© コルク

『シャカリキ!』『め組の大吾』『昴』『capeta』の曽田正人が挑む、初のファンタジー!!謎の技術を手に入れ、勢力拡大を図る「骨の国」。旧カラン王国の王子ツナシは、伝説に謳われた「光の剣士」としての覚醒を果たし、骨の国打倒の旅に出た! 圧倒的戦闘力で襲いかかる機械兵団を前にツナシは…!?

テンプリズムのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

41件のネット上の評価があります

  • 40

    amazon

    私は「シャカリキ!」以降からの曽田正人ファンで、気に入った作品は単行本も全巻そろえていました。でも、この作品に関しては、最初から購入する気も起きませんでした。曽田作品を読んだことのある方なら、読んでいて体の奥底の部分が思わずぐわっと熱くなってしまうようなそんな気持ちになったことは少なからずあると思います。テンプリズムは、いちおう現在でも雑誌連載を追いかけていますが、そんな気持ちになったことは一度もありません。曽田先生は、本当にこの作品が書きたかったのでしょうか?曽田先生が以前スピリッツで連載されていた「昴」は、とてつもなく熱い作品でしたが、シリーズ後半に登場した昴と恋愛関係になる刑事が出てきたあたりから物語は急速に失速、ついには中途半端なところで連載が終了してしまいました。数年後に続編の「MOON」が始まりましたが、「昴」の熱さを知っていると、どうにもいまいち納得しかねる内容で(個人的には)特に盛り上がりもなく終了してしまいました。数年後に、「金色のガッシュ!」の雷句誠先生と、少年サンデー編集部のトラブルで漫画関係者が盛り上がっていた時にふと思い出したのは「昴」のことでした。もしかしたら「昴」もテコ入れで、昴の恋愛話をやりましょうよ! などと担当編集者がゴリ押ししたのでは...?単行本をお持ちの方は改めて読んでいただきたいですが、あのあたりから、明らかにストーリーが失速しています。「テンプリズム」も、よく見ると「原案」と称して、私は今まで存じ上げていなかった瑞木 奏加という方が表示されていますがこの人は一体誰なんでしょうか?ネット検索しても、「テンプリズム」しか出てこないのですが...。そこで私が勝手に邪推したのが小学館の偉いさんのご子息が、こんなおもしろそうな原作を書いたので、曽田先生が漫画化してくださいよーという編集者のゴリ押し説でした。他の皆さんのご指摘にもあるように、ファンタジーとしても特に目新しいところもなく、ストーリーもそれほど引き込まれないとなると、こんなことも考えたくなってくるというものです。曽田先生にはできるだけ早めに小学館との契約を引き上げて、他の出版社でがんばってほしいと思います。曽田先生の新作が読めるということと、つまらない話でもそれなりに読ませるという力量をプラスして★2個です。追記:つまらないけど、もしかしたら…と思いつつ週刊連載を追いかけていたけど、おもしろくなる雰囲気のかけらも見せず、連載はWEBに移行…。当然の結果です。もちろんこの時点で読むのもやめました。これが初の曽田作品で、実際楽しまれている方にどうこう言うつもりは毛頭ありませんが、これがおもしろいのならぜひ他の曽田作品も読んでみてくれ! とは言っておきたいです。他の作品も読んでいただければ、なぜこの作品がファンから酷評されているのかが理解できると思います。2巻以降のAmazonレビューが激減していることからも、ファンが離れていってることがわかるというもの。これまでの曽田作品なら、コミックス発売日には書店で平積みが当たり前だったのに、今では2~3冊入荷していれば御の字くらいの勢い…。ファンとしては悲しくなってきます。ぜひとも早めにこの作品には見切りをつけて、できれば小学館以外で新作を発表していただきたいです。

