© ハーレクイン

父の遺言により、アナを父の愛人と誤解している義理の兄で億万長者のギャレットと1か月間一緒に暮らすことになり…!?

ハーレクイン 冷たい誤解のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

29件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    文句なく楽しみました。ロビンの葬儀では二人は会わなかったのか、くらいは思いましたが、そんな程度。短いレンタル、返すのが惜しい!

    こういう男性は面倒と思いますが、好きになってしまったら状況打開したくなりますよね。素晴らしい真っ直ぐな行動力の持ち主が、ひねくれふて男に何度もくじかれて、読んでるこっちも、男性の頑なな悪い思い込みにイライラ。最後の誤解解消の小道具は話の経過に数度登場させてきた物、蓄積の苛苛を一気呵成に解き放つ見事な伏線回収となります。

    女性不信に陥らされた過去さえなければ、この男性も元は屈託のない厚い情の持ち主でもあることをうかがわせる、ヒロイン以外とのシーン、ラブシーンではない二人のシーン、特にロビンとの回想のシーン、人柄が偲ばれてgood。
    何度も、誤解さえ溶ければと、真実がはっきりするまで焦れったさを煽られます。要は、弁解せず放置の誤解が二人の関係の障害となっていたというストーリーなのですが、そのドラマチックな解消ぶりに、作り手の掌で転がされた自分が最後まで物語を楽しめていたな、と実感するのです。
    人を好きになる気持ちは、相手の立ち位置無関係に発生することが、よく描かれています。

  • 100

    cmoa

    ロビンの遺言により、遺産のコテージを相続するために1ヶ月間共同生活をすることになった実の娘のアナと義理の息子のギャレット。
    自分をロビンの愛人と決めつけていて強情なギャレットに反発するアナですが、一緒に過ごすうちにだんだんとギャレットに惹かれていきます。ギャレットも、義父の愛人だと思っていることと過去の傷から自分の気持ちを抑えようとしますが、だんだんアナが気になっていきます。
    しかし、アナはなかなか自分がロビンの愛人ではなく娘だと言い出せなくなり、誤解はなかなかとけません。そのせいでなかなか2人とも自分の気持ちを伝えられず、また新たな誤解が生まれてしまう…というようなストーリーです。

    わりと前半でお互い好き合っているのに、誤解というかすれ違いが何回もあり切なくなりつつ、早く素直になっちまえよーと思いました(笑)
    2人のロビンに対する想いやラストのプロポーズなど心暖まる感じでよかったです

  • 100

    cmoa

    立ち読み分を読んだ時点でいろいろ予測はたてられたのに購入をやめられなかった。今までにこんなことはあまり無いことで不思議な気分だった。けれど読み終わってその訳が分かった。アナの幸せな顔(絵)が見たかったからだ。羨望か嫉妬か両方か、アナの23歳の若さと前向きな姿勢の眩しさに囚われてしまったからだ。私自身がアナのようでありたいと感じてしまったからだと。ラストページでロビンが羽の生えた姿で二人を見守っているように描かれているのがチャーミングでした。お気に入りの1冊です。

  • 100

    cmoa

    確実に惹かれ合ってるのに何度もすれ違う関係で、ドキドキしたい人に押しの作品。理性とは裏腹に湧き上がる欲望、とめどなく溢れる熱い想い、制御出来ない胸の高鳴り、嫉妬や苦しみから傷つけ合う言動…。持て余す自分の感情と相手の行動ひとつ一つに、困惑しては振り回され合う二人に、何度もドキドキして歯がゆい思いをさせられる!

  • 100

    cmoa

    読み終わったあとに心が暖かくなる作品でした。

    特に、お父さんとの思い出のシーンや最後のプロポーズのシーンなんかは、思わず涙が出そうになりました。

    誤解や思い込みからすれ違っていた二人が、だんだんと歩み寄るようになっていく様子や心情が丁寧で、とても良かったです

  • 100

    cmoa

    この絵、大好きです。だいたい誤解からのパターンは、ヒーローがものすごく傲慢で、それが極端過ぎる人が多い感じですが、この先生のヒーローはあまり極端ではなくて、良いです。誤解が解けるまでの過程もわりとナチュラルで不自然じゃないし、ホント、安心して読めました。

  • 100

    cmoa

    疑心暗鬼な俺様に、健気なヒロインはハーレの王道だけど、このヒーローはひどいだろ…

    憤慨しながらも健気なヒロインは彼と過ごすのだけど、これがまたじれったい

    だがしかし、物語に引き込まれてしまうのは絵師さんの力なんでしょうね

    ラストがすごく良かった

  • 80

    cmoa

    ここに出てくる人達はみんな好い人ばかりです。

    誤解しつつもお互いが惹かれ合うのは読んでいてドキドキしました。

    ヒーローがやきもちをやくのは何か素敵だったし、自由奔放で夢を追う主人公はとても清らかで、悲しみもありつつ爽やかなストーリーでした。

  • 80

    cmoa

    HQのお家芸、誤解と思い込み。それは現実にも起こり得ることだけど、相手がハンサムで成功者でお金持ちなんてことは宝くじほどの確率。ましてやそれが義兄妹だなんて。高山繭さんの描く作品には嫌な人が出てこないところが好きです。とにかく推し!です

  • 80

    cmoa

    立ち読みまで読んで、続きがすごく気になり買ってしまいました。全体的に良かったです。強いて言えば、もうひとエピソードが欲しかったかな。ハーレクインはやっぱりあっという間に読み終わってしまいますね。でも、好きな作品の一つになりました。

  • 100

    cmoa

    とにかくこの方の絵が好きで購入しました。内容もとても好きです。女性もサバサバしてるしカッコイイ!料理も出来て美人。相手の男性もカッコイイ。だんだんとお互いに惹かれていって、ようやくハッピーエンドか!って時にまた一悶着あったり。

  • 80

    cmoa

    高山先生の描くキャラクターがとても素敵です。
    花が咲いたように明るいヒロインにヒーローが惹かれるのは無理がないと思わされます。
    しかしヒロイン、料理が上手で裁縫が得意、銀行で働いてたってどれだけ出来る女なの。

  • 100

    cmoa

    子の方の作品にはいつも心揺すぶられます!どないやねん!ってはよ信じろや!ってはよ気づけや!って悶々とイライラとするとこともあるけれど、落ち着くところに落ち着いて、、、ほんまによかった!オススメです!

