© 講談社

生まれつき文字の読み書きが苦手な忍。高校も卒業できず、ようやく見つけたバイトもクビになってしまう。そんなとき、忍は喫茶店のマスターに、ディスレクシアという障害ではないかと教えられる。彼は同じ障害でありながら飄々と生きており…? あきらめかけていた人生に光が射し込む第1巻!

ぼくの素晴らしい人生

| 講談社(出版)

立ち読み

ぼくの素晴らしい人生のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

31件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ディスレクシアという障害をこの作品で初めて知った。
    作者もあとがきに書いてあったけど、障害があるから障害を知る…のではなく、その人を知る必要があるという考えになるほどなぁと思った。
    忍や遥を見てると尚更。
    忍や遥が障害を知り、でも障害を受け入れながら前に進んでいく姿はすごいなって思う。
    そして出会いの大切さも痛感する。
    胸もいたくなるけど、すごくタメになるし、感動した。
    特に忍は、ディスレクシアとわかる前も、諦めずにひたむきに自分なりの処世術を見つけて生きていたけど、ディスレクシアと知った後の成長がさらに目覚ましく、読んでいて気分爽快!
    忍は辛い思いもしたけど、おばあちゃんや千鶴、遥…と出会いに恵まれてた方なのかなって思った。
    忍の柔軟な対処の仕方とか発想は障害に苦しんだゆえに生まれてきたかもしれないけど、それが確実に強みなってるんじゃないかなと思うと、無駄なことはないなとも思った。
    そして、もしかしたら私の周りにも実はこういう人たちがいたのかも、いるのかもと考えさせられる部分もあった。
    読んでよかった!! 続きを読む▼

  • 100

    amazon

    絵も綺麗で読みやすく、障害を描きながらもほのぼのした読後感でした。ディスクレシア(識字障害・書字障害)はまだADHDなどと比べると認知度が低いです。IQが正常であっても、小中学校では国算理社英の全ての成績が極端に悪いため、周囲も本人自身も「バカ」というレッテルを貼ってしまいます。特に、漢字・英語・音符は読みにくいそうです。ディスクレシア以外は正常な人もいれば、知的障害や自閉症スペクトラムもある人もいます。米英では理解が進んでいて、教材を拡大コピーしてくれたり、読み上げサービスもあります。ディスクレシアの子がハーバード大学に入学した例もあります(試験は読み上げ、口頭で答える)。確かトムクルーズもディスクレシアとか…。日本のセンター試験でも、専門医の診断書や諸手続きが必要ですが、問題を拡大コピーしてくれたり時間延長などの支援があります。スマホやkindleの読み上げサービスも良いですね。今後とも世間的に認知度が高まっていけば、支援も広がるのではないでしょうか?

  • 40

    amazon

    失読症に興味があり、購入したのですが、もう少し詳しい知識を載せて欲しかったです。(覚えているのは、主人公とマスターと女の子が語る部分くらい。)少女漫画風な絵に似合わず、内容はかなりスポ魂というか、感傷的すぎる気がしました。世間に痛めつけられた二人が、時には傷つけ合いながら、知恵と根性で這い上がり...... と、そこまで大袈裟な話かなと。確かに広く世間に流布してはいませんが、そういう病名は前からあったと思います。職場や学校でも、「どうしたの?」「字が読めなくて... 」というところから、対策は練れるでしょう。何でも病名にしないと対処できないほど、世間は馬鹿ではないと思うのですが... (行政は別として)。 ディスレクシアの話というよりは、それをきっかけに、熱いドラマを描きたかった漫画という気がしました。まるで差別を受けて生きてきたかのような、妙にひねくれたマスターは特に魅力がなく、話に入れません。少なくとも失読症を知るには不十分だと思います。

  • 80

    cmoa

    読み書きと言うより、本人がどう見えてるか?どう聞こえてるか?になってしまうのがこの障害で本人も気付きにくい。周りも気付きにくいので、怠けてるや理解出来てない分からないと思われがち。練習しないからとかからではないし、頭が悪いからでもないので、頑張って書いても自信をなくしやすい。
    うちの息子は書字障害と思われる(正確な検査する場所はあんまり無い)。その他にも感覚過敏症と睡眠障害もあるが知能には問題は無し。
    読めるが書くことがとても難しい。
    通常の学校生活は難しく、小学生だが今はお家生活。
    パソコンやタブレットを使用すれば、打てるので日常生活も大丈夫。
    まだまだ認識は薄いので諦める部分と、本人の努力と出来る部分を伸ばすしか未来を持てない現実があります。

