© 集英社

ここは、とある町の小さな稲荷神社。十五代目跡取・冴木まことは、不思議な能力を持つ神使の狐・銀太郎が見えるのです。ですが、このお狐様、口は悪いしヤル気もない。おせっかいな性格のまことは、その能力を人のために役立てようといたしますが…。さて、神様の杜で、今日は何が起こりますやら――

ぎんぎつね

| 集英社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ぎんぎつねのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

42件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 神使の銀太郎(狐)と跡継ぎの女子高生まことの喧嘩しながらも想いあう絆が暖かくもあり切なくもあるヒューマンストーリーです
    同居する同い年の悟とハル(小さい狐神使)の絆も微笑ましく、また根暗な悟が段々とまこととまこと父と触れ合い心開いていく姿も好きです
    悟がなんだかまことに対しての反応が段々惹かれているようなニュアンスに、もどかしくもありますが9巻以降が楽しみな漫画です!
    悟がツンデレなんすよ....厳しい目つきの時があったかと思えば頬赤らめて「にこっ...」みたいなはっきり言ってラブ描写は薄い(とゆーかほぼない)ですが恋愛してる人達も描いているので今後に期待です。

    神使も狐だけでなく、可愛いのからかっこいいのまで色々出てきます。学校のお友達やまこと父の幼馴染もみんな魅力的なキャラです。
    是非、一通り無料お試しを全て読んでから検討してみて下さい。絵柄の好みもあるかもだし。私は8巻まで大人買いしましたが、後悔してないです!むしろ9巻早くお願いします!

  • 60

    manga_review

    神に仕える神使であるお狐さんの銀次郎が、タイトルでもあり主人公です。
    しかし、実際のお話は神社の娘を中心に展開します。
    ぎんぎつね自身は常にお昼寝中で、自身のセリフに「人間の生活に
    口出しはしない。常に見つめているだけだ、何十年も何百年も。」
    とあります。
    この穏やかさ、静寂さの中に混じる人間の営みが、何となく愛おしいのですね。
    これといった事件もワクワクする展開も一切ありませんが、ゆったりとした
    時間の流れを感じる魅力がこの作品にはありそうです。
    ただし、人によっては面白みの少ない展開に評価が下がるかもしれませんが。

    神社フェチあるいはオタクのための知識も満載です。
    ちなみに神主と宮司の違いは分かりますか?
    神主というのは神職というか職業を表す俗称のようです。
    決して役職ではないそうです。
    一方の宮司は神社の責任者を務める代表者のことだそうです。
    こんな知識がおまけのページで満載です。


  • 80

    cmoa

    無料があったので読んでみました。読み始めはまことが本当にお節介というか、人の顔色気にして銀をこき使うあたりが好きになれなかったけど、読み進めるうちに素直でいい子だなって思えます。銀も本当に優しくてあったかい。それぞれの神使や、人間たちも魅力的です。一番の魅力キャラが私的にはお父さんです!たつおさんの暖かさ、ほのぼのさ、ドジさ、全て素晴らしい。そりゃ神使からも一目置かれますね。微笑ましくもホロリときたりして安心して読める作品ですが神事関係の説明も多いのでとにかく字が多く説明的なセリフが長々と感じます、手書き文字も読みにくいのが残念です

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 神使が見える!という、ちょっと特殊設定が入った物語ですが、高校生独特の悩みや恋(なかなか進展はしない)を絡めてきているので、違和感なく読めました。
    神社の豆知識が多くて、類似作を上げるなら「もやしもん」みたいな感じ。勉強になりつつ楽しめる感がとても好きで一気読みしてしまいました。内容も読んだ後にホッコリする話が多いです。

    私が密かに応援していた、主人公と下宿中の男の子の恋愛話は9巻でやっと進展したので、新刊がとても待ち遠しい作品です。

  • 80

    manga_review

    表紙に惹かれて購入。

    ARIAや蟲師のような雰囲気が好きな人には合うと思います。
    神使なのに一番人間味がある銀(お狐様なのに油揚げではなくみかんが大好き)、明るくて太陽みたいなまことを中心に柔らかい物語が織り成されます。


    不思議な魅力のある漫画ですよ。癒されるので頻繁に読み返しています。

    これを読めばあなたもきっと神社に行きたくなる!?

