し、現在では極めて高い画力をもつ作家になりました。 また、ストーリーもギャグやコメディは面白く、仲間を守るために主人公が強くなっていくシリアスの話も一昔前の少年漫画を彷彿とさせる良作品でした。最後の表モカの正体と消滅エンドは人によって評価が別れるポイントではありますが、ちょっと悲しいハッピーエンドという感じで良かったと思います。 機会があれば是非、続編も見てみたいです。

  • 80

    sakuhindb

    【良い点】みなさんの言う通り主人公のバンパイア化(グール)化(それとも逆?どっちかな?)となって彼女たちの為に戦い、守ろうとするところなんて良かったですね!やはり守られてばかりではなく、彼女たちの為に守ろう、戦おうとする主人公は良いですね!強くもなっていますし、くるむちゃんなんてマジ天使すぎる!!特に印象的なのはみぞれちゃんがフェアリーテイルの男に無理やりキスされて心に深い傷を受けてしまったときにくるむちゃん自らが彼女にキスするところなんて良かったです!!くるみちゃんは友達思いのとても良い娘です!!!他にもつくねや妖怪のヒロイン以外の人間と妖怪の絆、友情のお話なんかもとても良かったです!!セイレーンのサン先輩と女将の川本まりんさんとの話とか。それから男のキャラクターもちゃんと個性や魅力、活躍もしているところもOKです!!【悪い点】猫目先生以外の陽海学園の教師がろくな奴がいない!あともう2人ぐらいまともな教師いたって良いと思う何故漫画はこんなにも良いのにアニメはああなんだ?アニメも漫画の様なストーリにすれば人気も更に高まると思うが【総合評価】私はまだ漫画の途中までしか読んでいませんが、もし第3回目のストーリを描くとしたら是非、してほしいです!!その時にはアニメしか出てこなかったキャラクターである鬼山とん子、蝶野しじみ、水野すまえの3人出てきて、活躍してほしいです!!3人の友情の話とか

  • 60

    manga_review

    「人間と異形の者(妖怪)との絡み」「萌え要素」「バトル」等、
    少年誌でウケそうな要素を詰め込んだ作品。全体的なクオリティとしては
    アニメ化もまぁ頷ける内容。割と広い層にウケそうやしね。

    ただよく読み込むと、基本的な話の流れは毎回ほぼ一緒というか、
    先が読める内容で、マンネリ感は否めない。

    あと個人的には、画力向上が「悪い方」に作用している様に思えた。
    小畑健の影響を強く感じたが、彼の様な絵のマイナス要素として感じられる
    「無機質感」ばかりが目に付いて、バトル描写等の迫力や勢いが
    徐々にではあるが失われつつあるのが惜しまれる。
    特にそれを強く感じたのが、大風呂敷な話だった「北都編」。
    絵が綺麗なのはいいが、あまり内容が心に来なかったのは
    そういった所に違和感を覚えたからなのだろうという私的解釈。

    その辺のギャップが埋まれば、もう一化け出来そうな素材やと思う。
    掲載誌移籍後の新展開にとりあえず期待しておきます。

  • 100

    amazon

    ロザリオとバンパイアのアニメは2008年の1月から放送されますが、ゲーム化もされます。しかも発売はカプコン、機種は任天堂DSとは驚きの連続。ロザリオとバンパイア10巻は今までの良いところが全部出たような内容です。ドタバタ&お笑い有り、シリアス&バトル有り、ラブコメ&お色気有り、色々寄り道したけどロザリオとバンパイアはこうあるべき!といった感じで、第一部最終巻としては文句の無い完成度です。今回登場したシースルー服のリリスと、理事長の乗り物?顔が猫のグリフォン?むしろ羽の生えた猫?みたいなのが良かったですね。気に入った人は再登板に期待しましょうか。巻末の書き下ろし4コマも今回は増量されておりお得な気分。紫ちゃんのQ&Aが特に笑えました。答えになってないじゃん(笑)次巻は2008年春発売予定ですか、その頃はアニメで知名度もあがっている思うので、両方楽しみですね。

  • 100

    sakuhindb

    【良い点】作者の作品への姿勢が好き。他の作品や作者と比べる訳ではないが、作品を書き上げるに至りいろいろ苦労、苦悩したのだろうと思う。それでも最後までキャラクターへの思いを貫いていたところに賞賛したい。【悪い点】単純に後半のストーリーのテンポが悪い。無印の時の方が全体としては好評価であったが、シーズン2からのバトル中心感、もといバトルオンリー感はテンポの悪さと合わさって評価を下げる原因と考える。これは雑誌統合によって同雑誌に掲載されることになった本作品と似たハーレム系の作品との差別化が目的だったのか定かではないが、作品としての軸がぶれてしまったと読者が感じるのではないかと思われる。【総合評価】そんなこといっても一貫して弱かった主人公ががんばるところや、ヒロインがずっと一途だったところは大好きです。

