© 少年画報社

ぬしは今日、終わったのだ。それを吾が助けた。そして、ぬしの〔しだ〕をいただく…………ひとが……なくなっていく……?怖いことが起こる………ぬ………あれ……何これ!? これは……あたしの中になんかいる!妖の力を得ちゃった女子大生、ミズキ……あなたの「時」〔しだ〕をイタダキます!?

デスレス

| 少年画報社(出版)

立ち読み

デスレスのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    ここまでの情報と「エクセルサーガ」の「コアは各々が持っているもの」というワードの存在から「コアを内包していない存在」こそ「裏設定がわかる受け手」で「コアを内包している存在」が「裏設定がわかる受け手を除く存在」だという事が判明するのであるつまり「コア」とは「愛情の原動力」だという事が判明するのであるそれが自分の中には「無い」から「永遠の日曜日到来を願う」が出来るだけの話だという事が判明するのであるそして「コアは製造可能」とは「愛情を製造することは可能」だという事を意味するワードでありそれを用いることでキャラを思いついていることが判明するのであるだからそれ何かを種明かしすることで「永遠の日曜日」を自分にくださいお願いします

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 好み別れるかと思いますが、祖父母の異能力とかおもしろいです。
    コミックでは9巻まで出てるので早く先が読みたいです。

  • 60

    ebj

    六道神士の描くおっぱいが好きだ。あとカマドがかわいいです。しゃべりかたがかわいいです。昨今イラっとくる口調のキャラが多い中ひさびさになんかぐっときました。

  • 100

    cmoa

    くどく語られる様な演出も無いのに確りと練られているストーリー、なにより笑い所が多くて、最高です。早く続きの電子書籍化を出して欲しい。

  • 100

    amazon

    悪戦苦闘しながら、考えれる場面が、多かったな!最終的へ、行く前は、分からなかった場面が、あった!気になるな!