© ハーレクイン

エヴァンへの愛を自覚したエミリーだが、エヴァンは戦死した友人の遺言により、彼の妹との結婚を約束せざるを得なかった。エミリーは、エヴァンを愛すればこそ、彼のもとを去る決心をしたが!?

ハーレクイン スキャンダラスな関係 -後編

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン スキャンダラスな関係 -後編のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

8件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    やー夢心地で読みました。HQですからね、こうでなくちゃ。愛あればなんだって乗り越える、この力強さ。ヒロインのたくましさ!

    彼を助けるときのヒロインのかっこよさ。絶対に死なせたくない気持ちが本当に素晴らしかったし、その力は、これまでの彼女の人生を肯定するものであるだけに、読んでいて、無一文となろうともしっかりと生きてきた姿勢がよく出ていて、感動しました。

    ここが好きなので書いておきます。「エヴァン、私もよ。あなたになにがあろうと あなたがどんなになろうと あなたがあなたである限り(愛しているわ)」

    ジャンルがヒストリカルものなため、華やかな貴族社会や、社交界デビューなど、麗しい上流社会描写もさしはさみながらの、愛情深く強い精神力をもつ女性エミリーの波乱の愛の物語。
    時代からいって女一匹生きるのは大変だったとき、ギリギリとはいえ職業を軌道に乗せてしっかりと自活していたエミリー。その時期に出会った二人。深く愛し合った二人が、間に立ちはだかる、もの・人・出来事を乗り越え結ばれる。

    そこまで好きな人となかなか巡り会うものではないし、ましてや、結ばれるなど、この世のいくつもない奇跡でしかないことを、HQ世界では究極の理想の愛の形としてここで見せよう、といわんばかりに提示。

    幸福にたどり着くまでに二人が乗り越えた試練は、大河ドラマ並みにスケールがありますが、物語進行と共に、最初は冷たく思えた家族も人の子なのだという要素も消化、盛り沢山の試練が終息する頃は二人の蕀の環境(家族や友人)が居心地よく変化して、安心して本を閉じることができます。

    遅れて届いた手紙のところも揺さぶられました。彼の本心を、彼が死を覚悟した状況で知らされるわけですが、それでも婚約者のいる彼は名乗ってきてのことじゃない。エミリーには差出人を認識できる。


    HQって、他の一般コミックより、遥かに子持ちの再婚に夢を持たせてくれる方面のストックが豊富でそこもいいところなんですよね。
    結婚に失敗したとか、死別したとか、そういうところも含んだ再婚ややり直しジャンルの開拓が、HQ以外だと余りに進んでなさすぎて、ここでこれほどきらびやかにやってくれるとスカッとします。

    星合男子好きの私は、前編のほうが、そっちの魅力、つまり、男性の美しさが発揮されてる、とは思いましたけど。

  • 80

    cmoa

    前編からの
    気になる続き

    エミリーは亡き夫と駆け落ち結婚でした。が位(くらい)の高い公爵家のひとり娘でご令嬢という過去が明らかに…。

    そんなある日
    エヴァンは激戦地へ赴いて調査半ばに亡くなった友人の意志をついで決着をつけにスペインの激戦地へ自分も赴きます。

    ボロボロに傷つき息絶え絶えに帰ってきたエヴァン。エミリーは一晩中付きっきりでエヴァンの看護を…。

    ハーレクインはハッピーエンドが原則だけどまさか…っと思いながら読んだので2人がハッピーになって(^_^;)ホッ。

    前編7話、後編7話読み応えありました。
    オススメ作品です。

  • 80

    cmoa

    前編・後編とあり、ポイントが痛いところでしたが、前編を読んでしまうと気になって
    彼への気持ちに素直になったのに、彼には決められた婚約者がいた。
    彼の元を去る決意。
    そして彼もまた戦争という時代の地へ。
    そして導かれるように2人は再開する。
    でも、出会った彼は意識も朦朧で深い傷を負っていた!
    これを主軸に婚約者や、家族、主人公の本当の姿、といった話が絡まり、深いストーリーになっています。
    最後はハーレらしい綺麗で美しい物語になっています。
    ぜひ読んで見て下さい♪

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 前編は身分を隠し、身を引いたヒロインですが後編では地位も名誉も手中に収めドラゴンレディとして蘇ります
    反抗心から駆け落ち婚を選び、辛苦を舐め尽くしたヒロイン…
    放蕩者のヒーローのままでは、また過ちの繰り返しだったかも。ヒロインを失い、忘れるため国事に奔走するうちヒーローも成長、見事、ヒロインに相応しい男に生まれ変わります
    ヒストリカルの制約の中でここまで波乱万丈なヒロインは珍しい!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローも素敵だし一目惚れしちゃうところも可愛い!ヒロインも未亡人ながら綺麗で、お互い想い合っていても色々なしがらみでうまくいかない…すごく切なくなりました。最後は心から良かったと思いました。

