© 白泉社

物語は「地球」へと還る──「ボクを包む月の光」から4年後…。成長した蓮は地球の歌が聴こえるという不思議な能力に目覚めていた。そんな折、輪と蓮の夢に謎の少女が現れ、輪にとって因縁深い「東京タワー」を要求してくるが…?「ぼく地球」シリーズ第3章、堂々のスタート!

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II

| 白泉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編IIのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

39件のネット上の評価があります

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この地球と歌うでカチコちゃんが一気に嫌いなキャラになりました。
    カチコちゃんも不思議をたくさん持ってる女の子なのに、自分の持っていない蓮の能力に対して「アホらし、電波すぎやねん、痛すぎやわついていけへん」など蓮の能力を否定する事を言ったと思えば誰にも言えない苦悩を抱える蓮に話せ!と迫るカチコちゃんは無意識に皆んなに愛されているという自信からか、勝手に輪くんのピラミッドを持ち出して川に捨てたのがバレると逆ギレするなど可愛さのなくなった子になったなと思います。
    これでカチコちゃんの前世が木蓮のお母さんだったら、私的には最悪だなと思いました。
    ヘンルーカの前世が月基地を使って地球で何をするつもりなのか、その月基地の機密を知っていた柊の思惑、地球子ちゃんの前世など、これからの展開が楽しみですが、ちまこちゃんの当て字が地球子なのは…(-_-;)
    ぼくたまからのファンですが、ぼくたまシリーズが、これで終わりになってくれる事を願います。

  • 20

    cmoa

    ぼく地球が大好きで今でも全巻コミックで所有しています。結婚する時も実家から新居へ持っていく荷物に入れたほど好きな漫画です。
    ですが、こちらはもう読んでません。次世代シリーズIからしんどくなってきて、それでも頑張ってIIも読んでいました。2巻までは頑張りましたが限界でした。1番辛かったのは絵の崩れ。見ていて不快になる程顔が歪んでいたり絵が崩れていたり。そのせいか話も全く頭に入らず。しかもどこまで引き伸ばすの?と思うほどしつこいです。正直この続編なら読みたくなかった。ぼく地球が本当に良い作品だっただけに続編を書くならもっと最新の注意を払って欲しかったです。
    名前の付け方もどこかでなぜキラキラネームにするのかの説明がありましたがそれにしてもキテレツ過ぎて読んでて世界に入り込めません。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最新4巻まで読んで(ぼく地球、ボク月読了済)、ボク月延長の本作では蓮くんが成長しててより好ましい感じです。蓮くんが黒聖歌歌っちゃうの?どうなの?ってロジオンの「罪」とどう向き合うのか今後が気になる展開です。
    そうそう、可愛げ成分減少気味のカチコちゃんにも異変がありましたね。
    こうなるとメロディも電子化販売しませんかねぇ……なんて思います。

    星4個なのは、まだ先が分からないからです。完結したら5になるかも。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 小学生の頃から見ていてハマっていたのを覚えています。大人になり、続編があるのを知り、また読み始めましたが……後付け設定が多すぎて、正直1部でやめとけば良かったのにと感じるようになりました。3部は特に。
    名作だったのに余計に残念。余韻を残したままが一番良いんだと思わせた作品です。
    読み始めた以上、どう纏めるのかは気になるのでたぶん読みますが(笑)

  • 100

    cmoa

    ぼく地球が1991年で輪が小1から小2に進級している。
    輪が高1の時に生まれた子供という事は1999年度に生まれた子ということ。
    2008年8月末の輪失踪事件から4年後の話だと2012年なので、輪は29歳、蓮は中学1年生のはずなのだが、蓮が11歳から12歳になったという事は小6なので年齢がずれてしまってるし、輪も28歳で1歳若い。。。。ボク月から3年後の話なんじゃないかな。と思うのですが。

  • 100

    cmoa

    以前、この作品の前の作品は最初の方で読むのを辞めてしまったのですが、読む機会があり、どんどんぼく地球の話につながっていくではありませんかー!!
    大好きな作品なので嬉しくて嬉しくて読み進めてしまいました!
    ぼく地球のストーリーが大好きだったので続いていく感じが好きです!簡単には続きが想像できない私はどっぷりハマっています!
    次回作が待ち遠しいです!

