© 小学館

「この『ダンジョン』は最低だ! 世界最高峰のダンジョンのほとりの街。この物語の主人公はそこで…宿屋を営む親父。訪れるはヤバい勇者・姫・冒険者。だれも見たことのない最低のダンジョンコメディ開幕!

ダンジョンのほとりの宿屋の親父

| 小学館(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ダンジョンのほとりの宿屋の親父のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    テンポの良いギャグに思わず笑ってしまいます♪ファンタジーな世界のはずがギャグと下ネタのせいで(いい意味で)台無しです。
    内容で好みは別れるかも?ギャグまんがと思えばいいのかもしれませんね。
    舞台が宿屋で主人公がその宿屋の親父というのもなかなか斬新♪

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 宿屋のオッサンがノリのいいツッコミがサイコーだった。泊まりに来る冒険者がボケ担当?
    笑えたよ 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    最初は面白いと思ったがワンパターンの下ネタばかりですぐ飽きる。作者のギャグの引き出しがあまりに少なくて残念

  • 80

    cmoa

    ギャグ本です。下品なの、下ネタ嫌いな人は要注意。勇者が主人公で無いのが斬新?なのでしょうか。

  • 40

    cmoa

    ギャグ漫画ですが、下ネタなどゲスさ満載です。続刊買うかなぁ、微妙