© ハーレクイン

あの日私に触れたあなたを、今はこんなに遠く感じる――助産師の職を求め中東ザラクの大使館を訪れたフェリシティは、開かれた就職説明会で印象的な男性に出会う。スクリーンだけが光を放つ室内で、暗闇のなかでもはっきりとわかる美貌、周囲に漂う甘い香り…。フェリシティは異国の見知らぬ男性と、生まれて初めてベッドをともにする悦びを知った。夢のような一夜の間、まだ彼女は知らなかったのだ、純潔を奪った美しい男が、まさか砂漠の王国のシークだなんて…。

ハーレクイン 砂漠の夜の誘惑

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 砂漠の夜の誘惑のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    最初は、いかにも世間知らず全開で無垢な女の子が、異国のエキゾチックなイケメンに口説かれ、うっかり逆上せてしまいましたって感じの一夜限りの情事で始まり。
    妊娠発覚から相当勘違いしたカリムに酷い扱いを受けているにも関わらず健気に彼を愛し続けるフェリシティの純粋さが、読んでいてもどかしく感じるほどでした。主人公サイドに共感しながらだと、何この男?最っ悪と思うカリムの言動に、途中ムカムカとする人間は自分だけじゃないと思います
    自分は避妊してたから他の男の子供だろうと勘違いし。亡父の借金に苦労してるなら金目当てだろうとか…。都合が良いから産まれてくる子供は後継問題解決の為に利用してやろうとかetc...本当に残念な感じの男前で…。自分の中では、そもそも医療従事者のくせに避妊具1つで避妊が完璧だったと自負してるカリムは、どうしようもないバカ王子(笑)で。
    …と、だいぶカリムを扱き下ろしてしまいましたが話自体はとても面白かったです。彼の誤解と傲慢な言動に翻弄されつつも、母性で強くなっていく主人公の成長が感じられるというか?伏線の使い方も巧くて読み応えが有り。
    ラストの、流され続けてきたフェリシティがカリムの計画を知り。子供を守る為に彼の元を去って国外逃亡…とか、すごく好きな展開でした
    愛してるから何されても許容しちゃう話より、やっぱり許せないラインははっきりしてた方が、ラブロマンスの展開としてはメリハリが効いていて。読んでいて楽しかったです

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 散々ヒロインにひどい言葉を投げつけといて、よくよく考えたら使えるかも的な、自分の子かも分からない子どもを自分が自由でいたいが為に、兄に嘘をついて譲ろうとする。ガクプル(怖)いくらやっぱりやめたと周りに話しても、ギリギリまでヒロインを信用してない。最終的には、ヤバイ女と付き合っていたが為に、ヒロインが巻き込まれただけ。そして、あかんぼを失いそうになるまで追いつめる。良いとこなしですわ(汗)ヒロイン・・・ほんとにいいのか?そいつと一緒になって。恐ろしい話でした。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 妊娠すると『誰の子供?』と疑うのがHQらしいかな…。ヒロインは健気でしたが、ヒーローは酷い言葉を言い過ぎ。いろんな事実が出てきて結果ハッピーエンドでしたが、あのヒーロー酷い言葉は忘れられない…

  • 60

    cmoa

    ラブラブがキュッと詰まってる、女の子の夢。何だか懐かしいですね〜こんなん照れるくらい。

  • 80

    cmoa

    途中、色々なハプニングがありドキドキしました。
    私は、好きな展開でした。

ネット上のイメージ

子供
女の子
ヒーロー
イケメン
怖い

イメージの近い作品(ランダム)

  • 17歳。(藤井誠二)
    被害者は17歳だった。加害者も17歳だった。なぜ事件は起きたのか?そしてなぜ、その良心を行動に移せなかったのか?〈命の意味〉を問いかける衝撃作!!
  • 秋の鹿は笛に寄る 1
    あなたは要らない。子供だけ欲しい――。結婚を前提に同棲中の彼女・諏訪茉莉との関係を大切にしている新社会人・鹿島健琉。順風満帆にみえる彼にある日、同期のゆるふわ女子・春日凪が頼んだのは、まさかの子作り!? 本命彼女との関係と、甘く危険な誘惑の間で揺れ動く男の運命は? 恋愛漫画の名手が贈る。新世代サラリーマンたちのワリキリ“社内秘”婚外関係!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 血の轍 1
    「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」!母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!
  • きみとシたいはじめてのコト 1
    自他に厳しいせいなのか、アラサーになってもいまだ彼氏ナシで生涯処女歴更新中の千代子。そんな彼女が酔った勢いで始めたマッチングアプリで出会ったのは就活で見かけた王子様みたいな人だった。これって運命の恋!? それとも…!?

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン ライラックが薫るとき
    ゲイルは夫ルイスを亡くして以来、生きる気力を失っていた。けれど、悲しみに沈んだまま一生を送るわけにはいかない。悩んだすえゲイルは、夫との幸せな思い出に満ちた家を売り「人生の新たなスタートをしよう」と決意した。義理の息子の友人が、買い手として名乗りをあげてくれた。だが、家の下見に現れた男は、ゲイルの期待を完全に裏切っていた。長身から危険な香りを漂わせ、彼は値踏みするようにゲイルをじ っと見つめている。ゲイルは警戒心をみなぎらせた。こんな人にこの家は渡せない!
  • 2週間のアバンチュール
    林間学校でおませな少女・ローズと同室になったアンジェ。わがままな少女にうんざりした彼女がしたこととは......。子どもと大人で揺れる少女を毒気たっぷりに描いた「ばら色の頬のころ」番外編「彼の左目」など、初期の短編から最新作まで全4作を収録した傑作短編集。