© ハーレクイン

幼なじみのロバートにずっと片思い中のデイジー。だけど、容姿に自信がない彼女にとってハンサムでプレイボーイなロバートはまぶしすぎて…! 大好きな彼と一緒にいられる唯一の方法は、恋愛対象外の“友達”でいること!! 彼と会うときはわざと冴えない格好をして取り巻きの女の子たちと一緒にされないよう気をつけてきた。そんなデイジーが、兄の結婚式を機に不毛な恋から卒業し、新しい恋を見つけようと決意する。セクシーなドレスを着た彼女にロバートは…!?

ハーレクイン 恋するブライズメイド

| ハーレクイン(出版)

83

非常に良い

23件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 恋するブライズメイドのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

23件のネット上の評価があります

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最後まで アヒル が良い仕事をしてました。この物語の主人公は アヒル かもしれません


    さて 本編について です。ヒーローのロバートの ヒロインのデイジーに対する言動 余りにも 自分の願望に当てはめようとしている と感じてしまいました 親友の妹で幼なじみなのに デイジーの現在の年齢(24才です)すらわからない なんて どこまで 幼いデイジー を求めているのだろう と気味の悪さすら感じました ロバートが7才の時に 彼の両親が父親の浮気のせいで離婚したそうです。ロバートは母親に引き取られていますが 父親を自分に重ねて 30才になるまで そして デイジーがロバートを諦めかけて変身(デイジーはロバートの手前 お洒落を控えただけです)するまで なんだかんだと講釈をたれて? 女性達を振り続けてきました(怒) 父親に似ている ということを言い訳にして 大切なことから逃げています(怒) 母親からの説得?で デイジーにプロポーズし ハッピーエンド こうした男性って 自分の価値観が全てだから モラハラになりがちです(/o\) まぁ………HQですから 高評価の中 敢えて☆1個←←申し訳ありませんm(__)m 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    最初から最後までデイジーの気持ちを土台にしてロバートの気持ちの動きをアヒルデイジーとプリンスロバートと置換して語られたコメディータッチのラブストーリー。クリスマスにヤドリギの下で16歳の純粋なデイジーを縛り付けた酷い男ロバート。深層心理の中でデイジーの存在を認めてはいても恋愛対象とはならない幼馴染。それでも、少女から女性へと変わりゆくデイジーに揺り動かされて結ばれます。健気なデイジーの行動は読み手の共感を呼び且つ好感度ピカピカ!可愛くて気の毒でウルウルしてしまいます。デイジーが気になって仕方ないロバートが母と語らうシーンには彼のトラウマに同情はしてもチョッピリマザコンで、HQにしては幼すぎる世界観が残念。それでも、読み返したくなる笑いと切なさと懐かしさはピカイチでしょう。

  • 80

    cmoa

    軽快で、反面片想いの苦しさも滲ませての、初恋成就ストーリー、ずっと恋人の座を横で見てるヒロインが、一歩踏み出して二人の間の空気が変わる。
    楽しめたしコメディ要素で度々笑えた。
    お兄さんお母さんもグッジョブだ。

    うまい筋運びでエンディングまで、骨格自体はよくある幼馴染みものながら、ありきたりというのでもない。端々に仕組まれてる変化球が、その場限りの付け足しでない存在感。

    ただ、絵が至っておとなしすぎて、大人っぽさも少なく、服装、顔立ち共にやや平凡、暖かみはあるものの、恋愛ものにしては、キラキラっとしたビジュアルも気持ちの高揚させられ感も、足りなかったのが、少し勿体ない。

  • 80

    cmoa

    先生らしいエッセンスがちゃんと入っていてファンとして楽しめました一人称二人で進む構成なので読者はお互いの認識のズレを楽しむのですが、友達としては十分魅力的なヒーローの本心が終盤までわからなかったので正直女関係はただの責任取りたくない主義者に見えてたのが勿体無いと思いましたヒーローの本気と誠実さと色気が最後いっぺんに来たので良かった良かったです(●´ω`●)

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が可愛らしくて全編とても読みやすかったです。ただ、ヒロインが何年もヒーローを待つきっかけになった、やどり木での思い出の内容が曖昧だったので、16才のヒロインはヒーローに1度告白したのか?等、エピソードを描いて欲しかったなぁと思いました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さんの作品が好きです。期待を裏切らない。ヒーローにとって子供だと思ってたヒロインが大人になり、それに気付いたヒーローが狼狽えたりするのが可笑しかった。ヒロインのお兄さんも中々面白かったです。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    何の駆け引きもせず、ただ一途に一人の人を幼いころから思い続けてきたヒロインと、子供の頃の親の不倫で結婚に臆病になったヒーロー、そして彼らの家族、みんながとても素敵でそれぞれ良い味を出していました。時々コメディータッチになる絵もかわいかったです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公の健気さが伝わって来てとてもよかったです。
    ただ相手役の男性が自分勝手というか、少しイラっとさせるような…。終わり方もあっけなく終わってしまった感じです。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    絵も綺麗だし、テンポも良くて、とても読みやすかったです。
    所々に登場するアヒルが、なんとも可愛らしくて
    鈍感年上ヒーローを一途に想っていたヒロイン。少女漫画チックでしたが、逆に絵柄に合っていて、とても良かったです。

  • 80

    cmoa

    普通の幼馴染み二人のお話。絵が可愛らしく読みやすかったです。ヒーローがハイスペックだったり、やたらとゴージャスな世界で繰り広げられる恋愛話が多いハーレクインの中で、いい意味でハーレクインっぽくない作品です。

  • 60

    cmoa

    王道ストーリーだけど曜名さんらしさを期待度して買いました。ところどころ発揮されてますが、ストーリーに起伏があまりに無いので印象が薄いです。ヒーローがヒロインの大切さに気付くのもちょっと簡単すぎる気がします。

  • 100

    cmoa

    物語としてはよくあるパターンでした。が、そこは曜名さん!曜名さんならではの軽快なちゃかしがふんだんに入っているのに、キュッと胸がつまる場面もありとても爽やかに読み終えるお話でした。良いです!

