© ハーレクイン

コールが便宜上の結婚相手に選んだのは町1番の奥手ヴァージニア。恋愛に縁がない彼女に、せめて忘れられない一夜を…

ハーレクイン つまずいたプレイボーイ

| ハーレクイン(出版)

83

非常に良い

7件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン つまずいたプレイボーイのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

7件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    ヒロイン、思いきって行って、町の女性人気の高いコールにぶつかってみて冒険してホントによかったよね、と、そんな気持ち。
    程度の差こそあれ、親の価値観で子どもの人生観や異性観は強く左右される。ずっとそういわれたら、反発するか従うかなのだろう。
    親や身内の反対でチャンスをフイにしてきた苦い経験を持っていると、このストーリー身に染み渡って感じるものがある。
    当たって砕けろとはよくいったものだと思う。ヒロインの体当たりがなければこの展開は永久になかった。彼の眼中に収まるタイプではなかったのだから。
    王道の契約結婚物だが、そこはHQ、ドラマを用意してくれる。二人が結婚、町一番の有名人のコールが、地味過ぎるヒロインとなんてそんな話があるわけがない、と思う勤務先や町の女性たちの反応は、残酷だったが、青天の霹靂のその話の流れは不思議ではないように展開。お話の世界なので、本当であると示す為に彼が小細工をやってくれる。
    彼がそれほど名うてのプレイボーイの立ち位置でいたための、女性からすれば痛快な逆転打。失礼な周囲のりアクションに対して鼻をあかしてくれる。
    しかし、本当の始まりは、そんな形を揃えるための嘘の始まりでなく、生活の中で何気なく確信する愛情であり、普通に日々を過ごす中での笑顔、食卓、趣味や外出を通じて知り合う互いの理解から始まる時間をかけた一歩一歩だった。

    ピルを飲んでから、ということで指折り数えて待つ様子が、まるで初めてのデートのようで、当人二人のときめきが良かった。

    52頁の描写がいいと思う。

    ヒロインを下手すれば一生を暗闇に放置しかねなかった母親が、過去のエピソードだけで、現在姿を表さずにいてくれてよかった。出てくれば成るものも成らなかったろうから。

    母親の呪縛から解放される生き方を採って成功したヒロイン、反対に、祖母の呪縛を甘受せざるを得ず付いてきた幸福を発見したコール。
    二人の本当の始まりが、偽装を正しくした。

    諦めの悪い投資仲間のその後が気になるけれども、才覚のある彼がおとなしく牧場主に収まるのだろうか?との今後の関心や、引っ込んだら逆にもったいないとの気持ちまでもが残るのだが、あとがきがおふざけが強すぎて、多少引いた。

    おじいさんの扱われ方や、コールの昔の状況、生前のお祖母さんと三者の関係によくわからない部分がある。そのため、星を調整させてもらうことにした。

  • 80

    cmoa

    「つまずいた」のタイトル通り、色々な意味でつまずきまくりのコール。
    ヴァージニアは厳しすぎる母親に育てられて、化粧もダメ、母親が髪を切り、服も見るテレビも決められ……男女間の愛情はふしだらで、悪いことのように教えこまれてきてしまった、ちょっと悲しい女性です。

    よくある遺産関連の契約結婚の話ですが、コールとヴァージニアのバックグラウンドが重いこともあって、ラストのハッピーエンドがより良いものに感じました。
    最後におばあちゃんが信じた通りになるというところで、ホロリとしてしまいました。義理のおじいちゃんがいい味出してます。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 結婚しないと財産がもらえないっていう、よくある話だけど、
    海外ではポピュラーな事なの?本当にあるのかしら。
    ヒーローが嫌っている噂好きの田舎者が、子供の頃はともかく、今は悪意の無い(だから余計にタチが悪い?)のがいい。ヒーローに迫る女でさえ腹黒さが無いし、ヒロインの友達もいい人。義祖父も本当はいい人だし。読み終わって涙とともにほっこりしました。
    絵は義祖父とか女性の描き分けなど上手いけど、素朴な感じで外国人にはちょっと…。

  • 60

    cmoa

    ヒーローもヒロインも親に苦労した二人。
    苦労したから痛みに敏感で大変。
    絵のせいか、いまいち二人が魅力的ではない。
    町の女子の人気者だったとあるヒーローだけど、、、?
    色々つまずいたヒーローだけど、最後にちゃんと立ち上がって良かった。

