© 双葉社

「月の夜 星の朝」に代表される恋愛マンガの名手・本田恵子が新境地を切り開く。今回のお話の主人公5人は全員男性。しかも、下着メーカー社員でそれぞれに奥さんや恋人など愛するひとがいる。ある日、突然集められた彼らに下された命は既婚女性向けの新商品の開発だった。抜擢の理由は「愛妻家」だから―――。年齢も異なる5人だが、それぞれに家庭の問題を抱えつつ、女性のチームリーダーを中心にプロジェクトは動き出す。

ぼくらは妻を愛してる

| 双葉社(出版)

立ち読み

ぼくらは妻を愛してるのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

13件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 1冊無料で読めたので読んでみたところ続きが気になり残り2冊購入。絵はキレイでテンポも良く読みやすかったです。
    現実ではありそうでなさそうな展開(プロジェクト成功→プロジェクトごと政情が不安定な他国へ転勤命令)に少し面くらいながらも、最後まで楽しく読めました。
    愛妻家のオジサンたちのキャラとエピソードが微笑ましくて良かったです。

  • 60

    cmoa

    本当に今、妻を大事にしているということではなく、本当は妻を愛してる「のになぁ」と言いたいであろう、各夫婦のストーリーが良かったです。プロジェクト成功までの軌跡は漫画らしく都合よく進むのであまり手応えがないのですが、そこが一番のポイントじゃない気がするので、まぁいいのかな。まだ最終巻を読んでいないのですが、ナナメさんには幸せになってほしいなぁ。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 全3巻ですが、凄く内容が濃かったです
    登場人物一人一人のパートナーに対する愛情がよく伝わってきました。
    最終巻にそれぞれのその後が少し描かれていて満足
    少しムカツク登場人物の女性が一人いましたが彼女は本当の愛情は手にはいらないんだな。と思ったら少し可哀想にも思えました。

  • 100

    amazon

    アイサイメンバーとななみさんの、妻を、そして女性を知る旅が、海外にまで拡大!妻との関係が特に修復されていないメンバーもいるので、そこは気になるところですが、女性蔑視のサラムラビアでは、下着を通じてどんな風に革命を起こしていくのか、次巻が楽しみです!

  • 80

    cmoa

    ビックリしたりドキドキするようなものではなく、なんとなく嬉しくなるような。優しいテーマだなとホッコリさせてもらいました。展開や絵柄は目新しさが感じられないものの、安心感があって読みやすかったです。夫婦の関係にパターンがあるのも良かったと思いました。

  • 60

    cmoa

    以前から気になっていて迷っていました。キャンペーンで1冊目無料試し読みをしたら、続きがきになり全巻購入!

    途中イラっとする人物が2人。でも、イイ人ばかりじゃないのがリアルでいいです。なんだかんだでハッピーエンド。まだ続きがきになるような感じです。

  • 80

    cmoa

    1巻無料版をよみました。
    タイトルからは、なんとなく怪しげな危ない雰囲気もなきにしもあらずでしたが、恐る恐る見てみたら、私的には意外にも心温まる素敵な作品でした。
    人それぞれ違う愛情の形が、恋愛モノのドキドキとは違う、素敵な気持ちになりました。

  • 80

    cmoa

    こんな事があれば良いなぁ
    とホッコリします
    こんな愛を受けたいと思うしこんな風に支えたいと優しい気持ちになれるし私的にはコットンタオル生地みたいな印象を受けた作品です

  • 60

    cmoa

    無料3話だけ読みました。バツイチなキャリア女性と愛妻家男性が女性用下着を作る、って感じ。優しい雰囲気の絵が好きです。メインの登場人物たちがなかなか良いキャラしてそう。

  • 80

    amazon

    本当の愛がわかると思います。女性が外で働く事も、ただ税金を治める人を増やしたいだけなのです。夫婦のあり方を考えさせられます。

  • 40

    cmoa

    能天気にリアリティを排除している漫画です。
    大ヒットする女性下着もおざなりで、何がしたいのかふわふわしたまま終わりました。

  • 80

    cmoa

    愛妻家5人とバツイチ女性1人のプロジェクト。展開が早く、続きが気になります!

  • 60

    cmoa

    男の人達が主人公の珍しい作品でした。絵が、キレイで好きです。