© ハーレクイン

スペイン貴族の冷酷な夫から逃れ、母国イギリスに隠れ住むジェマイマ。名家の伝統を重んじる家族は外国人の彼女に冷たく、その上夫アレハンドロからも浪費家で好色な女とのレッテルを貼られてしまったジェマイマにとって、豪華な結婚生活も金の監獄にすぎなかった。しかしつかの間の逃亡生活も虚しく、ついにアレハンドロが彼女の前に姿を現す。燃えたぎる怒りと欲望――彼はゆっくり口を開いた。「君がベッドに戻ると言うなら、過去の過ちには目をつぶろう。」

ハーレクイン 伯爵の花嫁

| ハーレクイン(出版)

82

非常に良い

11件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 伯爵の花嫁のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

11件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    潔白とはいっても、頻繁に親しくしていれば誤解されかねないとは気づかなかったんだろうか?
    弟の真実をお兄さんが知らなかったというようなことを、ヒロインが認識してるのに?
    勢いで(話の中では成り行きだと表現されていたが)結婚したといっても、彼の家族のこと、家の経済状態、そこまでも知らずに奥さんをやれるもの?一緒に暮らすのに?彼が家を飛び出していたのならまだしも。

    自分の家庭の事をそこまで話してくれてない夫がヒロインを誤解する、それも、当然の成り行き。

    ヒロインも幼すぎて立ち向かうよりも、逃げ出したのだろうが、出ていく前にやるべきことだったのではないか?その、行き違いの元になった原因のあれこれを説明するなり、自分の心の内を伝えるなり。

    読んでいて割とストレスを感じた。
    相変わらず男子はヒロインを骨抜きにするキスで魅せてくれて、ヒロインも彼のことが今も好きなのは、よく伝わったけれども!

    幼かった妻が外に出て少しは逞しくなった。そこはいいけれど、その、今も大好きな(!?)夫が、ずっと自分だけを今も、というのはHQだけの「夢」。女性の味方だから。

    家を飛び出すというのは衝動的な行為であっても、突然の同居再開までや、それからの展開が簡単すぎた。
    124頁、アレハンドロのコマ、二つ目の台詞がおかしい。語尾が女性のモダリティなのはあり得ない。また、内容と噛み合わない。どうしても女性に言わせたいなら、「なのよ」という方向で語調を変えないと。誤植なのかわからないが。

  • 80

    cmoa

    麻生先生の作品は大好きで何冊も購入してます。今回も期待してポチっと(笑)けど、ヒーローちょっと冷た過ぎ。他の作品でも傲慢ヒーローいっぱい出てくるけどこのヒーローはそれより更に冷たいそんな冷たいヒーローなのにヒロインは嫌いになれず辛い想いをして最後でやっと、嫉妬だったと許しを乞うけど遅い!でも、お互いに知らない顔がいっぱいあった事に気づいて愛する事を再確認出来たところは良かった。いつもより冷た目のヒーローに☆−1で。

  • 40

    cmoa

    酷い話に思えました。ヒーローの思い込みで一人で出産・子育てをさせ、自分の都合でもう一度一緒に暮らすために脅かして、やっぱり愛してるみたいな、どんな思考回路ならこんな自分勝手なことばかりできるんでしょう? 離婚するためにヒロインに会いに来たってはっきり自分で言ってるのに。人として信用できないでしょう・・・。

  • 80

    cmoa

    傲慢で思い込みの激しいリングレヒーロー登場!嫉妬心に目が曇り真実を見ようとしないなんて。夫婦になってもカッコつけてたばっかりに真実を伝えずすれ違うダメなヒーロー。健気に彼を愛してるヒロイン。ヒーローの家族がなかなかヒドイ。定番だけど、読ませてくれます!面白かったです。シリーズだけど単品で読めます。

  • 80

    cmoa

    二人目の妻を溺愛した父のようになりたくないと言いながら、ヒロインに対する嫉妬深さは十分病気なヒーローと、若さなのか、ヒーローのことをなにも知らなかったと反省のヒロイン。
    最後はハッピーエンドだけど、後半、丸っきり忘れられたアルフィー君。まさか、置いてくの?って思ってしまいました。