  • 100

    cmoa

    愛を信用していないヒーローが愛のない契約結婚をした…ハーレクイーンでよくあるけど、恋人(夫婦)間だけじゃない愛もあったなと優しい気持ちになれるストーリーだと思う
    イラストのふんわり優しい雰囲気ともあっていて、私は好き

  • 100

    cmoa

    題名に【つまずいた】ってあるけれど、必ずしも、それが失敗ではないんだなって思いました。
    二人とも育ってきた環境が、寂しかったけれど、その分、最後はハッピーエンドで良かったよぉ♪
    O(≧∇≦)o

  • 80

    cmoa

    ヒロインは男に捨てられた怒りを子供にぶつける母親に育てられ、ヒーローは母親に捨てられ父親もクズで、そのせいで2人とも頑なな性格ですが、そんななのに2人とも優しい子に育ったんだなぁと

ネット上のイメージ

ヒーロー
優しい
子供
感動
友情

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 忘れられないきみ
    ヨーロッパの小国エルビアの皇太子ジェイコブは、将来の王妃となる婚約者を決める前に、どうしても会っておきたい女性がいた…
  • 運命の日曜日
    グレースは以前上司だったダニーの子供を密かに産んだ。理想の男性と思っていたダニーは、一夜かぎりの関係をもった私が妊娠を告げると豹変し、結婚目当ての小賢しい女だと決めつけて拒絶した。ひとりで育てる覚悟だけれど、この子が父親を知らないまま育つのはかわいそう。最後にもう一度彼の気持ちを聞いてみよう…。赤ん坊を抱えてダニーの家に向かう彼女はまだ知らない。これから彼と争うことになるだけでなく、その抗いがたい魅力に再び翻弄されることになるなど。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 情熱の烙印
    ゲイブ・デュモンと言えば、このあたりで知らぬ者はない。ゴージャスな大富豪で、広大な牧場をあちこちに有する大事業主だ。デュモンの生家の隣に住むジェスは彼にプロポーズされたが、それはロマンスでもなんでもない。借金を肩代わりしてもらう代わりに、彼が独身を通す口実づくりの1年限りの契約結婚だったのだ! 亡き両親が愛した土地を守るにはそれしかないと、結婚を決めたジェスだったが、それは彼との極めて危険で熱い夜の始まりだった…!
  • ハーレクイン 【シリーズパック】奇妙な家庭教師 セット
    伯母からロンドン郊外の屋敷を相続した伯爵令嬢オクタヴィアは、うきうきしながらさっそく屋敷を見に行った。しかしそこにはすでにかわいらしい先客が! 利発でおとぎ話のお姫様のように愛くるしい少女と、それよりだいぶ年下の、おてんばな妖精のような妹だった。事情がわからず、姉妹に手を引かれるまま、オクタヴィアは、姉妹の叔父エドワード・バラクラフに引き合わせられた。オクタヴィアを姉妹の家庭教師と勘違いしたエドワードは、尊大な態度で彼女に職をあきらめるよう言い渡した。 「奇妙な家庭教師 1」「奇妙な家庭教師 2」の2巻をまとめて収録。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 過去からのラブレター
    「トリスという名前に心あたりがありませんか?」受話器の向こうから聞こえてきたのは、レイチェルが12年間かたときも忘れたことのない相手の声だった…!!生涯でただ一度の恋…まだジュネーブの寄宿学校の生徒だった頃、クイーンエリザベス2世号の船旅で知り合い、熱病のような恋に落ちたレイチェル。結婚しようと誓いあったのに、それっきり姿を消してしまったトリス。それがなぜ今ごろになって…レイチェルは当時の記憶が鮮やかに蘇り震えが止まらなくなった!
  • ハーレクイン フィアンセは偽物?
    ジェンは途方に暮れていた。 婚約者が”人妻との浮気旅行中に事故死”。 しかも、その両親がジェンの妊娠に気付き、 子供の親権を奪おうとしてきたのだ。 追い詰められたジェンは 「お腹の子はマット・ホールダーの子供です」と、 親身に相談にのってくれた優しい上司・マットの名前を挙げて、 嘘をついてしまい―!?