© 集英社

【デジタル着色によるフルカラー版!】妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子。妖怪の総本山・奴良組の若頭として、祖父のような立派な首領になることに憧れを抱くのだが…!? 痛快妖怪任侠活劇、ここに開演――!! (1話「魑魅魍魎の主となる」~7話「リクオ、一番街へ行く」までの7話分と番外編1話分を収録)

ぬらりひょんの孫 魑魅魍魎の主編

| 集英社(出版)

立ち読み

ぬらりひょんの孫 魑魅魍魎の主編のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

44件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    読切の時から好きだった「ぬらりひょんの孫」。個人的に最近のジャンプでは特に楽しみにしている。非常に娯楽作品として優秀な漫画だと思う。まず妖怪の総大将がぬらりひょん、という部分からして惹かれるのだが重要なのはそこではなくこの漫画は妖怪を格好いいもの、として描いてあるという部分が新しい。普通とは違う、フック的な部分があると個人的には入っていきやすい。正に新しい価値観で描かれた物語である。話の方向性としては、奴良組と呼ばれる妖怪一味があり、そこの3代目が主人公のリクオなのだが妖怪の血を4分の一しか継いでないため、一日の4分の一しか妖怪になれなかったり人間っぽい部分を多く残しているのでイマイチ組の連中から信用されていない。その組同士のイザコザ、そして分家との因縁、また学校で生活する日常があったりと意外と幅広い方向性で作られている物語。今後もバトル一辺倒にならず、この方向性を維持してほしいと思う。(恋愛方面にも密かに期待しているが)なによりもリクオのキャラが強烈である。言い方が悪いが、普段のリクオはやや腑抜けている部分が目立つのに対し、妖怪のリクオの方は理屈ぬきに格好いい、切れの良いキャラ造詣になっている。雰囲気をかもし出す演出も上手い。 ここらへんは新人らしからぬ力量だ。(まあ、椎橋寛という方はもともとBJの新人だったらしいんで純粋な新人とは言えないけど。その下積みの分だけ安定感があるのだろう) キャラといえば、個性豊かなサブキャラも実にいい味を出している。間抜けな部分を持っていて親しみやすい奴良組の連中、そしてまた癖のある学校の人々。個人的には雪女こと及川氷麗は抜群にかわいいと思うのだが。こうやってつらつら綴るよりも読んだほうが早いかも。絵の魅力、妙なパワーを感じさせる期待作。打ち切りの心配は無用な感じなんで、じっくりと見守らせていただく。ちなみに1巻の内容も面白いけど、この後の展開はもっと面白い。オススメ。

  • 100

    amazon

    将来性がとてもある漫画だと思います。画力の伸びも目覚しく、第一話の頃と、8月現在、本誌で連載中の絵と比べても明らかに上達しています。話の内容も、回を重ねるごとに奥深くなり、最近ではバトルシーンの描写にも、他の漫画には無い、大きな魅力を感じます。日常描写での生き抜きも、なかなか楽しませてくれます。キャラクターの個性、役割も、やはり回を重ねることに濃くなっていき、物語をよりいっそう味わい深くしていきます。主要連載陣と新連載陣の人気の温度差の影響か、必然的に短期連載が多くなっている少年ジャンプですが、この『ぬらりひょんの孫』は、本誌を見る限り、なかなかの人気をキープしているようで、このままの勢いで突っ切ってもらいたいです。読みきりの頃から、このマンガ、作者の力に魅力を感じた読者も多いようで、そこからもこのマンガへの期待や、将来性を伺えます。一巻を読んで、『ぬらりひょん』の世界が気に入った方、いまいち自分には合わなかったという方も、続刊、続々巻に期待していただきたいです。

