© イースト・プレス

「罪人は死ぬまで罪人なのだよ」 19年間の投獄生活を経て出獄したジャン・バルジャンは、ミリエル司教の導きにおり新しい人生を歩むことを決心する。だが数年後、名前を変え市長となったバルジャンの元にかつて牢獄で看守をしていたジャベールが警察署長として赴任してくる……。フランス最大の詩人にしてロマン派を代表する作家・ユゴーのベストセラーを漫画化!

レ・ミゼラブル ─まんがで読破─

| イースト・プレス(出版)

83

非常に良い

26件のレビュー
立ち読み

レ・ミゼラブル ─まんがで読破─のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

26件のネット上の評価があります

  • 80

    amazon

    名作なのは知ってるけど、取っつきにくくて…と言っている間に一生読まずに終わるような作品達を気軽に手に取れる。このレ・ミゼラブル(ああ無情のタイトルでも有名)は数年前にアニメの世界名作劇場で映像化されていて、先にあちらを見てからこちらを読みました。あのアニメの方は放送期間が1年間という長期間なことと、ファミリー向けということから、話を大きく膨らませたり、ターゲットにそぐわない部分はカットしたりしていました。こちらの本は、ターゲットにそぐわない部分をカットするなどの読者層を考慮した改変はしていませんが、あくまでジャン・バルジャンとジャベールを中心に、そこにコゼットとマリユスが絡むような構成になっていて、本筋からちょっと外れる部分(エポニーヌは背景にちょっと登場するだけ)をそっくりそのままそぎ落とすなどしてスリム化しています。これを読んでレ・ミゼラブルを読んだとは言い難いと思いますが、一生読まずに終わることと比べたら大変意味があると思います。これを読んでから原作を読むという流れが理想的と思います。この漫画で読破シリーズと直接の関係は無いのですが、以前、パブリックドメイン化した古い映画に吹き替えを付けてリリースするシリーズがあったのですが、会社が無くなってシリーズが終わってしまい残念に思っています。こういう、古典に取っつきやすくする試みはこれからも続けて頂きたいと思います。

  • 60

    amazon

    原作、そしてアニメ(世界名作劇場「レ・ミゼラブル 少女コゼット」)に触れてから、今度は漫画で楽しもうと思った。しかし、実際読んでみると、エピソードが大幅にカットされていたのでちょっとガッカリ感があった。ゴルボー屋敷事件やエポニーヌのエピソード等も付け加えて欲しかった。また、ジャヴェールが自殺をしたところとか中途半端に終わらないで欲しかったです。せめて、マリウスとコゼットの結婚等のエピソードも。あと、ファンティーヌが前歯を2本抜けて血を流しているところを絵で表現すると残酷のように思えた・・・。正直、これは子供に見せたらトラウマになる虞があるので・・・、アニメではこの部分はカットされていたが(むしろ、子供向けのアニメなのでカットして正解)。本書を読むなら、原作よりもこの本を先に読んだ方がいいと思います。原作を読んでから本書を読んだらつまらない。

  • 80

    amazon

    さすがの大作と、あらすじ漫画からでもわかる。心理描写が足りなかったり、わかりづらいまま場面がどんどん進んでしまったりする箇所もあるが、この短い一冊という構成を考えたら当然で、逆に、作品全体のポイントを、よく抜粋できているなと思う。「人間、何ごとにも正直で生きよう」というテーマが、最初と最後に提示されている。何ごとにも正直に生きようと決心した主人公が究極の善で、(コゼットをのぞけば)他の人物は何かしらの悪の部分を抱えていて、それぞれの行動ではその対比が描かれている。思ったよりわかりやすい。フランス革命、王政復古、7月革命と、体制⇔反体制で揺れ動く国の様子が、うまく背景になっている。このあたりのフランス史をだいたい知った上で、元の小説を読むと、歴史という側面でも、この大作を味わえるかもしれない。

