© ハーレクイン

未亡人のエリンは赤ん坊を抱え、ホテル経営をしていた。ある日、サムという億万長者が長期滞在目的で訪れる。しかし、ひと目見た瞬間にエリンの心をとらえた美しき滞在者には、秘密の目的があった。そんな時、何も知らないエリンのもとに届いた1通の手紙のなかには驚くべき内容が記されていた。クリニックでの精子の取り違えにより、赤ん坊の父親が別にいて、親権を争うことになると! そして、その相手がサムだとはエリンには知るよしもなかった――!

はかないキスに涙を添えて

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

はかないキスに涙を添えてのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

30件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    素晴らしかった。外の景色も、室内も、よく描き込まれて、繊細な筋運びと細やかさが同調する。二人を中心に据えてじわり進行する上滑りしない心の風景。周囲の人物たちも出番が少ない割にものすごい存在感を放つ。苦しんでいる二人が互いに打ち明けて、そして、慰め合うように親しくなっていくところ、二人がそれぞれ引きずってきた痛みが和らいでいく様子に、その穏やかなひとときの幸せを感じる。静かにたたえてきた緊張が冬の柔らかい日差しを受け始めたかのよう。

    背景の丁寧な描き込みだけでなく、男性視点のモノローグが素晴らしい。人物の内面描写をタップリ補強する、これまた印象的な言葉が並んでる。

    選ばれた表現が、そこにある空気を敏感に掬い取って物語の進行に深みを与える。もちろんナビゲーターとして巧みである上に。

    こういう内容は、噛みごたえのあるメニューがいいと思うときに魅力が発揮される。その滋味を味わうと、自分まで幅が広がった気になってくる。

    二人の人間が、出会う前に既にそれぞれ歩んできたところがあり、何らかの偶然(必然でもあるのだろう)があって二人の人生が交錯する。この話はその交錯の理由が、両者にとって共に切実で、過去や現在の自分に対するの肯定でもあったりと、なかなか誰もに傷を残さない決着は難しいであろうデリケートかつシリアスな問題。
    そこに化学反応の発生があり、積み重ねる時間の中で、相手を求めている自分の感情を知る。

    出会うまでと出会った後との違いをわざわざ説明しなくても、終盤で男性が語る通りに、もう知らなかった頃には戻れないのだ。

    この作品を制作するのは相当心血が要ったのだろうと思わせる丁寧な仕上がりに、なんだかいい仕事した価値あるものを見つけ出した気分一杯だ。
    中身に反してタイトルが安っぽさを感じる。重くしたくない意向は判るが、原題には男性視点の可能性も感じさせるだけに、もう少しノンジェンダーで付けられなかったものかと思う。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 前半がそこそこ良かった分後半の自分勝手に、話を進ませるヒーロー?に我慢ならず。結果を無視したと同じくらい結果的にやってはいけない嘘をついて、知らない彼女と関係を持った、しかも知られたくないであろう過去までほじくりかえし。彼女の言い分を聞かず。十分彼女だって悩んで苦しんでいたのに。恵まれていたのに、失ってやっと気付くヒーローと幼い頃から全てにおいて恵まれずそれを欲し大事にしてきたヒロイン。終始彼目線で心情が描かれてるから、ヒーローがほんとにひたすら自分勝手にしかうつらず。あ〜この人は、また相手の気持ちを思いやれず大切な人を失い繰り返すのか、・・・と。癇癪を起こしておいて、でも嫌われたくない。後ろぐらい気持ちになりたくないから、彼女にたいして自己まんな援助を申し出る。は?って感じ。この偽善者!!!!もう色々と男の言動がずるくて意味不明。兎に角浅はかすぎる。子どもは本当は自分が死んだ妻の呪縛から自由になるために必要なだけ、最終的には欲しかったのは彼女って言う。ヒロインは、きっときちんと死んだ旦那も子どももヒーローも愛していたから、あの結論を出したんだと思う。
    生きてきた人生の重みがヒーローとヒロインじゃ違いすぎる。ラストもぜってーこの先上手くいかないだろうなといい意味でなく想像が膨らみました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 前半だけでも先が心配になるストーリー しかし さらに重い内容になる後半 ヒロインもヒーローもどちらもトラウマを抱えている ヒロインは子供だった辛い過去に 助けてあげることが出来なかった命について ヒーローは自分のミスで死なせてしまった妻について ヒーローが痛みを知らなかったらヒロインを深く知ろうとは思わなかっただろう そして 愛してしまったからヒロインの過去について気にしてしまう 弁護士がいかにもな感じなのがリアリティあった 敵の粗探しがうまいよね。ストーリーはヒーローからの目線で進んでいく 美しい景色や静かな生活にヒーローの心の葛藤や哀しみが際立ってみえた ラスト ヒロインが子供のために全てを消し去ろうとするシーンが泣けた そしてヒーローがどんな結果であろうと引き受ける覚悟で愛し続けることを誓うシーンが良かった。HQらしさはないけど 良作

