© ハーレクイン

母親を亡くし、ロンドンへ出てきて清掃係として働きはじめたマリサ。ある日、エレベーターで最上階のペントハウスに住むギリシア人大富豪アザン・テオダキスと知りあう。高級アパートメントで優雅に暮らすお嬢様だと思われたかしら。翌日、花束をもったアザンからずっと観たかったお芝居に誘われる。夢のようなデートを重ね、住む世界が違うとわかっていながら彼に強く惹かれていったマリサはカリブ海の別荘への誘いを受ける。アザンの残酷な思惑も知らずに。

ハーレクイン 偽りの愛人

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 偽りの愛人のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

8件のネット上の評価があります

  • 60

    cmoa

    いきなり妙なタイトルでスミマセンm(__)m

    本編よりもそちらが気になったもんですから…

    その気になる髪型の持ち主であるお金持ちイケメンのアザンと、孤独な田舎娘・マリサのお話です。

    当初アザンはマリサにある疑惑を持ち、罠にかけようと彼女に近付きます。知らずに彼に惹かれていくマリサとアザンの行く末は…!?


    ハーレクインだからハッピーエンドはお約束。

    惜しむらくは…アザンが抱いた疑惑。彼の妹夫婦に関わるものなのですが、これがまあ、ハーレクインではよくある王道の設定で、ある程度ハーレクインを読み込んでいる方であれば、冒頭で気付いてしまうほどに、王道。

    まあ、それは原作者の決めた設定…漫画の方の作者さんはベテランですので、この使い古された設定の物語を、美麗な絵とテンポの良いストーリー運びで、すっきりまとめています…少々物足りないくらいに(ゴメンナサイ)。

    昼メロ的ドロドロ展開が苦手な方や、ハーレクイン初心者にはちょうど良いかも。


    ちなみに…この作者さんの作品は、巻末にオマケがあるのが特徴。当然、この作品にもオマケがありますが…

    そのオマケに、このレビューのタイトルに繋がる秘密が!!

  • 60

    cmoa

    会社経営者としてアザンは、調査報告書を正しく理解するように お勉強してください。人目の無いところで2人きりで会わず、よく2人で出掛けるのなら それを世間では 友人というのです。生活費等々を相手が負担している場合、やむを得ない事情が有り、何かしらの約束や知人を介している場合がある可能性があるので、そこを調査させるべきでした。もしそこが調査されていたのなら 調査会社を選ぶ目が欠けていたことになりますね。能無しアザン。ということからも、彼は写真のヒロインマリサに首ったけだったことが分かり、プライドの高さだけはエベレスト級で 自己分析が出来ていませんでした。妹可愛さが、マトリョーシカのように 脳内に幾重にもスクエアな囲いを作り上げていた最低の男アザンがマリサをひたすらに貶める物語でした。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 髪型だ。ヒーロー。
    肉欲ばかりでいまいち。ヒロイン追っ払ってからも、いろんな女と関係持ちまくり。いくら自分を思って代わりにとはいえ、ゲス過ぎる。
    ヒロインも絶ちきったと一瞬思わせ、でもやっぱりハピエン。やるよーやるよーこの男なら、ヒロインがからだ壊したらすぐ、他の女に慰め求めそう。ほんとやりたい盛りの様で、色々微妙だった。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローの義弟が浮気してるかも?から始まるお話。確かに誤解される様な行動をヒロインはとっていますが仕方ないような…富豪な割には腕の悪い調査会社に依頼したヒーロー、結局は一目惚れだったんですね。誤解だとわかりヒロインが一発お見舞いするのは気持ちよかったし、後にヒーローが謝罪しに行くのもよかったです。 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    ヒロインも男も浅はか。
    ヒーローが最後にヒロインに謝る中で、ヒロインを誘惑した理由のべるけど全部取って付けたような理由で全然響かない。
    謝ってるシーンやけど謝ってる感全然ないねんなー。
    ヒロインも突っぱねたと思ったらヒーロー追いかけるし。
    これ幸せなの?って感じるストーリー。
    ヒロインの兄夫妻が一番幸せそうに見えました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初の数ページで展開は分かりますよ、ええはい。とはいえヒロインがヒーローの仕打ちに一度は別れる所が人間的でいい。あとやっぱり小越先生は話の運びが上手なのでコミカルに時に情熱的で良いです。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    絵が好きなのだが、よくある話すぎて、ワクワクしなかった。ハーレクインコミックの読み過ぎでありきたりの話にはもう満足できない身体となってしまった。