  • 80

    amazon

    公開中の映画を見てから購入しました。漫画で読破シリーズ自体が、気軽に古典を楽しもうというコンセプトなので、これも同シリーズの他作品同様、かなり原作を省略した形で話を作っています。・エポニーヌが影も形もない・テナルディエが宿屋のシーンでしかでてこない・6月革命終了直後で話が終わっている・ゴルボー屋敷関係がごっそり抜け落ちている。上記の省略があるため、原作と比べると物足りないのですが、その分バルジャンとジャベールの関係に焦点を絞って物語を構成しているので、原作を読んでいるか、ミュージカルや映画といったほかの作品を知っていれば楽しめると思います。あと1998年の映画、リーアム主演のレミゼラブルを見ていれば、ラストシーンににやりとするかも。

  • 20

    amazon

    この作品を読んでの感想は作者・編集者ともどもヴィクトル・ユーゴーの原作を読んでいないのは明らかだ。内容的には1998年公開のリーアム・ニーソン主演の「レ・ミゼラブル」のあらすじにほぼ等しい。レミゼは何度も映画化されているけど、原作を完全に映画化されたものはない。いずれの作品も何らかの脚色が入っている。長編大河小説なのでそれは仕方のないことだし、映画制作者の訴えたいことは人それぞれだからそれぞれの脚色に異論はないけど、「まんがで読破」というのでは看板に偽りありだ。この作品は映画作品のノベライズ手法でのマンガ化でしかない。このマンガを読んで、「レ・ミゼラブル」を読んだと思っていると大恥をかくことになるだろう。

  • 80

    amazon

    めちゃくちゃわかりやすく、また登場人物も一気に削っているため、本当にあらすじだけのストーリーになっています。もう少しヴォリューム持たせてもよいのでは?と思うのですが、・後であらすじを話せる。・原作を読む楽しみ。と捉えるならこれはこれでありなのかもしれません。人物の描写もバルジャンとジェベールがほとんどで他は本当にあっさりです。革命軍もあれあれ??と言う間に終わります。(笑)でも有名なのでこれから抑えるのも良いとは思います。

  • 60

    amazon

    当時の矛盾に満ちたフランスと、そこを生き抜く様々な人々を描いた巨編のため、主人公と警部の絡みを大黒柱として、その他のエピソードは大ナタを振るった形になっています。本作は、当時のフランスやパリ自体の大きな「悩み」「矛盾」を描く大作とも思えます、それを警部一人が最後にまとめてひっかぶって入水している様にも見え、「当時の世界の拡がり」という空気感(?)みたいなものが今一つだった気もします・・・が、そんなの一冊じゃムリか;

  • 60

    amazon

    ミュージカルや映画で話題となった作品ですが, 実際の登場人物は非常に多く, 原作から入るにはやや抵抗のある物語です. この本はまんがであり, 内容がシンプルにまとめられているため非常に理解し易い内容となっています.時代背景や人物像を理解するとより楽しめると思いますが, まずはこの本で大まかなあらすじを理解し, 興味を持ったら舞台, 原作と進むことをお勧めします.

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この作品は、映画にもなり、また数多くの賞を受賞し、世界中で高い評価を受けました。
    また、日本でも映画公開され、大ヒットしたのが記憶に新しいです。
    さて、内容は今の日本によく似た場面が登場しています。格差社会、政治不信、不況等が出ています。だから日本でも大ヒットしたのがよくわかりました。

  • 100

    amazon

    原作はもちろん傑作中の傑作ですが、マンガ化された本書も、十分に鑑賞に値します。簡単に読めますし、ストーリを大まかに理解してしまってから、原作にチャレンジするのもまたいいと思います。ジャンバルジャンのように、私も正直に生きようと再度、思わせてくれるいいマンガでした。サラリーマンが新幹線の中で読み切るにはぴったりです。お勧めです。

  • 80

    amazon

    私はこの話の存在は知っていましたが、中身は全く知りませんでした。簡単でいいから中身が知りたくて、これを購入。最初のあたりのジャンバルジャンが警察に捕らえられ、ミリエル司教が警察に嘘をつき解放させ、ジャンバルジャンが本気で改心している様見て、そこから泣きそうになりましたw。これを皮切りに、舞台、原作とさらなる興味が湧きました。

  • 100

    amazon

    日本語版、フランス語版を昔読んだけど映画もコミックも目の前にイメージを見せてくれるのはいい。この話ではファンティーヌが髪を売って歯を売って体を売ってコゼットのために金を送ろうとしていた場面は特に良かった。良すぎて涙が出てきた。ジャヴェールはカントの哲学の信奉者だったような書き方だったな。