  • 20

    amazon

    最初に断っておきますが、僕は曽田先生の大ファンで「シャカリキ!」「め組の大吾」「昴」に至るまで全巻揃えています。どの作品をとっても曽田先生が熱と才能に溢れた漫画家であることに疑いようもなく、そのたびに啓発され、自分の糧となってきました。曽田先生は何を描かれるにしても、その度新しい手法、新境地に挑み、また自身の武器を研鑽し、素晴らしい傑作を世に送り出してきました。その曽田先生が、「カペタ」という自身の趣味と職業が合致した作品を完璧に終わらせたあと、次はどんな新境地に挑むのか、ずっと待ち焦がれていました。しかし前評判から覚悟はしていましたが「テンプリズム」は相当に厳しいです。読みましたが、あまりにも痛々しいです。恐らくだとは思いますが、曽田先生は尾田栄一郎先生や冨樫先生など、モンスター的なセールスを伴う漫画の境地に挑みたかったのではないかと、そういう風に思いました。自分の武器を一度リセットし、これまでより遥か下階の読者のところまで降りて行き、広い読者層にまで読まれるよう1から研究してこの作品に挑んだのではないかと。当たり前のような展開、セリフ回し、キャラの立ち位置。キャラの造形、その全てを。その試みは素晴らしいと思います。ただし、漫画が面白くなくては何の意味もありません。これまでの作品も長期連載を見据えて1巻はゆっくりめの物語が多かったですが、それでも心に深く突き刺さってきました。2巻はどうなるんだろうと、思い馳せました。テンプリズムには何もありません。センスのカケラもありません。何のワクワク感も、感銘を受けるシーンも、何もありません。10年前なら上記の試みにマジックが生まれたかもしれませんが、現在の曽田先生では…という結果の作品です。「曽田先生だから買う」という読者も、ずっとは付き合ってくれないでしょう。かなり厳しいことを描きましたが、それでも曽田先生ならここから、何かをやってくれるのではないか、という期待持ってるのも事実です。もし何もなくこのまま終わるなら、慌てて元の作風戻す先生の姿も見たくありませんので、この作品以降の漫画は読めなくなると思います。厳しい意見ですが、これが率直な感想です。

  • 40

    amazon

    この作品には過去の曽田作品とは決定的に異なることがある。それは主人公のタイプが異なるということだ。『シャカリキ!』『め組の大吾』『昴』『capeta』はいずれも「天才」を描いた作品であるのに対し、これは「努力」を(今後)描く作品であるように思える。連載を読んでいないので1巻を読んだだけで判断するが、恐らくこの先様々な敵と戦うという「努力」によって徐々に強くなるという内容に思えた。ファンタジーとしては王道のストーリーだ。もちろん過去の作品でも主人公の敵は存在した。それはライバルであったり火事そのものであったりする。しかしそれらは(極言すれば)主人公を強くするための「努力対象」ではなく、元々主人公が持っていた「天才性」を際立たせるための存在なのだ。一方、『テンプリズム』では主人公の隠された黄金の右眼が解放されたときに通常とは異なる力が発揮される。それは一見天才性の発現のようにみえるが、実は(作品内の)伝説や神話という「外的要因」によって「後付け」されたものに過ぎず、元々主人公が持っている本当の天才性とは異なるものだ。曽田正人の過去の作品が好きな人ほどこの作品にはがっかりするかもしれない。しかしそれは曽田正人が悪いのでもなく、原作者が悪いのでもない。このような「努力」を描く作品が曽田正人には合わないというだけだ。強いていうならこの組み合わせを決めた人に責任があると思う。でも、いちファンとしては次巻を見てから最終判断したい。

  • 80

    amazon

    「キングダム」は10巻超えたあたりからめっちゃ面白くなる。「嘘喰い」は6巻からだし、「ベルセルク」は、15巻超えたあたり。それはたぶん、登場人物が揃って世界観も深まって、イキイキしだすからだと思う。「テンプリズム」は、まさにそういう種類の漫画。1巻で登場した「闇の戦士」ニキと、主人公の「光の剣士」ツナシは3巻からバトルになるのだが、このバトルをきっかけに、「テンプリズム」はめちゃくちゃ面白くなる!1〜3巻までで一番の見どころは、1巻ではどれだけスゴイかあんまり分からなかった、ツナシに秘められた「光の剣士」の力が、とてつもないモノだったことがわかるシーン。その能力が凄まじい使われ方をして・・・3巻は「え・・・!?」ってなって、終わる。3巻まで読んだ人ならわかるはず!(笑)これが27話まで!ここの衝撃展開までは読むべき!!そこから、主人公がツナシの宿敵のニキにバトンタッチしてから、より面白くなる!主人公の側だけでなく、敵側の内情も描かれると、なんかどっちの話もわかるような気がしてきて、単なるバトル漫画に飽きてる人にはすごいオススメ。だから、戦闘狂みたいなキャラはでてこないけど、それぞれのキャラの闘う理由がしっかりしてて、ダークな世界観で色んな考えのキャラが闘う漫画(ハガレンとか、)が好きな人は、絶対好きだと思う。

