© ハーレクイン

エリンが勤めるホテルを買収しようとやってきたのは元恋人クリストだった――エリンは彼の経営するホテルで働き、激しく愛しあい、そして非情に捨て去られた。そして今、彼はまたしてもエリンを追いつめようとしていた。かつて働いていたホテルで彼女が2万ポンドを盗んだ証拠がある、黙っていてほしければ条件を受け入れろと…。無実の罪をきせられ、動揺するエリンにこう言いはなった。「君が欲しい。過去の償いとして週末を一緒に過ごしてもらう」

ハーレクイン 秘密のまま別れて

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 秘密のまま別れてのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

26件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    HQに多すぎる誤解、罵倒、子ども、そしてお相手はギリシャの富豪と来て、偶然(?)の敵対的再会。
    HQ材料各種揃えていても絵がかなり丁寧で、そこ好感。メインキャラ以外は人物が相対的に少し影が薄いが。室内、子どもとの風景がしっかりと描き込まれ、雰囲気が優しい。横開きで読むべき本。その、見開きひとこまシーン二箇所、共に素晴らしい。
    男性のビジュアルがギリシャ人イケメン要素を備えていることは明らかだが、見た目私のタイプではなかった。そのことは星数に入れていない。
    それは、出会った頃のプールの全身像、再会後の朝陽を逆光にしたスーツの上半身像など、要所要所いずれも、絵的には素晴らしい場面だったから。

    このストーリー、ヒロインに仇なすものは全て謝罪させている。
    それでも読み手がしこってしまうのは、ヒロインが受けた仕打ちと、バランスは取れていないから、だと思う。
    許しというのは高潔な行為で美しいものだし、登場人物達を最後に汚さないで終わらせる方法なのだが、読み手のこちらはわだかまる。
    ただだからと言って、その処罰感情の矛先として、この手のストーリーでは彼がしっかり確認していれば良かったのに、というこちら側の希望は、怒りと失望で目が見えなくなっている当人に余裕なく、期待出来ない。誤解に基づくストーリーを展開させたい制作意図では、そこを考え及ぶ冷静さは必要とされない。
    裏切られた、騙された、そんな人間だったのかとの絶望、一瞬で彼は頭に血が上り、という構図で、ヒロインを不幸に突き落としてから、気づきの場を与えて、そうだったのか、と悟らせる構図に、既視感一杯。
    そんなありふれ題材のあるある展開ながら、それでも、よく描いたな、と思えるから山田先生の仕事に星。ストーリーは、ヒロインに逆境を、試練を、生活苦や母子家庭の子育ての苦労を、思い切り与えながら、やっと幸せをもたらして(やる)、というあざとくも利用されやすい構造への、「飽き」「工夫への不足感」を越えられない。原作ものの限界なのだが、コミカライズ担当者は、その枠を普通は乗り越えられない(アレンジし過ぎは禁じ手と思料)ので、そのやるせないマンネリズムに、仕方なく星は満点としなかった。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローのお母様が最悪です。真実も確かめず、息子の友人の噂話だけを鵜呑みにして、息子と別れさせる為にヒロインを会社のお金を着服した犯罪者に仕立て上げます。まんまと母親の罠にハマりヒロインを捨てるヒーローは直ぐに他の女性と結婚し子供をもうけますが、妻が勝手に子供を中絶した為に離婚。ヒロインは仕事も何もかもを奪われた状態で、ヒーローの子供〔双子〕を生活保護で出産し育てます。再会して全ての罠が明るみになった時ヒーローが、3年間ヒロインをずっと愛していた…と言うのですが、それ変でしょ?。あんた、結婚して妻を妊娠させたじゃないの。妻が中絶しなかったら、愛してもない奥さんと子供がいて、ヒロインと結婚なんか出来なかったワケよ。
    罠に掛けた母親を許してやって欲しいと言う父親もダメ。犯罪者にされて、生活の糧を奪われて、シングルマザーで双子を出産させられたヒロインに、平謝りするべき。ヒーローも、ヒロインを愛してたなら他の女性と結婚なんかして子供を作るなよ!と思いました。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 の話。ヒロインにベタぼれ束縛バカ男。相手にされないから疑いもヒートアップ!!と言うか、ヒーロー含めその回りのやつがゲスイ。良い人の仮面を被った養母、部下。この二人犯罪おかしてますからいくら息子かわいさとは言え、子どもがいたなんての発言にもびっくり。いやいやいやそこじゃないでしょ、貶めたことにまず死ぬほどの謝罪でしょ。血が繋がっていないとは言え、ヒーローも素直に非は認めないし謝れないし、よく過去の事は水に流して何て言えたな、だって流すかどうかはヒロインが決めることでしょ一方的に酷いことされたのはヒロインなんだから。結婚も勝手に決めちゃうし。自分勝手で嫉妬深くて疑い深くて、謝罪も家族の尻拭いも満足に出来ない顔と金だけのHQにおいては、到底ヒーローになり得ない男でした。信じられないほどムカつくゲスな話でした。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 読後すかっとしきれないのは、ヒーローや彼の義母にもっと深く自分たちの罪を自覚してほしいと思うからだと思います。
    ヒーロー側からのこの仕打ちを受けながらも双子を産み育てたヒロインは素直にすごいと思いますが、いまいち感情移入できずに最後までさらっと読んでしまいました。でもなんだかんだで☆4つつけさせてしまうのがこの作品の凄さなのかもしれません。
    あとはHQ全体に言えることですが、この別れていた3年間の過ごし方(孤独を埋めるために適当に結婚、妊娠とか)の立場が反対だったら、絶対にハーピーエンドにはならないだろうあたりが興味深いなと思いました。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 秘密めいた再会が凄くよかったので、こちらも読んでみたのですが。うーん、悪くはないですが、あまりおもしろくはなかったです。ヒーローがとにかく傲慢で。主人公と別れてすぐに結婚、そして元妻が勝手に中絶をして離婚したみたいだけど、もし中絶もせず離婚もしなければ、どうしてたんだろう。あと、主人公に対しての2人(義母とヒーロー)の謝罪が軽すぎるというか。よく許せたなーと。主人公がいい人すぎる作品でした。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    本を買う時は試し読みをして面白かったら、レビューを見て高評価だったら買おうかなって思ってる。
    この作品はヒーローがひどいってみんな言ってたので、やめとこうって思ったけど、私はヤキモチ妬きの人の話がわりと好きかもと思って買ってみました。
    確かに愛してる人を信じないで勝手な行動をするとか、なんて傲慢な人って思うけど、HQではお約束だし周りの人たち含めて丸く収まって良かったと思う。子供達はもうちょっとちゃんと躾けて欲しいけど。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ハーレークイーンの中でも相当このヒーローは酷い。
    ヒロインを何一つ信じてないくせに、他人の言うことは片端から信じてヒロインを非難。
    謝罪の一つも碌に出来ない。
    ヒーローの母親も、それ謝って済む問題なの?そもそもヒロインをなぜ敵視したのかもわからない上、他人を買収してまで別れさせて、いざ孫がいたと思ったら手のひら返し。
    ごめんなさいで済ますヒロインも信じられない。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    ヒーローはお決まりのセレブ、ゴージャス、傲慢だけど、実はヒロインにベタ惚れだったんですね。プライド高いから、いろいろあってヒロインを疑って捨てちゃう。でも未練タラタラだったと。しかし、別れのシーンで、別れを自分から告げてるのに、僕たちは自然消滅だ!て言うのはおかしいなーと。突っ込みたい細かいところはあるけど、ヒロインが毅然としてて魅力的でした。