    義務教育や社会は字が読み書き出来ることが当たり前として、分かる分からないを突きつけることが多いが、少しずつ認識をされてその人に使える道具が当たり前として使用出来る社会になって欲しいと思う。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 障害じゃなくて、1つの特性と思われる社会になってほしいと思います。主人公のような困り感のある人が、生活しやすい社会。そのような社会は、きっと主人公のような困り感のない人にとっても、暮らしやすいんじゃないかと思ってます。困り感の原因・解決法が医学的にももっと解明されて、早期に治療・介入・支援されて、2次障害を起こすことなく年齢を重ねていけたら良いなと思います。
    今、現在の役所/役場の福祉課や児童相談所、保健センター、公的療育機関、教育機関の対応の酷さに言葉を失うことが多々あります。

    (後日追記)
    最終巻は感動して涙がでました。劇中のセリフ「客が変われないんだから店を変わればいいんだよ それで過ごしやすくなるんだよ」で、この作者さんは当事者運動まで取材されたんだな、と胸が熱くなりました。素晴らしい作品をありがとうございました。 続きを読む▼

  • 100

    amazon

    これは良いマンガですよ。主人公の忍くんは、話すと普通なのです。バカではないのです。でも文字が普通には読めないのです。「全く読めない」のではなく、読むのにとても時間と苦労が必要なのです。そのような忍くんがいきなり「ディスレクシアだ」と言われた困惑とか、わかりやすい疾患の知識とか、さりげない合理的配慮の方法とか、気づかれないことによる苦悩とか、バカだと言われ続けてきた自信喪失とか、認められることへの渇望とか、そういうのがきっちり描かれているのです。ぐんにゃりと曲がって読めない文字とかマンガならではの表現で、ディスレクシアへの基礎知識も身につきます。重要なのは、まず周囲が気づくこと。人によって症状はいろいろ異なる、と知っておくこと。「ちょっと読みにくい」だけで、多大な困難が待ち受けていること。ぜひ多くの人に読んでほしいです。ドラマ化を希望します。

  • 100

    amazon

    大人になって診断された発達障害当事者です。ディスレクシアはありませんが、子どもの頃から「みんなに出来ることが自分だけ出来ない」という経験をしてきました。この漫画に出てくる登場人物が「普通なんてつまらない」と言うと主人公が「普通がつまらないなんて言えるのは、普通に生きられる選択肢を持っているからだ」と怒鳴るシーンはまさに私の気持ちでした。2巻も読みましたがそちらもとても面白かったです。当事者を丁寧に取材されて描かれているのだろうと感じました。

  • 100

    cmoa

    真っ直ぐに成長していく忍くんの姿に感動しました。
    遥さんとの出会いをきっかけに自分の障害に気づき、「変わりたい」と強く思い始める忍くん。脚本に挑戦したり、初恋の女の子と再会することで彼の人生がどんどん変わっていきます。
    障害の理解を深めよう、という話じゃない。人生ってなにか、幸せってなにか、たくさんのメッセージを受け取りました。泣けます! オススメです!

  • 100

    amazon

    通級指導教室に通っている息子が学習障害グレーゾーンです。マンガの主人公ほどではないにしろ、漢字を覚えるのがとても苦手。読み書きが苦手、という言葉だけでは表しきれない部分を漫画で分かりやすく描いていただき本当にありがたいです。ありがとうございます。頑張ってください、続きをとても楽しみにしています。

  • 80

    amazon

    1巻は大きな事件もなく(主人公がディスレクシアに気付く、というのが大きな事件とも言えますが)、淡々と「ディスレクシア」という障害についてが描かれます。ディスレクシアがどういう障害で、どういった困難があるかが分かりやすいと思いました。これから物語がどう動くのか?楽しみです。

  • 100

    amazon

    字の読み書きが苦手…な発達障害のお話し今は知識もありますが、昔はこういう障害があるって知らなかったですよね漫画になって知識が増えると、サポート出来たり理解するのが早かったりでいい事ですよねだって自分でも気付いてなかったりするかもですからね

  • 80

    amazon

    さまざまな難病が知られる様になりそれなりに理解も進んできましたが、この病気は初めて知りました。これは苦しいと思うが、確かに文字を文字として認識する能力は決して当然の能力ではない。だからこそ、苦しくて暖かいドラマが自然に展開される。

  • 80

    cmoa

    知らなかったことばかりでした。人によって違う困り感があること、大変な苦労とストレスを感じながら生きていること、理解を深めて、その人の良さが発揮できる世の中になってほしいと願うばかりです。たくさん考えさせられました。

  • 60

    amazon

    そういった障害があるって初めて知りました。そういった問題を抱えながら社会で生きていくって凄く難しいんだなと改めて思いましたが、理解してくれる人が身近にいる事がどれだけその人の救いになるか…考えさせられる話しです。

  • 100

    ebj

    物語の主人公は「ディスレクシア(読み書き障害)」です。しかし、自分が「ディスレクシア」であることに気付いていませんでした。彼は、同じくディスレクシアである喫茶店のマスターから、「もしかして、きみ...