  • 100

    amazon

    私は今の所全巻読んでいるのですが、確かに1巻は私も乗れませんでした。ファンタジーだったら上橋菜穂子さん位の世界構築が好きですし戦闘ですとハンターのキメラアント編位の緊迫感、東京喰種位の伏線とか。あまり描きこまれた絵ではないし、設定もなんだか既視感が多く、疑問に思うことも確かです。なので、1巻で辞めた、という方の意見も納得は出来ます。ですが、読み進めるうちに、ああやっぱり曽田さんは上手だなと感じました。キャラの表情が複雑になってくるのです。最初は泣く、笑う、といった喜怒哀楽が割り切れているのですがだんだん表情が複雑になってくる。決して描き込まれている表情ではないのに、なぜか表現出来ない曖昧な感情が伝わってくるのです。そして台詞も捻りの聞いた言い回しではなく簡単な言葉しか使っていないのに、キャラの個性がある。でもジョジョかと思うくらいに濃いコマもあったりするので、そういう足し引きがとても私はバランス良いと感じています。この作品の宣伝文句って、美少女戦士が云々、とかで勘違いされがちな気がします。ファンタジー世界だけど、ハコが大きいだけで特別な感情の人間達ではなく小さい人間達があがく大きなドラマだと思っています。展開が予測できないので、1巻だけでなく読み進めてみていただきたいなと思う作品です。

  • 20

    amazon

     少年誌の読み切りにかろうじて掲載され、「もう少し斬新さがほしいよね」などという感想がつけられるような作品。  すでにメソッド化されているほど使い古された題材と展開。 ワンピースを載せる雑誌のページ数を稼ぐために存在するような作家が描く内容です。 ウェブ小説ですら指摘されるセリフの違和感、「とてつもないGだ(鷹にのって)」「コントロールすることができるか」。架空の王国での話ですよ。ファンタジーに慣れてなさすぎる。 このあと何か爆弾を落としてくれるのでしょうか。このつきなみなファンタジー世界が実は未来でつくられたゲームの世界で? あるいは少年マンガを痛烈に皮肉ったような展開に転がる? 質実剛健な曽田作風からは想像できませんし求めてもいません。 カペタ・大吾・昴を読んできた人なら「嘘だろ…」「この程度で終わるはずない」「曽田正人だぞ…」と思うでしょう。願いもむなしく、この1巻は最後の最後までつらいものでした。 曽田正人という稀代の熱量をもった作家にこのような仕事をさせた環境へ恨みがつのります。 曽田先生が作品をビジネスコンテンツ扱いする周りの人を切り、自らの本当に描きたい事柄のみに集中してほしいと願わずにいられません。

  • 80

    amazon

    シャカリキにしても昴やカペタにしてもはじめからその競技に対しての熱さや才能を描いてきた曽田作品と違い、淡々としているという印象です。原案が付いていることもあり多少今までの作品とは違うのかもしれないが・・・スポーツものの導入的なものを期待するとがっかりとしますね。一巻は説明的な導入的なものですね。東の大陸にある小国「骨の国」がある未知の技術をてにしたときから世界は恐怖に飲み込まれようとしていた。それに対抗できるのは「光の剣士」、それがカラン国王子ツナシ。しかし、ツナシは自分の力を目覚めさせていなかった。カラン国が滅亡をして安全な地を求めて旅をしていたツナシとその家臣たち。ツナシの家臣であり、剣の師匠のユイは「骨の国」の侵攻が迫っていると確信をするとある行動にでます。そこから、物語が進んでいきます。謎だらけの展開で、曽田作品のはじめから熱い展開を期待している人にはがっかり感が強いかもしれないが何度も読み直すうちに、淡々とした中にも熱いものを感じます。ファンタジーに初めて挑むという作者ですが、今後どのようにいつものように熱い曽田作品になっていくのかが楽しみです。