  • 100

    cmoa

    読み応えありました!前編後編、高いけど読んだ方がいいです。ハッピーエンドで良かった〜!!ヒーローの家族が良識ある人でよかったです。自分のことしか考えない婚約者がラストで去っていったとこは、妹や母親にgood jobと言いたいですね(笑)

  • 100

    cmoa

    前編は帽子屋を営む女主人で愛する人を亡くして辛く悲しい日々を送っているところに運命の出会いが…後編は一段と盛り上がるシーンがいっぱいあり、ハラハラ、ドキドキしながら結末は素敵と思うストーリーでしたこの盛り上がりは見逃せない

  • 100

    cmoa

    前編は、一話毎購入して後悔したので今回は購入しました。ちょっと高めですが、後悔はないです
    2人の再会にはキュンとなりました。
    HAPPY endだし、気になる方は是非読んで下さい

ネット上のイメージ

ヒーロー
家族
綺麗
感動

イメージの近い作品(ランダム)

  • ひと夏の恋ならば
    孤島で診療所を営む兄を支える看護師のカイラは、埠頭である人物を待っていた。人手不足を補う代診医として、ロンドンの大病院からエリート医師イーサンがやって来るのだ。わざわざ不便な小さい島に赴任するなんて、きっと変わり者に違いないわ。カイラのその予想は大きく外れ、現れたイーサンはとてもハンサムでたくましい体をもつ、目がくらむばかりの素敵な男性だった。ただイーサンはどこか謎めいている。彼のように優秀な医師がこの島に来たのはなぜかしら。
  • ハーレクイン 落札された一夜
    シカゴで保育所を経営するアニーは悩んでいた。仕事は順調なのに、地元につれ戻そうとする家族にはうんざりさせられる。私はもう一人前の大人なのに。そんなアニーに、親友タラが提案した。「偽の恋人を故郷につれて帰れば、うるさい家族たちも黙るはずよ」しぶしぶアニーは独身男性のオークションに参加することに。気の進まない彼女の前に、とてつもないハンサムが現れた。ひと目で恋に落ちたアニーは、その男性を競り落とそうと大声で叫んでいた。「5千ドル!」

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 憂鬱な城主
    スペインのダ・シルヴァ城の厩舎に忍び込んでいたレキシーの前に、突然黒い馬に乗った男性が現れた。彼は息をのむほどに美しく、強烈に魅了されたレキシーは、唇を奪われても抵抗することすら忘れていた。パパラッチにふたりの写真を撮られるまでは。男性は城の主にして世界的な実業家セサル・ダ・シルヴァだったのだ。レキシーはめまいを覚えた。きっとタブロイド紙が大喜びしてふたりの素性を暴くだろう。私は誰にも知られてはいけない暗い過去を持つ女なのに…。
  • 背徳の婚姻
    突然に求婚、独占欲に翻弄され誘惑された彼女は…?「俺はおまえを妻にする」ヴィヴィアンは社交界デビューした日、両親から自分が家族と血が繋がっていないことを知らされる。そして、兄と信じて疑わなかったアンドリューから求婚をされて――。けれど、戸惑う彼女は「お兄さまは、お兄さまよ!」と彼との結婚を拒否してしまう。しかし、「おまえを手に入れようとしているひとりの男だ」とアンドリューに囁かれ、夜毎与えられる甘く激しい愛撫に蕩かされていく。彼の愛の言葉に次第にヴィヴィアンは身も心も昂ぶっていくのを感じはじめて……!?★ヴァニラ文庫のコミカライズ版★

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 断れないプロポーズ
    会社セミナーで出会った社長のダンテと結ばれ、結婚を約束した新入社員のリーラだが、心無い陰口や嫉妬の声をあび……さらに、昔の恋人が現われて……!?
  • ハーレクイン 愛しい嘘
    冷徹なイタリア人実業家ザンドロ・ブルネレスキが、弟の遺児をひき取ることになった。そうさ、間違ってもリア・カメロンなどにこの子を渡すものか! リアは弟の恋人で、赤ん坊の母親だ。情緒不安定で、薬物の使用も疑われる信用ならない女だ。だが、そのリアが息子を返してほしいと要求してきた。彼女は以前とはどこか違う。澄んだ瞳、その女性らしい魅力に我知らずザンドロも惹かれていくが、リアの変化には決してザンドロに知られてはならない理由があって…?