© 講談社

可愛さ無敵!の人型パソコン「ちぃ」! ――浪人生の本須和秀樹(もとすわ・ひでき)が、近所のゴミ捨て場で拾ってきた、1台の人型パソコン。「ちぃ」と名付け、思いっきり期待したものの、なんのソフトも入っていない役立たずとわかり……!? パソコンが人型をしている世界を舞台にCLAMPが描く、キュートな21世紀型ファンタジック・ラブコメディ!!

ちょびっツ

CLAMP(著)
| 講談社(出版)

立ち読み

ちょびっツのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

25件のネット上の評価があります

  • 70

    manga_review

    めぞん一刻とモロじゃないけど想起させる点が
    あるのは欠点ですが、人型パソコンを題材にした人外
    との恋愛をテーマにするとなかなか重厚に描いていましたね。
    中だるみもなく8巻で終わるのも好ポイント。

    絵が上手く、小ネタも面白かったり、ヒロインのちいが
    初期データから成長して可愛くなって行くのが微笑ましかった
    です。

    何より一番引かれたのがそのちいの謎が絵本ネタ絡めて
    どんどん分かっていく部分でした。特別なパソコンなのは
    最初から示していましたが、ミステリアスに描いて惹きつけます。
    少しホラー気味です。

    最終的に綺麗に謎が解けますけど、主人公にとっては残酷
    な辺りも深いですね。まさかあのスイッチの位置に重大な
    意味があったとはW
    それでも主人公がちいを受け入れるセリフには感動しました
    (ちいを作った人のコンセプトが極端すぎるなとも思いましたが)。
    こんな可愛いパソコン居たら恋愛しなくなって今後の人間
    が大変だなとか思わせるような生殖不可能なものとの恋愛
    の難しさを暗に考えさせるような描写があったのも印象的でした。

    たしかこれはアニメ版も見たことありますが出来が良かったです。
    ただ最後の伏線回収、演出は原作が圧倒的に上だったので、
    アニメだけ見た人も終盤だけはこっちも読んだ方が良いと思います。

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】・初期設定の人形状態から成長して行くヒロイン人型パソコン(アンドロイド)ちぃの愛らしさ・特別なパソコンらしきちぃの謎にミステリアスな絵本を絡めて迫って行く構成。微笑ましい日常に緊張を挟んで進んで行って最終的にはほぼ解明される・人とアンドロイドの恋愛というテーマに深く切り込んでる。クライマックスで特別に思えたちぃの心でさえプログラムの範疇だったというキツい現実を突きつけられても、主人公秀樹の出した結論には感動すら覚えた。同時に人類の繁殖面が心配になったりもするが(主人公のみならず増えつつあるのを示唆)【悪い点】・主人公がただの浪人生なのでシリアスに入るとひらすら受動的・ちぃの起動スイッチ位置の伏線には驚いたし、強烈な印象を残したが残酷過ぎる。開発者のこういう極論的な迫り方はどうなのかと。せめて主人公が受け入れたらどうにかなる救済くらい考えて欲しかった【総合評価】現実世界に人型パソコン(アンドロイド)を相棒にしている近未来SF世界観(後世の作品である「イブの時間」と似ているがあちらのような不可思議な差別はない)。特にダレることなくほどよい巻数でまとまったのも好印象。評価は「良い」

  • 60

    manga_review

    すべての面で人間よりも優れている『パソコン』
    人と、人でないもの(パソコン)のラブストーリーの結末は?

    この作品に出てくるパソコンは今、自分たちの知っているパソコンとは少し違う。
    何がかというとそれは人型を模し人間のように接する事ができる点だ。しかも容姿端麗で人間を相手にするような煩わしい思いをする事も無い。
    そのような社会の中で主人公が偶然捨ててあったパソコンを拾うところから物語りは始まる。起動したての頃は何も知らない子供のようなヒロイン?「ちぃ」。も時間とともに色々な事を覚え、主人公もそれを嬉しく思っていた。
    しかし、主人公には悩みもあった。それは「ちぃ」はパソコンであり『パソコン』は人ではないということ。その事に悩みつつも次第にちぃに惹かれていく主人公。今後どうなるかは読んでからのお楽しみ。


