© ハーレクイン

ルイーザが美しいギリシアの島を訪れたのは、幼い息子の墓参りのためだった。――17歳の夏、旅行客だった彼女は島の権力者の御曹司アンドレアスと恋に落ち、妊娠、結婚した。だが、結婚生活はわずか2年で息子の死とともに終わった。つらい記憶を振り払い、フェリーから降り立ったルイーザは愕然とした。不在を確認したはずなのに、なぜアンドレアスがここにいるの?5年前の別居以来、1度も会わなかった憎くて愛しい夫に、彼女の胸は狂おしくかき乱されていた。

ハーレクイン 愛と悲しみの丘

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 愛と悲しみの丘のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

9件のネット上の評価があります

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 やはり レビュー を信用すべきですね( ノД`)…本当に馬鹿みたいな内容でした(。´Д⊂)特に 二人の息子ニコスが事故死して 二人がひどく憔悴し ヒーローのアンドレアスは酒浸り ヒロインのルイーザは鬱になりイギリスに帰国し3ヶ月の入院←←これはよく理解できます。しかし 酒浸りのアンドレアスを助ける?為に 従姉のリリアが裸で同じベッドに入って慰める←←←これは絶対おかしい それなのに リリアはルイーザに「自分を癒せない者は他人を癒せない」 と言い放ちます この言葉は片腹痛いです こんなことを「リリアがルイーザに見えた」と正当化するアンドレアス 「きみのリリアになりたかった」などと 「あんた馬鹿なの! 死★ねば!」と言いたいほどのアンドレアスを アッサリ許してしまうルイーザ …両者ともおかしいです(/o\) 買って損しました

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の話には本当に弱いです。
    でも…お互い想い合っていながらあんなにすれ違うものかな?
    じゃあ旦那の記事の女はなんだってんだろうね?妻の記事の写真より親密そうだったけど、あんなに色々あったのに最後は、あっさり仲直り…

  • 100

    cmoa

    あることをヒロインが目撃してしまったことと、お互いの親たちの思惑があってすれ違ってしまいます。

    幼い息子が亡くなってしまうところは、子どもを持つ母親として読むのがつらかったです。

    誤解が解け、最後に幸せな家族のシーンで終わって良かったです(^-^)

  • 100

    cmoa

    でだしからウルウルしてました。お互い自分のせいで…っていう思いが強く、悲しみを癒すための時間が必要だったんだと思います。ただ、愛し合ってる二人を引き裂こうとする両親S、多くの誤解、もっと早く話をしてれば、こんなにも長く離れることはなかったのに。

  • 60

    cmoa

    一番しっかりしているのは亡くした息子だったような。ヒーローがいくつの設定か不明ですが、傷付いた妻を置いて逃げるとはダメでしょう。でも両方の両親が子供を亡くした娘と息子に対し、引き離す機会にした罪は大きいです。結局誰も彼も勝手だなぁ。

  • 80

    cmoa

    一つの出来事でお互いすれ違いしていまう形はよくある話ですね。お互いが気持ちを言葉に出さないところがもどかしいけど、自分もその立場になったら同じようになると思うと物語に引き込まれた気がする。絵が自分好みだったので余計に良かったです。

  • 80

    cmoa

    夫婦だった二人が幼い息子の死をきっかけにすれ違い、周りの思惑もあり一度は離れてしまった二人が、もう一度やり直す話です。
    ドロドロとした展開も、甘い場面も少ないですが、最後はすごく感動しました。泣けます。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインの服のセンスが…他のストーリーでもそうなので、仕方ないとは思いますが、肝心なシーンでコスプレみたいな変な格好してるヒロインが可哀想…

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 お互いの勘違い→スレ違い→やっぱり好き☆
    という流れですが、絵が素敵だと入り込んでしまいますねー(*^^*)

ネット上のイメージ

子供
ヒーロー
家族
感動
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ダーリンはおまけつき
    恵(めぐみ)の愛するダーリン・洋(ひろし)は、売れない小説家。二人の間には確実な愛があった…はずが、結婚間近にして、洋に子供がいたことが発覚! 母親を亡くして身寄りのない娘・杏奈(あんな)を引き取ることになった洋。結婚したい気持ちは変わらない恵だけれど、杏奈と家族になれるのか不安で…?
  • ハーレクイン 涙の手紙
    養父のもとで幸せに暮らすブライアナに、ある日、今は亡き実母レベッカからの手紙が届けられた。父親の名も明かさず幼い私を捨てた母の気持ちなど、知りたくもない。そんなブライアナを説き伏せたのは、レベッカの悲しい事情を知る弁護士ネイサンだった。ブライアナはレベッカを不幸に追い込んだ実父を捜す決意をする。力になってくれたネイサンに強く惹かれるブライアナだが、真実を探るうち、ふたりの間に思いがけない障害があることに気づかされ…!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • わが家の母はビョーキです
    母が精神科に通い始めたとき私はまだ4歳でした――。これは、精神病にかかったお母さんを持つ、著者の実話を描いたエッセイです。病名は「統合失調症(トーシツ)」。昔は「精神分裂病」と言われていたこの病気、なんと100人に1人の割合で発症しています。これはがん患者と同じ割合です。でも、どうしてあんまり聞いたことがないのでしょうか。その裏には家族のやりきれない想いがあったのです……。著者とお母さんの心と心のぶつかり合い、通じ合いがリアルに胸に迫る、31年間の想いが詰まった感動のエッセイ!
  • いのち
    姉を殺したのはアタシだ。だから、姉として生きていく――。顔がそっくりな双子の姉妹「ことり」と「のばら」。父の事故死以来、母と祖母のもとで別々に暮らしていたが、秘密で繰り返していた入れ替わりの最中、「ことり」が殺されてしまった! 入れ替わりを提案した罪の意識と、母の悲しみを癒すため、「のばら」は「ことり」として生きていくことを決断したが……!?

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 幸せの蜜の味
    父に憎まれ、追放されるように故郷を飛び出したリー。彼女は6年後、父の葬儀のために屋敷に戻った。父が亡くなった今であれば、母や姉たちとわかりあえるかもしれない。だが、期待は見事に裏切られた。一族の冷たい態度は変わらないどころか、むしろ悪化していた。いたたまれない雰囲気の中、唯一、父の築いた企業帝国の若き後継者、リチャードだけが声をかけてきた。6年経ってもまぶしいほどの美しさは変わらない。その彼が、突然言った。「君と結婚したい」と。
  • ハーレクイン 公妃の憂鬱
    公国の君主・ダミアーノと別居状態の公妃・ソフィアは、結婚当初から愛人の影がちらつく夫に、心の限界を感じていたが、ダミアーノは、噂を封じる為に幸せな妻を演じろと命じ……!?