© イースト・プレス

古代ギリシアの叙事詩『オデュッセイア』をたった一日のできごとに置き換え、ふたりの主人公ブルームとディーダラスの視点からダブリンの風景や人々の様子、人間の複雑な内面をも克明に描き出したジョイス。「たとえダブリンが滅んでもユリシーズがあれば再現できる」とまでいわれる20世紀を代表する傑作を漫画化。ジョイス(1882~1941)アイルランド出身の小説家・詩人。前衛的な表現を積極的に作り出すなどモダニズム文学を追求し、「タイム」誌からピカソやビートルズらと並ぶ20世紀を代表する芸術家の一人として賞賛された。作品の舞台や主題の多くはアイルランドを題材にしている。その他の作品には『ダブリンの市民』『若い芸術家の肖像』など。

ユリシーズ ─まんがで読破─

| イースト・プレス(出版)

立ち読み

ユリシーズ ─まんがで読破─のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

16件のネット上の評価があります

  • 20

    amazon

    IRISH ですよね、勿論。ジョッキで乾杯もありえません。パイントグラスを軽く持ち上げ、目配せしつつチアーズ!とやるのが普通です。正体不明の市民が、柄の悪い眼帯男というのも安直です。コミックなので画にしなきゃいけないというのは分かりますが。それにしても思い返すに腹立たしい。ブルーム家の猫の鳴き声の中のメルクリウスもどっか行っちゃってるし、6月のダブリンで22時に真っ暗&星空というのも逝っちゃってます。ナウシカじゃ東に日が沈んでるし、校長はウィッグのような髪型だし、船はまるで大航海時代の帆船。細部を端折るのは良いとしても、明らかな間違い、見落としが多過ぎます。街並みもジョージアンでもなければ、ビクトリアンでも無いですし。舞台が20世紀初頭のダブリンだって事を、制作者、監修者は忘れてるんじゃないでしょうか?あと、モリーとボイランの浮気は十中八九間違いないんでしょうけど、原書をよく読むと客観的な証拠は無いんです。モリーの妄想やブルームの疑心暗鬼をジョイスがわざとミスリードしている可能性も有るのに、本作では浮気が事実として描かれています。これもイマイチ。ついでにスラッとしたモリーにも違和感。宮田恭子のフィネガンズウェイク抄訳くらい気合を入れろとは言いませんが、ネームの段階で少しはまともな考証なり何なりは入れられなかったのでしょうか? ジョイスを研究してる英文科の先生なんて、その辺に幾らでも居るはずですが。多少の誤訳は有るにしても、丸山、高松、永川訳の文庫4巻を読むのが一番でしょうね。それで長過ぎて挫折したり、サッパリ分からんと言うなら、ユリシーズに縁が無かったということです。それはそれで良いんじゃないでしょうか。少なくともこんなマンガで読んだ気になるより、ずっと真面目に小説に向き合った事になります。私自身、ユリシーズは、読んで面白い物語だとは思ってませんし。ただ時代背景や歴史を踏まえたり、ダブリンという街を重ねて見ると、何となく面白く思えるという程度です。色々書きましたが、正直お金を返して欲しいくらいです。我ながら、良く最後まで目を通したと思います。多分、私にとっては最初で最後の「マンガで読破」になるでしょう。--追記 as of 11-JAN-2016AIRISH の衝撃ですっかり見落としていましたが、ブルームが出入りしていた新聞社はフリーマンズジャーナルだったはず。よりによって英国派と、共和国派の新聞社の名前を入れ替えるとは凄いセンスです。星ゼロ確定です。

  • 40

    amazon

     ユリシーズという名前はよく見るし、さながら勇敢なイメージが伴っていることもあり、一度は読んでおかなければならない古典なのかと思っていた「ユリシーズ」だが、実際に読んでみるとなんじゃこりゃ感が漂う代物であった。 で結論を言えば、巷で見るユリシーズという名前は『オデュッセイア』の登場人物オデュッセウスの英語名という意味であってこの小説とはあんまり関係がないことを理解して納得した。 そのことをこの「漫画で読破」を読んで疑問を持ち、調べてわかったことが一番得られたことかもしれません。 この小説『ユリシーズ』は叙事詩『オデュッセイア』のパロディに始まり、その当時の名作に対してオマージュやパロディを組み上げた作品であるらしい。 であるならば、上司がいきなり意味不明なことを口走るのも、「なるほど、この作品は原本で読んでそのテキストの遊び方を楽しむものなのだ」と思えば納得ができる。 主人公の行動もなんだか下世話というかそこでそれやるかみたいな。 確かに日本語訳をするにはかなりの難題を抱えている感じがするが、それはやりがいのあることなのだろう。 実際そのパロディの扱い方を日本風にしてこその訳の存在があるようにも感じられる。 改めて、漫画から読んだその全体的な話は面白くないの一言だったが、作品の背景ってのが重要であることを学べました。2011/02ちょっと書き換えました