  • 60

    cmoa

    ぼく地球が好き、ただそれだけで続編も追いかけてます。シオンとモクレンが普通に別人格として輪と会話してたり、ロジオンまで地球に転生してきてたり…ちょっと意味不明な迷走が、目に余るときは、ある。だけど、何回も言うけど、ぼく地球が好きぜーんぶ帳消しにして有り余るほどにだから読まずにはいられない…でもある意味ベツモノとして割り切って読んでます。

  • 100

    cmoa

    定期的にシリーズ通して一気読みしてしまいます。優しく暖かい次世代の絆と共に、ぼく地球では明かされなかった神秘的な世界観が紐解かれて行き、話の勢いに引き込まれて大興奮です。
    このお話はぼくの地球を守って、と次世代のボクを包む月の光を全て読んだ前提で進んで行きますので、はじめての方はぜひシリーズ順に読んでみて下さい。

  • 80

    cmoa

    ぼく地球の世界観が好きなので、まだこんなにも物語が広がるのか…!と嬉しい驚きとともに読んでいます。滅亡した母星系体、キチェスと黒聖歌の謎…やっぱり過去の記憶を絡めた見せ方が、巧いんですよね。ボク月でちらっと出た超能力者団体のパラダイスプロジェクトなんかも出るのかな。続きが気になります。今後に期待をこめて★4で。

  • 40

    cmoa

    僕たまが名作過ぎたんでしょうが、物語は終るから良いんですよ。
    お城のシンデレラの暮らしなんて、知りたくもない。
    絵も変わって、その後の想像力を壊してしまいましたね。
    僕たまで興奮おさまらない読者の為にのみ創った漫画は、前作のクオリティを壊していきます。
    もういいでしょ?終わらせましょうよ。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 4つの惑星滅ぼすほどの戦争ってどんなの?という疑問は本家のぼく地球でも感じていた。でも、いまさら物語の根幹を覆すほどの展開は望んでないな。謎は謎のままでもよいと思う。子どものころ読んだの記憶を上書きされたくない気持ちもある。

  • 20

    cmoa

    ぼく地球はすごく面白かったし好きでした。その次の月の光も何とかついていけました。ですが、もうおなかいっぱいです。もういらないです。絵もクセが強くなりすぎて可愛くないし。いい加減終わらせて欲しいです。作者さんの他のマンガも読んだことありますが、面白かったのはぼく地球だけですね…。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 次世代1は子供達の紹介編で、次世代2は月時代の謎あかし編になりそうな感じですね。
    次世代とされてるので、ぼく地球を知らないと内容は理解できません。
    私は特に雑さなどは気になりませんでした。
    続きが楽しみです。

  • 20

    cmoa

    前のシリーズを頑張って、読み通しましたが、
    とにかく絵とストーリーが粗く雑で、
    ページを開いた時に、不快な気分になります。
    作者さんの描いている時の心の状態が、マンガに全て
    投影されているようで、内容が全く入ってこず、これ以上は読み続けられません。
    とても残念です

  • 20

    cmoa

    この人の作品はこればかり。それ以外でも未来とか過去とかそういう話はばかりで。どの作品にも言えることだけれど、名作と言われた作品こそいじらず、『その後』を読者に想像させるくらいがちょうどいいと思う。この作者は本当にやり過ぎ。子どもの名前も引きました…。

  • 100

    cmoa

    ぼくたまは昔から大好きで、次世代編があるのはシーモアで知りました。
    世界観が素敵。穏やかに描かれているのに、なかなか激しい内容です。
    宇宙人(!?)と、生まれ変わりと、超能力の話。大人(オバサン)になって読んでも楽しいです。続きが気になる〜!

  • 100

    cmoa

    小学生の時から繰り返し繰り返し読んでいるぼく球の続編の続編!懐かしい登場人物がいっぱい出てきて胸が熱くなりました。登場人物が生き生きしていてみんな愛しいです。
    お話しも、どうなるの!?っていつもわくわくドキドキしながら読んでいます。

  • 100

    cmoa

    ボクたま からずっと愛読していました!絵の事は確かに気になりました。カッコ良かった紫苑、輪くんの顔が変わりました。美しい木蓮も。でも、話の構想は壮大です。やっぱり、ドキドキしますね。これからも愛読していこうと思います!