  • 100

    cmoa

    すれ違いをしつつも最後はハッピーエンド…ハーレクインの王道ストーリーですね

    登場人物をはじめ、絵や作品の舞台からも温かさを感じました
    もっとこの世界を味わいたいと思える、素敵な作品でした

  • 80

    cmoa

    いい作品です。しかし最後の余韻のようなものがちょっと物足りない…最後突っ走りすぎな気がしないでも…というわけで4です。でも途中経過は素晴らしくてずっとドキドキハラハラしてました。

  • 100

    cmoa

    高山先生買いですが、すてきなお話でした。義父に隠し子なんて考えたこともなかっただろうから、誤解もありえるかなと思います。
    人を好きになってその気持ちを認めるのって、難しいですね

  • 100

    cmoa

    ヒーローがヒロインを信じるまでの時間と距離感が近づいていくのがよかったです。信じたいのに信じられない自分の中の枷に気がついて、飛びだせたヒーローにほっとしました。

  • 100

    cmoa

    ロビンの娘(主人公)や義理の息子(ギャレット)に対する愛情がすごくよく伝わってきて、涙無しには読めませんでした

    何回でも読み返したくなります

  • 100

    cmoa

    漫画家さん買いですが、、、これも電子と本と買いました(笑)よい父親が節操ないかがわかりませんが(笑)二人の心の触れ合いに感動しました

  • 100

    cmoa

    作者買いです。
    やっぱりこの作家さんは間違いないですね。
    ストーリー展開も絵も素晴らしい。
    ヒロインが素敵女子で良かった。

ネット上のイメージ

ヒーロー
感動
教師
丁寧
ドキドキ

イメージの近い作品(ランダム)

  • メイドを拾った億万長者
    メイドのベラは朝食を運んだスイートルームで凍りついた。マッテオが女性とベッドにいる! 5年前に別れた恋人が…。故郷のシチリアを出た彼は今や実業家として名を轟かせている。ベラが働くホテルも彼が買収するらしいと噂だ。かつて18歳のベラが娼婦として売られる前日、ベラは彼に純潔を捧げ、ふたりはマフィアの支配する島を出ようと約束した。しかし、ベラは待ちあわせ場所へは行けなかったのだ。再会したマッテオは冷たい憎悪に満ちた瞳でベラをにらみ…!?
  • サンタクロースにキスを
    クリスマスが近づくと獣医のドーンは仕事を詰め込みはじめる。そうしないと8年前のひどい失恋を思い出してしまうからだ。恵まれない子どもたちのためのボランティアも務める彼女はある日、村一番の屋敷に新しい主がやって来たと知り、喜んだ。これで子どもたちのためのパーティー会場が確保できるわ。だが、屋敷の主を見て凍りついた。ベン! かつてドーンを捨てた大富豪。思いがけぬ再会と以前とはまるで違う変わり果てたベンの姿に彼女は言葉を失ってしまう――。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • gateau (ガトー) 2020年2月号[雑誌] ver.B
    体温が上がるボーイズラブマガジン『gateau』2020年2月号 ●表紙 灰田ナナコ[理想的恋愛の条件] ●連載作品 灰田ナナコ[理想的恋愛の条件]重い実 [愛しのXLサイズ・続]櫻井ナナコ[お金ありきの関係ですが]かむ[初恋に噛み痕]かむ[息をひそめて、恋を]さかもと麻乃[恋の実況配信はじめました] ※本電子書籍の表紙・目次・広告・情報・価格は、紙で発行したものとなります。電子版に付録は含まれておらず、応募者全員サービス・プレゼント・アンケート等への応募はできません。(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)
  • ハーレクイン 疎遠の妻、もしくは秘密の愛人
    初恋の伯爵、エイドリアンと結婚したエミリーは幸せだった。けれど挙式後、夫はロンドンへ行ったきり帰ってこなくなった。そうして3年が過ぎたある日、夫の従弟がやって来て、跡継ぎが生まれないなら爵位も所領も従弟のものになると言う。エミリーは思わず口走った。「私のお腹には伯爵の子がいます」と。こうなったら早急に跡継ぎをもうけなければならない。歓迎されないことを承知でロンドンへ向かったエミリーは、夫が戻らない、衝撃の理由を知る。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 船上のウエディング
    元夫が事故に遭ったと聞き、南米へ急いだテリは、マッサージをしようとした相手が、元夫の雇い主で大企業の支社長・ベンだと気づいた。自らの間違いに驚きと恥じらいを隠せないテリだが、専属の看護師になって欲しいと提案され!?
  • ハーレクイン 世紀のウエディング プリンセスの秘密
    ウィンボロー王国王女・エリザベスは、生き別れた兄と、「運命の人」レイフを探すため、アメリカに降り立つが、やっと出会えたレイフの態度は冷たいもので……