© 小学館

犬は人間のもっとも身近なパートナー。だけど、いろいろな事情で飼い主のいない犬たちもいる…。ちょっぴりドジな風子は、ひょんなことから、不幸な犬たちの里親探しを手伝うことになった。風子の頼もしい味方はMIX犬のリク。すべての犬たちの幸せを願う、二人三脚(?)の奮闘が始まった!

あしたはハッピードッグ -犬の里親探し物語-

| 小学館(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

あしたはハッピードッグ -犬の里親探し物語-のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

7件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    私の家にも里子にきたワンちゃんがいます。
    現に里親募集の活動をしている方は全国にたくさんあります。
    この作品は個人で活動しているお話ですが、多くの方に読んでほしいです。
    現実は辛く悲しい場面が多いですが、このお話は心暖まるシーンがたくさんあり、オススメです。
    少しでも悲しい思いをする動物がいなくなることを願って止みません。

  • 80

    cmoa

    2話完結で進められるお話です。
    途中すったもんだの、でも最後はめでたしで終わるので、気になるタイトルをちょい読みするのもいいかな。
    絵はキレイではないけど、作者のワンちゃんに対する心は感じ取れます。興味のある人はとりあえず始めの2話だけでも読んでみて!

  • 80

    cmoa

    お話でした

    里親って大事ですね世の中、飼い主の事情で捨てられてしまったり、思わぬところで不幸と隣り合わせ。
    そんな中、このように活動する人達がいることで、救われる命もあるんだなと思わされました

  • 80

    cmoa

    私は、犬をただ可愛いと思うだけで、犬を飼ったこともないし、知識もほぼないのですが、このお話を読んだことで、改めて犬がどれぐらい可哀想な立場にいるのか、その現状等を実感させられました。

  • 100

    cmoa

    里親募集からうちにきたコで、他人事とは思えない内容でした。
    このような活動をされてる方には頭があがりません。
    幸せに暮らしていける犬や猫がもっと増えることを願います。

  • 100

    cmoa

    感動を貰えるし、考えさせられます。
    命の大切さ、ペットを飼う責任、ペットも家族だとあらためて思いました。

  • 100

    cmoa

    2話毎になっている辺りも良かったです。
    人間事情と動物を飼う意味を教えてもらったような気がします。

ネット上のイメージ

動物
家族
可愛い
感動
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • 82番地の犬 (1)
    潮崎夏希は売れないモデル。最近、恋人だと思い込んでいた男に逃げられたばかり。そんな夏希のもとに届けられた彼の置き土産、それは、胴長短足の迷惑犬“ふき”だった――。犬と人間の交流を熱く描く感動ドラマ!
  • 君とワンダーランド 1
    森村のばらは小6のとき、事故で耳にケガを負ったことで人間の声はきこえにくくなったかわりに、動物の声がきこえるように。クラスメイトとの仲は疎遠になるものの、自分の能力に慣れてきたのばら。そんな矢先、「自分は事故に巻き込まれ人間になった狼だ」という謎の男子が現れて…? 【同時収録】そのごのゆくえは ※「そのごのゆくえは」はカラー版で収録されています。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 路地裏しっぽ診療所
    責任持って、飼えよ 雨野なずなは動物がちょっぴり苦手な女子大生。ある夜、ボロボロの放浪犬を拾ってしまったなずなが慌てて駆け込んだ七宝動物診療所は、何だかワケあり動物たちがいっぱいで…?
  • 柚木さんちの四兄弟。 1
    未体験ファミリーグラフィティ、開幕!柚木さんちは隼(はやと)、尊(みこと)、湊(みなと)、岳(がくと)の4人兄弟。長男の隼を中心に毎日を楽しく、忙しく力一杯暮らしています。そんな生活の中、家庭で、学校で、ご近所で巻き起こる涙と笑いと感動のドラマお届けします!

イメージの近い作品(最近)

  • 江の島ワイキキ食堂
    賢い猫のオードリーが、看板猫から、恋のお手伝いまで大活躍!!心安らぐ青春ミステリーLOVEファンタジーの猫漫画です!
  • 犬を飼う
    ▼第1話/犬を飼う▼第2話/そして・・・猫を飼う▼第3話/庭のながめ▼第4話/三人の日々▼第5話/約束の地 ●登場人物/私(仲間6人とデザイン事務所を開いている)、妻(陶芸教室の技術指導助手をしている)、タムタム(テリアと柴の雑種犬。オス)、ボロ(ペルシャ猫。メス) ●あらすじ/”私たち”の愛犬・タムタムは14歳の老犬。犬にとって食事の次に楽しみなのが散歩。日に日に衰えていくタムタムの足を気遣いながら、”私たち”は毎日タムタムを散歩に連れていく。しかし遂に起き上がれなくなり、死期を迎えるタムタム。最期までがんばり続けるタムタムの姿が”私たち”の胸を切なく打つ・・・「言葉を交わせない犬の死も人間の死も同じだ」(第1話)。タムタムを看取って1年、ひょんなことから”私たち”は飼い主に見捨てられたペルシャ猫のボロを飼うことになる。最初はひどいブスに見えたが、馴染んでくると何ともかわいい顔に見えてくるボロは3匹の子猫を産む。ボロの母親振りに純粋なものを感じ、”私たち”の心はやわらいでいく・・・・・(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/秋子(”私たち”の家に家出してきた妻の姪)、富田獣医(信頼できる獣医師)、宮本さん(動物保護協会のボランティアをしている)