© 祥伝社

バカにしてた地味女が気づけば職場のスターダムに!? 表題作「カメレオン・アーミー」ほか、全ての女性のほほえみと幸福を願う男「夜の王子様」、童貞と女子高生のコミュニケーション「東京バンビージャンプ」など、シュールな傑作短編を全7本収録! 安野モヨコの魅力が大爆発!

カメレオン・アーミー

| 祥伝社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

カメレオン・アーミーのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

35件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    安野さんの作品は当時よく読みましたが、ハッピーマニアなどの第代表作より、この作品が大好きでしたね。あと"脂肪という名の服を着て"あってますかね?)とか。一番目のカメレオン・アーミーは、他の方も例えていた通り、世にも奇妙な物語にありそうです。てか、実際ありそうです。自分は流行気にしないので(流行追っかけないけど、ダサい格好はしません)、真似しようとされても、『やれるもんなら真似してみろ』ですが。二話目の夜の王子様は、よく解ります。社会に出たからでしょうね。『泣きたい』って主人公の気持ち。母親にも指摘されましたが、泣けないんですよねー、泣きたいのに、泣けないのは誰かのせいじゃないけど、分かってるのに、相当辛いのに。次に"渚にまつわるエトセトラ"、コレは最後になんだか『あっ!恋、始まっちゃいましたねぇ〜、イイですねぇ〜、ウフフ』とニンマリしてしまいます。この、"片想い、チクショー!"みたいな。"東京バンビージャンプ"も、まぁ、性的な事が未経験で頭でっかちってか、それ故に頭堅すぎな子いますよね〜、『緩く行けよ、緩く考えろよ』みたいな。セッ○スしたから人格や思考が、どーのこーのなる訳じゃないし(たまにいるけど)。最後のコマで主人公が、『なんだったんだろう…』笑える。目が醒めたんだか、何だか…(^^)
    最後の"シナモンガール"も、チョイと世にも奇妙な物語にありそうかな〜…、って思ってみたり…。あ、微妙に"乙一"さんとか、上手く活字にも出来そうですね(小説家さんです。)。ともかく短編集ですが全て面白いです!是非読んでみてもらいたいです!

  • 60

    sakuhindb

    短編集です。全7話収録。安野さんらしい冷めた目点やジェンダーへのこだわり。女の敵は女。作品の切り口がストレートで濃くってきっつい。良くも悪くも安野モヨコさんらしい作品集だと思います。この作品集は安野作品が持つ様々な側面を読む事が出来ます。やや時事的なネタが多いかな。表題作の「カメレオン・アーミー」はとくにきっついですわ。女社会の勝ち組、負け組、女の嫉妬、優越感と劣等感。そしてまねをすること。自分らしさとは? そしてちょっと怖い。読んでいてちょっと疲れる。「X-girlの血は騒ぐ」はかつてファッションに溺れた女の話。タイトルから感じるポップさとは違ってストーリーの方は"おしゃれ"って感じではない。結構毒アリ。なんか冷めた所があってある意味リアルだな。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 自分も似た経験があったので、すごく共感しました。三年ほど務めた会社で、まず持ち物や服装を真似され、次に美容室、住む土地。最終的にはライフスタイルや考え方など、私が話した事を後日 自分の考えた事として普通に話してくるようになりました。気味が悪くなって会社辞めました。笑 この漫画は本当にリアルだなと思います。指摘しても悪びれないし、自分がない、友達の作り方がわからないところも同じ!

  • 80

    cmoa

    まさに
    『世にも奇妙な物語』!あれを見た後の感じですね
    前作通して、あえて物語を完結せずに、曖昧に終わらすことでシュールな面白さがあります。
    なのでカッチリ終わる漫画が好きな人は、スッキリしないかも…

    まぁ、それも含めて安野さんの考える、人間の面白さに触れた気がします。
    私はすき

  • 80

    cmoa

    流行りのファッションに流行りのメイク。雑誌や街に氾濫していて、個性なんて作られたもの。
    自分が作り出したファッションなんて果たしてあるのか?