  • 100

    cmoa

    神社に住む、父、娘、神使と居候の男の子とついてきちゃった神使。
    この設定だけで、わくわくしませんか?
    ほのぼのとした絵で、日常と神社とは神とは神職とは、どういうもこなのかを描いています。
    神様を信じてない元神職とか、なんという素敵な展開でしょう。

    神も仏も信じてませんが、ぎんは居ると思える作品です。
    神社のお社の屋根をつい見てしまうようになりました。

  • 60

    manga_review

    お狐様の銀太郎とまことのほのぼのストーリー。基本それだけですが地元から捕らえる神社のありようも周囲の人間関係等から丁寧に描いていて好感が持てる。学園モノと妖怪モノ的な要素を非常にバランス良く調合している。

    1巻あたりの人間の描き方はいまいちだったが、尻上がり的によくなっている。安定した面白さで読むことができる作品。

  • 100

    cmoa

    神社に関してあまり興味ありませんでしたが、1巻読んだら、全巻読破してしまいました。もう完全に落合先生のファンです。
    ほっこり系が好きな方に是非とも勧めたい作品No1です!

    ちなみに、落合先生は現在(201508)、モーニングでも連載を始めております。こちらも確認して頂きたいです。

  • 100

    cmoa

    昔アニメで見てからずっと気になっていた作品です。まだ1巻までしか読めていませんが素敵なお話ですね。銀とまことの関係も好きですが、タイプの違う女の子同士ががぶつかり合って仲良くなるのはすごいなあ、青春だなあ、自分にはできなかったなぁ、と眩しく映ります。のが楽しみです。

  • 100

    cmoa

    神社の家に生まれた主人公は、神社に祀ってあるお狐様が視える。他の神社に祀ってある神使にも出会ったりする。主人公の素直さが可愛いです!!みててホッコリするし、同じような気持ちで神社に行ってみたくなります!!のんびりした内容だけどしっかりストーリーは進んでいくのでお勧めです!

  • 20

    cmoa

    デジタル版(ためし読み)で少し読み進めてみましたが、
    文字が小さすぎて、見えませんでした

    …じゃあ、画面を拡大してみたけれど、
    文字がつぶれて滲んでていて、結局読めませんでした。

    面白そうかと思ったのに残念ですが、読むのを諦めました。

  • 100

    cmoa

    友人張よりも明るくて、ノラガミよりほのぼのとしているお話です。始めからとても面白いのですが、主人公とあの子仲が…になる巻がすごく好きで何回も読み返しています。日常ものだけでなく恋愛要素も絡んでくるので飽きることなく読めますよ

  • 50

    manga_review

    「もっけ」のような和風でほのぼのとした内容です。
    短編形式で、どの話も読み味がいいです。

    キャラにも悪い人はいなく、好感持てます。

    人間と神使の交流、出会いを通じての成長描写は、心が温かくなります。

  • 100

    ebj

    好きな神社仏閣が舞台なのが切っ掛けで読み始めました。神使の話や恋愛の話も盛り込まれ、楽しく拝見しています。久しぶりの新刊である13巻は、まことがとてもかわいいです。30代の女子が、寝る前に毎晩読んで...

  • 100

    ebj

    神様と人間の交流を描いた漫画は多々あるが、「神使」に焦点を当てた作品は珍しいのではないか。作中では神使は多数登場するが、神様自体は出てこない。基本的に神使は人には見えないが、ごく一部の神社生まれなど...