  • 80

    cmoa

    裏切られたと思ったヒーローはヒロインを捨て、その隙間を埋めるために他の女性と結婚。一方ヒロインは自分を捨てた人でも知る権利はあると根気強く妊娠を告げようとするも伝わらず、お母さんがそばにいたとはいえ、一人で双子を育てた。お互いへの想いが消えていなかったのは同じだけど、この経緯はやはり女性は強いなぁと思いました。

  • 60

    cmoa

    誤解から、ヒロインが大変な時期にヒーローは結婚・奥さんの妊娠。ひどい言葉も浴びせ放題。ヒロインはもっと怒っていいと思う。優しいところが魅力なんだろうけど、だったらもっとヒーローは反省、謝罪が欲しかった。HQ読後のハッピーエンドの爽快感は、あんまり感じることができなかった。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 別れた運命のパートナーとの出会い、シングルマザーで、仕事で誤解されたままで 子供の父親であること、誤解を自力で解決しようとする行動力など、強い母親、女性のヒロインは見習いたいです 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    試し読みしたら気になってしまったので購入しましたが…このヒーローは本当に酷い。読みながら『なんなのこいつ』ってずっと思っていました。養母もひどいしヒロインは、よく許せるなと読み終えてからも思ってしまいました。

  • 40

    cmoa

    なんて自分勝手なヒーローなのか。途中までイライラして仕方なかった。ヒロインにもイライラしてまった。絵はきれいだけど、まとめ方に納得出来なかった。ページはある方なのだから、きちんとまとめて欲しかった。