    考えさせられました。
    でもどんどん自分にそっくりになっていくってのは恐ろしいだろうなぁ

    個性という名の没個性という言葉を思い出しました。

  • 80

    cmoa

    オススメです。
    全部読むつもりなかったのに読んでしまいました(笑)

    個人的には、最初のストーリーが好きです。文房具の卸の事務所を舞台にするOL同士の火花を散らす話!!

    現実の社会にもありえる話だから、ゾッとするほどひきこまれました!

    後半の話よりもこの一話は必読です。


  • 80

    cmoa

    真似好きの女性って結構いるんじゃないかな;現実味がありすぎて、ゾッとしました。

    というか、外国で、こういう事件あったらしいですからね;リアルです。

    オリジナリティーって結局なんでしょうね。個性って真似できてしまうものなんですかね(-_-;
    そんなことを考えさせられました。

  • 100

    cmoa

    異常に主人公を真似する同僚。主人公は、自分からどんどん何かを吸い取られていくような気になる。いつも流行をまとった自分、それって結局人の真似だったのかも、と気付く。人の「個性」まで取り込もうとする人、現実にいますよね…。安野先生、本当に凄い!!怖くて3話以降が読めません

  • 100

    cmoa

    1話目に出てくる女性は実際私の近くにもいるのでここまで来たらかなり怖いなと思いました。真似ばっかして自分って物がないのか不思議だけど私の身近な人はここまで極端じゃないし数人は真似っこに気づいてくれてるのでまだマシだなと思いました。けど結構こうゆう人いるんだろうな…

  • 100

    cmoa

    いろんな意味で
    考えさせられました


    ガツンと
    頭に入った感じ


    転職先の
    地味な子が
    いつのまにか
    自分になっちゃう?


    って
    怖い


    真似されるのも
    チェックされるのも
    気味悪いです


    でも
    色々
    考えされました


    安野先生の絵が好きです

  • 40

    cmoa

    昔、好きな作家さんだったので、購入して読んでみました。
    それなりに面白かったですが、だいぶ昔のマンガなのかな?だいぶ古くって、ちょっと浦島太郎です。

    当時は最先端でオシャレと言うイメージだったので、昔のマンガだと分かっていたら購入しなかったかな?

  • 60

    cmoa

    安野さんの書く女の子が好きで読み始めましたが、表題のだんだん憧れの女性になっていく物語以外は、期待したほど入りこめませんでした。

    だからといって、読んでいて楽しくないわけでもないので、短編を読みたい方にはおすすめします。

  • 60

    ebj

    安野モヨコはえぐくてりあるで言葉にできないことを代わりに作品で言っちゃうからすき。漫画はエッセイとかに見られない爆走感とかみっともなさにあふれているところが、すっきりする。男性的な、でも男性には理解さ...

  • 60

    ebj

    「あたしなんて1日4時間は美容についやしてるもん」というセリフに愕然。そうなんだ、きれいな女子ってそんなに頑張っているんだ。いやーたまげた。安野モヨコを読むと、女子に生まれた業っていうか、私からもっと...

  • 80

    ebj

    懐かしい安野モヨコ。若かりし日よく読んだ漫画家の1人。タイトルにもなっている“カメレオン・アーミー”が個人的に好き。いるよ、他人の真似ばかりして自分を持たないやつ。でも安野モヨコは小気味良くてとても好...