  • 60

    manga_review

    個人的には大好きな作品です。
    ラブコメもシリアスバトルもありいいバランスだと思います。
    主人公が段々成長して強くなって行くのがいいです。

    ただ序盤の絵や話の幼稚さは勿体ないと思います。
    その為に、途中で読むのをやめてしまう人がいるかもしれません。

    またアニメ化されましたが、あれは話も方向性も全く違う別物ですよね。
    パンツまみれの昭和風ラブコメのあのノリを求めて原作を読み、その違いから原作に失念するような人をたまに見かけますが、本当アニメ化の弊害というか、作者が可哀相で仕方ありません。

  • 20

    manga_review

    設定はすごく好みです。
    ただ単にノリが合わない作品だったのかもしれません…。

    セリフが上辺だけのように聞こえるというか、
    全く感情移入できませんでした。
    コメディだからしょうがないのでしょうか?
    なので途中、何度も読むのを止めようと思いました。
    (season?を読んでみたいので我慢して最後まで読みましたが)

    それと、
    だんだん絵が上手くなって戦闘シーンや女の子も魅力的になっていくのですが
    セリフと顔が合ってなかったりもしてそこも気になりました。

  • 60

    manga_review

    とにかくパンチラだけしてりゃ間違いないと思うんですが
    妙なバトル展開は必要でしょうか

    徐々に画力が向上してきて、萌え漫画とし及第点以上だと思いますが
    バトル展開が長引くとどうでもいいやと思わずにはいられません
    後付けでいろんな能力や敵が出てくるのも、食傷気味
    まぁ飽きられないための工夫かとも思いますが、そもそもバトル展開に飽きてます

    キャラクターたちが私の個人的な萌えのツボをグリグリ押してくるので
    本当ならば高得点を献上したいのですが、バトルが邪魔なので-1点

  • 100

    amazon

    相変わらずに面白さ抜群です。前巻までのアンチテーゼがらみのハードな雰囲気はなりを潜め、なんかほとんどラブコメ重視なきがします。癒されます。前巻の後半からの学園祭編では首謀者が判明=>解決するんですが。その首謀者って言うのが。。。何でこの人って敵としてずっと出てくるんだろ?大して強いわけでもなく、すさまじい陰謀を渦まかせたわけでもなく(確かにひどいことしてたけど)それならもっといい敵役いっぱい他にも出てきたじゃんって思った。といいつつシーズン2が楽しみです。

  • 30

    manga_review

    何と言えばいいのかわからないがただ一つ言えることはなぜあーゆう中途半端にバトル要素入れるのかなと思いますね。
    設定は面白いしキャラもベタやからまあまあ好きにはなれるんですよ。絵も可愛いしね。ただバトルシーンがおもしろくないんです全然。なんか敵の感じが幽遊白書に似ているのだがバトル要素を比較すると月とスッポン。ただ単にラブコメ描いとけばよかったのになー

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】絵の巧さ、迫力が凄い。萌香覚醒でキャラが変貌する所が好き。胡夢が良い子すぎる。【悪い点】ギャグが面白くない。友情シーンなどが安っぽく見えてしまう。死なないのがわかってるので緊迫感がない。【総合評価】絵の巧さは最高クラス!ただストーリーは拡げすぎ。一話一話、読み切りを描いていた頃が良かったと思う。

  • 100

    sakuhindb

    【良い点】キャラがそれぞれ立っていて、みな魅力的主人公の成長が描けているしかも一途なのがやはりいいシリアスバトルとラブコメが上手く両立できているまた絵も上手く、ストーリーもいい【悪い点】バトル描写がややあっさりしてる時がたまにあるもっと増やしてもいいと思う【総合評価】とても魅力的な作品だと思います

  • 100

    amazon

    第一部を締めくくる第10巻。相変わらずおもしろい!!ギャグ+バトル+お色気、全てこの巻には入ってると思う。だけどまぁ前巻に比べるとバトル要素は少し低下。いや、まぁ当たり前ですけど…自分的には★5つは当然なぐらいおもしろかった。第二部も楽しみだし、なによりアニメが楽しみ!!この作品はサイコーです!!