  • 80

    cmoa

    ジャケに惚れて買ってしまいました。少女漫画の恋愛の延長線にあるみたいな内容で なんか 二人とも 好きなくせに 意地をはってる、みたいなところに キュンキュンしましたね。

  • 80

    cmoa

    幼馴染みに恋をして、大人になって、それでもそばにいてくれて、でもちっとも気づいてくれなくて、すごくかわいいような、なんだか切ないような鈍感にも程があるような作品でした。

  • 80

    cmoa

    曜名先生が大好きで購入したのですが、ホンワカした絵とお話で何回も読めそうですハーレクインにありがちな終わり方がアッサリ感はありますが買ってよかったです。

  • 80

    cmoa

    ハーレクインものは初めて読みましたが広告で気になっていたので購入しました!口調などは海外のようですが内容はとてもトキメキました!

  • 60

    cmoa

    ゴージャスなハーレクインっぽくなくとても甘くてかわいいお話でした。
    この作家さんの絵がとてもすきで温かみがあってホッとします。

  • 100

    cmoa

    アヒルがいい仕事しています。

    作画の感じもあってか、ハーレクインというより、少女漫画に近いかも。

  • 80

    cmoa

    かわいいお話でした。
    ヒロインの表情をアヒルで表現し、コメディ風な所もあり楽しみながら読めました。

  • 100

    cmoa

    いつもテンポ良く、コミカルで楽しく読み進められて大好きな作者さんですが、今回の本もアタリでした

ネット上のイメージ

ヒーロー
可愛い
恋愛
子供
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン むこうみずに愛したい
    「もっとむこうみずに生きてみたい」30歳の誕生日、グウェンはケーキ用のラム酒を手につぶやいた。夫に捨てられ、ふたりの子供を一所懸命育ててきたけど、最近ふと空しくなる。私の人生ってなんだったのかしら。その声をたまたま現れた隣人スペンスに聞かれてしまう。「僕からプレゼントをあげよう」彼から胸に嵐を起こすような熱いバースデイ・キスをされる。彼は会社を経営するやり手でゴージャスな男性。さえない女をからかった冗談のキスだとわかっているけど!?
  • ハーレクイン ワインの裏切り
    彼に惑わされてはだめ。過去の悲劇を繰り返すだけ。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 嘘と秘密と白い薔薇
    超一流企業で働きながら女手ひとつで息子を育てるケイトは、目の前の顧客に愕然とした。そこに立っていたのは、第5代ウィンダム男爵ジュリアン・アシュトン・カーライル。初恋の人。忘れもしない美しい碧眼に、思い出が蘇る――18歳の時、ケイトは一世一代の恋をした。けれど身分違いと反対する彼の母親に抗えず恋心は儚く散り彼のもとを去った。ああ、今になって彼と再会してしまうなんて。彼に隠してきた息子の存在を知られたら…彼女の胸に不安が押し寄せた。
  • 私、30になりました。~Born in ’85~
    ハタチの私たちは若くて綺麗で、将来は明るく見えた。そんな花の20代にもいつか終わりが来ると気付かずに―…Web漫画家・真澄は出版社との打ち合わせで、初恋の幼馴染・悠斗と再会する。仕事で何度も顔を合わせるうちに友達以上恋人未満だった二人の距離が急接近…!だけどある日、真澄は悠斗に長年付き合っている彼女がいることを知ってしまい―…? そして、真澄の友人たちにも必見!! 交際12年目の里美、2児の母である美穂、そして華やかな独り身女性・玲子…恋愛や結婚、育児やキャリア等、リアルな悩みの狭間で苦悩しながら、それぞれの幸せを見つけていく―…【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2017年Vol.2に収録されています。

イメージの近い作品(最近)

  • 結婚してください!
    36を過ぎても、仕事に打ち込みすぎて独身の主人公。近所の奥さんには変な噂をたてらて、親兄弟にまで変な目で見られる。ヤケになって結婚相手を探し始めた時、偶然、自分に好意を抱く男と出会い……。
  • ハーレクイン 追憶は甘く切なく
    会社を売却し、再出発をはかろうとロンドンから故郷へと帰ってきたヴェリティ。彼女の運転する車の前に少女が飛び出してきて病院へとつれて行くことに。その少女が、彼女を捨てたサイラスの娘だと知り、愕然とする。身分違いを理由に伯父にひきはなされた元恋人。永遠の愛を誓ったのに、彼女がNYへ行かされている間に、彼は他の女性と結婚して今は実業家として成功しているらしい。その彼が突然やってきて、冷たく言い放った。「僕の人生にかかわるな」