  • 60

    cmoa

    ってことで、ストーリーの続きが気になって気になって、は、いるんですが…絵が、すっかり変わってしまったカクカクした絵が、どうにも苦手で
    ぼく地球の頃の柔らかな流れるような美しさは何処へ
    とても複雑な思いで読んでます

  • 20

    cmoa

    ショックです。絵は綺麗じゃなくなっていてなんだか粗雑な感じだし、言葉遣いなんかも凄く嫌。拒否感しか出ません。僕たまが凄く好きだったからこそ、この作品が残念でなりません。描くならもっと丁寧に描いて欲しかったな。

ネット上のイメージ

子供
可愛い
驚き
熱い
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • 純情ビッチな幼なじみのセフレ事情
    【翔を想像しながら他の奴とセックスしてる】男子校生の蛍は、世話焼きな幼なじみの翔にいつも助けられている。家でも学校でも一緒の二人だったが、蛍には翔にも言えないヒミツが――…。それは、翔にどうしようもなく欲情していて、その熱を冷まそうとバスケ部・部長の佐々木先輩とセフレ関係にあること。ところがある日、部室で先輩とヤっているところを翔に見られてしまう…。もうこんな自分ともう幼なじみでいてくれない、と思った蛍に翔は「オレが蛍を抱いてやるよ」念願の翔とのH、彼の上にまたがり自ら挿入するも、どこか満たされなくて――…。硬派な絶倫男子×誘い受けのエロくて切ない両片想い。
  • 繋属エンカウント
    ある事情から愛した人の息子、瑛志を引き取って育てているフリーライターの楓。大学に入って男らしく成長した姿に頬を緩めながらも、日々父親に似てくる瑛志へ家族以上の特別な思いを抱いていた。誰から見ても、穏やかで愛にあふれた理想的な義父と子。だが楓は、平穏な親子として生きていくには困難が伴う秘密を隠していた…! 「大事なガキにアレを知られたくなければ…お前から跨るんだ」。望まぬ行為も全ては、ただその愛を繋ぎ守るため…。いくつもの“想い”が絡み合い連鎖するドラマチック・ラブ!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 快感フレーズ 特別編
    咲也(さくや)が、愛音(あいね)が、そしてリュシフェルが帰ってきた!!2人のその後がわかる特別編!世界のリュシフェルが、ついに凱旋帰国!!愛音にとっても結婚式以来、1年ぶりの日本です。咲也の滞在先は…な、なんと愛音の実家!!愛音の両親に気を遣ってぺースを乱す咲也の姿に思わず愛音は!?●本作品は短編集です。快感フレーズ 特別編/それからの快感フレーズ/サイドシートで抱いて/Summer Days Seventeen の4作品を収録
  • 結婚してください!
    【子持ちオメガ、御曹子(おんぞうし)に求婚されてます!?】スパダリ貴公子×健気な庶民リーマンのラブロマンス・オメガバース。――“イケメンセレブのお相手さがしは前途多難!” 結婚コンサルタント会社に勤める新人社員のΩ・佐々木 海里(ささき かいり)。彼の悩みは顧客であるイケメンα・神宮寺 晴臣(じんぐうじ はるおみ)が本気で婚活をしてくれない事。更に困った事にこの御曹子、事ある毎に口説いてくるんです!果たして海里は晴臣を結婚させる事ができるのか…!?

イメージの近い作品(最近)

  • 鉄人ガンマ
    自分を変えたい。このままではいけない。逃げてはいけないのだ!さえない中年男・丸麻照男(ガンマてるお)はスーパー「コーダ」の精肉部主任としてハンバーグを焼く毎日。美しく聡明な妻・オシリーナの愛に報いるため、自分を変えたいと悪戦苦闘。だが、怒濤のような恥ずかしい過去に束縛されて、渦巻くのは自己嫌悪ばかりだが!?山本康人がお贈りするトラウマ克服バラエティー、スタート!
  • デビリーマン
    「握手した相手の罪が見える」能力を貸与するのが仕事の悪魔・マドギワー。クビに怯えるダメリーマンの彼が契約を交わした和(あえる)くんは、可愛らしい外見に反して中身は悪魔もビビるほど恐ろしい少年だったーー!!