  • 80

    amazon

    レ・ミゼラブル=ああ無情。タイトルからしても重い内容なんだろうなと思い、なかなか読む気がしなかった本ですが、病気で寝込んでいて時間があったので、今回まんがでさらっと読めて良かったです。これを地にして映画も見てみたくなりました。すでに家族がDVDを持ってるので。

  • 40

    amazon

    少ないページ数に無理やり詰め込んだせいかもしれないけど、原作を大分端折ってます。成長したエポニーヌのストーリーと下水道でのテナルディエ、ジャヴェール警部が自殺した後のストーリーまで省くのは正直どうかと思います。大好きな話だけに残念。

  • 80

    amazon

    テレビで映画を見たことがありました。原作は読んでいませんでしたが、十分楽しめました。主人公の葛藤する場面など、表現の仕方も申し分ないと思います。それにしても、主人公には感服させられました。

  • 100

    amazon

    読書感想文を書くのに、とても解りやすくて小、中学生に良いかと、、、1度映画やアニメで見ていたので、おさらいに・・・・マンガなので頭に入りやすい

  • 80

    amazon

    小学生の娘がレミゼラブルに興味を持ったので、まずはマンガから。。映画は長いし難しそうだったので。。とても真剣に読んでいました。

  • 20

    amazon

    漫画にしてしまうとこうなるんでしょうね。映画を見た後読んだので、がっかりでした。絵がくどいのもあります。

  • 80

    amazon

    子どもの頃 「あゝ無常」というタイトルで読んだのですが 懐かしくて衝動買い。マンガは読みやすかった。

  • 80

    cmoa

    最悪すが名作、あっという間にストーリーに引き込まれました。ラストがらあっさりすぎたので、星4つ。

ネット上のイメージ

子供
感動
家族
歴史
懐かしい

イメージの近い作品(ランダム)

  • 金子節子“家族”傑作選 娘へ~アラ還 愛子ときどき母~
    家族の誰かを世話してきた35年。アラ還となり、これからは自分のために生きたい! しかし、子供はいくつになっても困った時は母親・愛子さん頼りで…。
  • 姫ちゃんのリボン 集
    野々原姫子は元気でボーイッシュな中学生。ある日、魔法の国の王女・エリカから、魔法のリボンを渡され、他人に変身する力をもつ。ケンカ友だちの小林大地とともに、さまざまな事件を乗り越えて…!? 不朽の名作の新作番外編5編が登場。笑顔の魔法は不滅です!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • わが家の母はビョーキです
    母が精神科に通い始めたとき私はまだ4歳でした――。これは、精神病にかかったお母さんを持つ、著者の実話を描いたエッセイです。病名は「統合失調症(トーシツ)」。昔は「精神分裂病」と言われていたこの病気、なんと100人に1人の割合で発症しています。これはがん患者と同じ割合です。でも、どうしてあんまり聞いたことがないのでしょうか。その裏には家族のやりきれない想いがあったのです……。著者とお母さんの心と心のぶつかり合い、通じ合いがリアルに胸に迫る、31年間の想いが詰まった感動のエッセイ!
  • 王家の紋章
    3000年の時空を超え、愛を誓い合ったメンフィスとキャロル、二人の行く手には数々の苦難が!! 読み切り作品「麗しのメリーさん」を併録。

イメージの近い作品(最近)

  • アイシテル ~海容~
    私の息子が殺された……。いつもと同じ日のはずだった。たった10分間の母親の不在を除いては――。下校時に行方不明になった7歳の清貴(きよたか)ちゃんが死体で発見されたのは行方不明になった翌朝。殺された我が子を受け入れられず呆然とする母親。やりばのない怒りと悲しみ、綻ぶ家族の絆――。そんな中、被疑者として保護されたのは11歳の少年だった!! 全ての母親に捧げる、渾身(こんしん)の物語――。
  • 東京家族
    原田壮、38歳、ベストセラー作家。彼の元に昔の女たちが子供を連れて現れた。引き取った子供の数は6人。父親初体験の荘が家族のために大奮闘。