© ハーレクイン

リンジーは行方不明の妹・ルビーの消息を知るために、妹が秘書として働いていたアレッシオ・カペーリのオフィスを訪ねる。彼は、やり手の離婚専門弁護士だった。

ハーレクイン 楽園にとらわれて

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 楽園にとらわれてのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

9件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    立場などどこかに置いて二人は本当の意味で裸になって過ごした。(始めからではない)

    タイトルは壁を築き上げているままの時の彼の言葉だが、このストーリーの核心は早くも一旦そこで突けている。

    大人の男女だが、本当に人を愛するということがやっとわかるというストーリー。

    岸本先生も女性のドレスアップがサマになる、子どもっぽくない絵柄が、読んでいてHQ気分に浸らせてくれる、腕利きの漫画家。
    男性はマッチョではなく、逆にどこか線病質な位なのに、そこに隠されたナイーブな心が隠され、日々何かを闘って精一杯虚勢を張る姿に、痛々しくも男性の雄々しさを感じさせる絵が、見ていて、はまるキャラにはドはまりして良い。

    口の達者な二人が相手に負けずやり返し合うやり取りに、互いの魅力が引き寄せ合ってしまう。駆け引きをしようとして、相手の深いところに入り込んでしまうほど親しくなってしまう。

    理屈ではない、理性ではない、感情は肉体の別システムであって、相性というものは生きている以上、生身の存在にあると。二人は目の前の相手の魅力によって、日頃の信条を言葉でなく接触の深まりで体得した。二人で過ごした後、両極に立っていた二人が、反対の視点を無意識に我が物として取り込んでそれを受け入れている。

    ただ、このヒロインとその姉妹、その親を、それも愛と、受け入れていいものか?
    夫婦愛と、子どもへの愛情や責任は全く別種。夫婦がうまく行っても、ヒロインはそれはそれとして、親としてどうか、というところは許さないでいい、と私は思ったが?
    親を許す流れは何の弁護でもない、と感じた。

    考えようによってはエピキュリアン賛歌、罪悪視しても幸せには結び付かないこともあると、そこに身を投じることが果たして悪いことなのだろうか、という、「過ち」観に対する反語的解釈も出来るし、ロマンス王道のプレイボーイ陥落ストーリーでもある。手玉に取ろうとして踏み入れてしまった、冒頭ヒロインの、「世の女性達が我こそは彼を改心させるとの幻想を抱いて」あえなく失敗しているのだとの台詞、ヒロインは成功者という訳だ。
    二人のボンボン交わす勢いのある台詞が小気味いい。特に、互いに譲らない主張を繰り広げる14-15頁が好きだ。

  • 80

    cmoa

    きれいにまとまってるけど何かもの足りない。

    過去から来るヒロインと妹の関係性は深いなぁと思ったけど他は特に引きこまれるほど印象的な展開もなかった。

    お堅いヒロインと冷酷なヒーローがお互い惹かれ合って変わっていく様は嫌いじゃないんだけどなぁ。特に『泣くよなぁ。女って絶対…』みたいな感じでヒロインが泣きつくものと覚悟したヒーローの予想を裏切った辺りなんかは好きでした。

    もっとこの作品ならではの個性があったら面白さが増したかな。

  • 60

    cmoa

    欲望に溺れないヒロインと、愛を信じないヒーロー。どちらも問題のある家庭環境で育った。
    そういった過去を簡単に受け入れ消化さられるだろうか?
    過去の過ぎ去った時間はどうしょうもないし、人間は同じ失敗を繰り返すので、
    最後が上手く行き過ぎ感があり、こういうお話は自分はあまり信用出来ないです。
    ヒロインの妹の内容も出てきて、単なる妹が自己中な子で終わらなかったところは良かった。

  • 80

    cmoa

    離婚専門の弁護士とカウンセラー、という相反する二人の設定がなかなか興味深かった。
    地味だったヒロインが大変身するところも痛快だった
    妹も幸せになりそうな予感がして、ハッピーエンドで良かった

  • 100

    cmoa

    ヒロインとヒーローの繊細な心理描写と男女の駆け引きが絡み合っていて読み応えがあります。どんな女性でも思いのままのはずなのに、着飾ったヒロインに見とれる男性に嫉妬するヒーローかわいい。

  • 100

    cmoa

    絵が美しすぎるせいでしょうか?切なくて胸がしめつけられます。
    「ゴージャスなろくでなし」だった彼が、最後にヒロインに贈った言葉は、まさしく!ハーレクイン!
    泣いてしまいました。

  • 100

    cmoa

    女性不信とも言えるヒーローを愛の力で改心させるのはスゴい!

