© ハーレクイン

姉夫婦が飛行機事故で亡くなり、姪をひき取ったジャック。だが1か月を過ぎた頃、児童保護局は多忙な大企業の経営者では姪を育てるには適正でないと判断し、養育権を奪おうとしていた。愛する姉の遺子を手放したくない――その一心で彼は弁護士の助言に従い、“偽りの妻”を探すことに。だが公然と妻候補を募るわけにはいかず、表向きはナニーの募集をした。大勢のナニー希望者のなか一瞬でジャックの目を釘づけにする女性がいた。どこかミステリアスな雰囲気の彼女は…。

めぐり逢いを待ちわびて

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

めぐり逢いを待ちわびてのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

24件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    ジャックは大切な「家族」を手放すことは考えられなかったから、それはそれは慎重に計画を立てて実行に移した。彼が時間と体を使って動くことになる前は、姉の遺児は半ば観念的に家族として存在しているだけだった。養育者の選考、下準備、、、。

    このストーリーは、ジャックサイドで形成されているため下手にメロドラマしてないところが大成功していると思うし、ジャックが実は熱い男でもあったことを、相手役の女性の秘めた情熱を説明することで同時に間接描写して、人物造形が感情表現にも抑制的で観察的で、本当に技術的に高度にストーリーテリングが練られていると思える。

    そして、台詞やモノローグのテンポも物語進行との連携が良く、ジャックや登場人物のキャラをよく表し、無駄にイケてる弁護士のお友だちまでもがかなり重要な方向付け。

    骨格にあるものがまさしくHQそのものなのに、底にそっと置かれているご都合主義が一切いやらしく感じられない説得力。実は、という筋立てはそのストーリーでどう見せるのか、作家性が問われるところだが、お見事。ドラマで見せているのは原作の力なのか、それとも汐宮先生の綺麗な筆捌きと切り取られた断面断面の見せ方、コマ取りの巧みさなのか。いや、原作とコミカライズ者との組合せの上手く行った、総合力の結果なのか。

    彼女が涙する象徴的なシーンで、彼女はもしかして?と、読者的には確信がまだ足りないながら、そこで、ある可能性を匂わされる。疑問符を持たされたまま私の高揚感はクライマックスまで持続。もたつかずにひとつふたつと、次なる展開の扉が開かれラストに向かう。彼女の涙の奥にある真実が後半の主軸になる。

    終始物語の中に居ながら、ミセス・ロックのリアル登場時は、居合わせたことの鍵パーソン的見せ方が少々物足りなかった。

    70頁目の「今日ナニーに決まった女性に頼もうと思っていた。」のところは、時制が不明瞭な気がした。今日、とは?それは試用期間から本採用のことなのか、話を持ちかける日のことなのか。
    でもそれは、本当にちっぽけなこと。

    巧みに語られた幸せ物語は、巧みなコミカライズで実に堪能できる一冊となって出来ていた。

    五歳の女の子が最も不憫な境遇であるはずが、彼女の嬉しさの詰まった最後の台詞に、間違いなくこれで幸福な家庭の一員としての確かさが出ていて、いい話を読み終わった満足度で目頭が熱くなった。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローのジャックは今をときめく会社経営者、実姉夫婦を事故で亡くし ふたりの養女、イザベルを豪邸に引き取りました。しかし 環境の変化に慣れないイザベルは 言葉を発せなくなり 癇癪を連発するようになりました。ナニーもいつかず その上GPS(日本的には児童相談所かな)から 審査に合格しなければ イザベルはジャックの元を離れなくてはならない と通告されています。ジャックは ナニー兼(名目上の)妻 を急いで探さなくてはなりません。そこに登場したのが ヒロインのアナライズです。彼女はイザベルの状態を的確に判断し 優しく 時には厳しく接する 素晴らしいナニーです←←ここには ある秘密 があります
    この物語では ジャックと実父 アナライズと実父 アナライズとイザベル 3家族の再構築が描かれています。そして ジャック アナライズ イザベル という新しい家族の誕生が 淡々としつつも精緻に描かれています 所謂「悪人」は全く出てきません。最初はジャックから「悪魔のように」恐れられていたGPSの査察担当?のミセス.ロックも 素晴らしいです。読みごたえあります 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    身震いするような悲しい決断。若さゆえの過ちなんて全ての人間にあること。そんな間違いについてくる結果にどう対処するのか、人それぞれとは思うがやっぱり自分優先で処理しようとするのは必定。それを誰も責められないでしょう。それほどに人間社会は住み辛いといえるのです。それでも何かしらの対処をしたい。当時は無理でも、時間が経過すれば人も変わる。この場合は子供も成人し社会生活を送ることができるようになり、全てを親に頼らなくてもよくなる。そこからの決行。主人公のアナライズという名はとても意味深長です。