  • 100

    amazon

    読み切りの時から好きだったこの作品。バトルシーンが多少わかりにくいとは思うが、キャラがとにかく好き!雪女こと、つららかわいいよ。つららは〜。家長もかわいいし!庶民的陰陽師のゆらちゃんも悪くないね〜。リクオはひょろっとした温厚な地味少年だが、意外と身体能力高かったりする。夜とのギャップも好き。そんなリクオを慕う、つららはとにかくかわいい。人間Ver.も好き。この最初の1巻は序盤なだけあり、「面白いって聞いたが、こんなもんなの??」なんて思う方ももちろんいらっしゃるでしょう。けど!只今本誌で面白くなってきてますこの作品!特に家長カナがメインで描かれる話は女の子キャラ大好きな私にとっては好きな話。極道のほうだけでなく、こうして、学校の仲間もちょいちょい妖怪に巻き込まれる事件も見たいですね。しかし、この話は絵がジャンプのどの作品ともかぶらず、筆で描いたように上手く妖怪を表現している。多少の実力不足はあるものの、今後に期待できる作品だ。楽しみ。

  • 80

    amazon

    漫画は前から知ってましたが読む機会がなく、アニメを観て漫画も買おうと思い購入。リクオの幼少の話等アニメにはまだ出てなかった話等が読めて満足。アニメの作画がレベルが高かったので1巻を見ただけだと、原作はちょっと絵が荒く感じました。顔が大きすぎたりバランスがおかしい所も多少あったので(._.)ただ、巻を重ねるごとに確実に絵は綺麗になってますしストーリーが面白い!!妖怪と言う日本独自の信仰をテーマにしていますが主人公のぬらりひょんの孫をはじめ妖怪たちが個性があり、大変生き生きしています。カバー後ろのキャラ設定等を見ても色々調べているのが分かり、この作者は妖怪が本当に好きなんだろうなぁと私は感じました。カバーを外すとミニ漫画??みたいなのがあるのも地味ですが見つけた時嬉しかったです(=^・・^=)最新刊まで買いましたが、どんどん画力も上がって来てますしストーリーも面白いので、これからの展開も期待しています(*^_^*)

  • 80

    amazon

    本編は、主人公リクオの小学生時代を描いた第一幕から、妖怪ホスト「旧鼠」が登場する第七幕まで収録されています。ページ大増の第八幕は次巻にお預けですね。カバー裏には、人間モードのリクオをこっそり護衛する雪女の図。各話の合間には、「奴良家の人々家」「花開院ゆらの鬱憤」などのゆるい小話。巻末には、リクオの護衛役を選ぶべく妖怪達がコスプレに挑む(?)「実録奴良組史・本家抗争編(赤マル番外編)」。思っていたよりオマケが充実していました。春の赤マルジャンプを見逃してしまったので、番外編が収録されているのは嬉しい。妖怪変化したリクオが、数多の妖怪を引き連れる「百鬼夜行」がとても魅せてくれる漫画です。女の子もなかなか可愛らしい。五つ星をつけたいところですが…キャラクターの動きが硬いところがあるので−1。今後少しずつでも改善されることに期待しましょう。今回は四つ星ということで。

  • 100

    amazon

    たまたま久しぶりにジャンプの雑誌を友人から借りて読んでみたところ、新しいマンガの中で目にとまったのが『ぬらりひょんの孫』でした。単行本を購入して読んだところ、最近の小説の方で流行っていたような内容のつくりになっており、非日常世界との絆や、属性が「すこーし」新しいキャラクターたちがとても魅力的に描かれていてなかなか面白いマンガだと感じました。特に他のジャンプのマンガと比較して顕著なのは、コマ割がとても上手で、ほかのマンガよりも目を引く描き方がとても気に入りました。不思議にひきつけられるのはこのせいでしょうか?一巻では大勢の妖怪たちが宴会をやっているシーンがとても印象に残りました。こういった「絆の形」は個人的に大好きです。二巻目を買うのがちょっと怖くなるほど面白い一巻でした。