  • 80

    cmoa

    かなり内容の濃いお話。
    お話的には読み応えがあるのですがあまりにヒロインの生きてきた道のりが険しく可哀想です。
    又ヒーローも心に傷があるとはいえヒロインに対して心無い態度で恋に落ちた裏返しで裏切られた気持ちだったとしてもあまりに酷い。
    最後ハッピーエンドとなりますがあまりに急な展開で終わるのでそこは少し不自然な気さえしました。
    絵はとても綺麗で読みやすくお話にのめり込めました。折角興味あるお話でしたのでラストがもう少し重みがあると良かったです。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ここまでヒロインが不幸な話もなかなかない。そしてここまで卑怯で自分勝手なヒーローもなかなかいない。ヒーローにはなんの魅力も感じない。前妻だって自分のせいで殺したようなもんだし。ラストの方でヒロインとヒーローが電話で話すシーンは読んでて胸が痛くなって泣いた。絵がきれいなのでふんわりと読めるけど、作画家さんが違ったらもっとウンザリした重ーい話になったと思う。

  • 20

    cmoa

    ヒーロー(と呼びたくない)が終始浅はかでひどい。正体隠してヒロインに近づいて八つ当たり状態で追い詰めて、やってしまってから「こんなはずじゃなかった」胸糞すぎる。
    ヒロインはとにかく気の毒。頑張り屋のいいお母さんなのに…。
    こんなのと一緒になっても幸せになれる気がしないし、どうせまたなんかやらかすので、うまいこと親権奪い取って逃げて他で幸せになってほしい。
    ここまで別れればいいとおもうハーレもなかなか無い。

  • 100

    cmoa

    泣けました。
    不幸すぎるヒロインの生い立ち、色んな苦労をしてきたヒロイン。
    たった一つの幸せを奪われたくなかった。
    それを奪おうとしていたのがまさかのヒーロー。
    ヒーローもただ純粋な気持ちでの事で、ヒロインを傷つける目的では無かったのに。。。
    悲しくて哀しすぎる真実。
    「存在しなかった」事にできない二人、、。
    暗い展開が続くのですが、ライリーとサムの写真にやられました。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 お互い言い放った言葉は決して消えないし、ヒロインはクリニックの落ち度で自分のではない受精卵で出産し、二度と子供の産めない体になってしまった。ヒーローもつらい過去があるけど、勝手に苛ついてヒロインを傷つけまくった。そんな二人が最後の数ページで?…なんだかなぁ

  • 20

    cmoa

    自分しか見てなく相手の立ち場にたっていないクズ男、私はどうしても許せないです。子供を奪われる母親の気持ちは計り知れないくらいの絶望です。はっきりいえば産んでもないのに何様って感じで不愉快すぎ。男前なら何でも許されるのかハーレクイン。
    私は気持ちが暖かくなるドラマが見たかった。
    お金を返してください

  • 80

    cmoa

    ヒロインの生い立ちや心情を考えると胸が痛みました。ヒーロー、事情はわかるけれど、自分勝手で残酷なことをしますね。最後のヒロインとヒーローの電話のシーンは読んでて胸が痛くなって涙がでました。最後ハッピーエンドでよかったけど、ちょっとあっさりだったかな。

  • 100

    cmoa

    とても好みの絵だったので買って見ました。
    ストーリーもタッチも完成度高いです。

    だから違和感なく感情移入出来て引き込まれ、重〜い内容なのでちょっとうるっと来ました。

    読んだハーレクインの中でも、一、ニを争う不幸なヒロインでした。

  • 80

    cmoa

    最初は普通の取り違えの話で親権をめぐっていがみ合ってでも最後はくっついちゃう単純な話だろうなと思ってたのに物凄くシリアスで、ヒロインの背負っている過去が深かったのにそれをちゃんと昇華させたヒーローが素敵でした

  • 60

    cmoa

    これで終わりでいいのだろうか?っていうのが、読み終えてすぐ思った感情でした。
    もういない大切な人の思い出を背負いながら、生きていくっていうけれども、なんか大切なことを忘れたまま終わってる気がするんですよね。

  • 60

    cmoa

    かなりヘビーな話。もう、どちらが悪いわけではもない。ちょっとしたタイミングで拗れるのは良くある事。私は二人がちゃんと向き合って進んでいくのなら、終わりよければすべて良いと思う。

