© ハーレクイン

マギーは気鋭の女性実業家。そのファッションやライフスタイルは女性たちの憧れの的だ。そんな彼女は今、絶体絶命の危機に陥っていた。愛する祖母のために訪れた田舎町で、豪雨に襲われ車が立ち往生してしまったのだ。だが偶然通りかかったセクシーな男性に間一髪で救出される。ほっとしたのもつかの間、彼は無謀なマギーを非難し、洪水で地域が孤立したので自分の家に連れていくと宣言。まさか、こんな野蛮な男性とふたりきりで閉じこめられてしまったなんて――!?

ハーレクイン 豪雨のあとの奇跡

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 豪雨のあとの奇跡のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

19件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    セットで読んだのですが、面白く読めたのでここにも書いておこうと思います。
    天候が悪く密室状態で男女が閉じ込められたため、ハプニングから恋へと発展する、よくあるタイプの話としては良くできていたと思いました。
    理解しやすい二人の関係の進行と、稼ぎすぎた人のあるある田舎暮らしがストーリーにきちんと収まり、結末もチャレンジングだけど、現代なら有りそうなところに着地しました。

    小越先生のヒロインは私にはよく目の大きさが気になってしまうのですが、この作品は全然気になりませんでした。(表紙は安っぽい感じが少しします)

    次読むのを探しているときに、ふと、書いておきたくなり立ち寄らせてもらいました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインは助けてくれた相手に対して失礼すぎる。車が汚いだのなんだのずーーっと文句しか言わない。客室を貸してくれてるのに下心を疑う。料理もできない。なんて嫌な女なんだろう!と、思ってたら号泣するヒロインにキュンとくるヒーロー。男はこういう女が好きなのか?とばかばかしくなったわ。
    後半はヒロインのそういう所がなくなってきたので、お互い言いたいことを言っていい関係になってきたから読み終わりにモヤつくことは無かったです。この作者様は最後を綺麗にまとめるのが上手な方なので、他のハーレクイン作品も読み終わったあとのモヤ付きがなく好きです。

  • 80

    cmoa

    ハーレクインでは珍しく理知的で現実味のある女性でした。ストーリーにもあまり無理がなく、もしかしたら今までで1番すっきり読めたかも。
    ☆マイナス1は、相手役のヒーローが独善的(なのはハーレクイン全体に言えることですが)な部分に嫌気がさしたはずの主人公が、そこに触れずにすれ違いが解消したらくっつく点に納得がいかないので。
    まぁこれくらいの欠点があるほうが人間くさくて良いのかな。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 小越先生の作品のヒーローとヒロインが言い争う場面が大好きです。コミカルで次から次へとテンポよくて…(*^^*) 誤解でヒーローに責められ、話を聞いてもらえないヒロインは気の毒でした。HQに出てくるヒーローは話を聞かないタイプが多いですよね(^_^;)

  • 100

    cmoa

    お互いの良い所も悪い所も喧嘩仕合ながら理解を深めていく二人に共感と素敵なラブストーリーにドキドキしました。ハーレクインながらの富と名声などの素敵要素と富に繋がるバイタリティと知性、理性では止められない恋心、、、その上ストーリーにリアリティとユーモアがあり大満足の一冊でした!

  • 80

    cmoa

    小越先生特有の掛け合いみたいな会話楽しいですね。この作品はヒーローが浮気男ではないのもよかった。お互いを愛おしく思っているのに生活を変える勇気はなくて・・でも、大事なのは人を愛する気持ちとお互いが思えて、譲歩しようと話せるところも素敵でした。

  • 80

    cmoa

    タイトルではないですが、読後感が雨上がりのすっきりしたような・・・。立場が違う二人が惹かれあっていく様がよく描かれていますね。ヒーローの前職にびっくりしましたが、ヒーローが勝手にヒロインの恋人と思って嫉妬してたマイクの正体には笑いました。

  • 80

    cmoa

    小越先生の絵柄とテンポのいい掛け合い、ストーリーがぴったりマッチしてました。キャリアウーマンと勝ち組隠遁生活のイケメンのロマンチックコメディ。
    始まりはいつも雨…というか豪雨(笑)雨上がりの晴れた空と相まって、読後感が、爽やかです。

  • 100

    cmoa

    都会に疲れたヒーローと祖母の為に家を落札しようと訪れた女社長のラブロマンス。
    大雨が2人の出会い距離をどんどん近づけます。
    とっても素敵なお話でした。
    オススメの1冊です。

  • 60

    cmoa

    ヒーローとヒロインのテンポのよい掛け合いが面白い!真逆の生活スタイルをした2人がどう恋愛をするのか、永遠の愛を誓い合ったヒロイン祖父母のようになれるのか、楽しく読めました。