  • 40

    amazon

    絵柄が好きで序盤も悪くなく今でも買っている漫画ですが、これと言った落差の無い漫画です。 バトルが激しいワケでもなく、見せ方が上手いわけでもなく、でも絵はそこそこに上手い絵の魅力とその人に対する萌えがあるかで続いていると思います。主人公のリクオの技も非常に少なく話の内容によっては妖怪リクオでも弱すぎね?って思える時もあれば、そこそこに強い時もある。上手く伝えられませんが、絵柄を除けば全く感情移入が出来ない作品です。まず、もっと絵がヘタであればとうの昔に打ち切りになっていたと思います。金未来杯の作品で言えば上位に値しますが、ジャンプ総合で言えば強いて面白いとは言えない漫画だと思います。ちなみに個人的には絵柄だけで買っている様なものです。一言で片付けると波の無い漫画ですね。

  • 20

    amazon

    妖怪モノは好きなので読んでみしたが、途中から投げてしまいました…。これは酷く読みづらかったです!とにかく読みづらい!!絵柄の為なのか、ストーリーのせいなのか、カメラの位置が駄目なのか、もしくは全てが悪いのか?絵がスッキリと頭に入って来ません。私にとって読みづらいと言う事は、致命的でした…。仮に雰囲気で読むにしたって、限界もあるだろうし、おかげで読む人が置いてけぼりに、なることだってありますよ。キャラクターも言わせてもらえば、好みが分かれます。人間の脇役の中には、いい味出してる人もいますが、主人公リクオが嫌い。妖怪のリクオも生理的に駄目でした。いま同じ妖怪モノなら、俄然、夏目友人帳の方が面白いと思う。

  • 40

    amazon

    最終巻まで一気買いして読んでみました。その上での感想です。ネタバレはありません。良かった点・かなり色々な妖怪を出してくれた・しっかりと終わらせた・王道気になった点・絵のゴチャゴチャさ(画力はあります)・実の無いセリフの多さ・予定調和すぎる展開絵のゴチャゴチャした感じが、最後まで結構気になりました。「ぬらりひょんの孫」はあくまで対象年齢が小学生~中学生を想定していると思うのでそのことを頭に入れながら読めば、色々と納得感はありました。セリフ回しや展開なども。私自身はあまり楽しむことはできませんでしたが小学生や中学生くらいの子にはオススメできるかと思います。それくらい王道な、安心感のある漫画でした。

  • 100

    amazon

    ほのぼのとした雰囲気の絵が好みだったので購入。登場人物にかわいい人やカッコいい人が大量にいますので、これは眼の保養になります。中でも特にすごいのが主人公のリクオ。どちらかと言えばかわいい感じの昼リクオと、ひたすらカッコいい夜リクオのギャップが魅力的ですね(笑)ストーリーの方はまだ1巻目なので、ひたすら面白いという訳でもないですが、読むに堪えないという事はありません。むしろ話が進むごとにおもしろくなっていきますので、早く2巻目以降を読みたくなります。今後にも期待できそうですし、短期間で打ち切られる事もなさそうなので、長く楽しめる作品になるかと。絵が綺麗なマンガを読みたい方はぜひ。

  • 100

    amazon

    個人的には、うしおととら以来のヒット作。アニメが放送されるということで興味をもって、ためしに一巻読んでみたら、面白かったので現在既刊されているところまで一気に読破してしまった。西洋ファンタジーもいいけれど、やっぱ日本の妖怪ものはいいもんです。コミックとして妖怪独特の『和』を上手く描けていると思うし、主人公のリクオや世界観にも工夫が凝らされいてエンタメ作品として十分楽しめる出来栄えになっています。妖怪好きのそこの君、興味があるなら一読しても損はないよ。妖怪あんまりというアナタ、気がむいたら読んでみて。結構おもしろいから。

  • 100

    amazon

    良い作品だと思う♪今後が楽しみな作品ですイラストも徐々に綺麗になってきてるし、何より設定が面白いなと思いました。お馴染みのゲゲゲの鬼太郎では、ぬらりひょんは悪役なのにこの作品ではヒーロー扱い(ぬらりひょんの孫ですが)なのに驚きました正直な話目からウロコが落ちました。そう言う発想もあるのか〜と感心してしまいました。妖怪辞典ではぬらりひょんは三下と書かれてるが実際それが本当なのか誰も分からないのに決め付けるのはどうかなと思う。もしかしたら、凄い妖怪かもしれないのに…。 追記→視野を狭くしないで楽しんで読んで下さい