  • 80

    cmoa

    頭が固い上酷い言葉をぽんぽん言ってくるヒーローをサラッと受け流し、冷静にはっきりと意見し提案するヒロインカッコいい!複雑な環境、関係が幾重にも重なる中で、ヒーローと忘れ形見の子供とベビーシッターのヒロインが家族になっていく。全体的に面白かったけれど残念だったのは、トキメキ要素が少なかった点。本心が分かりづらいヒロインの上、ほぼヒーロー目線で展開していくので、ヒロインの恋愛感情の変化や頬を染めるでも描写があったら、もっとキュンと出来ただろうな〜と心残りで星−1。

  • 100

    cmoa

    子供が出てくる話は、可愛らしさあふれるハートフルな話が多いですが…このストーリーは、可愛いだけではないイザベラのシッカリした役割があり、子供を育てる大変さも伝わってきて、すごく良かったです!!ヒーローとヒロインが惹かれて行く過程で、それだけではないドラマ展開があり、内容濃く充実してました。感動しました!!

  • 100

    cmoa

    前半は普通に進んでいき、試し読みの最後で犬に襲われそうになって・・・え?!と思もって、これは買うしかないな、と思わずポチっと・・・後半読んで、深い!!お互いの愛を確かめて、よかったよかった・・・なんてもんじゃなくて、深い!!深い〜〜〜お話でした。一層の絆を感じます。親子三人お幸せに

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 悲しい過去を持つヒロインとヒーローが天涯孤独になってしまった姉の子供を通して過去の出来事が絡み合いながら子供と共に成長し愛し合うお話。
    素敵なお話でした。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    絵が綺麗で読みやすく心温まるお話でした。ヒーロー目線で話が進むのが面白い!ナニーという時点で結末は予想できますが、主人公たちが惹かれ合う様子、家族としてまとまっていく様が丁寧に描かれていてよかったです。

  • 100

    cmoa

    物語は辛い事故から始まりますが、色んな家族の再生の物語です。
    まさか、そこに繋がるのかってビックリしましたが、とても良いお話でした。
    恋愛もありますが、家族の絆の物語だと思います。

  • 100

    cmoa

    ヒーロー視点で描かれる物語。とにかく好きな作品です。ヒロインの覚悟がどれだけのものなのか想像もつきません。男女の愛。母親の愛。父親の愛。家族の愛。全てが詰まった作品だと思いました。

  • 100

    cmoa

    何時も読んでいるHQ物と同じストーリーだと思っていたけれど、最後のどんでん返しにビックリです。購入して良かった。感動したい話を探しているなら、絶対読んで欲しい作品です!!

  • 100

    cmoa

    ぐっときました、、!なるほど、そんな裏側があったとは!いつもは女性目線だから最初から展開されてるけど、今回は男性メインだったから展開が読めなかった!面白かったです

  • 100

    cmoa

    良かった。ヒーローの家族の問題、ヒロインの家族の問題と二人の問題。それぞれが哀しみ苦しみを乗り越えて、子供と一緒に愛をつかみとる。最後の子供の一言に感涙

  • 60

    cmoa

    ヒーロー側、ヒロイン側、どちらにとっても家族再生のお話。
    なので、子ども中心にすすみ、じーんとくる感じ。
    ヒーローヒロインのラブラブは少なめ。

  • 100

    cmoa

    ヒーロー目線のストーリーです。話は穏やかに進んでいきますが、まさかのラスト。もちろんハーレクインだから素敵に終ります。優しい気持ちになれます

  • 100

    cmoa

    ここには、二人の母がでてきます。めぐり会ってどれだけ愛していても告げることができないなかで、つらかったか。すべてが丸く収まり、大団円です。

  • 80

    cmoa

    汐宮先生の作品は素敵です。姪の気持ちをわかってあげられるヒロインに段々惹かれていくヒーローに好感が持てました。続きを読んでみたいです。

  • 100

    cmoa

    イザベラがとっても可愛らしかったです。主人公二人も、どちらも不器用だけど、暖かい人達で…。なかなか読みごたえのある内容でした!!

