© ハーレクイン

―私が父の愛人ですって!?やっと出会えた実の父から譲られた遺産のせいで「愛人」に勘違いされてしまったローラ。しかし亡き父と交わした約束のために実の娘だと告白することもできない・・・。そんな時現れた、嫌味で傲慢な男―クイン。父の家族と親密な付き合いのある彼は、ローラを金目当ての悪女と罵る。憤りを感じるローラだったが、彼の青い瞳を捉えた瞬間、体中に火花が走って!! ―その青い瞳におぼれたい・・・。・・・あなたが信じてくれるなら―

ハーレクイン 偽りの誘惑

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 偽りの誘惑のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

13件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    愛というものは許すということでもあるのだしと考えようとしたけれど、ヒロインが人に寛容すぎて寛容すぎて、読んでるこちらがわだかまりを残す。

    どれだけヒロインの方が辛かったか、ひどい言葉を投げつけたほうは謝るだけ、謝るだけですむのか?
    傷つけているほうは、言葉で何度も攻撃したが、謝るときは一回の謝罪、傷つけられた心の側はそんなに簡単に傷は塞がれないだろう。
    知らなかったとはいえ、なぜノコノコ現れたのだ、との疑問点から、当人キャラを振り返れば、真実が伏せられても、何らかの事情を抱えているのではないだろうかと察しが付かないのか?

    最初からちょっといいなと思ってる相手から受ける暴言は、かなりキツいはず。互いにひかれあっての上での憎まれ口も、使う言葉のトゲの程度問題だ。妹の激しさも、若さゆえに、平気でヒロインの心を出血させて、容赦がない。ストーリー上の盛り上げ要素だったとしても、このあと姉妹になれるヒロインの優しさが、信じがたい。

    そんな、心の優しいヒロイン、家族に囲まれず、親の愛も、家族と共に過ごせた人たちと比べてどれ程大変だったか。
    ヒロインの母は、いかにして、ヒロインを育て上げたか、想像するに涙ものだろうとは思う。

    彼クインも言いたい放題、真実が判ったその衝撃があの態度、引っ込みがつかないほどやらかしたことを、直ぐには「なんだそうだったのか」で済むようなところにいなかったのも判る。だが、読者的に頭ではそれは成り行きとして理解するものの、なんだか、あれだけの言葉投げつけておいてその挙げ句に居直りなどと、「どうもなんかなぁ〜」、との気分なのだ。

    ヒロイン当人がインテリデザイナーとして既に足場を固めており、生活力があることが、よかったと思う。

    この話、誰かをかばうことで、ヒロインは耐えたけれど、それは遺産相続後のごく短期間のこと。
    もっと、二十年以上も真に耐えたのは誰だったのか、を思うと、シングルマザーで頑張ったヒロイン母が報われる道が無いのが残念でならない。その長い月日が胸に応えた。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 した。ヒーローがチョー絶やな奴。ほんとただのやな奴。ヒロインも幼いのかな。にしても、ラストのヒーローの振る舞いが酷い。なのにすぐ舞い戻って・・・・。なんかヒロインの涙し悲しんで、自分の名を声に出してる姿をみてまだいけると思ったんじゃないの?って言う。もう一話設けて奴の後悔と己に嘆き償う姿を描きヒロインを取り戻す、位の話で締めて欲しかったな。どうせなら。それくらいラストのヒーローはあり得なかった。弁護士は良い仕事した・・かな。あと、ヒロイン父の妻娘もなかなか残念な感じだった。

  • 100

    cmoa

    とにかくヒロインが健気です

    どんなに誤解されて酷いことを言われようと、父親との約束を守って耐えているヒロインには涙が出ますよ(ノ_・。)

    誤解しているヒーローとの駆け引きは、よくあるハーレクインのパターンの1つだと思いますけど、最後にヒーローが反省して愛を告げる話が好きな人にはかなりオススメです

  • 100

    cmoa

    やっぱりこうじゃなくちゃハーレじゃないよねぇって感じの、良作です。

    誤解から冷たい仕打ちを受けるヒロインの健気さとか、ヒーローの憎い愛しいの狭間で揺れている感じとか。きゅんきゅんしますね。

    最後にお互いの気持ちが爆発するのもストーリー的にすっきりして読後感もいいです。

    ぜひ、お勧めします。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインの秘密がいつヒーローに明かされるかと思ったら、あんな風になるとは。秘密を聞いたあとのヒーローはちょっとどうかなー?と思うけど、最後は結ばれてよかった。ヒロインがいろいろ一途で素晴らしかった。

  • 60

    cmoa

    面白かったけど男はないな。
    最後にヒロインに酷いこと言って傷つけておいて、すぐに後悔して追いかけてくるってどういう神経してんの?
    イラってする男。行いも言動も子供。
    相手の気持ちを考えない浅はかな男のどこに魅力を感じたのか疑問。

