© ビーグリー

普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫

| ビーグリー(出版)

87

非常に良い

29件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

あき姫のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

29件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    ちょうど半分くらいまで読み進みましたが、これだけの巻数、
    パターン化しても不思議はないのに、それぞれに趣きが異なり、
    飽きることがありません。
    造形論、、といっても専門性はありませんが、
    かえって美術に詳しくない人にも親しみやすくていいかもと思いました。
    短編なのに読み応えがあり、読了感は爽やか。
    気の利いたエンディングには、伏線を確認するためにしばしば読み返したくなります。

    絵柄が古く感じる方もいらっしゃるのですね。
    似たような雰囲気ばかりでなくてもいいと思いますし、
    私はけっこう好きです。
    ほかの作品もいろいろと読んでみたくなりました!

  • 100

    cmoa

    この作品は昔から知ってはいました。
    タイトルから何の話か全くわからず、子供心に読もうかな?という気はしませんでした。
    読み放題で「懐かしい!18巻もある!」くらいの気持ちで読み始めましたが、なかなかどうして面白いじゃないですか。
    最後は予想外な終わり方ですが、最後まで楽しめるということです。
    いろんな物語が盛り込まれていますが、感動的なもの、言葉が印象深いもの、たくさんあります。
    涙するような場面もたくさんあり、この後の続きも読みたい気分にさせられます。30巻くらいあってもおかしくない作品。
    男性陣も魅力的(笑)おすすめします。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 評価高い割には絵が古いし、設定が「?」なところがあったりしますが、暇潰しにはいいかな。外国の話も多く、無理に話を引き伸ばしてる?って感じもあったり…。最終巻でバタバタと話がまとまった感じです。長い割にはラストももの足りず…。当初の目的がかなったのはいいけれど、男性二人との仲やギャラリーの今後など、もやっとした感じで終わったような気がします。その分、色々と想像できそうですが…。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    佐伯かよのさんの作品は「緋の稜線」で知っていましたが、本作を読むまでは「あき姫」が美術品を扱う作品とは思いもしませんでした。
    ヒロインあき姫の高校生とは思えぬ美術の目利きぶりがとにかくすごい。言葉に説得力もあるから美術についてあまり知らなくても「画商のかたは美術品をこんな風にみていらっしゃるのだなと唸ってしまう。美術について作者のかたはよほど美術品について勉強されたのだろうと感服しました。

  • 80

    cmoa

    昭和の香りのする作風ですが、世界観が完成されていて、集中して読めます。
    一話ずつ完結していますが、パターン化しておらず、一話ずつ丁寧に考えて描かれたのだろうなと思いました。
    惜しむらくはメインストーリーのはずの父親の遺作の話が、五巻が終わってもさして触れられておらず、延命感があり、読んでいてだれる。だんだん飛ばしたくなってきました。
    気にならない方には楽しめる作品だと思います。

  • 100

    cmoa

    絵は少し古いんですが、とっても綺麗ですし、絵画にまつわるお話しなどが1話完結で18巻までと目茶苦茶読みごたえあります。
    私は別に絵画に興味ないのですが、どなたでも問題なく楽しめると思います。
    大金持ちで美人で賢くて。。という設定ですが嫌味もなく話しの内容も盛り沢山で凄く面白かったです。
    ラストが少し物足りなかったですが(それまでがおもしろすぎて)読んで損は無いと思います!

  • 80

    cmoa

    表紙とタイトルではどんな話なのか分からないので、食わず嫌いしている人が多そうな気がします。
    私も概要を読むまでは高級クラブのホステスか、魔性の女の話だと(勝手に)思い込んでいました。
    少女マンガの良い時代を思い出すようなスケールの大きさと派手さ、知識の豊富さで楽しめました。
    父親が描いた自分の肖像画を探す話は「キャッ〇アイみたいだなー」と思いましたが(笑)

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 面白くて18巻あっという間に読みました。
    10代であの色気と才能‥現実はないな(笑)
    でもそれが面白かった。
    ただ、せっかく18巻まであるのにラストはあっさりしているので、お母さんに会えた部分にもう少し厚みがあってほしかったなー。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    一話一話で話の流れが違い、時に恋あり、時にホラーあり、サスペンスもあり等、色々な要素があり18巻という長い作品なのですが最後まで飽きずに読むことのできる作品でした。
    ただ、終わりが少し物足りなくてもう少し先も描いてほしかったとも思いました。
    ですが、とても楽しめる作品でした。

  • 80

    cmoa

    20年以上前に、たまたま従姉の家で読ませてもらった作品です。女子高生でありながら、自分の知識を武器に大人達と対等に渡り合う主人公。なんてカッコイイの当時小学生だった私は、ちょっと大人な世界観に衝撃を受けました未だに忘れられない思い出の作品です。久しぶりに読んで、やっぱり面白い

  • 80

    cmoa

    佐伯先生のお話はみんな面白いですが 本作品もよかった!大人な色気のあるやり手画商のヒロインが実は女子高生だとか サスペンス要素もあったりと 読み応えありました。昔の作品ですが 当時 読んでいた頃を思い出したりも出来てよかった^_^

  • 80

    cmoa

    学校内でキャッキャウフフしてるだけの少女漫画には決して書けない内容の漫画だと思いました。絵画についても知れるし、飽きがこないように話もしっかりしてると思います。面白かったです。ただもっと続きが読みたかったので星4つで

  • 80

    cmoa

    今まで、存在を知っているものの読んでなかった著者でした。
    が、すごく面白かったです!
    もちろん絵の事なんて分からないのですが、ぐいぐい引き込まれました。
    でもできれば 、ラストはもう少し余韻が欲しかったような‥。

  • 100

    cmoa

    美人画商で実は女子高校生の主人公が父の絵を捜して色んな絵と巡り会う物語。絵は古いですが、内容は今読んでも相変わらず面白いです。少女漫画でこんな題材を取り合え使える漫画家さんは減ってしまったので貴重ですね。

  • 100

    cmoa

    掲載誌を途中から買わなくなったため、ラストを知りませんでした。やっと全部読めて、とても嬉しいです。絵がきれいで、設定もしっかりしてて、ぐいぐい引き込まれます。こういう名作はもう出ないでしょうね。

  • 100

    cmoa

    ストーリーの世界観はは、昨今みられる「セレブ」ではなく、財閥やらなにやら大物が沢山のホントの至極の上流階級。世知辛い世間とは逸脱しており、その描写も繊細でゴージャス。細かな書込みに圧巻。

  • 100

    cmoa

    絵もきれいでストーリーも軽やかでとてもテンポ良く読めます。そして、たまに感動してちょっと涙腺が弱くなります。
    今時のこった演出や爽快なストーリー展開とはまた違いますが、私は好きです。

  • 100

    cmoa

    学生と画商の設定は少し無理がありますが、サスペンス要素やラブ要素も有り古い作品ですが
    何度読み返しても満足感あります。
    会話と画風に胸にぐっとくるシーンが沢山あり一気に読めます。

  • 60

    cmoa

    結構すきな感じの話なんですが、終わり方が残念です。絵も、あまり好きじゃないかな?と思ったけど話が面白ければ大丈夫でした。現実的な話と現実離れしたような話が混ざった感じでした。

  • 80

    cmoa

    リアルタイムで読んでました
    とにかくストーリーが良くて、大好きでした。
    かなり久しぶりに読みましたがやっぱり良いですねっ!
    そして今見ても、あき姫はカッコいいと思います