  • 80

    cmoa

    久々にハーレクインで泣いた気がします。いつも思うけど、ページに制限があるのはどうにかならないのかな。せっかくの良い作品でもラストが尻切れトンボとはもったいない。

  • 100

    cmoa

    漫画家さんが好きなので買いましたが今回もスッキリしない!ハーレクインらしからぬ作品なので評価は分かれると思いますが私はこの切ない感じの描き方が好きです。

  • 40

    cmoa

    途中まで良かったけれど ヒーローが好きになれませんでした。あんなに散々けなされて 例え 好きだと言う感情が残っていても 彼とは付き合いたくないですね。

  • 80

    cmoa

    不妊治療クリニックのミスで自分の子供ではない子を体外受精出産。愛して育てて来たのにその事実をつきつけられてどんなに辛かったかと思うと悲しくなった。

  • 60

    cmoa

    お話としては、良かったけれど切なすぎてもう読めない・・・。いや〜、ホント主人公が可哀そうです。ハッピーエンドだけど・・・切ない。

  • 60

    cmoa

    ただただヒロインが可哀相でやりきれなかった。ハーレだから最後はハピエンになるんだけども、うーん…。これ描く側もしんどそう。

ネット上のイメージ

ヒーロー
切ない
子供
幸せ
シリアス

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 一夜の夢が覚めたとき
    楽園のような島のホテルで、臨時雇いの仕事を見つけたジュエル。彼女はその夜、バーでひとりの男性と出会う。ゴージャスでパワフルでなんて尊大…。柄にもなく、名前も知らない彼とめくるめく熱い一夜を過ごしてしまう。2日後、ジュエルがホテルオーナーのオフィスへと出勤すると、扉の向こうにいたのは彼女を官能の高みへと押しあげた彼――ピアズ・アネタキスだった! 翌日、彼女は何も説明されないまま仕事を解雇される。ひどい! なんて卑怯な男なの!
  • アラサー女子、指先からハジまる××事情【描き下ろしおまけ付き】
    【描き下ろし番外編2Pを新たに収録!!】「…触っても?」身体に触れている指先、全身に響く快感、自然と出る喘ぎ声。恥ずかしいのに凄くキモチイイ―…付き合って8年目になる彼氏・太一とマンネリな葵。同棲し始めた時は、一緒にご飯を食べたり、おかえりのハグをしたり…ラブラブだった。だけど今はもう視線すら合わない。限界を感じた葵は飛び出すように家を出ていく。そして引っ越し先のお隣さん・桐島との出会い。彼は不思議なオーラを持ちながら、太一とは対照的で葵の事をよく見ている。そんな桐島に葵は惹かれていく。しかし彼には誰にも言えない過去があり―…!? 恋愛・結婚・仕事…『幸せ』を求めてがむしゃらに一生懸命今を生きていく、そんな3人のお話。【桃色日記】【本作品は「アラサー女子、指先からハジまる××事情」第1~6巻/第1~24話を収録した電子特装版です】

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 恋のまんなか
    内気な優等生の一之瀬司は、密かに同級生の松原千歳に想いを寄せていた。だが、ある日、その気持ちを本人に見破られ、無理やり告白させられてしまう。松原のアパートに連れていかれた一之瀬は、言われるままに松原と体を重ね……どうしようもないほどのさみしさを抱えた少年たちの行く先は?
  • ジンと猫は呼ぶと来ない
    パリの下町に蠢く情報屋ジンと相棒の殺し屋マリ。 ガキの頃からつるんでいる二人だが、マリはパシリのように扱われていた。わだかまりを感じながらも側を離れないのは、幼馴染みの腐れ縁ってヤツなのか、それとも…。 気ままな暮らしを危ぶむマリをよそに、ジンが連れ込んだ新しい男は…。―――超話題作「向日性のとびら」のスピンオフシリーズを収録。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 二人の年月
    6年前、里子として迎えられたカイルを追い出してしまったヘザー。過去を悔いた彼女は、病で倒れた父のために彼を訪ねるが……!?
  • 新装版 彼の両性具有独占欲【単行本版(電子限定描き下ろし付)】
    ※「彼の両性具有独占欲」の新装版です。「もう誰にも触らせない」医大生・三上の幼なじみ・都月は、両性具有で早熟な少年だった。三上の兄に処女を散らされて以来、複数の男を前にも後ろにもくわえ込み、ついには親友で未経験であった三上にさえもカラダを与えた。それから10年。三上は誰もがうらやむ男前の“彼氏”であるように見えるものの、実際は都月からは想いを返してもらったことなどなく、日々独占欲ばかりが強まるが――。「まさか三上に監禁されるなんて」 ◆収録内容◆旧版「彼の両性具有独占欲」(一部加筆修正)新装版 単行本収録描き下ろし7P電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)