© 小学館

神主の息子・恭太郎、住職の息子・孝仁、牧師の息子・工のへたれ三人組をさらに徹底して描いていきます。世間が思っているほどラクじゃない宗教法人ならではの喜怒哀楽の日々。もてそうでもてない苦悩。跡継ぎの重圧。失敗の許されない儀式。今日も憂鬱な日々が始まる!?

さんすくみ

| 小学館(出版)

86

非常に良い

52件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

さんすくみのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

52件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    『読経』の続編だよ わーい
    と、5000ポイント以上全額バック時に迷わず購入。

    未完ですが、大正解と思っています。完結したら大人買い決定&今後の展開やラスト次第で変更やレビュー書き換えの予定です。
    題名を『さんすくみ』とした理由が、見当もつかないから。

    謳い文句にヘタレ男とありますが、確かにヘタレだよと納得するのは神社の跡取り一人息子、恭太郎くらいかな?

    主キャラ三人とも前作よりももっと整った顔立ちを含め、絵柄が綺麗になっていますが、人物が12等身くらいないかい?
    と、アンバランスに見えるのが気になります。しかし話が面白いから、高評価つけました。

    短い話で区切りのつく短編集の長期化作品、という構成ですが、ちょっとした過去エピソードが違う話の伏線になる場合もあります。

    またもや佐々木倫子先生の作品を引用すると、『おたんこナース』や『チャンネルはそのまま』の構成に似ています。
    手書き文字の読み易さと字体も似ているかな〜?

    ですが、本作品は間違いなく絹田先生の味を堪能できました。単に、異様に気も力も強い女性陣に振り回されるだけでも、宗教家の跡取り息子としての苦労や悲哀を面白おかしく描くだけでもなく、登場人物の心情描写を直球で表現して読者に響く何かを届けようって印象があります。
    少なくとも60話までは。

    今後、更に絹田ワールドを確立して欲しいなと思います。

    蛇足ですが、ここからは主キャラの印象。
    誠実だけれど食い意地が張っているというか菓子系ならなんでも食べ、年下からも鹿からも見下され、一生異性に縁の無さそうなヘタレが恭太郎。

    寺の息子で、得度し“たかひと”改め“こうにん”と名乗る孝仁が、中度のシスコンではあれど3人中では普通っぽい。ヘタレ呼ばわりは気の毒かな。霊に弱いことが職業柄大変そう。

    ドイツ系三世で牧師の長男だけれど、オカルト大好きお騒がせも得意な工は、どこがヘタレ? 跡取り設定のはずが大学院で博士に進もうとしているし。家業の手伝いは真面目にやるし、友人の困難を放置しない基本は好い人だけれど、ちゃっかり度と女あしらいの巧さを考えたらヘタレとは思えなーい! 

    とか書きながらも皆魅力的なキャラで、大好物です

  • 80

    cmoa

    家が教会で牧師を目指してミッション系大学の大学院生してる工、寺の副住職(新米)の孝仁、神社で新米(本人いわく半人前)ながら祈祷こなしちゃったりしてる恭太郎(役職名みたいのはわかりません…)の三人のお話です。三人は高校のクラスで出席番号続きが縁で仲良くなってるんですが、そこら辺は全然書いてないので読経しちゃうぞ読んでないと関係なさそうな三人が仲良いことだけが理解できないかなーと思います。そこ以外は基本読み切りなので読経しちゃうぞ読んでなくても楽しめるかなと思います。

    引き続き恭太郎のヘタレっぷり、宗教関係の小ネタがらみのゆるーいコメディが楽しめます。ただ3巻途中から突然読み切りではなくなってしまい、3巻は続きの気になる終わり方でした。もう読み切りじゃなくなるのかな?と思うとあのゆるーい感じが間延びにならないかな?とも思うので今後がいろんな意味でちょっと気になってます。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 男子?3人だし、一人は大学院生ではあるけど他2人は24歳かな。
    神社、お寺、教会だし設定も違うのに「動物のお医者さん」に感じた楽しさがある。主人公3人のうち神社の息子の性格がなんか「二階堂」ぽかったり、仲が良いけど勿論いつも一緒てなわけでなく。3人の相性の良さが楽しい。エピソードの中でのちょっとした謎やアクシデントの流れが似てるのかも。
    とはいえ、他のレビューでも同じように感じた人達がいるのが嬉しい。
    本作の主人公達の大学生時代「読経しちゃうぞ」も楽しかったです。
    最近でさ中々ない雰囲気の漫画で好きです。絵もスッキリしていて読みやすい。
    神社、お寺、教会(プロテスタントか)のそれぞれの行事も描かれていて面白い。
    ラストは何気に感動した。