  • 80

    cmoa

    レビュー評価は見るべきですね ラストがいいとありましたが 本当に!読んだ後まで幸せの余韻が続きました。よかったです(^-^)

  • 100

    cmoa

    話の展開も無理矢理すぎず、優しいお話です。
    絵もキレイだし、ラストもとても良い感じでした〜☆

ネット上のイメージ

ヒーロー
家族
子供
感動
優しい

イメージの近い作品(ランダム)

  • テキサスのシンデレラ
    天涯孤独のスーザンは、シングルマザーになる決意をした。両親は他界し、つきあっている男性もいない。ひとりきりの毎日に終止符を打ち、自分の家庭を作るのだ。そうして首尾よく人工授精で妊娠し、彼女は幸せいっぱいだった。一方、テキサスの大富豪スターリングは、精子バンクからの電話に愕然とした。手違いで僕の精子が使われたって!? スーザン・ウィルキンズ――よく知らないが、あの地味な図書館司書か。子供については全責任を負いたいが、彼女はどうする…?
  • ハーレクイン 運命に導かれて
    亡き両親からひき継いだケーキ屋を経営しながら、5歳の息子トビーを育てているシングルマザーのエイミー。5年前に別れたトビーの父親ジェドは一流レストランのオーナーシェフとして成功を収め、テレビでも活躍する人気者になっていた。ひどい別れ方をした彼とは二度と会うつもりはなかったのだが、白血病にかかったトビーの命を救うため、彼の協力がどうしても必要になってしまう。エイミーはジェドと望まぬ再会を果たすが、息子の存在すら知らなかった彼は…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • サムライカアサン
    家族においしいごはんを食べさせることこそ母の喜び! だけど反抗期の息子・たけしにはウザイとうっとうしがられて…。つっ走りすぎオカン&たけしの愛と満腹のダイアリー!!
  • ハーレクイン 情熱の烙印
    ゲイブ・デュモンと言えば、このあたりで知らぬ者はない。ゴージャスな大富豪で、広大な牧場をあちこちに有する大事業主だ。デュモンの生家の隣に住むジェスは彼にプロポーズされたが、それはロマンスでもなんでもない。借金を肩代わりしてもらう代わりに、彼が独身を通す口実づくりの1年限りの契約結婚だったのだ! 亡き両親が愛した土地を守るにはそれしかないと、結婚を決めたジェスだったが、それは彼との極めて危険で熱い夜の始まりだった…!

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 過去からのラブレター
    「トリスという名前に心あたりがありませんか?」受話器の向こうから聞こえてきたのは、レイチェルが12年間かたときも忘れたことのない相手の声だった…!!生涯でただ一度の恋…まだジュネーブの寄宿学校の生徒だった頃、クイーンエリザベス2世号の船旅で知り合い、熱病のような恋に落ちたレイチェル。結婚しようと誓いあったのに、それっきり姿を消してしまったトリス。それがなぜ今ごろになって…レイチェルは当時の記憶が鮮やかに蘇り震えが止まらなくなった!
  • ハーレクイン 大富豪の望み
    ジェナは人工授精で亡き夫の子供を身ごもった…はずだった。ところが! なんと病院側のミスで別の男性ブレイク・ウィンストンの精子と取り違えられてしまった。大富豪のブレイクは、妻は必要ないが子供が欲しいと考えており、ジェナの赤ん坊をひき取りたいと主張した。事態は裁判にまで発展しそうになり、経済的に苦しい状況にあるジェナが困惑していると、ブレイクが思いがけない提案を口にした。「僕と結婚してくれ」この人はいったい何を考えているの!?