  • 60

    cmoa

    実の娘だとわかったところで、なんでクインにあんなこと言われなくてはならないの? 急に気持ちが冷めてしまったわ。後から反省して追いかけてくるけど、けっこう酷いわよ? 私はクインを全面的に信用はできないと思ってしまいましたね・・・

  • 100

    cmoa

    ヒロインが父親の愛人だと誤解されて何より辛い相手はヒーローではなく、父親の家族の方かもしれないなぁと感じました。その誤解が解けるシーンは何度読んでも泣いてしまう。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ハッピーエンドですが、すっきりしないです。
    ハーレークインのヒーローは時々どうしようもない人が現れますね。

  • 100

    cmoa

    父親が亡くなって、父親の家族に愛人と誤解されたままのヒロイン。はっきりと父親と言いたくても言えず辛かったと思います。最後には誤解も解けて 涙が出ました。

  • 100

    cmoa

    最後までワクワク、ドキドキの展開で読み応えありの作品に胸キュン
    言われっぱなし、やられっぱなしのヒロインじゃなく健気に約束を守る姿に涙が…

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 なんかドタバタした終わりだった。
    呆気なかったし。
    喧嘩の理由もくだらなかったし。

  • 60

    cmoa

    お父様との約束事とは言え、最後の方まで辛かった初めての約束事を大事にしたい…と、いうところはちょっと泣けました

ネット上のイメージ

ヒーロー
感動
家族
優しい

イメージの近い作品(ランダム)

  • ひと夏の恋ならば
    孤島で診療所を営む兄を支える看護師のカイラは、埠頭である人物を待っていた。人手不足を補う代診医として、ロンドンの大病院からエリート医師イーサンがやって来るのだ。わざわざ不便な小さい島に赴任するなんて、きっと変わり者に違いないわ。カイラのその予想は大きく外れ、現れたイーサンはとてもハンサムでたくましい体をもつ、目がくらむばかりの素敵な男性だった。ただイーサンはどこか謎めいている。彼のように優秀な医師がこの島に来たのはなぜかしら。
  • テキサスのシンデレラ
    天涯孤独のスーザンは、シングルマザーになる決意をした。両親は他界し、つきあっている男性もいない。ひとりきりの毎日に終止符を打ち、自分の家庭を作るのだ。そうして首尾よく人工授精で妊娠し、彼女は幸せいっぱいだった。一方、テキサスの大富豪スターリングは、精子バンクからの電話に愕然とした。手違いで僕の精子が使われたって!? スーザン・ウィルキンズ――よく知らないが、あの地味な図書館司書か。子供については全責任を負いたいが、彼女はどうする…?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 地中海を渡る恋 Ⅱ 愛を知ったバルセロナ
    真冬のバルセロナ。寒さに震えながら、モデルのアンバーは水着姿で携帯電話の広告の撮影をしていた。そんな彼女に声をかけてきたのが、携帯電話会社のトップ経営者ミゲル・メネンデスだった。有能な企業人である彼が、一介のモデルに示したやさしさに惹かれた。彼も同じ気持ちを隠そうとしなかった。とは言え彼の望みは割り切った一時の関係。でも、アンバーはそれでもいいと思ってしまった。彼に身をまかせた結果、どれほどみじめな思いをするかも知らぬまま…。
  • ハーレクイン 大富豪と望まれぬ娘
    生まれてすぐ母親に捨てられたペネロープは、恋に生きて身を滅ぼした母と同じ轍を踏まないよう仕事に打ち込んできた。そんななか、重要な顧客の結婚式を成功させるため、世界的企業に助けを乞う。すると奇跡的にCEOラルフ・エドワーズが結婚式の花火ショーをプロデュースしてくれることになった。そうして結婚式当日、クライマックスのショーが終えると、感極まったペネロープはラルフと熱いキスを交わしたうえに、魅力的な瞳に抗えず、一夜をともにしてしまい…?

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 遅すぎたキス
    ユーリアは不安に震えていた。ある日突然、王女だと知らされ、ヘレニア王国に来た彼女は、環境の変化に加え、政敵から結婚を迫られているのだ。そんな時、ずっと想い続けているトビーが来てくれることに。でもこの恋心を彼に気づかれてはダメ。私は妹のような存在でしかないのだから。だが彼は、到着後間もなくユーリアの唇を奪った! いったいどういうつもり!? それに花嫁候補として狙われる私に近づいたら、彼の命も危ないわ。揺れるユーリアが下した決断は…!?
  • ハーレクイン 三カ月だけフィアンセ
    パリで料理修業してきたシェフのチェルシーは理不尽な理由で仕事をクビに。独立開業さえままならず、ほとほと困った彼女だが、親友からすばらしいキッチンを提案される。その場所は親友の兄であるデイビッドの高級アパートメント。交換条件は3か月間、彼の婚約者のふりをすること!? 副社長になるためにプレイボーイの評判を払拭する必要があるらしい。実は彼はチェルシーがかつてふられた初恋の人。利害が一致しているとは言え、同居生活はあまりに甘く危険で…。