    作中に出てくる哲学チックな絵本を読むだけでもこのマンガを買う価値はあると思う。
    ただ絵が可愛らしすぎるのでそこは要注意

  • 60

    manga_review

    良質な漫画だと思います。
    欲を言えばもっと世界観を書き込まないと不自然な感じがする設定があると思います。私の場合は特に気になりませんでした。
    作者がどういう意図をもって書いたかは判断つきませんが、人間や生命自体の定義に対する問いかけが多々なされていると思います。
    人間と動物を区別するもの、生命と無機物を区別するものは本当にあるのでしょうか。
    答えは千差万別だと思います。ところで、人類の機械技術は日々進化しています。脳にチップを埋め込む治療法も実用化され、考えただけで動く義足、義手などもつくられている中で、「人間とはどうして人間で、どこまで人間なのか。」そういう視点からも人間の機械化について考えなければならない時がすぐ近くまで来ているのかもしれません。
    蛇足ですが、私の中で五巻までなら8点の評価です。

  • 80

    sakuhindb

    人型パソコンの表情や動きがかわいい。人型パソコンを持つことで発生する色んなドラマは読んでいて面白かった。ですが、終盤。「アタシだけのヒトを求める」プログラムは、フレイヤとちぃの中にしか入ってないはずだから、それ以外の人型パソコンの個別認証プログラムを破壊する意味が無い気がする。それによってパソコンの持ち主が無意味に悲しむ羽目になり、ちぃにつけられた再起動システムも不幸の元でしかなく、三原一郎の行動の矛盾と意味不明さのせいで読後感がなんだかなぁって感じになった。なので評価は、作品としてはとても良いけど三原一郎の行動が最悪。

  • 100

    cmoa

    ちぃが愛らしくて愛らしくて、たまりません。
    本諏訪くんの周りの人たちも、それぞれのエピソードに愛と哀しさを感じずにはいられません。
    水浸しになるのは、アニメには無い展開です。
    いやらしい表現があるのは、もともと、これが男性向けコミック紙に向けて描かれたものだから、「お約束」の設定なのです。
    それも含めて、ちぃちゃんの製作者の意図と愛のなせるところなのです。
    CLAMP先生方の深いお考えに敬服しきりです。

  • 80

    cmoa

    アキバ系な感じがする絵で、(アキバ系が好きな方、ごめんなさい。。。)元々ちょっと抵抗があったんですが、たまたまアニメを見て気になって読んでみました。
    人間とアンドロイド(?)の恋というありがちなストーリーですが、そこに生まれる葛藤とか、乗り越えないといけない壁などが描かれていて、なるほどなぁと思いながら読みました。
    いろいろ考えさせられる、奥の深い作品だと思いました。

  • 80

    amazon

    タイトル通りですが、内容はざっくり言えばパソコンと呼ばれている人型家電と浪人生の主人公が織りなすラブコメでしょうか。単にラブコメと言っても、人とパソコンのあり方について等々、考えさせられる部分も要所要所あります。CLAMP先生らしいファンタジックな要素もこの作品の魅力の1つですが、あくまでも大人向けであり、子どもが見てはいけないアニメです。

  • 70

    manga_review

    人型のパソコンというアイデア。
    人と人でないもの(パソコン)のラブストーリー。
    奇抜ですが将来ありえなくもない設定を上手く描いてると思います。
    人型パソコンが実在したら、「たしかにこんなこと起こりそうだ」と思えます。

    マイベストキャラクター「ちぃ」
    何も知らない序盤のちぃが非常に可愛い。
    ちぃの成長を見るだけでも楽しめると思います。

  • 40

    manga_review

    昔からCLAMPさんはあからさまに狙い過ぎな所が気になるのですが、
    今度は男性向けにがっちり狙ってきたなーという思いました。
    絵柄をがらっと変え、優しい雰囲気になったのでキャラクターの
    愛らしさが際だっていると思います。
    ストーリーには夢中になれるほどの魅力は感じませんでした。
    キャラクターが気に入れば楽しめると思います。

  • 40

    sakuhindb

    【良い点】1.絵が繊細で可愛らしい2.テーマとして興味深いものである【悪い点】1.終盤のストーリーが、新キャラを登場させて無理やりに終わりにさせた感じがする。2.無駄にエロイ。このテーマを使ったのなら、そういう表現は控えるべきだと思う。【総合評価】考えの足しにはなったが、いまいちストーリーとして釈然としない。

  • 60

    manga_review

    なんとなく読んでいたが、結構引き込まれた。
    正直、理解できないところや説明が足りない所もあって、少し気になったけど、全体的に見てよかった。
    ちぃがかわいくて、もうそれだけで満足かな。
    でも、最後の選択は個人的には納得できないところもあった。まぁ、その考え方もありっちゃありかな、って感じ。