  • 100

    cmoa

    愛しているからこそ誤解をし嫉妬してしまったヒーロー。
    夫に信じて貰えず失望するヒロイン。
    結末は案外簡単に和解しましたがもう少し引っ張って貰いたかった様な…
    でも大好きな作家さんです。
    ハズレはありません。

  • 100

    cmoa

    いつもの王道な話だけど、こんなにひどい仕打ちをされてもなお惹かれる思いを断ち切れない主人公。早く許しすぎでしょうって気もしましたが、だんなが嫉妬ゆえの態度と反省していたので、★5つ。

  • 100

    cmoa

    麻生先生の絵が大好きで、いつも読みます♪
    ハラハラしたり、ジーンとしたり、キュンとなるストーリーが、やみつきになります!

  • 80

    cmoa

    リン・グレアムさんが好きなので、コミックも、と思ったら、絵がゴージャス麻生先生なので、これは絶対購入です。

  • 100

    cmoa

    すれ違い、誤解してながらも、お互いに強く求めあっている!主人公の男女どちらも、情熱的でステキです。

  • 60

    cmoa

    そして、評価高くてびっくり。ヒーローも不甲斐ないし、ヒーローの弟にもイライラ。

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
家族

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 天使の靴音
    家族がおこした交通事故のため、借金に苦しむ大学生グウェン。そんな彼女に、一風変わったビジネスの提案があった。提案者ブラッドの口から出た言葉は――「ぼくと1年契約で結婚してほしい」というもの!!初めは怒って断ったグウェン。“でもやっぱりお金は必要だわ…。”仕方なく彼の提案を受け入れることにし…。
  • ハーレクイン カラメールの恋人たち Ⅰ子爵のトラブル
    メリサンド城でキュレーターを務めるキルステンは、視察に訪れたアラゴン子爵ロウ・セヴランの圧倒的な魅力に思わず目を奪われた。6年前、妹を不幸に陥れた男――以来、キルステンはある重大な秘密を抱え、彼だけは許すまいと生きてきた。しかし、ロウは新しい観光企画の責任者で彼女のボスになるという。この秘密を知られたら、今の幸せを壊されるかもしれないと警戒し、距離を置こうとするキルステンだが、ロウの強引な誘惑に抗いきれずにキスをしてしまい――!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 南国の花嫁
    やさしく自分を呼ぶ声に、カレンは深い眠りから目を覚ました。そこはロンドンの自宅ではなく、陽光あふれる見慣れぬ部屋だった。さらに、見知らぬハンサムな男性が心配そうにじっと自分を見つめている。あなたは誰? カレンが戸惑いながら聞くと、男性は一瞬言葉を失って答えた。「僕は君の夫だ。」――まさか!私は結婚なんてしていない。カレンは否定するが、彼女は事故で彼に関する記憶を失っていた。彼の妻として、ここブラジルで暮らした3か月間の記憶を――。
  • ハーレクイン フィアンセ雇います
    「大富豪で国際金融家の婚約者を500ポンドで演じてほしいの」ロンドンで人気のパン屋を営むジュリーは、常連客の売れない俳優ロバートに意を決して頼んだ。彼は偶然にもジュリーが親の小言から逃れるために作り出した架空のフィアンセと同じ名前。1週間後に行われる妹の結婚式に、これ以上好都合な同伴者はいない。ジュリーはすべてがうまくいくと確信した。まさかロバートの情熱的な演技で女心を翻弄されることになるなんて、この時は思いもしなかったから。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 誘惑の千一夜
    「今日からアラブの皇太子妃」。ポリーは家族を救うために巨額の結納金と引き換えに見知らぬ国ダイレンの花嫁となった。 これから始まる生活に希望を見出せないポリーの夫となったのは、冷たく傲慢な皇太子ラシッド・・・。ポリーは彼の非道な言動に反感を抱きつつも、魅惑的な夜ごとの誘惑に抗えなくて――!?
  • ハーレクイン 嘘つきな令嬢
    スキャンダルまみれの名前を捨て令嬢レインは見知らぬ町で書店を営みながらひっそりと暮らしていた。 ある日、店の前で衝突事故が!車を運転していたのは名家の御曹司タイラー。 「彼とかかわればまたマスコミに追われてしまう・・・」 レインは彼に冷たく接するが、その態度は逆に彼の好奇心を刺激してしまい!?