  • 20

    cmoa

    いいかもしれない。単純で薄くとも。
    主人公が血を吸われても拒否反応がないのが異常。
    しかし、ジャンプとか散々みてきたけど、こんなに戦闘シーンに魅力がないのははじめて。
    あっさり多いし、読者に丁寧に迫力のある漫画をではなく、描きたいシーン(ロザリオ取るとことか)描いちゃったみたいな。

  • 80

    sakuhindb

    ついに最終回を迎えました。表モカの正体はむむと感じるところもありますが、別れとしては感動出来るものだったかなと思います。絵が綺麗&仲間女キャラが可愛いというのがベースにある作品ですが、かなり面白い作品だったと思います。 10年間の連載お疲れ様でした。

  • 100

    sakuhindb

    【良い点】絵が凄く上手になってる。シーズン1と2を比べるとよく分かる。これは凄い。【悪い点】漫画じゃないが アニメ。これは漫画の良いところが全然出てないし。OP EDの曲以外良いとこなし。【総合評価】月刊誌なのが残念ですね。すぐにも読みたいので・・・

  • 80

    sakuhindb

    【良い点】キャラクターが魅力。巻をかさねるごとに画力の上手さ。【悪い点】シーズン1の前半の画力。【総合評価】かなりおもしろいです。ジャンプSQの中では、一番好きです。シーズン2も、もうすぐ終わります。シーズン3が楽しみです。

  • 30

    manga_review

    あ、キャラが可愛いなあ、と思った。それだけです。
    余計なバトル展開はあっても無くても一緒だと思います。
    気合の入ってない作品タイトルがそれを物語っている。
    残念ながら再読性はゼロ。

  • 60

    manga_review

    萌えマンガの体を成しながら、友情、努力、勝利のジャンプ三原則をキッチリ守ってとりあえず第一部完、というのは上々の出来だと思います。絵もうまいし、手頃な巻数なので軽く読むのにちょうどいい。

ネット上のイメージ

バトル
シリアス
ギャグ
可愛い
友情

イメージの近い作品(ランダム)

  • 極道は愛を謳う~俺の周りにはドSがいっぱい!~
    「自分の性癖に正直になりなよ…期待してるんでしょう?」組織から依頼された仕事の為、SM趣味のあるリーの元を訪れた雅仁と誠。しかし、ただの拷問には興味が無いというリーは、交換条件として誠にフィストフ●ックを強要する。戸惑う誠だったが根っからのマゾヒストである彼は、気持ちとは裏腹に興味を抑える事ができず、渋々それを了承してしまう!恋人・雅仁が見守る中、初めての浣腸プレイにに極太ディルドが誠の体を容赦なく責めたてる。そして、徐々に快楽の渦に堕ちていく誠の秘部に、リーの指先が怪しく迫っていき…!
  • AKABOSHI-異聞水滸伝- 1
    【水滸英雄の世直し物語は波乱万丈!】一騎当千の義賊集団「替天行道」は、中国・宋で権力者に苦しめられる庶民の希望。ある日、替天行道にあこがれる少女の翠蓮は、炎の剣技を使う破天荒な少年に命を救われる。彼こそが替天行道の1人“流星”の戴宗であり、世界の夜明けを告げる明星(アカボシ)だった――! 衝撃の水滸伝異聞譚、第1巻!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • おうちでごはん
    料理上手な大学生カモくんと彼を囲む個性豊かなアパートの住人たちが繰り広げる愉快でおいしい毎日!!お料理青春ショート決定版!!
  • 貴様と俺  しのぶれど番外編
    陸軍士官学校の同期生、桐島信夫と高橋雄一郎の人気BL「しのぶれど」の番外編が登場。高橋の日誌を拾った桐島が中を読むと、そこに書かれていたのは……。

イメージの近い作品(最近)

  • ナンバカ
    刑務所の居心地の良さに脱走しては刑期を延ばす主人公・ジューゴと、女とギャンブルが好きなウノ、ケンカ好きなロック、アニメが好きなニコの囚人4人と最強の刑務所の看守・ハジメが繰り広げる、超ハイテンションすぎるアクションコメディー!!
  • 左門くんはサモナー
    優しく無欲な女子高生・天使ヶ原さんが出会った、ナゾの転校生・左門くん。彼は悪魔の召喚が趣味の召喚術士(サモナー)で、おまけに 生粋の善人嫌い!! アノ手コノ手で天使ヶ原さんを「欲」の道に導こうとするが…!? 強毒性召喚術士コメディ、開幕――!! ●特別収録/読切版『モロモノの事情』