  • 100

    cmoa

    肩肘張らずに神様とは?神道とは?神社とは?神社での作法は?といったことを学ぶことも出来る内容です。ストーリーもほのぼのしつつ、しっかり作ってあるので神社好きな方にはオススメです

  • 60

    cmoa

    神社の跡取りの女の子が主人公ですが、とても素直で可愛らしく、ストーリーもほっこりするような話が多いので癒される感じです。神様や神社のことも知ることができるのもいいです。

  • 80

    cmoa

    気持ちが安らぐ。ゴタゴタがあっても話の最後はハッピーエンド☆神社の跡継ぎ娘と銀のやり取りが面白く、温かい。なんだかんだ銀は娘が大好きなのが伝わってきます。

  • 80

    cmoa

    元々歴史が好きだったのですが、この作品を読んでから、しっかり歴史や祀られている神様を調べてから神社に行くようになりました。私も神使が見えたらなぁー!

  • 80

    cmoa

    最初はアヤカシ&キュンキュン系かと思って読み始めたんだけど、ほんわか温かい素敵なお話でした。
    たまにはこういう小休憩的なマンガも良いもんですね。

ネット上のイメージ

神様
可愛い
女の子
恋愛
日常

イメージの近い作品(ランダム)

  • また、片想う。(1)
    幼稚園からの幼馴染み・野方司と中学校時代からのツレになった金井元明と3人でいつも行動している少女・清瀬詩帆。毎日、ギャグっぽく、また日課のように告白してくる司を鬱陶しく思っている詩帆だったが、同じ部活動でもある3人での学生生活を楽しんでいた。ただ彼女は、今の3人での関係を心地よく思っていて、その関係性が崩れることを心のどこかで恐れていた。だが、司以外の人から詩帆への告白という、今までにない【事件】が起きてしまったことで、今までの関係が少しずつ崩れ、変化していくことになる…。「あの人が好き」という気持ちが大連鎖した時、少し不思議な出来事が訪れる!? 好きと伝える気持ちを諦めきれない、片想い系ラブコメディ!!
  • 岡田くんのごはん結び
    “食”以外には無頓着な岡田くん。自分の為に料理を作っていたはずが、いつの間にやら恋のキューピッド?悩める老若男女を救済する魔法のご飯―銭湯付きボロアパート「さえない荘」に引っ越しをしてきた岡田。自分が美味しく食べることだけが生き甲斐だった彼は、ご近所付き合いをキッカケに人の為にご飯を作る喜びを覚える。そして小学生の初恋や強面なおじさんの年の差ラブをご飯で応援…!周囲の人達を手助けする日々が始まる☆

イメージの近い作品(知名度:高)

  • いなり、こんこん、恋いろは。
    京都伏見に暮らす女子中学生・伏見いなりは、片想いの男の子に想いを伝えられない内気で少しおバカな女の子。ひょんなことから変身能力を手に入れたいなりの、京都を舞台に繰り広げる波乱万丈恋模様!?
  • 神様のえこひいき 1
    「お前を特別に生き返らせてやろうと思うのだ 全くの別個体としてお前の望む姿でな」 自分の覚悟を試すため、神社に百度参りをする弥白。その覚悟とは男友達(!)ケンタへの告白でした。あえなく振られるのだけど、その直後、車にひかれて死んでしまうのです。そこに現れたのが暇を持て余した神様。望む姿で生き返らせてやるという神様に向かって弥白は、ケンタの恋愛対象である「女子」に生まれ変わりたいと願い…。恋は性別も常識も超える!? 物語スタート!

イメージの近い作品(最近)

  • 日々にパノラマ
    東京都下、本州よりはるか南(というより東)の火山島。海洋研究所やら火山観測所やらがあり、島の人口はそこそこ。ちょっとのんびりしている普通の女の子、智尋は島の中等部に通っている。その中等部に本土から転校生がやってきた。智尋の顔を見ては”うわぁ”と驚く転校生、深海。実は人のオーラが見える深海は、特に智尋のオーラに興味を持ったのだった。
  • 彼女はろくろ首
    鹿井なつき、高校1年生、活発だけど、ちょっと首を伸ばしがち。そんな彼女が気になっている幼なじみの男子、一樹。唾液線を刺激されたり、「ウチ来る?」とか「お前ん家入れて」と言われたりしながら、ゆるやかに青春してます。