  • 0

    ebj

    デイスクレシア(読書障害)の主人公のマンガです。彼が子どもの時の、小学校の先生とかの対応がいたい……。テストだって、問題を読んでくれれば答えられるのになぁ、という台詞が悲しい。いまは法律で、障害...

  • 100

    cmoa

    想像ができない世界だけど、勉強や生活全般で苦労するのは理解できる。どんな障がいもうまく付き合う方法を見つけられたらやっていける。でも実際にはそこまでたどり着ける人は少ないのでは。本当に考えさせられる。

  • 80

    cmoa

    こういう障害とか、昔は知らなかったよなー。
    人のかおが覚えられない人とか、空気が読めない人とか、知らなかった。
    見た目では分からないから偏見とか嫌がらせとか受けてしまうこともあると思う。

  • 100

    cmoa

    学習障害って知ってますか?
    ただの劣等生だと思っていた主人公の、障害の特性に気づき、それを乗り越えていくストーリー。
    周囲と同じことができなくて悩んでる人の力になるかもしれません。

  • 60

    cmoa

    初めて聞く障害の名前。世の中には色々な障害に苦しんでいる人がいることを漫画で知る。とてもリアルに受け止められた。主人公が落ち込みながらも自分の生きる道を探している姿がいい!

ネット上のイメージ

障害
感動
成長
熱い
女の子

イメージの近い作品(ランダム)

  • ぼくの村の話
    「ぼくの村」、それはどこにでもあった日本の村のひとつだった――。1966年6月、少年たちは暗闇のなかで、青白く輝く馬が飛ぶように駆ける姿を見た。その日は、彼らの村がつぶされる決定が下された日でもあったのだった……。新しい空港を建設するため、20年かけて開墾してきた自らの土地を、突然奪われることになった農民たち。彼らの長きにわたる戦いが、今、幕を開けた!! 「成田闘争」を題材としたフィクション第1弾!!
  • 難病が教えてくれたこと ~あなたの身近にいる闘病者たち~
    「私の子供、一生治らない病気なんですか…?」小児病を患ってしまった家族にふりかかる数々の困難。学校でのイジメ、周囲の好奇の目、それでも家族は難病と向き合い、子供と人生を歩み続けた――。偏見や差別を乗り越え、難病に立ち向かった家族の奇跡の物語。感動の難病ドラマシリーズ【小児病】をお届けします。※本作は人気レディースコミック雑誌『家庭サスペンス』で連載していた、『知られていない難病シリーズ』を電子書籍版として再編集したものです。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 風のシルフィード
    舞台は千葉県の小さな牧場。ここで、新たな命が誕生した。“奇跡の末脚”と言われた、名馬サザンウインドを母に、速く走ることを宿命づけられた仔馬が…。だが、その仔馬・シルフィードには、競争馬として致命的な欠陥があった!?フィールドを駆け巡る愛と感動の競馬巨編、堂々の登場!
  • BLUE GIANT SUPREME
    止まるわけにはいかない宮本大は、単身ヨーロッパに渡る。降り立ったのはドイツ・ミュンヘン。伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、テナーサックスと強い志があるだけだ。「世界一のジャズプレーヤーになる・・・!!」練習できる場を探すところから始まる挑戦。大の音は、欧州でも響くのかーーー

イメージの近い作品(最近)

  • 蒼き神話マルス
    強い競走馬の育成に命を懸ける大学教授とその息子・馬守(まもる)のもとに、1頭のサラブレッドが生まれる。蒼い瞳を宿すその馬は、マルスと名付けられた――。ターフに今、新たなる神話の1ページが刻まれる!「風のシルフィード」の本島幸久によるもう1つの感動競馬巨編スタート!
  • バンビ~ノ!SECONDO
    一流のイタリアン料理人を目指す若者・伴省吾が、新規オープンするバッカナーレ2号店「レガーレ」のチーフに! 歴史と伝統に満ちた街・横浜を舞台に、物語はさらに熱く、加速する!!