  • 80

    cmoa

    ノリがよくて読みやすいけど、今回は早々に設定が読めてしまう展開…その分安心して読めました。

ネット上のイメージ

ヒーロー
幸せ
教師
可愛い

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン モンテカルロの愛人
    君のすべてを奪いに来たんだ。家も、財産も、もちろんその貞操も――借金を残して亡くなった父の葬儀で、マギーは2度と会いたくない男性を目にして凍りついた。彼の名はケイレブ・カメロン。ありとあらゆる手で父を追い詰め、会社と一族を破滅に追いやった世界的実業家だ。一家の将来を弄ぶかのように、彼は唇に冷酷な笑みを浮かべゆっくりとこちらに近づいてくる。彼女にはケイレブが求めるものがわかっていた。彼は半年前のあの夜を、忘れてなどいなかったのだわ!
  • ハーレクイン 愛する人はひとり
    私がニックと結婚!? あり得ないわ。プレイボーイの彼が、小太りのみっともない私を選ぶなんて。だがニックは、傾きかけた会社を救うため、大富豪の相続人であるプルーデンスを妻にした。けれど新婚初夜から8年間、1度も夫は彼女を求めてこない。3つの国にそれぞれ愛人を作っているというのに。もう耐えられない! 私も子供が欲しい、愛ある生活が欲しいと離婚を切り出した彼女にニックは意外な提案をしてきた。「君が望むなら…試してみよう。本物の結婚生活を」

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 伯爵の花嫁候補
    恋人だと思っていた男性にあっさり捨てられた田舎娘ヘンリエッタ。舞踏会の陰で悲しみにくれているとき、目を見張るような美貌の男性と出会う。彼はロンドン一のプレイボーイと評判のデベン伯爵。蜜に群がる蜂のように寄ってくる女性に辟易していた彼がなぜ私のもとに――!? デベン伯爵は警戒の目を向けるヘンリエッタに、挑戦的なまなざしを向け言い放った。「きみを誰よりも光輝く社交界の華にしてやろう」と。――ロンドンを舞台に花咲く絢爛ヒストリカル・ロマンス!!
  • ハーレクイン 子爵に片想い
    名付け親の伯爵の死の真相を探るため、令嬢ジョージアナは大胆にも少年に扮してロンドンに向かった。容疑者のひとりに名があがっていたフィンチャム子爵を追ううち、街中で突然子爵が何者かに襲われた。その場にいあわせたジョージアナは、思いがけず彼の窮地を救うことに。命を助けてくれた美しい瞳の少年に心動かされた子爵は、その正体が卑しからぬ身分の若い女性だと見抜くや好奇心を抑えきれず、ある提案を口にしていた。自分の従者として働く気はないか…と。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 灰色のシンデレラ
    金ならいくらでも出す、どうしても君を雇いたい――派遣ハウスキーパーとして働くイザベルのもとに、誰もが知る有名実業家のクリスティアーノ・ベロンから指名で依頼が舞い込んだ。住む世界の違う億万長者がどうして私なんかにこだわるのかしら? その理由はすぐにわかった。なんと彼は人違いでイザベルをふしだらな女だと思い込み、誘惑するため出張先の別荘まで彼女を呼びつけたのだ。とんでもない誤解だと思いつつも、危険な熱い眼差しに胸は高鳴るばかりで…!?
  • ハーレクイン 暴君の甘い罰
    両親を亡くし住む家を失ったサラ。病弱な幼い弟を抱え途方にくれていたところを疎遠だった祖母は温かく迎え入れてくれた。彼女のためならなんでもできるわ・・・たとえ大富豪ルークとの愛のない結婚でも。彼は亡き妻の肉親であるサラの祖母を安心させるため、サラと結婚することを選んだ。彼女を財産目当てのはしたない女だと蔑みながら。ルークは私に、妻という罰を与えるつもりなんだわ。サラは結婚を受け入れた。彼にいつか愛されることを願いながら――・・・。