    絵は最初、くどいかなって思うかもしれませんが、読み進めて行くとセクシーに見えてきます。

    ハマりました(≧▽≦)

  • 100

    cmoa

    人物の設定がかなり無謀にも感じますが、それにあったテンポで話しがすすんでいくのでスムーズに読めました。この作者さんの絵もいつも安定してるので見やすいから好きです。

  • 80

    cmoa

    お互いにトラウマを持っているのにそれを乗り越えて様は読んでいて良かったです。出来れば最後はウェディングシーンを見たかった。

ネット上のイメージ

ヒーロー
幸せ
切ない
教師

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 冷たいプロポーズ
    社長に呼ばれたアントニオはとんでもない話を切り出された。17歳の頃から家出を繰り返す娘のぺイジを落ち着かせるために結婚させたい、そして選ばれたのは自分だと言うのだ。「娘と結婚すれば私の地位は君に譲る。拒否すれば君のライバルに同じ提案をする」アントニオはまるで脅迫同然のこの申し出をしぶしぶ受け入れる。一方、何も知らないぺイジは彼に突然プロポーズされ、驚愕する。初恋の人である彼に冷たく拒絶されてからも、ずっと忘れられずにいたけれど…!?
  • ハーレクイン ギリシア大富豪の愛し方
    ギリシアの大富豪である夫の家を出て2年。ようやく心の傷も癒え、宝飾デザイナーとしての人生を歩みはじめていたレクシーの前に突然、その別居中の夫ゼノンが現れた。彼女の弟が多額の借金を抱え、ゼノンに泣きついてきたと言う。以前と変わらない端正な顔に傲慢な笑みを浮かべ、彼はある条件を突きつけてきた。それは弟の借金を肩代わりする代償に妻として自分のもとに戻ってくること。あの日、あなたは私を冷たく拒絶したと言うのに…いったいどういうつもりなの?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 追憶の赤いばら
    書店員ローズは、ある日、店先に置かれていたメッセージカードと一輪の赤いばらを見つけ動揺した。ローズのためのローズ。カードに書かれたその言葉は、かつてジェイムズがくれたものと同じもの。ジェイムズ・シンクレア…才能に溢れ誰もが憧れる完璧な存在。そして…あんなにも私を熱く抱いた人。だがその恋は、ローズが仕掛けた誘惑ゲームだと彼に知られ、最悪の結末を迎えて幕を閉じたのだ。決して許されないあの日の過ち。あなたは今でも私を恨んでいるというの!?
  • ハーレクイン ラミレス家の花嫁 Ⅱ 二つの顔を持つ恋人
    「金持ちの男が必要なら、僕にしておきなさい」元恋人アントンの嘲りを含んだ申し出は、気高いクリスティーナのプライドを粉々に打ち砕いた。経営難に陥っていたクリスティーナは出資者を求めてパーティーに来ていた。そこへ世界的に有名な銀行の頭取となったアントンが現れ、彼女に蔑みの情けをかけたのだ。これはアントンの復讐だ。クリスティーナの脳裏に6年前、彼に浴びせた辛辣な言葉が蘇る。最愛の恋人を傷つけてまで別れなければならなかった事情も…。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 宿命のパートナー
    ひさしぶりに友人のパーティーに出席して明るい気分になっていたバリーは、突然恐怖に怯えた。パーティーには生涯でもっとも会いたくない相手、億万長者の義兄ドーソン・ラザフォードが出席していた・・・!!5年ぶりの再会。いまだにドーソンが残した恐怖と絶望から立ち直れないでいるバリーに向かって、ドーソンは高圧的な態度で信じられない提案をした。家に帰ってくること。それも妹としてではなく、期間限定でドーソンの婚約者として振る舞うという条件だった・・・!?
  • ハーレクイン 流れ星に祈って
    親友の夫・ロウムを愛していたサラは、親友が亡くなった2年前も、ただ見守ることしかできなかった。だが、悲しみに暮れる彼となぐさめ合うようにキスを交わしてしまい……!!