© ハーレクイン

ベンガリア王国の王女マリサは、双子の兄を亡くしたばかり。大きな喪失感を抱いて、灼熱の国ブラジルを訪れていた。そこで彼女は世界的実業家のダマソと出会う。彼の瞳はマリサを孤独なひとりの女として見ているようだった。惹かれるままに、彼女はダマソと熱い一夜をともにしたが、翌朝、彼は冷たく去ってしまった。ところが1か月後、新しい命を宿したマリサの前にダマソが再び現れ告げる。「僕と結婚するんだ」何を言ってるの? 私を冷たく捨てていったのに!

ハーレクイン あの夜に宿った永遠

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン あの夜に宿った永遠のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

6件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 下品な評価をされてるヒーローですが、そこまでは。。
    確かに最初にひどい態度ではあった。
    でもヒロインに何の責任も無いわけではないし。
    悲劇のヒロインになるわけでもなく、彼も苦しみの中から、、、
    確かに一度目を反らしたヒーロー、ヒロインに心動かされ変化し強くなる。
    決してチキンと軽くくくれるものではないと感じる。
    物語のそういう機微を楽しみたい。
    HQらしい、いい話だと感じた。
    叔父の王様はなんだかんだ心広い人だ。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 大富豪ですが出生や育った環境から負い目を持っているヒーローと王女として育つが回りからの束縛や重圧によって孤独の中にいるヒロインが身分差を乗り越え愛を叶えるます。自分との葛藤や自立など二人を中心に心情など解りやすく良かったです。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーロー。子どもができなきゃ一緒に居たいと伝えられない、情けな。ヒロインは、我が儘だけどぶれない。ハッキリしてる!それに比べ男は・・・しょもな。マックスがかわいかった。猫派だけど。

  • 80

    cmoa

    ある意味、悪人は出てこない作品です。主要な登場人物はほぼヒーローとヒロインだけで、ふたりの境遇や心の動きはよく描かれています。ハッピーエンドではありますが、今の時代にはちょっとそぐわない事情もあり、ちょっと複雑ですね。

  • 60

    cmoa

    とてもかわいい女性で、ヒーローとの出会いから自立した素敵な女性にもなった。そして、ヒーローもヒロインとの出会いで過去の自分を肯定でき、より素敵な男性になった。お互いを高めあえる出会いというのは素晴らしいと思います。

  • 100

    cmoa

    ヒロインかわいい
    HQ的設定で好きですね
    コミカルもあって読みやすいし絵も好みです