  • 80

    amazon

    「ぬらりひょんの孫」を主人公に据えた、「妖怪任侠物語」。という絶妙な(?)作品設定の勝利。細かい要素でも良い点はたくさんありますが、結局はここに尽きるだろうと思います。良くも悪くも、小難しく考える必要がある作品じゃありません。「少年漫画」なんですから。画風がまた、この世界観を表現するのにピッタリで、個人的には非常に好み。必要以上に「妖怪」に期待したり、必要以上に「任侠」に期待するのはやめましょう。本作は「妖怪任侠」モノの「少年漫画」です。以上をご理解いただいた上で、☆4つでオススメ。

  • 100

    amazon

    妖怪モノ好きなこともあって、大満足でした^^絵も可愛いくて好印象でした(多少不安定さはありますが、巻を重ねるごとに美麗さが増しています^^_ドッキリシーンや迫力のある描写がドーンと来ます、盛り上がりましたw_和風漫画ファンな方もそうでない方も一度は読む価値ありだと思います_高評価ですが、1つだけ気になったのがコマ割りですチマチマしていたり、目立つべき部分がノドに来ていたりで、「ん?」と首を傾げた箇所がいくつかありました1巻だけでなく、今もたまにあるので改善されるといいな、と思います

  • 100

    amazon

    まず僕は始めこの漫画をキャラだけで腐漫画だと言う偏見で判断し、ろくに見ようともしませんでした、ですが金がもったいないからという理由でいやいや読んでいくうちに少しずつ面白くなってきて今では大好きな漫画になりました妖怪=極道、そしてこの世界では妖怪ヤクザたちによる抗争が勃発していると言う世界観、人間と妖怪との間で揺れる主人公、脇を固めるキャラも個性派揃いで見ていて飽きません、購入を迷っている人や僕と同じように偏見で見ていた人も騙されたと思って買ってみて下さい!きっと好きになれるはずです

  • 60

    amazon

    たまたま夜中BSをつけたら 第一話がやっていました。 リクオの声が福山潤さんで 好きな声優さんだったので 見始めたのがきっかけです。 話の内容ははじめ 全然わからなかったのですが 見ていくうちにはまってしまいました 最近では週3でアニメ見てます(笑) とにかく夜リクオがかっこよすぎます! 私的にル○ーシュは見ていなかったので 声が似ているとかはわかりませんが… マンガが欲しくなりました! 普通におもしろいとおもうのですが アニメしか見ていない身分なので 星3つで(^^;)

  • 80

    amazon

    アニメから入って今更ながら単行本を買ってみました。正直言って私はアニメの方が好きです。アニメの方が、キャラの魅力が上手く整理されて再構成されているように見えます。ですが、原作の絵柄も独特の雰囲気があって今読むと面白いですね。やっぱり椎橋先生のキャラクターデザインは秀逸だと思います。ただ反面、多くの人が指摘していますが、バトルシーンの表現力がちょっと・・。話の展開は1話は良かったもののその後はややのんびりしている印象です。2巻はまだ購入していませんが、早く読みたいです。

  • 100

    amazon

    ということで。読みきり掲載時からさかのぼって、妖怪のクォーターなリクオ少年の成長物語ですね!ほんわか昼リクオと強い闇リクオ、そして愉快だったりいろいろな思惑があったりな妖怪たち。リクオの学校の同級生などなど。それぞれがどのように変化し、リクオの周りに集っていくのか楽しみです。絵がきれいなので(たまに荒れますが)読んでて気持ちがいいです。書き込みが細かいですねー。1巻には収録されていませんが、個人的に読みきりの闇リクオが激しく好きですw打ち切りだけはやめてほしい・・・