  • 80

    amazon

    まず小説のあらすじが小説よりも解かり易い。小説だとやたら古典の引用と注釈が出てきてそちらへ注意を注いでしまう。このマンガだとあらすじに集中できる。ただし時々古典の引用や過去の偉大な芸術家を対比して思考実験する場面はマンガでも少し残しています。これがないと「ユリシーズ」のユリシーズらしさがなくなってしまう。次に20世紀の最高傑作などと評価されているからといって躊躇しないで読んで頂きたい。これはマンガになってより敷居が低くなって読まれる機会が増えて良かったと本当に感激しています。またこのマンガを読んだ後に小説へ挑む時も変に気構えないで欲しい。それはマンガにあるようにかなり笑えるシーンもあるし、アブノーマルな行為に入る事もあるし、思考実験を行なって知的刺激もある。非常に多様性のある、古典の引用も含めて多岐に渡る壮大な小説です。だから最初から読むなんてことはしなくてもパラパラめくった所から始めたら良いし、読みたい箇所から読めば良い。あまり気張らないで軽く読み流す程度に堪能して欲しい。それから「ユリシーズ」を敷居の高い小説にした評論家や作家はA級戦犯として求刑したい。彼らの小難しい評論のために「ユリシーズ」を遠ざけている読者の多さを考えるともう文壇に出てきて欲しくないです。立花隆氏よ安らかに眠れ。

  • 80

    amazon

    この漫画を読んでからダブリンに実際に行ったのですが、とても良かったです。文章よりも漫画のほうがビジュアルなので、実際に見て回るのに、とても良いです。本来は「ダブリンを再現できる」と言うくらいに書き込まれた原作でイメージを膨らませるべきなのでしょうが(^^;;内容自体は難解&長文な原作を圧縮しているのでいろんな無理が出るのはしかたないとは思いますが、原作の有名なラストの文章がまったく関係のないものに置き換えられてしまっているのはかなり減点だと思います。ダブリンのジョイスセンターに行くとラストのセリフをベースにしたグッズが売っていて楽しいので、機会がある方はぜひ訪れてみてください。

  • 20

    amazon

    驚いた! 漫画『ユリシーズ』。これをやるなら『オデュッセイア』のほうではないだろうか?エイゼンシュテインは『資本論』の映画化を考えていたし、ヴィスコンティは『失われた時を求めて』のシナリオをつくっていたようだから、試みは大いに評価したいが、それにしてもこの漫画のつまらなさ・・・・。大西巨人の『神聖喜劇』漫画版は面白かったがなあ。1つ素人発想ながら提案。トーマス・マン『魔の山』を漫画化してはどうか? ただし、チマチマと文庫1冊でやるのではなく、大判でリアルな絵で。コックリさんのシーンなどゾクゾクするかも・・・。あとマキャベリの『君主論』はいかがか。

  • 80

    amazon

     ジョイスの原作を読んだことがない者でも、いや、読むのが億劫な御仁でも、これなら素直に入っていけるし、むしろこれから入って行って、そのままそこに居座ってもいいかもしれない、それからそこから出で行きたい人は出ていけばいい。 原作から読んで、漫画、映像等に入って行くのが筋かもしれないけど、ことジョイスのこの「ユリシーズ」に関しては、まず、何がどういうものか知ってから原作に戻ったほうがいいと思う。 そういう読者のためには、このまんがはなかなかよくできていると思う・・・・・・おすすめ

  • 60

    amazon

    申し訳ないが、今回も原書を読まずにまんがで読破のみを読んでのレビューである。原書は20世紀最高傑作との話だが、あいにくほとんど文学作品の類は読まないこともあり、何故このストーリーがそこまで賞賛されているのか知る由も無い。しかし、なんの予備知識もなく単なる漫画として読む分には、大人の鑑賞にも耐えるなかなかの作品と思われる。まんがで読破シリーズのいい面が出ている書と、思うのだがどうだろう?

