© ハーレクイン

視覚ガイドのジュリアは事故で視力を失った投資会社の社長ロイスを介助することに。5週間で6人の介助士をクビにした気難しい彼…私に務まるかしら。でも以前、私はロイスからひとすじの光をもらった。彼は覚えていないだろうけど、今度は私が光を渡したい――。ジュリアの熱意はやがて頑固なロイスの心を溶かしていく。しだいに惹かれあうふたりだが、ジュリアのほうは使命感と身分の差で踏み込めなくて…。暗闇に閉ざされた恋心は色づく世界を見ることができる?

ハーレクイン ジュリア、君の瞳

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン ジュリア、君の瞳のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

11件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローが視覚を失って自暴自棄。治療の一環で雇われたヒロインの献身的かつ前向きな姿勢が絶望していたヒーローの心を動かします。
    常に心も身体も寄り添っていたヒロインですがある時医者に任せてヒーローと行動を別にした結果…が泣きました!この本のピークです(個人的な)
    見た目ではなく心で繋がっている特別な雰囲気は高山繭先生の可愛くも美しくもユーモアもあるタッチで感動します。
    何度読んでも泣けるのでおススメです! 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 10年前に受けた恩で更正し視覚ガイドになったヒロインが事故で視覚障害になったヒーローに報いる物語。HQには珍しく?ヒロインの過去は辛すぎるものです。それを恥じて視覚障害が治ったヒーローの前から姿を消すが ヒーローがちゃんと探し出す‥これはHQの王道良い話ですそれにしても この作品の出版は1994年 今から24年前 作中の人物の服装や街並が古く見えず素敵だと思います 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    二人の結び付き、お話の先は見えていても、でも、よかった。ヒロインの過去はヒロインのせいではない。巡る想いに涙を誘われてどうしようもない。

    絵が大柄なのが少々気になる。
    小さな画面のスマートフォンで見ているため小振りになるが、より大きなサイズにしても耐えられるか、荒いコマで仕切られての顔アップ等はページ数に比較してあまりやってほしくないこと。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 10年前にヒーローに救われたと思っているヒロイン、実はヒーローもヒロインに救われていたというところから、すでに2人は運命の相手だったのでしょう。高山先生の絵の雰囲気とお話の内容がとてもマッチした、暖かくてじんわり泣ける素敵なお話でした 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    高山先生買いです。
    先生の描くキャラクターは明るくて生き生きしている事が多いのですが、今回は目が見えない主人公のせいか落ち着いた話しになってます。
    見えない物を感じさせ、生きて行く為の力を付けさせていくヒロインのお仕事が凄い。感動します。

  • 80

    cmoa

    まだ立ち読み段階ですが、早く続きが読みたくなりました。一巻読みきりと言うのが、短すぎず伸ばしすぎず、、、すっきりとしていて私には合っていると言うか、好きです。早速購入しようと思います。

  • 100

    cmoa

    本気の運命の恋のおはなしです。
    サンプルだけ見た方に是非最後まで読んでほしい。
    どんでん返しありまくりですが、ちゃんと幸せになれる。そんな勇気をもらえるストーリーです。

  • 100

    cmoa

    目に映るものが全てではないんですね。過去は消えないけれど努力して前に進んだヒロインと、腐るのをやめて立ち上がったヒーロー。信頼関係から愛が生まれる素敵なお話でした。

  • 80

    cmoa

    純粋な思いやりが美しいお話。
    恩返し、恋、過去の事情、家族の問題などなど、色々あるけど、相手を思いやる美しさはシンプル!
    印象的なタイトルもぴったりでした。

  • 100

    cmoa

    高山先生の絵が素敵で後書きに書かれてた通り丁寧に表情豊かでストーリーとともに入り込みました。ジュリア良かったね、幸せな未来が見えました(^^)

  • 100

    cmoa

    お互いに想い合いながら支えていく姿が「キュン」としてしまいましま。

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
感動
障害
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 楽園の嵐
    美貌の悪魔はすべてを奪う。家族も、唇も、心さえも。
  • 忘れえぬ初恋
    婚約者のディコンが海の向こうにつれ去られて10年…帰りを待ちつづける貴族の令嬢キャスリンのもとに報せが届いた。ヴェネチアで救出された奴隷にディコンらしき人物がいるという。彼の父とおばとともにキャスリンは急ぎヴェネチアに向かうが、ディコンを救出したという大商人ロレンツォ・サントリー二に出会った瞬間、体が動かなくなった。初めて会ったはずなのに…この不思議な感覚は何…?ざわめく胸を抑えつけキャスリンはディコンと思われる青年と面会するが…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 疎遠の妻、もしくは秘密の愛人
    初恋の伯爵、エイドリアンと結婚したエミリーは幸せだった。けれど挙式後、夫はロンドンへ行ったきり帰ってこなくなった。そうして3年が過ぎたある日、夫の従弟がやって来て、跡継ぎが生まれないなら爵位も所領も従弟のものになると言う。エミリーは思わず口走った。「私のお腹には伯爵の子がいます」と。こうなったら早急に跡継ぎをもうけなければならない。歓迎されないことを承知でロンドンへ向かったエミリーは、夫が戻らない、衝撃の理由を知る。
  • ハーレクイン 壁の花の叶わぬ恋
    女学院に捨てられていたジョアンナにとって、学校は我が家そのもの。でも、19歳になったら家庭教師としてひとり立ちしなければ! 親友や先生との別れはつらいけど、派遣先の准男爵家で家庭の雰囲気を味わえるかも…。ところが、待ち受けていたのは一家の娘たちに侮辱される日々。ある日、付き添いで出た舞踏会で彼女は威風堂々とした貴公子ルークに窮地を救われる。身分に関係なく優しく接してくれる彼に恋心を抱くが、伯爵家存続のため花嫁を探す彼は雲の上の人で…。

イメージの近い作品(最近)

  • Jの総て
    「僕は男の人が好き。」寄宿舎学校で生活をする少年J。マリリン・モンローに憧れ翻弄され続けた少年は運命を乗り越えられるのか――。
  • ハーレクイン マイ・フェア・ジェントルマン
    ジェントルマンになる為のレッスンを通じて、互いに惹かれ合うが、想いを押さえながら接するジョーとキャサリン。二人の恋の行方は――!?期日は着々と近づく……