  • 100

    cmoa

    だんだん世の中のロボット達が便利になり某青いたぬきのような猫型ロボットも然り、いつかこういう世界が訪れるかもしれないと思わせてくれる作品
    CLAMP作品は考えさせられるものが多くて好きです
    私のノートパソコンもいつか手書き印刷モードで地図を書いて欲しいものです

  • 20

    sakuhindb

    掲載誌の読者層を考えたのか、無意味な猥褻描写が多いですね。情熱が全く伝わって来ず、作者の本来の趣味とはかけ離れていることは一目瞭然です。新しいジャンルに挑む心意気があるならば、逆に青年誌にプラトニックラブで挑んでほしかったです。

  • 40

    cmoa

    同作家の他作品でこの漫画のキャラが出てて、どんな話かな?と思って読んでみました。
    なんか思ってたのと違う感じの話でした。
    この作家さんの作品は好きなのですが、やっぱり昔の作品だからか、あまり面白くもなかったです…

  • 100

    amazon

    何度観ても飽きません。何年経ってもまた観たくなるクランプ様の名作品では無いでしょうか(*'-`)泣けるしちぃちゃんの素直さや純粋さにキュンキュンして時々変わる衣装が可愛くて素敵です。オススメします!

  • 100

    cmoa

    初めて読んだ時も号泣しましたが大人になってからもウルッときます…ここではそんなにレビュー良くないですが、好きな人には絶対に刺さる作品です。個人的に心が落ち込んでる人に勧めたいです

  • 20

    cmoa

    最も設定がそうなんだから仕方ないからなんだけど、男性が読んでいただければ。起動スイッチが気に入らないんだよう!!でもすももはかわいい。

  • 80

    manga_review

    この漫画を絵やちょっとマニアックなところで

    拒絶せずにしっかり見てほしい。

    とても深いし、読み応えある良作。

  • 20

    sakuhindb

    露骨にエロいシーンが多い。それだけならまだいいが、主人公がキモくエロい。そこに嫌悪を感じる。

ネット上のイメージ

可愛い
恋愛
綺麗
成長
伏線

イメージの近い作品(ランダム)

  • 瞬間ライル
    普通の男子高校生・神庭夜一は、いつも不思議な夢を見る。夢の舞台は、魔法大国リンファルド・イルガリア。彼はその国の王子であるリンカーネルの犬・ライルだった。ある日、何気なく立ち寄った占いの館で、夜一は一枚のコインを渡されて――?魔法のコインに導かれ、神秘なる魔法の世界へと少年は旅立つ!
  • 月華国奇医伝 第一巻
    まだ薬師の薬湯のみで病や怪我に対していた時代の月華国。渦巻く陰謀、妖しき信仰、根強き因習…。皇太子・景雲たち少なくも心強い仲間と共に医術師・胡葉、古い世界に切り込みまーす!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • うちの陛下が新米で。
    紅夏国の箱入り姫シュカ(15歳)が、ある日とつぜん王になっちゃった!?口うるっさいお付き武官のゼンに教育(飼育?)されつつ、壊滅的コミュ下手なシュカの“まつりごと”が始まった!
  • 性別「モナリザ」の君へ。
    【もしあなたに性別がなかったら、あなたは誰を好きになりますか――…。】この世界で人間は12歳を迎える頃、自分がなりたい性へと次第に身体が変化していき、14歳になる頃には男性か女性へと姿を変えてゆく。でも自分だけは性別がないまま、18度目の春を迎えた…。(C)2018 Tsumuji Yoshimura

イメージの近い作品(最近)

  • 幻の都
    砂漠の国の第2王子・シャールカーンは、美貌に似合わぬ粗野な性格、と、もっぱらの評判。新しい教育係となったひとつ年下のジュルナールは、嫌がる王子に妙な迫力で対応し、厳しく指導する。このままでは、ジュルナールの生徒というより奴隷だ! なんとかやりこめようとする王子だが……。そんなある日、王子は市場へ行くが、隣国の王子に“花嫁”として誘拐されてしまう!? 無鉄砲で純真な王子と、冷静沈着な教育係が繰り広げる、波乱万丈の宮廷物語!
  • I Love you Baby
    美少女の美玲は、その可愛さゆえ放課後は外出禁止。毎日、家、通学路、学校の繰り返し。でも、ある日、約束を破って初めて1人で乗った電車で痴漢にあってしまった美玲を助けてくれたのは、美玲よりも、小さくて、初めて怖くないと思えた男の子・智だった──。