  • 60

    cmoa

    これだけ考えの違う2人がよくくつっけたなと。
    立ち読みあたり見ているとヒロインもキャリアウーマンというよりはおばか気もするし、ヒーローはヒロインの話を聞かないし、、、。

  • 60

    cmoa

    テンポよく読み進める事が出来ました!もっと絵が好みだったら魅力的でよかったと思います。なので星3つです。雨降りがストーリーのキーワード!発想が良かったです。

  • 80

    cmoa

    お互い嫌いと言いながらひかれ合っていて思いが重なっても、うまくいかない。
    最後は問題を全部クリアして幸せになりました。こちらも幸せな気分になれました。

  • 80

    cmoa

    とっても素敵な話♪ちょっぴり意地ははっちゃうけど、ちゃんと本音でぶつかり合う。ハーレクインには珍しくストレートなヒーロー。とっても好感が持てる。

  • 60

    cmoa

    小越先生大好きで、購入しました。う〜ん、これは好みの問題ですが、もうちょっとパンチがほしいなかということで、星3です。

  • 80

    cmoa

    やっぱりペニー・ジョーダンのストーリーはいいですね!それに小越先生の絵がよくマッチしてました。読んで満足な作品

  • 60

    cmoa

    どちらもやり手のカップル。口も達者で、最初の方のお互いに言い合いしながら、結局は愛し合うところが面白かったです

  • 80

    cmoa

    ステキな関係性。喧嘩しながらも愛し合って…ずっとおじいちゃんやおばあちゃんみたいな夫婦になって欲しいかな。

  • 80

    cmoa

    喧嘩しては仲直りして、そうやって二人で素敵に歳をとるとこまで想像できました。さすが名漫画家さんですね。

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
恋愛
幸せ
リアリティ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 独身貴族に恋したら
    デートの相手がセクハラをやめてくれず、リーは困り果てていた。その時、隣の席の男性が救いの手を差し伸べた。「ダーリン、僕にはやはり君だけだ」。リーはお芝居で助けてくれた男性のスマートな対処法に感心する。男運ゼロの私でも、彼が協力してくれたら素敵な結婚相手が見つかるかも…。リーの結婚計画が始まった。
  • ハーレクイン 熱砂の花嫁
    ティルダは母の話に愕然とした。知らぬ間に母が巨額の借金を抱え、この家も立ち退きを迫られているなんて!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • オフィスの悪魔は求愛モード
    “理想の大人の男”である上司の国方に思いを寄せる佳澄。彼に振り向いてもらえるとは思えない…と内心諦めモードでいたところ、あることがきっかけで急接近!! そして国方と一夜を共にしてしまった佳澄が朝目覚めるとそこには見知らぬ男が……。憧れの彼とのオフィスラブは波乱含み!? まさかの刺客出現で、刺激的な恋愛に黄色信号が――!!
  • ご主人様は傲慢な愛の獣【かきおろし漫画付】
    「おまえは、俺のそばにいるためならなんでもするんだよな?」 実家の用品店がつぶれ、派遣の仕事もクビになってしまった茉莉花。再就職のために面接に向かう途中、御門グループのトップ・正明が飼う犬を助けたことをきっかけに、正明の世話係として雇われることに。すべてが上から目線の王様気質なご主人様に振り回されつつも、次第に惹かれていく茉莉花だが、御曹司との恋愛は一筋縄ではいかなくて――…!? ご奉仕の報酬は日給10万円!? エリート暴君との濡れきゅんシンデレラストーリー! ※以前配信していた「ご主人様は傲慢な愛の獣 1」に描き下ろしページなどを加えた新装版です。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 百パーセントの男
    慈善パーティーの余興でタロット占いをしていたリアノンは、自分に向けられた強烈な眼差しを感じていた。舐めあげるような執拗な視線――。その視線の主と目が合った瞬間、甘く官能的な戦慄が彼女を貫いた。彼はリアノンに近づくと彼女と自分の未来を占うよう命じた。出てきたカードは“恋人”…。男はそれを満足げに見つめ、困惑する彼女を弄ぶように言った。「1か月以内に君を僕の物にする。奪ってくれと跪かせる」
  • ハーレクイン ドクターの週末
    看護師のレベッカは、最近ボスになったドクター・サヴィルが気に入らなかった。若くてハンサムな医者の彼は、まるでドラマのヒーローみたいな完璧な男性だったが、部下にだけは傲慢な態度で、レベッカは大嫌い!! と思っていた。そんなふたりが、偶然かまたは運命か車に乗りあうことになった。ロマンティックなムードで夜道を走る車のなか、いつもは傲慢な彼がなぜかやさしくステキに見えた。甘い声で呼ばれただけで心臓が止まりそう。いったい、どうしたらいいの?