  • 80

    amazon

    こんなこと言うのはなんだが、曽田正人先生の新作が読める……ということがまず何よりも嬉しい。これまでの作品…「Capeta」「シャカリキ」「昴」etc...を振り返っても常に新しい挑戦を都度してきて、感動させてくれた曽田先生が、「また」新しい分野に挑戦。今回は、ファンタジー…亡国の王子が主人公だ。過去作品を見ると分かるが、曽田作品は全体的にスロースターターであり、でも、それは長いストーリーテリングの中盤以降の盛り上がりやクライマックスを視野に入れた上での、必要な語りが必要であり、どの作品も物語の前半の語りが、長い目で見た時に伏線であり、世界への導入なのだ。場面場面のちょっとしたところが想像をかき立ててくれるし、……まぁ、この読み方はマニアックだと思うけど、入念に練られているファンタジーの世界観や純粋にストーリー自体もワクワク感をかき立ててくれるので普通に読んでも楽しい。この第1集で長いストーリーの封が切られたのだと思うと、繰り返すが、何よりも嬉しい。これからの期待も含めて☆5つけたいが、続きが出た時に必ずこれ以上の☆をつけたくなるので、敢えて☆4つで!!

  • 100

    amazon

    なんとなく惹かれるものがあったので購入し、一読。それから「面白かったし、あとは皆の感想でも漁って深読みするか~」とネットを立ち上げてみたら、酷評されててビックリした。アレな部分を指摘されると「あ、そうかも~」と思うことも多少なりあったが、ただ正直「そこまで悪く言うことか?」って印象も受けた。当方は『昴』も『め組の大吾』も名前と概要程度しか存じ上げない新参者だが、確かに作者ファンと言う視点で見ていると非常に悲しいものがあるのかもしれない…扱う題材がガラリと変わったようだから。でも、何の先入観もないまま手にした自分からすれば、この作品は面白かったし、読んでいてワクワクした。確かに真新しさはないけれど、世界観や人物の考え方などには光る物もあると思う。ユイも格好良いし、アップンは良い奴だし、ツナシはきっとこれからもっと変わっていくんだろうな~と期待も持てた。じっくり焦らず描いて、今は嘆いている作者ファンの皆さんにもいつか受け入れられるような大作に仕上げて欲しい。もう一回書くけど、自分は面白かったよ。買って良かった。

  • 80

    amazon

    4巻読了。この先はわからないけど、ここまでの感想をば。この作者の他の作品は読んだことないが、というかないからかな?1巻はすんなり読めました。まずは星三つ。実が2つと、期待値で1つ加算。で、なぜ星4つで1巻のレビューに書いたかというと、この先ね!辛抱して3巻くらいまで読んでみてください。見出しの意味がわかると思います。ファンタジーというテンプレートを使って描きたい世界観も、斬新というわけでは決してないですし、ニッチな層をくすぐるわけでもないですが、ちょーどいいライン。ノージャンルで、この漫画何番目に好きですか?と聞かれて8番目にあがる漫画ベスト3というランキングがあったら入ってきそうです笑そして、お待たせしましたと言わんばかりの、強烈な、、、強烈な、、!強烈な!!!!、、、これ以上はネタバレになるので言えません。ご自身の目で確かめてください。きっと4巻を読み終えた時、見出しの意味がわかると思います。

  • 80

    amazon

    曽田先生が新しいマンガを描いてると最近気付き、1〜4巻まで一気に読んだ。「あの曽田先生がファンタジー!?」って思ったファンは少なくないと思う。絵はデジタルになってて今までの迫力が無いようにも感じるし、なんだかノれないっていうのが1巻を読んだ正直な感想。ただ、他のレビューを見る限り、1巻で切っちゃってる人が多そうでもったいない。2巻までで準備したキャラクターや背景が、3巻の途中あたりから上手く回り始めてる。絵に関しても、2巻からはもう違和感なく読める。(1巻は完全には慣れてなかったのかなあ笑)3、4巻のバトルシーンはかっこいいし、ウェブ連載だから続きをネットで読めるところも良い。(しかも5巻に収録されるであろう回がすごくおもしろい!)これから読む人、1巻で切ってしまった人は、曽田先生を信頼して連載を追いかけるべきかと。期待を裏切りつつ、新しい曽田ワールドを見せてくれると信じてる。