  • 100

    cmoa

    1話完結型のコメディは普段あまり買わないのですが、これはハマりました。宗教ネタを盛り込んだゆるーい日常系コメディという点では、『聖☆おにいさん』と方向性が似てますが、何気におぼっちゃまな年頃男子3人のチームワークの良さと、彼らの「跡取りならではの悩み」がユーモラスに描かれているところは、この作品ならではの面白さ。長男タイプの孝仁、次男タイプの工、末っ子タイプの恭太郎と、性格は三者三様ですが、個人的には、冷静沈着そうに見えて実はすごい怖がり(坊さんなのに霊恐怖症)な孝仁メインの話が一番笑えました。終盤が近づくにつれ、3人がそれぞれ一段大人になっていく成長物語の色合いを帯びてきて、それがちょっと淋しいような嬉しいような読後感でした。

  • 100

    cmoa

    神社の跡取りで気弱な神主見習い、親父に振り回されながらも真面目に職務をまっとうする寺の跡取り息子、プロテスタントの学校に通うホラーと悪戯が大好きなクオーターでお気楽な青年。
    そんな三人組の話。雑学盛りだくさんな上、結構笑える。

    少女漫画の割に、人間関係で泥々した話がないのもポイント高い。ちなみに恋愛話は今のところ毎回様々な理由で玉砕するオチがつく。宗教関係者がたくさん登場するが、嫌味や嫌悪感がなく読後爽やか(漫画ということもあるだろうか)。
    短編的な構成で気楽に読めるし、続きが楽しみな作品のひとつ。同作者の“読経しちゃうぞ!”はプロトタイプ。こちらもおすすめ。

  • 50

    manga_review

    ぎこちない絵柄、彼女がいないけどつるんで楽しい24才の男三人組、
    怖いのは自分の母親の怒り、一応業界漫画・・・一瞬「動物のお医者さん」
    の佐々木倫子かと思う程作風や話の転がし方が似すぎている!!
    まぁあの漫画もう20年も前のものだから今こういう作品が発表されても
    アリなのかもしれません。

    マッタリゆるゆるなコメディなので肩の力をぬいて箸休め的に読める
    漫画かな。
    神社、お寺、教会と様々な逸話が楽しめます。

  • 80

    cmoa

    神社、寺、教会の跡継ぎ息子達が織り成す日常コメディやっぱり仏教が一番馴染み深いですが、神社も教会も知らなかった事がちょっと垣間見れてタメになりますねメイン3人の家族も個性的なイイキャラしてて面白いです♪黙ってればモテそうな雰囲気な3人なのに、なんでか不運に事が運ぶ運命…そこがこの作品の良さかなと思いました。浮き沈みもなく淡々と話が展開していきますが、何故かスラスラ読んでしまう不思議な漫画でした。

  • 100

    cmoa

    元々、神社が好きで以前から気になっていた漫画でしたので一気読みしました。
    神社、お寺、教会の息子達のお話でとにかくテンポが良くゆるい面白さのある作品です。
    とても勉強にもなります。(なので文字数が多いページもあります)
    なかなか少女漫画にはない作風だと思いますので男女や年齢を問わず読めるのではないかと思います(´▽`*)
    ただ絵柄は好みが別れる感じではあるかもしれませんね。