  • 80

    amazon

    いわば鳴り物入りで連載スタートという感じでした。当初は読切向けの漫画だと思いましたが、登場人物も増えていきなかなか面白いのではないかなと思います。絵も上手いし、たまにギャグも面白いし、勿論ストーリーは1巻以降進んでいくので面白くなってくると思います。腐女子向け漫画だと思うのなら勝手に思っていればいいとは思います。なんか格好良い男を書いたら(要するに絵が上手いってことか)すぐに腐女子向けらしいですし。きっとそう思ってる人は今のぬら孫を読んでないんでしょうね。

  • 60

    amazon

    残念なのは、読み切りの時よりも絵のレベルが低下していること(やはり「連載」になると作者も忙しいのでしょうね……)。ストーリーは完全に妖怪物。有名な妖怪からマイナーな妖怪まで色々出てきます。1巻はまだ低調でつまらない箇所もありますが、雑誌で読んでいると段々と面白くなっています。やや遅咲きの作品と言えるかもしれません。登場人物達の行動にもしっかりと動機があるので、ストーリー展開に説得力があります。今後どんな話になっていくのかが楽しみです。

ネット上のイメージ

可愛い
バトル
綺麗
学園
女の子

イメージの近い作品(ランダム)

  • ソウルイーターノット!
    【殺伐だけど、ウキウキライフ♪】全世界で単行本累計1600万部突破した「ソウルイーター」の大人気スピンオフ! 大久保篤が描くもう一つの「ソウルイーター」♪(C)2011 Atsushi Ohkubo
  • 女の子を自由にヤれるチケット/チア部の美少女とヤりたい放題
    女子校生を言いなりにして即H!!Hな学園祭で誰とでもヤりまくり!!!冴えない童貞男子・須藤道貞。ある日、道貞の元に名門お嬢様校・聖逢女子学園の学園祭「聖逢祭」の招待券が届く。そこに記載されていたのは…「学園祭中は生徒に何でも命令することができる」!!?半信半疑の道貞だったが、おっぱい触らせて!服脱いで!何でも言いなりの女生徒達!!まずはチア部のツンデレ美少女・阿部みるきに声をかけて…Hな命令で脱☆童貞っ!!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ピカ☆イチ
    槙ようこ(姉)×持田あき(妹)が初めてのコラボ!さあ、青春開始!!――地味で目立たない鈴木花子(すずき・はなこ)と、空気のように存在感のない鈴木太郎(すずき・たろう)が金髪美少女と眼光鋭きイケメンに大変身……のそのわけは!?生徒騒然!!教師蒼白!!学校を揺るがす大闘争が始まった!!恋、友情、葛藤、涙……青春のすべてが生まれる瞬間がここにある!!花子と太郎の高校1年2学期デビュー物語!!!!
  • 僕は花になりたい act.1-1
    『僕らは咲きかけの花だった--蕾でもない成花でもない あらゆる隙間にたゆたい生きていた--…』 舞台は岐阜県のとある田舎の農業高校。湖永仰は東京の親元から離れ季節外れの転校をしていた。 田舎の農業高校では仰の儚げな容姿が珍しがられて注目されるが、過去の記憶に縛られ上手くかわすことが出来ない。 忘れたい同級生…翔の存在、過保護な母親。 しがらみから逃げるように一人抗う仰だったが、紹介された寮の隣人黒井は翔とそっくりで……!? 家族愛、性愛、親愛の中で必死にもがく青春ストーリー

イメージの近い作品(最近)

  • ダーウィンズゲーム
    見知らぬアプリ「ダーウィンズ・ゲーム」を起動させてしまった高校生・カナメの前に、対戦相手のパンダ男現実に現れ…!? 生死を懸けたソーシャルゲームが始まった!!
  • 寄宿学校のジュリエット
    寄宿学校、ダリア学園。敵対する2つの国の生徒が通う、この名門校に、許されぬ恋に悩む学生がいた。東和国寮の1年生リーダー“犬塚露壬雄”。彼の想い人は、宿敵・ウエスト公国寮の1年生リーダー“ジュリエット・ペルシア”。すべては、犬塚の命がけの告白からはじまった!! 絶対にバレちゃいけない恋物語、開幕!