  • 20

    amazon

    初のファンタジー!という試みを聞いてからすでに、無理だろ…。と思い、コミックが発売されてもなかなか買う気にはならなかったのですが…。モーションなんとかという、動く漫画になってるのを見て、あまりの編集部のゴリ押し感に、これはお布施だと思い本を購入しました。案の定の作品…。なんだこれは…。20年くらい前のファンタジーでしょうか。龍と王子が出ればファンタジー?設定はともかく、せめて話が面白ければと期待したけど…。キャラの魅力もなし、続きはまったく気にならない。なんでこんなの書いたんですか?どう締めくくる(打ち切られる)か見届けたいので2巻も買うとは思いますが、とにかく、なんでこういう作品を書こうと、そして書かせようと思ったのか、その判断を聞いてみたいものです。そして、タイトルにも書きましたが、先生、ファンタジーって好きですか?少しも愛が感じられない。

  • 80

    amazon

    作者がどう、とこだわっているレビュアが多いが、著者の他作品を知らない人間にとっては、ただの一ファンタジーでしかなく、また最近のありきたりで無理の多い作品よりは普通に最後まで読めた。だがファンタジーとしては人間関係も世界も展開があまり広がることなく、登場人物が少ない分剣と魔法が規定どおりでしかなく、作品内で登場する地図や「一カ月かかる」というセリフののわりに、[想像力を働かせる要素もないので]狭く感じる範囲でしか行動しないので、ワクワクしながら読む作品でもなかった。もう少し構想をしっかり固めて欲しかったかな、と、また主人公の骨の国に対する憎悪がいまひとつ伝わらなく感じた。倒すべき国が滅びる理由もあっさり過ぎるし、なんでもラブストーリーに持っていくのは仕方ないのかもしれないが…。でも酷評される作品とはとても思えない。

  • 20

    amazon

    『シャカリキ!』『め組の大吾』『昴』『capeta』の曽田正人が挑む、初のファンタジー!! との触れ込みでまったく期待していなかったが、予想通り無料でも読む価値はなかった。 時間の無駄だった。曽田の過去の名作はどれも、「現実にこんなヤツいるわけねぇ(でもいたら面白そう)」的な展開であり、ファンタジー世界でそれをやると非常に安っぽくなる。(元から存在しない世界なので) ファンタジーってのはリアリティを高める 描写に注力することで、無いものを在るかのように見せるのがポイントかと思う。トールキンの指輪物語など、冒頭のホビット描写のち密なこと!(長すぎること!)シャカリキ!以来のファンだが、こんなゆるい原案に中途半端なかかわり方はしてほしくなかったなぁ。責任ないだけに本人は案外楽しんで描いていたのかもしれないけどね。

  • 40

    amazon

    曽田氏のどの1巻目も面白くない。いつもの事だし今後に期待をするとして、それにしても1巻目がつまらなすぎて読んでる側が焦ります。前半の世界観説明のコマの振り方なんて素人かと思うし、ファンタジーで一番大切な世界観説明は適当に流すという暴挙。ダイの大冒険かと思いきや和風ファンタジーに路線が変わり、なのに普通のスーツのオッサンが出てくるし、もしかしてドラゴンボールかワンピースを描きたいの?曽田氏自身も巻末でおっしゃってたが、ファンタジーは何を描いてもOKで楽しいと言うが、自由の意味を間違えてるし、もう少しファンタジーを勉強してから描くべきじゃないかな。ちょっとこれ巻き返し出来ますかね。1巻目は取り返しがつかないくらいつまらないんだが。この先が心配だ。

  • 20

    amazon

    これまでの曽田先生の作品から感じてきた熱量ともいうべきものがこの漫画には感じられません。本人にはその気がなくとも、なんだか惰性的で嫌々描いてるような印象が漫画の端々から伝わってきます。というか何をしたいんでしょうかねこの漫画。キャラクターの動機もストーリーの展開もまったく理解不能で読んでてさっぱり意味不明です。雑誌のほうも惰性で読んではいますが一向に面白くなる気配がありません。ちょっと正直連載しないほうがよかったんじゃないかと思える内容です。曽田先生じゃなく原案のほうに原因があるのかなあ?とにかく人にお勧めするにはちょっと遠慮したい漫画ですね。

  • 80

    amazon

    曽田さんの漫画は好きです。ただほかの方の言う今までの曽田らしくなさは感じていたためテンプリズムは敬遠していましたが、それは間違いでした確かに1〜3巻あたりまでは手探り感があるんですが、それを超えたら曽田先生の色が全開になり、「ファンタジーが題材の人間を描きたいんだな」と感じるようになりました。※何となくゲームオブスローンズみたいな作風評価が低い他のレビューワの方からは、曽田先生作品が好きだと伝わります。もう少し読めば、自分のように感想が変わるかもしれないので、読まないのはちょっと勿体ないかも