  • 80

    amazon

    まんがということになるとやっぱりストーリーも主要なエピソードだけ抜き出して描いてるのかなとも思ったがこれは原作と同じ18章で構成されていて、それぞれの章の内容がちゃんと入っている。期待した以上に良かった。ただ、一冊というか、ひと繋がりの内容にするためにいろいろアレンジはされているが。文庫版全4冊を読み終えたのと同じくらいの感動が味わえる。少なくとも自分はそうだ。

  • 100

    amazon

    「ユリシーズ」を読んでみようと手にとってみたもののあまりにも難解ぶりにすぐギブアップ。何か簡易に読める版はないかと探していてこの本に出会いました。不倫・背徳・・・「ホントにこんな内容が書いてあるのかよ?」と疑うのと同時にその面白さに引き込まれました。1冊の本として十分読ませる内容だと思っています。この本のイメージを手がかりに「ユリシーズ」、再チャレンジします。

  • 40

    amazon

    話自体はジョイスに注文するとして……。ストーリーは、アイルランドでのとある青年と中年の話。あまり内容として面白いものではないです。たぶん。。ただ絵が綺麗なのに本に厚みがあるから少し高いのが難点です。500円くらいなら納得いくかも。

  • 60

    amazon

    1904年6月16日の1日を舞台としたマンガ版「ユリシーズ」は読んでいて飽きることなく読んだ。純粋にマンガとしてなら★5。「たとえダブリンが滅んでもユリシーズがあれば再現できる」のキャッチコピーに偽りなし。

  • 40

    amazon

    全体的にゆっくり、まったりと時間が流れています。絵が多くて、文字が少ないページも多いです。しかし、明確なメッセージがなく、わくわくドキドキという感じがありません。私には合いませんでした。

  • 100

    amazon

    原書にどの程度忠実なのかはわからないけど(原書はあとで読もうと思い)とりあえずサクッと概要がつまめたので良かったと思う。

  • 100

    amazon

    楽しく一気読みしました。アイルランドへ出かける楽しみが増えました。秋になったら、本物を読みたいと思っています。

  • 40

    amazon

    全体の感じはわかりましたがあまりに短くて、疑心暗鬼になりました、

  • 20

    amazon

    漫画では、難しいかもしれませんね、この名著の文書の表現方法は。

ネット上のイメージ

歴史
感動
シリアス
教師
綺麗

イメージの近い作品(ランダム)

  • 奔放な君と囚われたキミ‐六文銭の誓い‐
    後世まで語り継がれる名将・真田信繁!彼を主君とし背を守り真田に尽くした男・由利鎌之介!この二人の出逢いは戦のさなかだった。“敵同士”という相容れない立場のなか「私の下で仕えないか?」と言う突拍子もない信繁の人柄に、鎌之介は興味を持ち家臣となる。天下取りを目指す男達に運命を翻弄され“自分自身”をも曝け出せなかった信繁が抱える秘密とは!?そして信繁が想い描き鎌之介と共に目指した“未来のカタチ”とはなんなのか!?赤い紐で結ばれ六文銭に誓った物語が今、動き始める!
  • テレビショッピング
    大人気のTVショッピングは得体の知れない商品を扱い、サディスティックなお裁縫少女は人毛を求めて街を駆け回る。異形の怪異が枕元に忍び寄れば、意地くね悪い少女はゴキブリを使って不快感をまき散らす。塚本尚美が贈るグロシュールなホラーコミックス第2弾。オムニバス7作品掲載。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • PEACE MAKER 鐵
    ★2010年1月ドラマ化決定!★2003年10月よりTVアニメ放送された名作!残酷なまでに、美しい日々の記憶。「新装版 新撰組異聞PEACEMAKER」続編何も恐れず、何も求めず、唯その二刀に導かれて。黒乃奈々絵の描く”幕末新撰組異譚”!!
  • モンテ・クリスト伯爵
    今なお色褪せない、アレクサンドル・デュマ・ペールの名作を鮮やかな筆致でコミカライズ!世界一豪華絢爛な復讐譚ここに誕生!!

イメージの近い作品(最近)

  • 甘えたい日はそばにいて。
    人と区別のないアンドロイドが働く世界。お手伝いアンドロイドのひなげしは、高校生小説家の楓に片想い中。しかし彼女は…恋心がバレたら処分される運命で…! 恋のライバル、謎の脅迫電話、甘い青春…《秘密の片想い》の物語は、最後の1ページで急転する!?
  • オリエント
    時は戦国時代――。突如飛来した「鬼神」により、日ノ本は一変。名だたる戦国大名は討ち死にし、「鬼神」が人間を支配する世界となった。「鬼神」が神と崇められるこの世界で、自由を求めて戦う武士団と呼ばれる集団がいた。武士団に憧れる二人の少年が人間の世を取り戻すべく立ち上がった! 夢は「最強の武士団」!戦国バトルファンタジー、開幕!!