  • 80

    ebj

    安野モモコの初期の短編が連なる一冊。どんどん自分のファッションなど真似をしてくる女の子に恐怖すら感じる女性が主人公の表題作などいろんな思い、悩み、葛藤を抱える女性を描いているけれどどこかさわやか。

  • 60

    cmoa

    まだ1話しか読んでないけど
    モヨコさんの作品が好きで(^O^)/読みました。なかなか周りにこういう人がいないけど、登場人物にちょっと曲がったようなとこがあっていい味出してます。

  • 80

    cmoa

    ついつい。
    安野モヨコさんの漫画は若い時に読み漁って、もういいわー!てなったはずなのに、買ってしまいました。
    女の子の心の隙間みたいなの描くの、上手ですよねーー。

  • 80

    cmoa

    安野さん独特の、人間への観察眼が光っていて、とても面白かったです
    情けない人、怖い人、いろいろな人が出てきますが、どの人にも共感できてしまいます。

  • 20

    cmoa

    試し読みしてみたら面白かったので買ってみたけれど期待はずれ。1話目のストーリーが好きだけど短くて後の話しはつまらないし買わなきゃよかった

ネット上のイメージ

怖い
教師
女の子
懐かしい
独特

イメージの近い作品(ランダム)

  • 囚の囚【ばら売り】 第1話
    浅緋財閥の一人娘・ひなかは、当主の父親が危篤に陥ったことにより、総資産八兆円を巡り命を狙われることに!! 迫りくる刺客を倒し続けるひなかだが、”最強の殺し屋”キョーマに襲われて…!? 新感覚フェチズム・ラブ開幕! (この話は、コミックス「囚の囚」に収録されています。)
  • 学園の檻 私はここで先生に支配される 1
    「いつでも私だけを受け入れる奴隷でいなさい──。」1ヶ月の臨時担任として赴任した新人教師のみゆは、同じ教師として中学時代の恩師・結城孝臣と再会する。みゆのクラスは騒いでいうことをきかない、いわゆる「学級崩壊」状態。しかし結城には生徒たちはおとなしく従う。その日の放課後、結城の待っている教室に向かうみゆ。結城がみうを助ける条件、それは1ヶ月間、結城の奴隷となることだった。以前は教室で結城にイカされてしまったみゆ。教室に着くと、結城に服を脱ぐよう命令されたみゆは、抵抗したいが、結城に「イイコ」といわれると抗えない…。みられながら服を脱いでいくはずかしさを感じながら、みゆは自ら教室で全裸になってしまう…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 恋と軍艦
    「裸にしてエロいことでもするわけ!?」「二人の秘密だ……今日のこともね」中1の遠藤香菜(えんどう・かな)のあこがれの男(ひと)は、28歳年上のさわやかイケメン町長。なのに金髪・ピアスに、くわえタバコの不良オヤジと友だちでお泊まりする仲。おそろいの香水つけてたり、魚の小骨をとってあげたりするって仲良すぎ!この恋に未来はあるの!?――オトナの情事(恋)×コドモの事情(恋)……西炯子が描く新境地!
  • 金魚の糞
    不幸な生い立ちを背負った菊吉(きくよし)と彼を受け入れるためにだけ存在しているような金魚、そして二人のそばで微妙な関係を保つ悟郎。 三人が紡ぎあげる痛くも美しい友情と愛情の三角関係。 圧倒的な画力を持つ桜田雛だから描ける素敵な青春群像絵巻をお楽しみ下さい。

イメージの近い作品(最近)

  • きみのことすきなんだ
    【大好きなあの子は大の魚嫌い!?】魚屋の看板息子・慎一は、毎朝同じ電車に乗る女の子に告白をすることを決意! とんとん拍子に両想いになれたのはいいけれど、彼女が大の魚嫌いということが判明する。大好きな女の子と魚屋を継ぐという慎一の夢は、彼女とは叶わないのか!? 【同時収録】乙女のテーマ/騎士のマーチ/ふりむけば告白物語
  • すもも
    近未来の鎌倉。この町で一人暮らしの16歳の少女 雪野すももの元に1台の家庭用お手伝いマシーン はたらき小僧 がやって来た。本来は従順で優秀なロボのはずだったが、すももの元に来たのはやんちゃな欠陥品の小僧。その日から、二人のドタバタ騒動と笑いあり涙ありの日々が始まった。