  • 100

    cmoa

    リン・グレアムの作品は好きで、他の作家さんのでも、よく読んでます。
    今回もひねりがあって、グレアムらしいなと思いました。
    エンディングも、ハーレクイーンらしいハッピーエンドでした。

  • 40

    cmoa

    ハッピーエンドなのですが 経過が苦しすぎて ちょっと読んでて辛い。ヒロインは寛大過ぎて ヒーローは カッコよく描いてるけど DVそのもの。リン・グレアムらしいお話。幸せになって。

  • 80

    cmoa

    ヒロインは少しお人好し。ヒーローがもっと彼女の人となりをしっかり見てあげていたなら一方的な別れにはならなかったのに。ラスト、ヒーローを慌てさせて本音が引き出せて良かったです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 二人を引き離した犯人はまさかあの人かと思いました。しかし、主人公はそれを知ってもおこらず器の大きな人です。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 それぞれの愛が強過ぎたんですね
    ヒイロンは良く許せたなと思います
    私なら、義母を許せない 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公の女性の強さが素敵です
    好きな人に誤解を解こうと必死になる姿に応援したくなります、 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    試し読みで気になり、購入しました。ヒーローにもっとヒロインを大切にしてやって欲しいと思いましたが、最後は幸せになれて良かったです。

ネット上のイメージ

ヒーロー
子供
犯罪
お仕事
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 孤高の伯爵
    ダイアンはお伽噺のヒロインになれないと思っていた。たとえ妹が欧州の小国の王と結婚していても…。ある日、王の側近が訪れ、すべては変わった。
  • ハーレクイン 涙がかれるまで
    『この子が幸せになるのなら、私自身の幸せは望みません…』ジェニファーが16歳で生んだ娘。その子を手放さざるを得なかった時、彼女は心に固く誓った…。12年後。会社経営者として働くジェニファーの前に現れた魅力的な男性ブライアン。だが彼の目的は、竜巻の猛威で家族を失った義理の姪ニッキーの“本当の母親”を捜すことで…!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 情事を告げる手紙
    ケイトは人生に満足していた。小さなトラブルはあるものの、仕事は楽しいし、夫にも愛されて私は幸せだ――その矢先、差出人のない手紙が届く。「ご主人には愛人がいます」そんなはずないわ! 激怒しながらも、不安が湧き上がってくる。そう言えば最近、会話がないわ。夫ライアンは作家として大成功している。お互い忙しすぎてすれ違いが多いせいだと思い込んでいたけれど。動揺したケイトは夫に探りを入れるが、それがアダとなり、夫婦関係はますますギクシャクして…。
  • ハーレクイン ある伯爵とシンデレラの物語
    両親を亡くし叔父一家にこき使われているアリス。彼らが外出した夜、屋敷にグレイリング大尉と名乗る凛々しく美しい英国軍人が現れた。子供たちと友人の屋敷でクリスマスを過ごす予定だった彼らは、吹雪が収まるまで滞在することになる。が、穏やかで楽しい日々の後、僕と一緒について来てほしいと大尉に告げられた。天にものぼる気分のアリスだったが、大尉に子守り役と言われてしまう。なんて愚かなの…さえない私なんかを妻にしたいと思うわけないのに。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 涙にぬれた口づけ
    秘書学校を出たばかりのケイシーは、巨大企業を営む大富豪キャリスター家の面接に出向いた。当主ギルはゴージャスな男性で、しばしば雑誌の表紙を飾っているらしい。面接にはモデルのような美女たちが集まり、ケイシーは内気で時代遅れの自分に気おくれしていた。不機嫌そうなギルは、端正な顔に嘲るような冷笑を浮かべて、ケイシーに言い放った。──秘書には女性としての魅力は要らないから、君に決めた。住み込みで働いてもらおう──。なんていうことなの!?
  • ハーレクイン 謎めいた復讐
    ライアン…あなたの姿を見るだけで、まだこんなにも胸が痛い――。ヴァージニアは勤め先であるロンドンの画廊にやって来た男性を見て息をのんだ。2年前、彼女は彼、ライアンと婚約していたが、彼の愛人だという女性が結婚式の2日前に現れ、ヴァージニアは逃げるように彼のもとを去ったのだ。その彼がなぜ今さら? 思わず姿を隠したヴァージニアだったが、彼は画廊のオーナーに、彼女をモデルに描かれた、誰も知らないはずの幻の絵を購入したいと話を切り出した。