  • 100

    amazon

    ストーリーが進むにつれて引き込まれるような感覚で、一気に読み終えたテンプリズム。「現代のファンタジー」と呼んでいる人がいたけれど、主人公が悩みながら成長をしていく過程がそれに当たるんだろう。キャラクターの表情が力強くて読んでいるこちらも思わず力が入ってた。すでにもう何度か「そうきたか・・・!」と思わされた場面がいくつもあるし、他のレビューを見るともう少し読み進めるとまた展開が変わってきそうだし、これからどれだけ振り回されるのか楽しみ。

  • 40

    amazon

    これはいったい何なのだろう?とりあえず一巻なので、物語についての評価は難しいが・・・はっきり言って最後まで読みたいとは思わない。手塚治虫の描く「北斗の拳」さいとう・たかをの描く「ワン・ピース」曽田正人の描く「フェアリーテイル」それはそれでおもしろいのかもしれないけれど。「Capeta」を終わらせて、始まったのがコレかと思うと・・・これまでの曽田作品を知らない人にはオススメできるかもしれないが、企画として全く理解できない

  • 40

    amazon

    シャカリキもカペタも所有してます。全ての作品ではありませんが筆者のファンです。書店で見かけて これは!と手にとったのですが(ー ー;)正直つまらない、です。地に足が付いてないというか世界観が定まってないというか。うすっぺらなファンタジーになっていて感情移入も没入感もありません。また、関西弁キャラですか?と思うキャラも出ますし。既視感ありありです。どーしたいんでしょうコレから。次を買うか悩ましい作品です。

ネット上のイメージ

教師
熱い
天才
バトル
恋愛

イメージの近い作品(ランダム)

  • 白に溶けたい
    緑川鈴は、高校の保健室の先生。彼女目当てに保健室にやって来るカワイイ生徒達をクールにあしらっていた鈴だけど、ある日和久井耀司という生徒から好きだと告白される。その日以来、事あるごとになついてくる耀司に思わず鈴はドキドする。鈴は耀司とデートをすることになり、強引にキスを奪われ…!? 表題作ほか、「Sweet Bird Kiss」「rouge blanc」「ウワサのKISS」「今夜はパジャマキッス」を収録。
  • ムシブギョー
    時は江戸、将軍・徳川吉宗の命によって有名な「目安箱」が設置された。寄せられた庶民の声で新しい奉行所が誕生。その名は「新・中町奉行所」、別の名を…「蟲(ムシ)奉行所」! お役目は江戸に跋扈する巨大蟲を駆除すること! 個性溢れる蟲奉行所のメンバーは、それぞれ特殊能力を持ったスペシャリスト! 田舎侍の仁兵衛は、一心不乱にお役目に邁進する!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • capeta
    85 capeta
    幼い時に母を亡くした平勝平太(通称・カペタ)は、仕事が忙しい父に対して、気丈にふるまうものの、友人の安藤伸(通称・ノブ)や鈴木茂波(通称・モナミ)と遊びながら、退屈な日々を過ごす小学4年生。カペタの唯一のあこがれといえば、かっこいいクルマ…。そんなある日、父が仕事先から持ち帰った“ある物”が、カペタの運命を大きく変え、彼を未来の“戦場”へと導いていく!! 熱闘レーシングロマン、堂々の幕開け!!
  • バクマン。
    一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!

イメージの近い作品(最近)

  • 超弩級少女4946
    彼女が欲しくて欲しくてたまらない主人公・飛田マコト15歳。基本的にはいいヤツだけど、全然モテナイ。おまけに背が小さい。そんな彼の前に、ついに憧れ の女の子が…!? でもなんか・・・ちょっと・・・アレ!? 夢と感動と衝撃(?)が一緒にやってくる“超弩級”ラブコメディー!!
  • キメルのYOYO!
    カッコよく生きる!が信条の、熱血少年・斗陸(とりく)キメル!この物語は、キメルが超速ホビー「ハイパーヨーヨー」に運命的な出会いをするところから始まる!!愛機「スピンフェニックス」を手に、キメルは難しい技(トリック)を覚え、仲間やライバルと出会い、成長していく。手に汗握るヨーヨーバトルを制するのは誰だ!?2011年の大ヒット予感ホビーの熱さが伝わる第1巻!