  • 100

    cmoa

    ほぼ無宗教だし、神様も信じてませんが、神社仏閣めぐりが大好きです。
    そんな私に、神社とはお寺とは教会とはと優しく教えてくれました。
    ギャグ満載です。
    住職の息子なのにお化けこわいとか、神父なのにゾンビ好きとか、憎めません。
    神職の方が、日頃どのように神社を運営しているかとかわかったので、これから神社にいくときは、建物ばかりでなく神主さんにも注目してみたいです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 連載当時本誌で読んでいたのですが久しぶりに読みたくなり購入しました。
    お寺の息子、神社の息子、教会の息子とメインの3人のキャラクターが面白いです!
    足を引っ張りあったり助け合ったりして問題を解決していく姿を見ていると応援したくなります。
    仲良し3人組がどうなっていくか…。
    是非最後まで読んでほしいです。

  • 80

    cmoa

    爆笑とかものすごくドキドキするとか、そういったことは一切ない。途中で読むのをやめても全然差し支えない。実際やめようと思ってのにも結構時間がかかった。けれど読んでしまう。疲れた時、少しだけ時間があるけどガッツリ何かをするほどではないとき、脳みそをつくことなくぼんやり読んでちょっと心が楽しい日常を感じられる。いい漫画でした。

  • 80

    cmoa

    神職、僧侶、牧師が親友同士という設定に惹かれて全巻購入。普段知ることのない内幕をかいま見れて面白いです。他の2人は初めからしっかり者だけど、神主の息子はあまりにも頼りなさすぎて、その成長を見守る作品でもありますね。シスターは最初の出会いから、てっきりお坊さんとくっつくと思ってました。でもあの組み合わせで納得です。相性ぴったり。

  • 100

    cmoa

    神社、お寺、教会の三人もいるのになんだかみんな残念なメンズのだらだらコメディ。だらだらは言い過ぎか?でもそんなにテンション高くないフツーの日常。それなのに読んでるとクスクス笑ってしまいます。さらりと流されがちだけど、普段あまり行かない神社やお寺、教会の裏側の様子が詳しく描かれていてそこも興味深いです。

  • 80

    cmoa

    宗教を扱う難しさがあるのかと思いきや、一般的には馴染みのないお仕事あるあるな要素と、それぞれの若者たちの青春のヒトコマもあり、全体的には佐々木倫子さんみたいなユルいコメディで楽しめる。
    ヘタレだったりチャラかったり、真面目が空回りしたりとそれぞれのキャラクターも面白いので、深夜ドラマで観てみたい。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 とにかくコメディ色が濃かったけれど、神職の人の生活が知らないことばかりで、読み応えがありました。どのシーンでもひたすら甘いものを食べるしか能がなかった恭太郎ちゃんが、最後の最後で男前に化けて(笑) いい意味で大詐欺でした。

  • 100

    cmoa

    ありきたりな展開に飽きた方にオススメです神社、寺、教会の年中行事で主人公の3人がいろいろやらかす、ドタバタコメディです。しかし、背景はしっかり作り込まれているので、日本の神社やお寺についても学べました。主人公の3人はそれぞれ変わり者ですが、ずっと応援したくなるキャラクターです

  • 60

    cmoa

    作者さんの他の作品は面白かったんですが、これは面白いはずの要素が色々入っているわりには無料分さえ読み続けられませんでした。残念。あんまり宗教に興味がないからかもしれません。お坊さんの子供関係の話は以前にも映画化された漫画を読んだことがあるのでその辺も関係あるのかもしれません。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 神社、寺、キリスト教まったく知らないから、勉強になったー。
    恭太郎オドオドなければカッコイイのになぁσ(^◇^;)
    たくみはチャラい。
    隆仁は真面目なのに、お化け嫌い。寺の息子なのに、情けない。
    でも面白かった。

  • 100

    cmoa

    お寺、神社、教会の跡取り息子3人の
    ドタバタ青春コメディという感じです
    3人の友情、それぞれの跡取りとしての苦悩というか
    そういうのが面白く絡み合って
    読みごたえあって良かったです
    3人には本当に幸せになってほしいなぁ

  • 80

    cmoa

    で有名な佐々木倫子に通じるものを感じるノンビリとしたコメディ漫画です。絵柄も似ているような。。
    宗教を家業に持つJr.という題材も面白いし、各宗教の勉強にもなりながら小難し過ぎない良い塩梅の漫画だと思います。