© 秋田書店

森の精霊の力で人格を独立させることができた美弥子。分身の3人とともに生活のため便利屋を営むことになったが…!?

よろず幻夜館

| 秋田書店(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

よろず幻夜館のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

2件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の頃、高階先生の作品は不思議、怖い感じが好きでよく読んでいました。
    懐かしく何冊か読みましたが、不思議で怖いだけでなく、温かさと優しさも併せ持つ作品が多いことに今更ながら気づきました。
    本作はハッピーエンド、主人公に幸せが訪れ、読後感がとても良かったです。

  • 100

    cmoa

    もう漫画ってどれも設定やストーリーは似てるところがあるのだけど、さすがベテランは違うと思いました。
    最近の漫画家さんは、皆さん絵はお上手だしストーリーも悪くないのに、薄っぺらくてつまらないのが多いです。
    昔から一線で続けていらっしゃる漫画家さんのは読みごたえがあります。
    早く続きが読みたいです。

ネット上のイメージ

怖い
優しい
懐かしい
子供
教師

イメージの近い作品(ランダム)

  • 幽霊がり
    盲目の少年ダニエルは、超能力を持つエスパー。だが、身近な人々に不吉な影を感じるたびに、その与えられた不思議なパワーと宿命を、恐れ哀しむことになるのだった…。哀しい宿命を背負った少年の孤独な姿を描いたホラー・ストーリー。オカルト・ロマンの巨匠・曽祢まさこの初期の傑作、いよいよ登場!
  • 高橋葉介セレクション 夢幻紳士(マンガ少年版)
    高橋葉介氏の代表作「夢幻紳士」。昭和初期の日本を舞台に、さまざまなシチュエーションに登場する黒衣の探偵「夢幻魔実也」。その原点ともいわれるマンガ少年版がここに復活。新作の表紙に加え描き下ろしのメッセージも。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 赤い沼
    ザクロは血の味…。鬼子母神が人の子食らわぬよう、赤い果実を捧げましょう。子供を食い殺す鬼子母神を祭った神社に捨てられていた籠女(かごめ)。幼い頃から自分には分身がいると信じる彼女は、それを解くカギが鬼子母神にあると悟る。そして、籠女が神社の扉を開けたとき、山間の村は血の色に染まった。
  • 月の夜 星の朝 35ans
    4歳で出会った“りおと遼太郎”は、恋とバスケに夢中の10代を過ごし、『結婚』というゴールに辿り着く。あの時は、信じて疑わなかった。どんなに時を重ねても、すれ違っても私たちはずっと一緒だと…。しかし13年後、ふたりが出した答えは―。

イメージの近い作品(最近)

  • 女ひとり
    100歳になっても働くおばあさんの少女時代。早くに両親をなくした少女の生き様――。
  • 春吹雪 桜嵐
    親に置き去りにされた子供・春は、自分を救い親代わりに育ててくれた北原組の桜田を唯一無二の存在とし、ヨコシマな意味で惚れ込んでいた。そして月日は流れ18歳になった春は、女をあてがおうとした桜田に怒り「だったら、あんたが俺の女になってくれません?」と押し倒すが――!? シリーズ3話のほか、スピンオフ作品も収録!